#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

米バーガーキングのインポッシブル・ワッパーを受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

米バーガーキングのインポッシブル・ワッパーを受けて断つ.

 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクはヒューメンである.

 ヒューメンとは業が深いものである.

 ヒューメンがこの地球を支配するに至ったのはひとえに狩猟採集生活から濃厚牧畜生活へと華麗にシフトしたことによって,健康に悪いけど増える人口を支えるに足る食糧,つまりは主に炭水化物を大量生産できるようになったことにある.

 足りない栄養素,特にマッソーを裏切らないタンパク質に関してはボクらは家畜化した牛,豚,鶏に主に依存している.

 ちなみにクールなジャパンにおいては少子高齢化しかるのち人口減少社会と叫ばれて久しいわけなのだけれど,絶対的全体としての地球規模でみたときにはヒューメンの個体数は増加の一途をたどっている.

 つまりなにがボクがなにをいいたいかといえばこのままヒューメンの個体数が絶対的全体としての地球規模で増えていったならばヒューメンがその生命活動を維持するに足る食糧が足りなくなるということである.

 特にボクのように毎日マッソーを追い込み,マッソーが裏切らないライフを送ることを唯一といってもよいほどの生きる楽しみにしているメンにとっては昨今叫ばれ始めた絶対敵全体としての世界における「タンパク質クライシス」はヤバいなと思っているものだ.

 ことはそんなにシンプルなことではない.タンパク質が不足しているからといって,では家畜を飼育する量を増やせばよいではないかということにはならないのである.家畜を飼育するためには飼料が必要であるし,そんな飼料は植物なのである.

 ヒューメンがタンパク質を摂取するために大量の植物が家畜に消費された結果がどんなことになるかというのは少しでも想像力を働かせることのできるヒューメンならば容易に想像がつくのではなかろうか?

 少なくともボクにだって容易に想像できるのは次のシンプルなたった1つの答えである.

「家畜の数が増えると温室効果ガスが増える.」

 理由は家畜の数が増えるということは呼吸をする動物が増えるということであり,呼吸をする動物が増えると温室効果ガスの排出される量が増えるというものである.もうひとつは家畜が増やすということは食料となる植物の量が減るということであり,植物の量が減るということは光合成できる量が減るということである.

 というわけでボクらヒューメンが滅亡したくないならば,屠殺される家畜がカワイソーとか健康志向がどーのこーのとかいう以前の問題で家畜を今以上に増やすようなことを抑制していくことを地球環境保全の視点でもっていかなければならないのである.

 実際問題としてそういう視点をもって地球環境保全の視点から新しいタイプのヒューメンのための食糧,既存の食糧のようにオイシーけどカラダに悪く環境にも悪いなんだかよくわからない食糧凄惨を,オイシーけどカラダに良くて環境にヤサシー食糧生産ということを考える企業がでてきているのである.

 そんなオイシー&カラダニイー&カンキョウニヤサシーなどというインポッシブルなことに取り組んでいる企業がインポッシブルフードであるわけなのだけれど,ボクはその考え方にたいへんに感銘をうけているものである.まさに名は体を表すというのはこのことであり,これまでの常識に囚われていたら絶対敵全体としての世界として不可能だったこと,インポッシブルであったことにチャレンジするというのはスバラシーことでありステキなことである.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 さてながながと前置きをかいてきたわけではあるわけなのだけれど,実は数日前ボクは次のGIGAZINEの記事を読んだ.

 平成もあと1ヶ月といったところで古典的な地上げ屋のメソッドと負けられない戦いをなさっているGIGAZINEの編集長にはゼヒともがんばっていただきたいところであるわけなのだけれど,その件とこの記事にはなにも関係がないので再度閑話休題.

 この記事のタイトルを読んだとき,ボクがまっさきに思い浮かんだのはインポッシブルワッパーのインポッシブルフードっぽさであったわけなのだけれど,はたしてインポッシブルワッパーはインポッシブルフードの技術提供によるところであった.

 まだ実証実験的な位置づけのようなのだけれど,ラーメン断食家のボクもオイシー&カラダニイー&カンキョウニヤサシーバーガーならば食してみたいものである.食してみたいものであるし,この流れがマジョリティになってほしいとおもうものである.

 オイシー&カラダニイー&カンキョウニヤサシーがオイシー&カラダニワルイー&カンキョウニワルイーを駆逐する世界,ボクはそれを極楽と呼ぶ.

 オイシクナイー&カラダニイー&カンキョウニヤサシーに我慢しなくてもよい世界,ボクはその世界を極楽と呼ぶのである.

 オイシーものをつくることしか頭にないラーメン脳が作り出してしまう一風堂のなんだかよくわからないムニャムニャや一蘭のとんこつ100%無使用のなんだかよくわからないムニャムニャなどというものが作り出すのはただのオイシー&カラダニワルイー&カンキョウニワルイーなのである.

 オイシーものをつくることしか頭にないラーメン脳から生み出されるビジネス哲学がオイシー&カラダニイー&カンキョウニヤサシーラーメンを作る出すことはない.それはもはやラーメンではないし,バーガーと違ってラーメンが環境に優しくなる要素は皆無だからである.

 さてなんだかよくわからなくなってきたので最後にまとめておくと,ボクがこれからの令和なクールなジャパンの食糧事情を鑑みるに,大切なことはオイシー&カラダニイー&カンキョウニヤサシーというこれまでの世の中ではインポッシブルであったものを作り出すことにあると思っている.

 しかるのちそんなインポッシブルなフードを毎日安心して食せる世界がやってきたならば,もはやボクらはマクドナルドは食わなくていいし,ニホンウナギも食さなくていいし,サバも食さなくていいし,スルメイカも食さなくていいし,クロマグロも食さなくていいし,皆あまねく絶滅危惧種の絶滅を危惧する必要がなくなるものであるはずなのである.

 なにはともあれインポッシブルワッパー,早くクールなジャパンにも黒船来航してほしいものである.

 それではまた会おう!さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.

 令和時代のクールなジャパンの食糧危機をボクが救うのではないかと思っているインポッシブルなフードはインポッシブルフードが開発しているような培養肉の他には昆虫パウダーがある.

 培養肉と昆虫パウダー,ほかにどんなタンパク源が研究開発されて世界を救うかボクには想像もつかないけれど,オイシー&カラダニイー&カンキョウニヤサシーという既存のインポッシブルをポッシブルに変えようとする発想のゴーリキが継続的に働き続けたならば,しかるのちリアルな仙豆が生み出さされることも決してデイドリームではないはずだとボクは思うものである.

《アイキャッチは美味しそうにご飯を食べる女性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》