#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

毎日がプレミアムフライデーだったみたい。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンが核を放棄するまで、ついでにおまけでコリーアが従軍慰安婦問題に関してニッポンを不可逆に許すまで外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは280日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

今日(2018年1月26日)は2018年最初のプレミアムフライデーである。

 今日はプレミアムフライデーである。もはやプレ金というと失笑を買ってしまうほどに世の中の関心は失われたような気がしないでもないが、世の中の関心が薄れようとボクは各月月末をプレミアムフライデーと意識することが過剰になることも厭わず意識するようにしている。

 実際、ボクの勤め先の企業においてはプレミアムフライデー開始当初から月末のフライデーに「3時で帰っていいよ。」とはしてくれなかったので、プレミアムフライデー開始以来、ただの一度もボクは3時で帰宅できたプレミアムフライデーはない。ストロングゼロ。

 またプレミアムフライデーの経済効果もウニャムニャである。ボクが日本経済新聞を毎日読んでいる限りにおいてプレミアムフライデーの経済効果がスバラチイ、毎週末をプレミアムフライデーにするベキだ、といった記事をみかけることはなかった。効果がないのならいつまで続けているのか、効果があるならナゼ、それを、アッピールしないのか。ふしぎだ。

 ちなみに直近で日本経済新聞で「プレミアムフライデー」という言葉を使用した記事のひとつがSE職、今や脱「ブラック」 得意のIT活用 NEC、AIで健康予測 富士通は昼食分析し注意 :日本経済新聞という記事なのであるが、そこでプレミアムフライデーという言葉がどのように使われていたかと言えば下記のようなカタチである。引用して紹介したい。

 「毎週末がプレミアムフライデー」。社員からこんな声が上がるのがSCSKだ。業界に先駆け12年から「残業半減運動」に取り組んだ。11年度に27時間46分だった月平均残業時間は直近で15時間55分となった。

引用元: https://www.nikkei.com/article/DGKKZO25905430Z10C18A1EA5000/

 そして驚くなかれ、諸賢。その記事に書かれていたのは「みんなが定時になったら速やかに帰るようになったよ。」というなんだか当たり前のことだったのである。定時になったら速やかに帰るという当たり前のことがプレミアムだったのだろうか。プレミアムフライデー開始当初、ボクが認識していたプレミアムフライデーの趣旨とはナニか違っているようなきがするのだが、タイヘンにふしぎなことである。

 ちなみにボクは毎日定時になったら速やかに帰る定時ダッシュ至上主義者である。むしろそもそも痛勤したくないと言っても過言ではない。SCSKの社員のみなさんのロジックに従うならば、ボクの場合は「毎日がプレミアムフライデー」ということになるのであろう。

 ボクが常日頃ブログを書く上でこころがけているのはノンストップライティングである。正直ボクはプレミアムフライデーについて今回書き始めたときにボクが実は「毎日がプレミアムフライデー」だったとは思ってもいなかった。

 あまりの驚愕の事実であると言えよう。

毎日定時ダッシュ主義者のボクは毎日がプレミアムフライデーだった...

 余韻にひたるためにもう一度書いておきたいと思うのだが、毎日定時ダッシュ至上主義者のボクはSCSKの社員のみなさんのロジックに従うならば「毎日がプレミアムフライデー」のツイてツイてツキまくるラッキーマンだったというわけだ。

 「毎日がプレミアムフライデー」だったらいつボクは土曜日、日曜日、そして祝日をむかえたらよいのだろうか。オカチイことに毎日定時まで働き続けなければならぬということである。

 ボクはのんびり休日至上主義者でもあったはずなのだが、ボクの休日はどこへ逝ってしまったのか。責任者がいるならといただしたい。責任者はどこか。

 責任者をボクのウチなるインナーワールドにおいて探してみたがみつからなかった。というわけでこの「毎日がプレミアムフライデー」という問題に関してはまた場を改めて考え直すことにしたい。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!!

(アイキャッチは「プレミアムフライデー」と「PREMIUM FRIDAY」のイラスト文字。/本稿は気づいたらお題「らーめんあまり関係ない雑記。」になっていました。)

*1:キタチョーのロケットマンが核を放棄するまでボクは外でラーメンを食わない。ついでにおまけでコリーアがニッポンを許すまで外でラーメンを食わない。

*2:ボクはザ* ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。