#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ハロウィンラーメンという名のカボチャラーメンで台風の土砂降りの中を客を集めようとするラーメン店はナニがしたいのだろう。よく分からない。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うなんだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは190日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

ハロウィンは「10月31日」である。

 閑話休題。今日(2017年10月31日)はハロウィンである。今日(2017年10月31日)がハロウィンだと言っても過言ではない。

 元来日本にハロウィンなどない。クリスマスくらい定着すると違和感もないものであるがハロウィンほどオモチロオカチイくらいに日本に合わないイベントはないと言っても過言ではない。日本で五穀豊穣を祝う秋祭りはそもそもあるのであるからそんなに乱痴気騒ぎがしたいなら地元の氏神様を祀ったお祭りでその痴態をボクは披露すればよかろうと思う。

 しかしボクにどんな異論をのべつ幕なしに述べ散らかそうとも欧米渡来のオモチロイ御都合主義に乗せられたオモチロオカチイ人たちがT都のS駅の有名なスクランブル交差点を右往左往する様はもはやT都の10月31日の風物詩と呼ばれるまでになってしまったことは揺るがしようもない事実である。つラいや。

 しかもどういう御都合主義の働きかけか、もはやT都に住まうオモチロオカチイ魑魅魍魎は10月31日すら待てなくなってしまったようであり、前週のプレミアムフライデーにまでT都のS駅のスクランブル交差点界隈に集結しているようであった。

(ボクはプレミアムフライデーの会社の帰路、S駅でパッションピンクの特攻服に身をやつしたオモチロイレディースを見かけた。そのときボクはそのレディースはてっきりプレミアムフライデーでアタマがプレミアムになっているオモチロイ人たちかと思っていたのだが、どうやらフライングでハロウィンしにきた人たちだったらしい。いつからハロウィンは往年の暴走族の集会になったのだろう。よく分からない。)

 翌2017年10月28日の土曜日には雨ニモマケズ、ハロウィンのコスプレイベントに参加する人びとのオモチロオカチイ痴態が話題になっていた。舞台になったのはT都のブクロだったようだったようである。魚介豚骨ラーメンがそこ一箇所で完結すると言っても過言ではない無類の土地であるブクロもオモチロオカチイ魑魅魍魎の餌食となってしまって陥落したというのでは、ボクはブクロに雨ニモマケズ赴いてみようなどというキモチがミジンコの陰茎ほども湧きだしてこない。

ikebukurocosplay.jp  タダでさせブクロの乙女ロードは度し難く近寄り難い場所であるわけだが、最近はそのテリトリーがサンシャインシティにまでおよんでいる。完全なるワンダーランドである。このオモチロオカチイ迷惑なイベントは一部の人間だけがタノチイだけのように思うのは気のせいだろうか。

 このT都をとりまくオモチロオカチイハロウィンの惨状は一体どうすればよいのか。責任者がいるならば問いタダしたい。責任者はどこか...

...ボクの声は虚しく響き渡るだけだった。

ハロウィンラーメンという名のカボチャラーメンで台風の土砂降りの中を客を集めようとするラーメン店はナニがしたいのだろう。よく分からない。

 一方、商才逞しいラーメン店はハロウィンの便乗商法することに余念がないようである。

 T都の意識他界ラーメン店は2017年10月27日の金曜日あたりから、どこもかしこもハロウィンラーメンという名の実質カボチャラーメンを提供することのアッピールがハゲしかった。

 本来言わんでもいいことであるが、カボチャはラーメンには合わない。カボチャは甘いからだ。中華麺の原材料が小麦であることを考えれば合わせられなくはないだろう。しかしカボチャに合わせたソレはボクから言わせればもはやラーメンではない。

 カボチャが無類の野菜であるということにボクは異論はない。栄養面でもサイコーの食材であると言っても過言ではない。しかし、カボチャはカボチャのまま食うのがボクは好きである。ボクがカボチャを食うならカボチャの煮物がいい。

 ナニ食ってるとわざわざカボチャをラーメンとアウフヘーベンしてみようとかいうオモチロオカチイ発想がわいてくるのかボクにはよく分からない。

 ましてや2017年10月28、29日は台風22号が日本列島を縦断していた。ツイッターのトレンドには土砂降りの四文字が並ぶほどであった。

 ハロウィンラーメンという名のカボチャラーメンで台風の土砂降りの中を客を集めようとするラーメン店に至ってはナニがしたいのだろう。ラーメン店主がお客からお菓子をもらえないからその腹癒せにイタズラしているのだろうか。ボクには全くよく分からなかった。

 カボチャラーメンはナニかの御都合主義だろうか、はたまたタダの可愛げのない阿呆であろうか。いずれにせよボクはそんな何だかよく分からん御都合主義にはくみしないし、可愛げのない阿呆にはお近づきにならないのである。

 冗長になってきたからそろそろシメよう。

 ボクはハロウィンはオモチロオカチイ発券器としてはオモチロイと思う。しかし、そんなオモチロオカチイ人びとに関り合いになってマネーと時間のムダ遣いをしたいほどボクは少なくとも酔狂ではないのである。つまりハロウィンもボクが受けて断つ対象だったということだったというわけなのである。

nlab.itmedia.co.jp

(アイキャッチはハロウィンの仮装のイラスト「トリック・オア・トリート」。いい歳したオッサンオバハンがお菓子もらえないからゴミをバラ撒いてイタズラしまくっている日本のハロウィンは一体なんのオモチロオカチイイベントなのだろうか。ボクにはよく分からない。お題「コスプレ」お題「ハロウィン」によせて書きました。)