#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

復習らーめん

セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を食って激しくムセたよ。

セブンプレミアム「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」を食って激しくムセたという食レポエントリです。実際に北極ラーメンのカップ麺を食ってみた感想であるわけだが、当該カップ麺を食うとか食わないとかいう以前に、一口スープを口に含んだらムセ上がってし…

セブンイレブンの「中華蕎麦とみ田監修濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」を食ったよ。

目ざとく発売されているのを見逃さなかったら一度は買って食ってみたいと思っていたセブンイレブンで時折発売されている中華蕎麦とみ田監修のチルド麺「中華蕎麦とみ田監修濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」を食べてみた食レポエントリです。簡単に総括すると、間違…

《後編》ハッピーバースデーカップヌードル2018。

今日(2017年9月18日)はボクの盟友にして朋輩、戦友と言っても過言ではない日清カップヌードルの46回目の生誕祭である。人間で46と言えば最早いい中年だ。そんないい歳こいても日清カップヌードルがどの面下げて未だ「バカ、やろう」を続けているのかはボク…

《前編》ハッピーバースデーカップヌードル2018。

今日(2017年9月18日)は何を隠すも隠すまでもなく敬老の日であるわけだが、今日という敬老の日はただの敬老の日ではない。そんなボクの盟友であり朋輩、戦友であると言っても過言ではない日清カップヌードルの誕生日なのである。日清カップヌードルもその生…

大阪王将ぷるもち水餃子がウマい。

大阪王将は餃子王将とよく間違えてしまいそうになってしまうとても紛らわしい餃子チェーン店であるが、ボクは餃子王将にはいったことはあっても大阪王将の実際のお店にはいったことがない。しかし、たまたまスーパーの冷凍コーナーで大阪王将ぷるもち水餃子…

写真で振り返るPV報告(2017年夏)

今週のお題「はてなブログ フォトコンテスト 2017夏」参加エントリ。2017年にボクが食ったカップ麺を写真で振り返った。この2017年夏、ボクが食ったセブンプレミアムの蒙古タンメン中本のカップ麺、くじら軒の塩ラーメンのカップ麺、そして麺魚の濃厚鯛だし…

セブンイレブンの鶏とはまぐり出汁冷たいうま塩ラーメンを食ったよ。

セブンイレブンのメルマガで存在を知ってわざわざ狙いすまして買って食った「鶏とはまぐり出汁冷たいうま塩ラーメン」の食レポエントリ。あくまでボクの中における塩ラーメンであるが、無類の塩ラーメンといえば、貝出汁の塩ラーメンである。貝出汁の旨味は…

夏はカレー。カレーが夏だと言っても過言ではない。

メシといえば、かつて夏といえばカレーと言われていたらしい。しかし、ボクにとっては今も昔も変わりなく夏と言えばカレーである。カレーが夏だと言っても過言ではない。最近は、それで満足してしまうという理由も手伝って、もっぱら無印良品の無印良品のカ…

新具材「白い謎肉」が話題のカップヌードルのチリトマトヌードルを食ったよ。

新具材「白い謎肉」が話題のカップヌードルのチリトマトヌードルを食ったよという食レポエントリです。世の中の真理について答えてくれそうだったのでボクは「白い謎肉」に教えをこうてみたが、「白い謎肉」は何も答えてはくれなかった。とはいえ「白い謎肉…

異世界食堂の塩らーめんがひらがななのは仕様である。

はてなブログ編集部が出題するお題に特別お題「夏の《映画・ドラマ・アニメ》」への回答エントリです。面白いアニメで目白押しの2017年夏アニメでボクが観ている「異世界食堂」について書きました。ボクが2017年夏アニメの中で楽しんで観ているアニメのひと…

「縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン」は美味しかったよ。

「縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン」はお世辞にも美味しかったよという主旨のお話です。「縦型ビッグ 飯田商店 醤油ラーメン」は他日にボクが食った「縦型ビッグ 麺魚 濃厚鯛だしラーメン」と同様、どこの業界だかよく分からんけど業界最高権威を標榜するT…

「日清 夏のラ王 コク辛」を食べたよ。

日清 夏のラ王 コク辛を食べた感想エントリです。ラ王と言えばボクの中では袋麺の方でありカップ麺の方ではない。しかし、実際にこの「日清 夏のラ王 コク辛」を食ってみて、ボクの猜疑心は完全に打ち砕かれたと言っていいだろう。そもそもボクはカップ麺に…

「縦型ビッグ 麺魚 濃厚鯛だしラーメン」を食べたよ。

「縦型ビッグ 麺魚 濃厚鯛だしラーメン」を食べてみたという食レポエントリ。忌憚なく言わせてもらうならば、こんなにおいしくないカップ麺を食べたのは久方ぶりであった。麺魚の店主が監修していることになっている「縦型ビッグ 麺魚 濃厚鯛だしラーメン」…

濃厚鷹虎つけ麺を腹いっぱい麺屋武蔵鷹虎で満悦する。

魚介豚骨ラーメンと言えばボクが思い浮かべるラーメン店のひとつが麺屋武蔵。中でも高田馬場の麺屋武蔵鷹虎が思い浮かぶ。実際のところ5分とまたず席につくことはできた。食券をあらかじめ買ってあるので、着席の時点で食券を渡した気がする。麺屋武蔵は同価…

「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」を食べたよ。

「カップヌードル そうめん 鯛だし柚子風味」を食べた食レポのエントリーです。肝心のお味の方であるが、なかなかどうして美味である。ふつーに食べる食べるそうめんとほとんど変わらない。手軽に食えるという意味では優れた商品である。しかし、内容量が59…

マルちゃん正麺を作って出すラーメン店に思ったこと。

マルちゃん正麺やラ王が好きで、愛していると言っても過言ではないボクであるわけだが、先日ツイッターのTLを見ていたら「マルちゃん正麺を作って出す」というラーメン店を見かけたのだ。「嘘だろ?!」と言いかけたボクだったが、袋麺作って食うお店や、袋…

ワンダーな魚介豚骨といえばこの大勝軒というのがキマっている。

魚介豚骨ラーメンはラーメンブームの先駆けともなった今やオーソドックスなラーメンの一形態である。ボクが魚介豚骨ラーメンを食べようと思ったときに、このラーメン店に行こうというラーメン店はキマっている。そのラーメン店は数ある大勝軒のうちのいち大…

「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」を食べたよ。

日清食品の「有名店シリーズ 鳴龍 担担麺」を食べたよという食レポエントリです。スープを一口飲んでみて抱いた感想は「塩っぱい」ということだった。味に関して言うと、少し高級感を感じなくもなかったが、各種スーパーやコンビニのプライベートブランド(…

「お客さんには安い値段で腹いっぱい食わせてあげたい」という故山岸一雄イズムをフル堪能するなら東池袋大勝軒本店でキマリ。

大勝軒のラーメンメニューの麺の量は故山岸一雄さんの「お客さんには安い値段で腹いっぱい食わせてあげたい」を体現している。軟弱な現代人に許された栄養価の低く、健康に大してよくもないもので、とにかく腹を満腹にするという贅沢を堪能できるのはラーメ…

魚介豚骨つけ麺の元祖を東京アンダーグラウンドラーメン頑者で堪能する。

2017年初頭、魚介豚骨つけ麺の元祖である頑者グループの東京アンダーグラウンドラーメン頑者(池袋)で頑者つけ麺を堪能した際の個人史(メモワール)です。東京アンダーグラウンドラーメン頑者でさらにありがたいのは券売機が店先にあることと、決済を電子…

「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ」を久々に買って食べたよ。

新レイアウト採用で新規開店したセブン-イレブンで久々に「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ」を買いました。久々に食べた「セブンプレミアム 蒙古タンメン中本 太直麺仕上げ」に初めて食べた時のような新鮮味を覚えました。日清食品のカップ…

一風堂が順調とは思わないから危機感を隠せななくても何も感じない。

東洋経済オンラインの「一風堂」が順調なのに危機感を隠せない事情という記事を読んだ感想エントリです。あくまでボクの中では一風堂を運営する力の源HDが安定成長している成功者という印象はあまりない。ギリギリの綱渡りをしているようにずっと見えている…

馳走麺狸穴(池袋)でワンダーな濃厚魚介つけ麺をキメたメモワール。

2017年初旬、魚介豚骨ラーメンを巡礼した際に池袋の馳走麺狸穴で濃厚魚介つけ麺を食べたときのことを思い出しながら綴ったメモワール(個人史)です。長い待ち時間の末に出てきた濃厚魚介つけ麺は言うまでもなくワンダーだった。ラーメン断食100日をキチンと…

「サッポロ一番 名店の味 くじら軒 塩ラーメン 今限定魚介だし2倍スープ」で魚介の塩の味を知った。

サッポロ一番 名店の味 くじら軒 塩ラーメン 今限定魚介だし2倍スープを食べました。くじら軒のお店に行ったことはないので、お店の味と比較することはできませんでしたが、魚介の塩というのがどういうものなのか雰囲気を知ることができました。いつかくじら…

池袋は魚介豚骨ラーメンのワンダーランド。

東京都知事の小池百合子さんによると「築地市場は豊洲に移転し、5年後をめどに築地を再開発する方針を発表した。築地は「食のワンダーランド」にしたい」とのことらしい。築地が食のワンダーランドになれるのかなれないのかボクには分からない。しかしボクが…

温玉つくるのがブーム。

ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。平和祈願のラーメンハンガーストライキへと昇華したラーメン断食、今日で73日目。きりのいい100日目までボクは言葉という人も殺せぬ殺人技でボクの「ラーメン食べたい」を殺…

意識高いラーメンが嫌い。いやむしろ生理的に受けつけない。

健康意識の高まりで野菜たっぷりを謳うラーメン(ベジソバやビーガンベジソバ)といったものが話題になっています。しかしボクはそれが大嫌いだということ。そして何故に大嫌いなのかといったことを書きました。ときに宣伝文句が誇大広告や景表法違反ともと…

《まとめ》日清食品どん兵衛アレンジレシピ、どん二郎を東西食べ比べしてみた結果。

日清食品のどん兵衛を使ったアレンジレシピを東日本、西日本それぞれで作って食べ比べを行ってみた際のまとめ記事です。月並みですがどん二郎はどん兵衛のアレンジレシピとして秀逸。東日本、西日本それぞれ確かに味が違うので、気分の違いによってどちらを…

《復習らーめん》どん二郎にリベンジをキメる。《後編:西》

日清食品のどん兵衛の西日本仕様でどん兵衛のアレンジレシピ「どん二郎」を作ってみたといういわゆるつくレポです。東日本仕様との食べ比べをしてみています。どん二郎もつくるのが二度目となると大分手際がよくなってきます。カップ麺のアレンジレシピがと…

《復習らーめん》どん二郎にリベンジをキメる。《前編:東》

日清食品のどん兵衛の東日本仕様でどん兵衛のアレンジレシピ「どん二郎」を作ってみたといういわゆるつくレポです。どん二郎をつくる過程を文章に起こしてみました。一食分としてキャベツ半たま、もやし一袋を使い、量が多すぎたかと懸念しましたがそれは杞…