#ほぼ日らーめん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

復習らーめん【'16年088杯目】長尾中華そば(渋谷東急東横店催事場)のごぐにぼ(裏メニュー)

スポンサーリンク


長尾中華そばのごぐにぼ(裏メニュー)

  • ラーメン屋 / 長尾中華そば
  • 今日の一杯 / ごぐにぼ (2016年088杯目)
  • 値段: ¥899
  • 日付: 2016-07-25
Instagram で知り、食べたくて食べたくて震えた「ごぐにぼ」

Instagramでフォローさせていただいているラーメンインスタグラマー諸氏の方々が週末に数多くフォト投稿していたのを見てとても食べたくて食べたくて震えてしまったので、会社帰りに渋谷東急東横8Fの催事場に出店していた長尾中華そばさんに行ってきた。別に Instagram を活用してものをモノを見つけるのは若い女性の専売特許ではないのだ。

まだまだラヲタとしては俄なので長尾中華そばについてはほとんど知らなかったのだが、Instagramで一番、目をひかれたのは裏メニューという「ごぐにぼ」。

会場に言ってみると裏メニューというとおり、メニューにはごぐにぼは載っていない。係の女性に「裏メニューというというのはどうしたら注文できるのですか?」と聞くと「裏メニューですね、まだございますよ」と手慣れた感じで気さくに会計対応してくれた。

この手のイベントに一人でくると一つ困るのが、見知らぬ人との相席を促されてしまうこと。今回も見知らぬおっさんとの相席(対面)にされてしまった、きっつー(まあ、自分もおっさんなのだが、おっさんが見知らぬおっさんと対面でラーメン食べるのはホントにきっつい、勘弁してもらいたい)。一人席が空くまで待つと言うのが可能なら次からはそうさせてもらおうと心に誓った。

至極のセメント煮干!

さて閑話休題。ごぐにぼの話。もう言うまでもないセメント系。先日、浅草橋のろく月さんで煮干しが苦手な人は食べてはいけないつけ麺を食べたがそれに負けず劣らずのセメント色。

そして、これまた煮干しが苦手な人は食べてはいけないラーメンw 素晴らしく濃厚なニボ。わたしのような煮干ラーメン大好き人間にはこれ以上ない至福のラーメン。

同様のイベントがまた開催されることを期待したい。

もう少しこのイベントに早く気づけていたら、もう一日きて冷やしのニボラーメンもいただいてみたかった。もし、次回がまた来年以降あったら、そのときは目ざとく見つけてフルラインナップ制覇出来たらいいなあ、と思ったのであった。

また、食べたいなあ、ご馳走様でした!

[終了済] イベントの詳細情報:夏祭りねぶた・七夕 青森・宮城物産展

(Evernoteの下書きをベースに所要時間10分:お題「マイブーム」