#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは200日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

意識他界ラーメンと「ラーメン」ましてや「ザ・ラーメン」を混同されてしまうというのはタイヘンにモシャモシャするものである。

 前述のとおり、ボクはプロのラーメン断食家である。しかし読者諸賢に誤解を招かぬようボクはことある都度、ボクのラーメン断食の定義について説明してきた。ボクの言うところのラーメン断食とはザ・ラーメンを断つことではない。ボクが断つのはナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンである。

 ラーメン俗世において、今の御時世、ナンだかよくわからんムニャムニャをもってラーメンと呼ぶことにナンの罪悪感も持たぬ人びとが多すぎる。ボクに言わせればナンだかよくわからんムニャムニャは意識他界ラーメンであることはあってもザ・ラーメンであることはないのである。ナンだかよくわからんムニャムニャはナンだかよくわからんからナンだかよくわからんムニャムニャなのであり、ナンだかよくわかったらナンだかよくわからんムニャムニャではないのである。

 ちなみにザ・ラーメンとはボクの定義するところのラーメンを忠実に再現するラーメンのことである。現在、ボクがザ・ラーメンと呼べるラーメンは絶滅したか、もしくは存在していたとしても絶滅に窮している。ボクはザ・ラーメンが絶滅した、ないし未だどこかに細々と生存していたとしてもかぎりなく絶滅に近い絶滅危惧種となっているのではないかという仮説を立てた。ちなみのちなみにボクが自らの仮説にザ・ラーメン死亡説と命名したというのは蛇足である(関連記事:参照*1

 閑話休題。ボクに言わせればナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンとザ・ラーメンとは似ても似つかぬものである。しかし、タイヘンにイカンなことながらまとも界においてもラーメン俗世においてもナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンがマジョリティーとなってしまい今やナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンが「ラーメン」としての立場を確立してしまいつつある。毎日タダラーメン食ってるようなアタマのオモチロオカチイ人びとの中にはナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンをもって「ザ・ラーメン」と言わし麺とする不逞の輩まで散見されている始末である。タイヘンに困ったものだ。

 プロのラーメン断食家であり、ラーメンとラーメンとは呼べないものを区別することをライフワークとしている意識他界ラーメン料理研究家としてのカオも持つボクとしてはナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンと「ラーメン」ましてや「ザ・ラーメン」を混同されてしまうというのはタイヘンにモシャモシャするものである。この危機的状況をナンとか解消する算段を講じねばならぬ。ボクは夜のスリープタイムを削り、そして昼休みのナップタイムも削って考えに考えた。そしておのずと答えはカンタンには出なかったがいくつかのヒントを得た。

 まず、ボクがヒントを得たのはボクの文章師匠であるフミコ・フミオさん(以降、フミオさんと表記)のとあるエントリを読んでいた際に都合よく天から降りてきた。そのヒントとなった部分を引用し説明を加えたい。

スヌーピーのTシャーツと麻のズボーンのコーデ

大人になれなかった子供たち - Everything you've ever Dreamed

 ボクが上述の引用部分から着想を得たのは、ボクが「ザ・ラーメン」と呼んでいるラーメンを提供していた昔ながらの町の中華料理店においてよくみかけたラーメンのメニュー表記のことだ。ザ・ラーメン死亡説で詳しくは述べたがザ・ラーメンが絶滅危惧種だということはザ・ラーメンを提供する町の中華料理店もまた絶滅危惧種だということである。その昔、町の中華料理店が絶滅危惧種ではなかったころ、お店に入ってメニューを見るとラーメンのことは「ラメーン」と表記されているラーメンというのはさほど珍しいものではなかったのである。

 余談だがチャーハンのことは「チャハーン」、チャーシューメンのことは「チャシーユメン」と表記されていたりしたものだ。ここで余談マシマシするならば、注文のときは当然ながらラーメン、チャーハン、チャーシューメンと言わなければならない。間違っても「ラメーン」「チャハーン」そして「チャシーユメン」などとオーダーしてはならない。間違いなくド阿呆だと思われるからである。さらに余談アブラカラメするならば、未だボクにもなぜメニューにおいてラーメン、チャーハン、そしてチャーシューメンが「ラメーン」「チャハーン」そして「チャシーユメン」という表記になるのかについてはさっぱりよくわからないままだ。

 話が脱線してしまったが、前述のフミオさんのエントリにおいてTシャツを「Tシャーツ」、ズボンを「ズボーン」と表記しているのを読んでボクが着想を得たことこそラーメン、つまりはボクのいうところのザ・ラーメンを「ラメーン」と表記するのはどうかということなのである。

ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

 ちなみにザ・ラーメンを「ラメーン」と表記するというのではタイトルの「ラーメーン」とチガウではないかという諸賢、タイヘンに目の付け所がシャープであると言えよう。つまりまだ続きがあるということである。

 実はボクは常々、フミオさんがアピールを「アッピール」、Tシャツを「Tシャーツ」、そしてズボンを「ズボーン」と表記している一方、ラーメンのことは「ラーメン」とフツーに表記していることを疑問、つまりはふしぎに思っていたのだ。

 そしてそのことを戯れにインターネットの大海にコウカイさせてみたところ、ナンとフミオさんご自身から天啓を授かることがデキたのである。それが下記のツイートだ。

 フミオさんに授かった天啓によれば「ラーメーンではどうでしょw」というのである。ナニをボクに異論を挟む余地があろうか、いやない。ボクは二つ返事で「ではラーメーンでw」とリプライした。

 といったわけでボクは当面、ザ・ラーメンのことを述べるときは「ラーメーン」と表記することにした。

 最後にもう一度、念を押しておかせてもらうなら、ボクに言わせれば今、世の中を席巻している大方のラーメンとされているものはナニを隠すも隠すまでもなく実のところはナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンである。ナンだかよくわからんムニャムニャはナンだかよくわからんムニャムニャでありラーメンではない。ましてやザ・ラーメンであるはずがない。ナンだかよくわからんムニャムニャはナンだかよくわからんからナンだかよくわからんムニャムニャなのであり、ナンだかよくわかってしまったらそれはナンだかよくわからんムニャムニャではないのである。

 ボクは明確にナンだかよくわからんムニャムニャとラーメン、ひいてはザ・ラーメンを区別するためにラーメン、ひいてはザ・ラーメンの表記を「ラーメーン」とすることにした。

 今後ボクが「ラーメーン」と表記するとき、それはナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンのことを指すことはない。ボクが「ラーメーン」と表記したときはラーメン、ひいてはザ・ラーメンのことを指すということを読者諸賢には誤認識いただけたら幸いである。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

(アイキャッチは戦う原始人のイラスト。ザ・ラーメンからボクが想起する言葉は「原点(オリジン)」「独自(オリジナル)」だ。しかしそれらの言葉で検索してもいらすとやさんでヒットするイラストがなかった。かろうじてヒットしたのが「原始」だった。というわけで原始人とザ・ラーメンには特に関連はないのだ。/本稿はお題「マイルール」によせて書きました。)

*1:ザ・ラーメン死亡説。