#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

平成最後の大掃除をDyson Cyclone V10 Absoluteproで受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

平成最後の大掃除をDyson Cyclone V10 Absoluteproで受けて断つ.

 今年は2018年,来年は当然ながら2019年である.しかしニッポンには元号というものがあり,来年の4月末日に現平成天皇陛下が生前退位され新しい天皇陛下が5月に即位されることから平成時代が来年の4月末日を持って幕を閉じ,5月からは新元号に改まるものである.

 というわけで今年,2018年の年末は西暦でみれば何の最後ということもないわけなのだけれど,平成という時代で考えれば最後の年末なのである.つまり今年の年末大掃除は平成最後の年末大掃除になるというわけだ.

 ところで諸賢はブロガーというものの慣習として年末にその年に買ってよかったものを紹介するということをするものであるということをご存知なメンであろうか?実ははてななブログの今週のお題でも同様のお題が今年も12月の初旬に出題されたわけなのだけれど,12月の初旬ではまだ1カ月近く2018年は残っているのである.ボクは潔くそのはてなな今週のお題をバカ正直に答えることを諦め2018年のヒット商品について紹介することによって受けて断ち,今日を迎えたというわけである.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 さてボクが本稿においてなにを述べようとしているのか読者諸賢にはなんだかよくわからないことになってるかもしれないが,ようはボクが2018年に買ってよかったと思うもの,ベストバイな逸品というものを紹介しようというわけである.そしてそのボクが2018年に買って本当によかったと満足している逸品は掃除に関係のあるものであり,その掃除に関係があるものを最大限に活用することによりボクは平成最後の大掃除をそつなくタンタンとメンタルしっかり受けて断つことができたということを述べたいのである.

 ではボクが2018年に買ってよかった掃除に関連するものがなんであったのかを最初に紹介しておこうと思う.なぜなら最初に紹介をしておかなければ,次のDyson Cyclone V10 Absoluteproと山崎実業から発売されている専用のラックである.

 では最初に結論を紹介したところで以降は乱文長文駄文となることを厭わず(1)なぜDyson Cyclone V10 Absoluteproにしたのか?(2)Dyson Cyclone V10 Absoluteproを実際に使用してみての「学び」「気づき」そして「感謝」(3)まとめ,の3つについて書いていきたい.無理やり3つにしたのはボクが単純にナニゴトも3つでまとめる「3の法則」が好きだからなだけであり,それ以上の深い意味合いはないものである.

(1)なぜDyson Cyclone V10 Absoluteproにしたのか?

 まずボクがDyson Cyclone V10 Absoluteproを購入しようと思った動機から説明しよう.ボクはラーメン断食家なので世界が平和になるまで外でラーメンを食うに食えないわけなのだけれど,外でラーメンを食えないからといってウチで食ってはいけないわけではない.なのでウチなるインナーワールドでラーメンを食すならよりより快適なライフ環境でラーメンを食したいと思うわけなのである.

 Dyson Cyclone V10 Absoluteproを購入する以前のウチなるインナーワールドの掃除は同じくDysonのコードあり掃除機とルンバによって賄われていたのだけれど,ルンバでは床の掃除はできても棚や壁,カーテンその他もろもろのホコリをとることはできなかったのである.またボクの所有していたDysonのコードあり掃除機は大変に重量があったため(10年以上使っている年代物だ)なかなか気軽に掃除をしようと言う気になれなかったのである.ルンバを毎日稼働させても,コードあり掃除機は1週間に一度の稼働という状況が長らく続いていたため,ウチなるインナーワールドは汚くはなかったけれど,ずっとウチなるインナーワールドに引きこもっていたいと思っていられるほど清々しいライフ環境とまではいかなかったのである.

 そこでボクはよりよりウチなるインナーワールドを快適なライフ環境にするためにはよりより掃除機を気軽に使えるようにしておいた方がいいと考えた.そして思い至ったのがコードレス掃除機であったというわけだ.しかしコードレス掃除機といっても有名なところでは件のDyson,Panasonic,日立,そしてマキタ etc..とたいへんにたくさんの種類のコードレス掃除機があるわけなのだけれど,ある日ボクは実際にトーキョーのドコカの家電量販店に足を運んで実際に実機を使ってみることによって一番使い勝手がよいと思ったDyson Cyclone V10にしようと決めたというわけである.

 ちなみにDyson Cyclone V10にもFluffy,Fluffy+,Animal+そして今回ボクの購入したAbsoluteproとオプションが複数存在しているわけなのだけれど,なぜボクがAbsoluteproにしたのかといえば端的に一言でいえば「全マシオプションだったから」というのが第一の理由である.

 トーキョーのドコカの家電量販店で実際に足を運んで実機を試してみたということを前述したわけなのだけれど,ボクはFluffyモデルにしかついていないソフトローラークリーナーヘッドとAnimal+にしかついていないダイレクトドライブクリーナーヘッドの両方を欲しいと思ったのである.そしてその両方のクリーナーヘッドが同梱されているモデルがAbsoluteproしかなかったというわけである.これがボクがAbsoluteproを選んだ理由である.

(2)Dyson Cyclone V10 Absoluteproを実際に使用してみての「学び」「気づき」そして「感謝」.

 では次にDyson Cyclone V10 Absoluteproを実際に使用してみての「学び」「気づき」そして「感謝」について書きたい.

 まず実際にDyson Cyclone V10 Absoluteproを実際に使用してみてボクが気づいたのはDyson Cyclone V10は充電が最長60分(ソフトローラークリーナーヘッド最長40分/ダイレクトドライブクリーナーヘッド最長35分)持続すると書かれているわけなのだけれど,これは3段階ある吸引モードの2段階目までで使用しているときの最長時間ということである.3段階目のMAX吸引モードで使用すると10分持つかもたないかというところである.これがひとつ目の「気づき」である.

 充電の持続時間は最大吸引モードだと10分持つか持たないかであるので,トコトン心ゆくまでウチなるインナーワールドを掃除したいと思うと充電が持たないということである.実はボクはDyson Cyclone V10を買ったタイミングで元々持っていたコードありのDyson掃除機を手放すつもりでいたわけなのだけれど,トコトン心ゆくまで思う存分掃除するというピンチがチャンスなときのためにコードあり掃除機は必要だということが分かったのである.というわけで,毎日の掃除用にコードレス掃除機,心ゆくまで思う存分掃除するときにコードあり掃除機を使用するという使い分けをするべきであるとことが今回の「学び」であるというわけだ.

 そして最後の「感謝」である.「Dyson Cyclone V10 Absoluteproは全マシオプションである」ということを前述したわけなのだけれど,具体的には(1)ソフトローラークリーナーヘッド(2)ダイレクトドライブクリーナーヘッド (3)ミニモーターヘッド(4)コンビネーションノズル(5)隙間ノズル(6)ミニソフトブラシ(7)フトンツール(8)延長ホース(9)アップトップアダプター ...以上9つのお掃除ノズル関連のツールが同梱されている.

 実はこの中の(3)ミニモーターヘッドと(7)フトンツールを使うことによって布団も毎日掃除してみたところ,ウチなるインナーワールドのハウスダストを減らすことに成功してしまったようであり,ウチなるインナーワールドの空気がたいへんにキレイになったのである.実はボクは花粉症なのだけれど,この時期から目が重たくなる症状がはじまるわけなのだけれど,それがDyson Cyclone V10の(3)ミニモーターヘッドと(7)フトンツールで毎日布団も掃除しはじめたらピタリと止まったのである.

 お調子に乗ったボクは他のツールも満遍なく使うことによってウチなるインナーワールドの壁,棚という棚,カーテン,通気口のフィルター,空気清浄機のフィルター,洗濯乾燥機のフィルター... ウチなるインナーワールドでホコリが溜まる場所を見つけてはくまなくDyson Cyclone V10で掃除してみたのである.

 結果としてボクのウチなるインナーワールドで毎日掃除が繰り返された結果,ホコリがゼロというのは過言であるのだけれど,そこはかとなくホコリが少ない状態を維持することができるようにになり,よりよりライフが快適な環境にすることができたのである.

 正直なところコードレス掃除機で掃除の頻度をあげることはできるだろうとは思ってはいたわけだけれど,思った以上に掃除をしようという気持ちが沸き立って実際に掃除をするにいたるまでの敷居が下がったことにより,ウチなるインナーワールドは常にキレイな状態が持続するようになったのである.ボクには少なくともDyson Cyclone V10 Absoluteproの効果は絶大であり,Dyson Cyclone V10 Absoluteproにマジ感謝しているといっても過言ではないのである.

(3)まとめ.

 最後の3つ目はこじつけであるのでこれまでのまとめである.「Dyson Cyclone V10 Absolutepro」は間違いなく今年(2018年)にボクが買ってよかったもの,ベスト・バイであるといっても過言ではない逸品であったわえけなのだけれど,良かった点と今一つな点があるので最後にそれをまとめておくことにしたい.

 良かった点は(1)コードレス掃除機は当然ながらハンディなので思い立ったらスグ掃除が実践できる(2)Dyson Cyclone V10 Absoluteproについてくるミニモーターヘッドとフトンツールによって布団掃除も捗る.(3)1.および2.によってウチなるインナーワールドにおけるホコリというホコリ,ハウスダストというハウスダストが限りなく少ない状態を維持できているのでウチなるインナーワールドがたいへんに快適な居住空間として維持できるようになった ...以上である.

 今ひとつな点は充電の持続時間の1点のみで,ボクのようにトコトン心ゆくまで思う存分に掃除をしたい需要がある場合には充電切れ問題は深刻であり,充電切れを気にしないで掃除するときのためにコードあり掃除機も手放さずに保有しておいた方がよいということである.

ーー以上である.

スポンサーリンク

 というわけでボクは毎日「Dyson Cyclone V10 Absolutepro」で毎日1度は充電が切れるまで思う存分ウチなるインナーワールドを掃除し尽くすことをしているわけなのである.結果として実は平成最後の大掃除に関しては「大掃除」というほどのことのない「いつもどおりの掃除」をすることによって済ますことができてしまい,大仰な大掃除をすることによってウチなるインナーワールドの中からボクの過去の黒歴史を紐解くかのような遺物を掘り起こしてしまったりといったオモチロイベントは残念ながら発生しなかったのである.つまりこの話に特にオチはないというわけである.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!健闘を祈る!!

《本稿はお題「2018年を振り返る」お題「年末年始・わたしの戦利品」お題「平成最後の○○」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。