#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

日本経済新聞世論調査「令和に親しみ6割」を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも令(うるわ)しい平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸2年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

日本経済新聞世論調査「令和に親しみ6割」を受けて断つ.

 唐突ではあるのだけれど,ボクは日本の首都東京のドコカにヘッドクオーター機能のある企業で働いているサラリーメンである.

 サラリーメンたるもの日々のオシゴトがんばるぞいするためにはナニカとそこはかとなく時事には精通しておく必要があるものである.

 そういったわけでボクはサラリーメンなら最低限知っておくべき時事を把握しておくために,同僚のメンメンと必要最低限の時事感覚の共有をするために日本経済新聞の電子のバーンを自腹をきってサブスクライブしている.

 そして1メンからシャカイメンまで可能な限り全部の記事にボクは目を通しているわけなのだけれど(当然,痛勤時間に読んでいるので見出しくらいしか読めない記事もあるわけなのだけれど),本ブログにおいてはそうやってボクが日本経済新聞を読んだ中において一番オシゴトをがんばるぞいする上においては割とどーでもよかったことではあるのだけれど,興味をひかれたトピックを書き留めておくことをしている.

 余談ではあるのだけれど,本当にオシゴトがんばるぞいの参考になったことを競合する企業の誰が読んでるかもしれないところに投下して差し上げるのはなんの敵塩なのかボクにはよくわからないのでそういうことはしないようにしている.なによりそういったことは下手をするとインサイダー取引を助長してしまう.ボクはそんなインサイダー取引を引き起こしてしまう可能性のあることをわざわざインターネッツに投下するようなおバカさんではないのである.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 今日ボクが痛勤電車で日本経済新聞の電子のバーンを読んでいて今日のオシゴトがんばるぞいの役には立ちそうもないけれど気になった記事が次の記事であった.

 新聞各紙,世論調査を定期的に行っているのをボクは時勢を把握するために気にして読んでいたりするわけなのだけれど,今回の日本経済新聞社が2019年5月10~12日に行った世論調査のクエスチョンの中でボクが興味深いなと思ったのは新元号「令和」に「親しみを持っている」が63%で「親しみを持っていない」の24%を大きく上回ったという話であった.

 ちなみにボクはそもそも元号システムを西暦システムと共存させるのは合理的でないという理由で元号システムを改元の機会に廃止してはどうかと思っていたわけなのだけど,その夢は破れてしまい改元といういともたやすく行われるえげつない行為はなされてしまったわけであるので,改めて今,ボクが新元号「令和」に対して「親しみ」を感じているかとクエスチョンされたならば「親しみ」というのとはちょっと違うのかもしれないけれど,ボクは上記の記事で新元号「令和」の考案者とされる中西進氏が新元号「令和」を「令」を「うるわしい」と読んだうえで「令(うるわ)しく平和を築いていこうという合言葉だ」と述べていらっしゃったのを読んで「ナルヘソ」「いいね!」と共感したとは言えるものである.

 なので新元号「令和」を「令(うるわ)しく平和を築いていこうという合言葉だ」ということに「ナルヘソ」「いいね!」とボクが思ったことを「親しみ」を感じたという解釈をしてよいのであれば,ボクも新元号「令和」に「親しみ」を感じたということになるというわけである.

 そして最近ボクがこれまでは絶対的全体としての世界が平和になるまで外でラーメンを食わないと主張していたことを改めて絶対的全体としての世界が令(うるわ)しく平和になるまで外でラーメンを食わないと主張するようにしているのは新元号「令和」の考案者とされる中西進氏が新元号「令和」を「令」を「うるわしい」と読んだうえで「令(うるわ)しく平和を築いていこうという合言葉だ」と述べていらっしゃったのに「ナルヘソ」「いいね!」と共感したからなのである.

 元号を使うことはボクに言わせれば非合理的の極みであるわけなのだけれど,あえて狙いすまして元号を使うというならば,元号を使うことの最大のメリットは元号のもつポジティブなメッセージ性を念頭におくことによって良い世の中をつくっていく騎手たるべき国民一人ひとりの行動指針を明確にできることであるとボクは思うのものである.「令(うるわ)しく平和を築いていこうという合言葉」というのはそういう意味でボクは「ナルヘソ」と思うものであり「いいね!」と思うものなのである.

 最後にいくつか余談ではあるのだけれど,当初新元号が「令和」に決まったと「令和おじさん」こと菅義偉氏が発表した際には「新元号決定のプロセスは国家機密であるので30年秘匿する!」「新元号決定のプロセスは国家機密であるので考案者も公表しない,絶対!」といったことが報じられていたと思うのだけれど,その後,どんな新元号の候補があったかであったり,なぜ令和になったのかであったり,考案者は誰であるのかであったりに関してはその大部分が関係者のメンメンからダダ漏れしてしまったわけなのだけれど,ボクが気になるのはもはや国民が興味があるであろう新元号決定のプロセスはその情報統制のガバガバナンスによって30年秘匿するまでもなく詳らかに明らかになってしまってるのではないですかね,と思ったものである.

 そして一方で,ほとんど公表されてしまった情報以外で秘匿されたままになってる情報って一体全体どんな機密情報が残ってるものなのですかねということなのである.これから30年後,ボクがまだ生きていることができたならば,ボクがこういったどーでもいいことを気にしていたことを思い出して新元号決定のプロセスの国家機密が詳らかに開示されたときに一体どんな情報だけがバレることなく30年秘匿することに成功したのかボクは注意深く見守ることをしていきたいと思っている.

スポンサーリンク

 もうひとつの余談は日本経済新聞以外のいわゆる五大全国紙において行われた世論調査においては新元号「令和」に対してどんな反応をしめしていたのかを調べておいてみたのでそれを下記に書き留めておこうというものである.

(世の中にはなぜか五大全国紙ごとに行っている世論調査の結果が異なることの理由がわからないオモチロイメンメンがいたりするようなのだけれど,各紙独自に世論調査を行っているわけなので,回答しているメンやウーメンが同じではないのだから結果が違って出るのは当然といえば当然である.)

朝日新聞.

◆元号についてうかがいます。新しい元号が、「令和」に決まりました。あなたは、この元号を親しみやすいと思いますか。そうは思いませんか。
 親しみやすい 62
 そうは思わない 22
 その他・答えない 16
引用元:世論調査―質問と回答〈4月13、14日〉:朝日新聞デジタル

読売新聞

読売新聞社が26~28日に実施した全国世論調査で、5月から始まる令和の時代の日本が「良い方向」に進むと思う人は58%に上り、「悪い方向」の17%を大きく上回った。
引用元:令和の時代「良い方向に」58%…読売世論調査 : 選挙・世論調査 : 読売新聞オンライン

毎日新聞

毎日新聞が13、14日に実施した全国世論調査で、新元号に決まった「令和」について好感を持っているか尋ねたところ、「好感を持っている」が65%と多数を占めた。「好感を持っていない」は10%、「関心がない」は17%だった。内閣支持層では「好感を持っている」が81%に達し、不支持層では55%が「好感を持っている」と答えた。
引用元:令和に「好感」65% 万葉集出典は63%が「評価する」 毎日新聞世論調査 - 毎日新聞

産経新聞

新たな元号が「令和」に決まった。産経新聞とフジニュースネットワーク(FNN)が6、7両日に実施した合同世論調査によると、新元号を「良いと思う」との回答は87・0%に達し、国民の大多数は好感を持って新元号を迎えた。元号は国民生活に定着し、制度存続が望ましいとの声はむしろ、若い世代の方が多い。平成改元時には「軍国主義復活」などと難癖をつけた左派政党も今回は歯切れが悪く、皇室や伝統を否定するお家芸は支持を得られない時代になったようだ。
引用元:【安倍政権考】世論調査にみる「令和」の好感度 かつて廃止論の社共も歯切れ悪く - 産経ニュース

ーー以上である.

 この結果を確認すると産経新聞で突出して新元号「令和」への好感度が高いのが外れ値っぽくなってはいるけれど,日本経済新聞を含む他4紙を観る限りにおいては約6割のクールでビューティホーハーモニーな日本の国民が新元号「令和」に親しみを感じているようにボクは思われたものである.

 こうして五大全国紙の世論調査ひとつとってみても確認をして観ることによって各紙の特徴は観えるものであるので1つの情報に関して1つの情報源しか当てにしないのは大変に愚かしいことであるということがわかるものである.この世の事象は皆あまねくタメンテキなものであり,観る人が違えば意見はことなるのである.

 その一人ひとりのヒューメンがもつ意見の違いの中から共感するものとしないものを分類し「ナルヘソ」な「いいね!」の方をボクは選びとりながら様々な人生の選択肢を選んでいこうというわけなのである.

 では例によって本稿もちょうどよい具合になんだかよくわからなくなってきたものである.「はてな」なブログになってきたものであるので宴も酣というわけでそろそろオシマイにしよう.なにはともあれ新元号「令和」において大事なことはボクが絶対的全体としての世界が令(うるわ)しく平和になるまで外でラーメンを食わないということである.

 洗練された平和な世界には不健康不良食品の代表格であるラーメンがクールでビューティホーハーモニーであると礼賛されるはずがない.令(うるわ)しく平和な世界にラーメンがなくなるまで,ラーメンが潰えるその日まで,ボクは外でラーメンを食わないのである.

 それではまた会おう!さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.
女性天皇と女系天皇はちがうものという議論.
新元号「令和」に関連してボクが記憶しておきたい記事.

首相は <略> 1日のNHK番組では「令和」案を初めて見たのは「3月だった」と明かした。「紡いできた歴史に新しい一ページを加えていく責任をひしひしと感じていた」とも語った。選定過程に関する公文書を非公開とする期間は「基本的に30年で検討していく」と述べた。
引用元:新元号「令和」公布 5月1日施行 出典、初の国書  :日本経済新聞

 その後,選定過程に関する公文書にかかれているであろう内容はほとんど関係者によってダダ漏れしたとボクは思うのだけれど30年も非公開にしてどうしたいのかはボクにはさっぱりよくわからないのである.

 正直ボクは新元号「令和」の説明を安倍晋三首相談話で「花を大きく咲かせたい」と説明されたときには「こいつ大丈夫か?」と思ってしまったわけなので,もしその後,本稿途中で紹介させていただいた新元号「令和」の考案者とされているが新元号「令和」を「令」を「うるわしい」と読んだうえで「令(うるわ)しく平和を築いていこうという合言葉だ」と述べていらっしゃるのを拝読することがなかったとしたら新元号「令和」に「親しみ」は感じてなかったかなと思うものである.

 「(考案者を明らかにしないのは)考案者自身が氏名の秘匿を希望していることに加え、考案者を明らかにすれば新元号と特定の個人の結びつきが強調されることになりかねないため。新元号が広く国民に受け入れられ、日本人の生活の中に深く根ざしていくよう努めてまいりたい。」と令和おじさんこと菅義偉さんがおっしゃっていたことをボクは絶対に忘れないようにしていたいと思っている.

NHKが2019年5月10日から3日間行った世論調査の結果は結果で興味深かった.

夏に行われる参議院選挙にどの程度関心があるか聞いたところ、「非常に関心がある」が16%、「ある程度関心がある」が42%、「あまり関心がない」が29%、「まったく関心がない」が8%でした。
引用元:NHK世論調査 参院選「関心ある」58% | NHKニュース

ことしの大型連休は10連休となりました。 これについて「よかった」が25%、「よくなかった」が29%、「どちらともいえない」が39%でした。 これを男女別にみますと、男性は「よかった」が32%で、「よくなかった」の25%を上回りましたが、女性は「よくなかった」が33%と、「よかった」の18%を上回りました。 また年代別では若い世代ほど「よかった」の割合が高く、年代が上がるにつれて、「よくなかった」が増える傾向となりました。
引用元:NHK世論調査 参院選「関心ある」58% | NHKニュース

 NHKの世論調査に答えたメンメンは夏の参院選に関心があるメンメンが6割弱しかおらず,先日の前代未聞のクールでビューティホーハーモニーな日本国民総出で横並び一斉に取得するクレイジーな10連休はお気に召さなかったご様子である.

日本経済新聞社が2019年5月10~12日に行った世論調査に関連した記事.
その他.

 令和を"Order Harmony"と海外メディアに訳されたことから外務省が"Beautiful Harmony"と公式な英訳を主張したということが報じられたわけなのだけれどgoogle:"beautiful harmony" site:mofa.go.jp とグーグル先生にクエスチョンしてみると見つかるページは次の2つのページしかないようだ.

《アイキャッチは元号の説明をする人のイラスト(令和) | かわいいフリー素材集 いらすとや./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》