#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

九十九の夜を乗り越えたつラーメン禁の日々を振り返ろう。

スポンサーリンク


ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。平和を愛するボクはいつの間にかラーメン断食を平和祈願のラーメンハンガーストライキへと昇華させていた。そんなラーメン断食も今日で、99日目だ。100日という区切りのいいところでボクはプロのラーメン断食家を襲名することを公約してきた。100日まで残すところあと一日。長い期間の苦労が報われる日がついに明日に迫っている者です。

「元始、ラーメンは実に太陽であった。真正のラーメンであった。 今、ラーメンは月である。他に依って生き、他の光によって輝く、病人のやうな青白い顔のラーメンである」と平塚らあめんという人が言ったかどうかはボクは知らないし、興味ない。しかし、ボクは原始ラーメン食いたいであったことは間違いない。真性のラーメン食いたいであった。今、ボクは気づいたらラーメン食いたくないである。インスタによって逝き、トマトによって活く、腹筋割れたシックス・パックのラーメン食いたくないなのである。これは間違いないのである。

九十九という数字にちなんだラーメンの記憶を手繰り寄せてみた。

 さて、そんな原始ラーメン食いたいであったボクが腹筋割れたシックス・パックのラーメン食いたくないになり続けたラーメン断食の日数が九十九夜を数えたのである。九十九と言えば、九十九里浜の「くじゅうく」と読むこともあれば、九十九髪のように「つくも」と読むこともあるわけだ。そして「つくも」と聞けばボクは恵比寿にある《九十九ラーメン》を思い出してしまうのだ。

 《九十九ラーメン》の由来であるが《九十九ラーメン》のホームページに書かれていたので引用しておきたい。

中国で「九十九」という数には百から一を取ると白という字になることから、 白髪になるまで長生きするという長寿の意味があり、縁起の良い数とされて います。 又、「九」と「十」の漢字は龍から由来し「奥深い」「一所に何かを集める」という 意味合いがあります。
此等の語源から当店の「九十九」という名にはお客様の健康を願い 様々な素材から旨みを集め奥深い味を提供したいという思いが込められています。
引用元: こだわり | 九十九ラーメン

 まさにボクのラーメン断食九十九夜を飾るに似つかわしいラーメン店の名前の由来である。そういったわけで今日はそんな《九十九ラーメン》の恩恵に預かって百日目のラーメン断食の迎え火とさせていただきたいと思う。

九十九ラーメンではチーズラーメンしか食べたことがない。チーズラーメン以外を頼もうとしてもチーズラーメンを頼んでいる。

 ボクの中において《九十九ラーメン》と言えばチーズラーメンである。北海道十勝ゴールデンゴーダチーズが丼一杯に降り積もったその御姿はもはやラーメンというかチーズである。とんこつスープと絡めて食したとき口いっぱいに広がる濃厚なチーズは無類である。それはラーメンと言うよりも、とんこつスープというより、チーズである。ラーメンと言うよりも、とんこつスープと言うよりも、チーズを食いたくなったらボクは《九十九ラーメン》へ行くというわけだ。実は《九十九ラーメン》には《九十九ラーメン》というメニューはあるわけだが、あまりにもボクはチーズラーメンの印象が強すぎるため、ボクは《九十九ラーメン》で《九十九ラーメン》を食べたことがない。何度《九十九ラーメン》に《九十九ラーメン》を食いに行っても、ボクは気づくとチーズラーメンを食っている。《九十九ラーメン》に《九十九ラーメン》を食べに行っているはずがボクはチーズラーメンを食っているのだ。ボクが何を言っているか分からないかもしれないが、これを書いている当の本人であるボクにも何を言っているのかがよく分からない。一体全体、ボクが《九十九ラーメン》で《九十九ラーメン》を食べている世界線は存在しているのだろうか、いつどこでどういう判断をすると《九十九ラーメン》で《九十九ラーメン》をボクが食っているのかボクには分からない。ましては今のボクはラーメン断食している。ラーメン断食している今のボクにいつどこでどういう判断すると《九十九ラーメン》で《九十九ラーメン》をボクが食っている世界線にいることができるのか分かりようはずもない。いつか無類のチーズの誘惑に屈することなく《九十九ラーメン》で《九十九ラーメン》を食べてみたいというのはボクの一つの夢であるということはいうまでもない。

 いよいよ九十九のラーメン断食の世が明ける。明日はラーメン断食、ついに、百日目だ。プロのラーメン断食家になったとき、どんな世界戦がボクを待ち受けているのか。まだ、ボクは、知らない。もしゃもしゃする。

(アイキャッチはパルメザンチーズのイラスト。いらすとやさんには北海道十勝ゴールデンゴーダチーズがなかった。お題「予習らーめん。」によせて書きました。)