#ほぼ日らーめん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

復習らーめん【'16年117杯目】煮干そば流。(北区上十条)のアブラつけそば

煮干ラーメン 煮干ラーメン-煮干そば流。 東京都 東京都-北区 復習らーめん 復習らーめん-煮干そば流。 RAMEN

スポンサーリンク

本日のおしながき:煮干そば流。のアブラつけそば

f:id:garage-kid:20160902183231j:plain:w600
流。さんの煮干そばは無償に食べたくなるときがあるのだ。


  • ラーメン屋 / 煮干そば流
  • 今日の一杯 / アブラつけそば (2016年117杯目)
  • 値段: ¥880 (大盛の価格)
  • 日付: 2016-09-02
個人的に大好きだからこそなかなか行こうと思えないジレンマのある流。さんに1ヶ月超ぶり再訪!

十条の煮干そば流。さんはわたしが大好きなラーメン屋さんのひとつ。

好きすぎて、あまり通いすぎると味に飽きてしまうのではないかという懸念から大事に月一くらいのペースで通わせていただいている。

また、ここは自分のへそ曲がりなところなのだが、選択肢に迷ったらいつものあそこ、ではなく、迷うといつもと違うどこか、を選びたくなってしまうのだ。

前回限定の冷やし麺をいただいてから、次はいついこうか、次はいついこうかと迷っていたらいつのまにか一ヶ月以上の間があいてしまった。

今回は、それに気づいたら無性に流。さんのアブラ煮干しそばが食べたくなってきたのもあって辛抱たまらず、伺ったわけ。

というわけなのだが、アブラ煮干しそばは熱いメニューなので、実際に頼んだのは、アブラ煮干しつけそばにした。というのも、まだまだ残暑が厳しいので、暑がりの自分にはまだ熱いラーメンを食べるのには時期が適さないのだ。残暑の厳しいうちは、できれば冷やし麺、なければつけそば(つけ麺)というのがわたしのポリシー。

ちなみにこの日はまだ冷やし煮干しそばの提供があったのに、アブラ煮干しつけそばにしたのは、しつこいようだが、アブラ煮干しそばが無性に食べたくなっていたからに他ならない。それくらいわたしにとって何にも代えがたく無性に食べたくなる時のあるメニュー、それが流。さんのアブラ煮干しなのだ。

と偉そうに言ってはみたのだが、じつはアブラ煮干しのつけそばのデフォを食べるのは今回がはじめてだったりした(カレーなアブラ煮干しつけそばは食べたことがあるのだが、それはデフォじゃないからね)。流。さんのメニューは実はコンプリートしていなくて(同じメニューをリピートしてしまったり、限定に釣られたりでなんやかやとズルズルいっている)、この他には辛つけそばが未食であったりする。

自家製麺、また旨さが進化した気がする!
f:id:garage-kid:20160906134740j:plain:w400
デフォのアブラつけそばは実は初めて食べた。やはり美しい。そして旨い!


さて、無駄に前置きが長くなってしまった。

久しぶりに食べる流。さんのつけそば。まずは、麺をつけ汁にインしていただく。至福のひととき。それしか言いようがない。アブラと書かれるとさもギトギトしてそうな印象をうけなくもないのだが、流。さんのアブラ煮干しはギトギトとはかけ離れた存在。ほんとうにさっぱり味。一方、コラーゲンたっぷり感はあって、肌ツヤがよくなりそうな、エネルギーを最大限充填できるエネルギーには満ち溢れたスープなのだ。

写真からは分からないがスープ中には具材もたっぷり。なかでもやはりぶつ切りチャーシューが嬉しい。

一ヶ月超来ない間にまた麺の美味しさが進化している気もした。モッチリ感とプチプチ感が増して食べごたえが増していた。

ホント、毎日でも食べにきたいところではあるのだが、冒頭にも書いたとおり通いすぎるといつか飽きがくるときがきてしまったらとこわくてそんなに頻繁に通えない。矛盾するようだが、大事にしているからこそ頻繁にこれないお店なのだ。

手塚店主がわたしのことを認識してくれていた!嬉しい!

ちなみに今回はすこしいいことがあった。

手塚店主がわたしのことを認識してくれていたのだ。

すこしお話などできたのだが、緊張してしまってまともな会話になった自信がない、、、

とりあえず、ひとつまともな会話になった自覚があるのは、わたしは流。さんのレギュラーメニュー大好きだが、限定麺も楽しみにしている、ということを伝えられたこと。

すると、手塚店主曰く、 9/5 週のどこかであたらしい限定麺の提供をはじめようとちょうど考えていたということだった。

後日、https://twitter.com/nibo_suke/status/773427149835501568で告知されました。

まさに "What a great news!" である。 流。さんの新作限定麺、こんな楽しみなことがあろうか!!

というわけで、次回はさほど間をおかずの再訪になるだろう。

限定麺、楽しみ!(大事なことなのでなんどでも言っておこう。)

最後にあらためて、流。さんのアブラ煮干しさいこー、ということで、ご馳走様でした!

(Evernoteの下書き込で所要時間 15 分くらい)

店舗情報( 2016-09-08 現在)
項目 詳細
店名 流。(ル)
ジャンル ラーメン、つけ麺、油そば
住所 東京都北区上十条1-13-2
交通手段 十条駅北・南口より徒歩3分十条駅から85m
営業時間 [月、水~日]11:00~21:00ランチ営業、日曜営業
定休日 火曜日
カード 不可
席数 8席(カウンターのみ)
個室
禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場
ホームページ https://twitter.com/nibo_suke
オープン日 2014年11月12日
看板メニュー 煮干そば
ラーメンラリー有無

お題「マイブーム」 お題「復習らーめん」