#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

韓国モスバーガー店舗のトレーマットの不適切表現「安⼼してお召し上がりください。モスバーガーコリアは⽇本産の⾷材を使⽤しておりません」を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

韓国モスバーガー店舗のトレーマットの不適切表現「安⼼してお召し上がりください。モスバーガーコリアは⽇本産の⾷材を使⽤しておりません」を受けて断つ。

 読者諸賢はモスバーガーを経営するモスフードサービスが韓国で合弁会社であるモスバーガーコリア社が展開する韓国のモスバーガーを運営していたことをご存知なメンであろうか?はたまたモスバーガーを経営するモスフードサービスが韓国で合弁会社であるモスバーガーコリア社が展開する韓国のモスバーガーを運営していたことをご存じないメンであろうか?

 ボクはといえば上記リンクのハフポスト日本版の記事を読むまでモスバーガーを経営するモスフードサービスが韓国で合弁会社であるモスバーガーコリア社が展開する韓国のモスバーガーを運営していたことを知らなかったメンである.ましてやモスバーガーを経営するモスフードサービスが韓国で合弁会社であるモスバーガーコリア社が展開する韓国のモスバーガーのトレーマットに「安⼼してお召し上がりください。モスバーガーコリアは⽇本産の⾷材を使⽤しておりません」と書かれていたことを知らなかったということは言うまでもない.

 ちなみにこの韓国のモスバーガーのトレーマットに「安⼼してお召し上がりください。モスバーガーコリアは⽇本産の⾷材を使⽤しておりません」と記載されていたことがSNS上で炎上し株式会社モスフードサービスが上記リンクのプレスにあるように謝罪文を出し韓国のモスバーガーのトレーマットに「安⼼してお召し上がりください。モスバーガーコリアは⽇本産の⾷材を使⽤しておりません」と記載するのをやめたというのが冒頭のハフポスト日本版の記事の趣旨である.

 ボクは冒頭のハフポスト日本版の記事のタイトルだけを読んだ限りでは「⽇本産の⾷材を使⽤しておりません」くらいでは悪意を感じないものであったのだけれど記事の内容とモスフードサービス株式会社の謝罪文をそこはかとなく目を通した結果,ハフポスト日本版の記事のはてなブックマークコメントのトップコメントになっていた意見『「国産しか使っていません」と「●●産は使っていません」は明らかに目的が違う』と同じ感想をもった.

 なぜなら「安⼼してお召し上がりください。モスバーガーコリアは⽇本産の⾷材を使⽤しておりません」と韓国のモスバーガーのトレーマットに記載したのは経緯があるというのだけれど,その経緯とはモスフードサービス株式会社の「韓国モスバーガー店舗のトレーマットの表現に関するお詫び」から引用する次のものであったからである.

2018 年 2 ⽉以降、韓国のモスバーガー店舗で輸⼊規制がかかっているはずの⽇本⾷材を使⽤しているなどの誤った情報が韓国国内で流れ、SNS を中⼼にご批判をいただく事態となりました。これを鎮静化するため、4 ⽉から 9 ⽉中旬まで、韓国の店舗(8 ⽉末時点 13 店舗)にてこのトレーマットを使⽤いたしました。その後、誤った情報の流布が鎮静化したため、通常のトレーマットを使⽤し、現在に⾄ります。
 
引用元:韓国モスバーガー店舗のトレーマットの表現に関するお詫び(太字:筆者).

 
 ここで韓国で日本産の食材に輸入規制がかかっているというのであるわけなのだけれど,韓国で日本産の食材に輸入規制がかかっているのは2011年の福島第一原子力発電所の事故を受けてのものであり,より端的に言えば日本産,特に福島産の農作物が放射性物質に汚染されていると疑われているからである.つまり「安⼼してお召し上がりください。」というのは,つまり日本産,特に放射性物質に汚染された農作物を使用してないから「安⼼してお召し上がりください。」という意味であるということは自明である.

 この表現は明らかにひどいものであり,これは確かに日本人なら怒って当然とボクも激しく同意したというわけである.実際問題,ハフポスト日本版の記事に付されていた下記のリンクしかり,農林水産省の野菜生産についてのQ&Aページしかり日本産の農作物の放射性物質の検査結果は公開されている.

 この前提をもってするとボクにはモスフードサービス株式会社のプレス関係者はなにを食ってると「安⼼してお召し上がりください。モスバーガーコリアは⽇本産の⾷材を使⽤しておりません」とかいう不適切表現を思いついてしまうまともで素晴らしい精神性が身につくのかよくわからない.例えば「安⼼してお召し上がりください。モスバーガーコリアは韓国産のみを使用しております(実際に韓国産のみなのかどうかはボクは知らないし興味ないのだが)」といった表現をする脳みそは働かなかったのだろうか.たいへんに残念でならない.

スポンサーリンク

 ちなみにモスフードサービス株式会社といえば,先日,日本でも食中毒事故を起こしたわけなのだけれど,その対応も後手に回っていたというのがボクの印象である.今回の韓国モスバーガー店舗のトレーマットの不適切表現に際してモスバーガーの公式サイトを確認してみたところ,その食中毒事故の経過と再発防止策が公開されていた.それが次のリンクである.

 この「食中毒事故の経過と再発防止策」によると次のように書いてあった.

関係自治体、当社の調査・検査の結果、現時点においても感染源および感染経路の特定には至っておりません。しかしながら、お客様の喫食時期(8 月 10~23 日)、発症エリア(関東・甲信地域)およびO121 の特性(熱に弱い)から、非加熱食材(野菜類)を中心に生産、検査、物流、店舗に至る全ての過程において、安全性を確保するために必要と考えるあらゆる対策を実施しております。
 
引用元:食中毒事故の経過と再発防止対策について(太字:筆者).

 
 これによると事故の原因は分かっていないけれど,生産、検査、物流、店舗に至る全ての過程において、安全性を確保するために必要と考えるあらゆる対策を実施しているから安心してモスバーガーでハンバーガーを食してねといったことが書かれてあった.

 少なくともボクが思うに事故や事件の再発防止というものは原因が特定されていて初めて意味をなすものであるので原因が特定されていないけれど安全性を確保するために必要と考えるあらゆる対策を実施しているから安心してねと言われてもボクは安心ができないし,それをボクは再発防止策とは思わないのである.

 とはいえ韓国モスバーガー店舗のトレーマットの不適切表現にせよ,先日のモスバーガーでの食中毒事故の再発防止策といえないレベルの再発防止策にせよ,十分にモスバーガーは食の安心と安全を確保できる素晴らしい飲食店であると思うメンがいたとしてもそれはそのように考えるメンの自由であると思うし,思う存分モスバーガーで食の安全に安心してハンバーガーを食していただけたらと思うものである.

 ボクは一連の騒動がある以前から特にモスバーガーを好んで食していなかったので,このタイミングであえて狙いすましてモスバーガーにハンバーガーを食しにいく酔狂なメンではない.だから今後はモスバーガーもラーメン断食のレパートリーに追加して二度と食すのをやめようと思っている.

 それではまた会おう.さらばだ諸賢!

《アイキャッチは爆弾発言のイラスト(女性)./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。