#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

入学式2019を悠仁親王さまのお茶大付属中御入学と小田急線の遅延証明書がウェブから入手可能で受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

入学式2019を悠仁親王さまのお茶大付属中御入学と小田急線の遅延証明書がウェブから入手可能で受けて断つ.

 今日は2019年4月8日の月曜日である.

 日本の首都東京のドコカの企業で働くサラリーメンのボクの月曜日の朝は早い.というか厳密にいうとボクは痛勤がよりより凄惨性をマシマシにする痛勤ピーク帯にあえて狙いすまして痛勤することを潔しとせず,ウチなるインナーワールド最寄りのJRホニャホニャ線のホニャララ駅に掲示されている「朝7時半から8時半にたいへんに電車が混雑します」という「だから何?」といったポスターの内容を参考にしてそのピークよりも1時間早い6時半に早朝時差ビズ痛勤することにしているわけなので,月曜日から金曜日まで毎日朝が早いというわけである.

 ちなみにこの早朝時差ビズ痛勤をボクはなにも好き好んでやっているわけではない.できればボクはそもそも早起きなどはしたくないし,ましてやオフィス痛勤などしたくもないのである.しかしボクの勤めている会社では働き方改革が発展途上であり,時差通勤*1もフレックス制も在宅勤務もテレワークも週休3日制もプレミアムフライデーも何一つとして満足に導入されていないのである.とはいえ,一応万が一というときの場合,例えば地震や台風といった自然災害等でどうしても痛勤が困難な際や,ギックリ腰のような仕事そのものはできるのだけれど痛勤はむつかしい場合などに関しては在宅勤務が認められている.ただしそんなレアケースは滅多に発生しないからレアケースなのであり,ボクは未だにそんなレアケースによる在宅勤務を認められたことは少なくともこの1年の間には1度もなかったことは言うまでもない.

 そういったわけで平日がはじまる前日の日曜日には決して全く月曜日がくることが楽しみであるわけではないのだけれど,可能な限りギリッギリまでオフトゥンで寝ていたいボクは朝の痛勤準備時間を可能な限り短くするために必要な手荷物,着替え,朝ごはんに食すもの等々を前日の日曜日の夜のうちに全部用意して月曜日の午前ゼロ時にはオフトゥンに入るようにしているのだ.それでもボクが起床するのは朝5時半なのでどんなにガンバってギリッギリまでオフトゥンに入っていたとしても5時間半しかオフトゥンに入っていられないというのは睡眠負債が約束されているといっても過言ではないというわけだ.そしてザンネンなことにボクはこの平日に睡眠負債が貯まる一方の生活を改善できる方法を見出すことができずに1年超が経過している.

 健康で文化的な最低限度のライフを大切にしているボクにとってこの睡眠負債が貯まる一方な平日ライフはかなり真剣に解決しなければならない最重要課題の1つであることはいうまでもない.今はまだ解決できていないけれどいつか解決できた暁にはボクがどのような「学び」「気づき」そして「感謝」の阿呆の3大栄養素を蓄えることができたかについて本ブログにおいて詳らかに説明されることになるであろう.今はまだそのタイミングではないというわけだ.ご期待あれ!

スポンサーリンク

 閑話休題.

 ところで唐突ではあるのだけれど,ボクは年度始まりが1月の企業であるので縁が薄いことではあるのだけれど,日本の教育機関の年度始まりは4月であるので先週の金曜日(2019年4月5日)もしくは今日(2019年4月8日)が入学式という小学校,中学校そして高校がどうやら多かったようなのである.

 冒頭に散々に書いたとおりボクは朝の痛勤ピーク帯をあえて狙いすまして1時間ちかく外した早朝時差ビズ痛勤をしているので当然学生の皆様とも痛勤痛学時間がバッティングしないのだけれど,なぜか今朝は勝手が異なっていた.なぜかはわからないのだけれど,今日はいつもよりウチなるインナーワールドの最寄り駅のJRホニャホニャ線のホニャララ駅が混雑していたのである.

 今朝は雨だったので雨のせいかと思っていたのだけれど,どうもよくみていると真新しいランドセルを背負ったお子様とその母上と思しきオバハンの親子連れがよく目についたように思われたものである.しかし朝の6時半である.JR山手線の内側の学校に向かっているのか,はたまたJR山手線の外側の学校に向かっているのか,いずれにしても1時間以上もかけてお子様が通学されるとはおもえないので7時半には学校についてしまうのではないかという時間なのである.たいへんにはてなである.昨年(2018年)にこんな光景をボクは目にした記憶がなかったのでたいへんにはてなに思ったものである.

 ボクがそんな真新しいランドセルを背負ってよちよちと歩くお子様とその母上とおぼしきオバハンたちの光景をほほほほえましく観察しているとお子様もその母上とおぼしきオバハンたちも朝の痛勤にはよほど慣れていないと思われ痛勤で殺伐しているオッサンやオバハンにあからさまに邪魔であるといった表情の蔑視線の餌食となっていた.このクールなビューティフルハーモニーなジャパンの朝にはピッカピカの1年生を思いやるヨユーもないものであるらしい.なんてビューティフルな国なんだとボクは思ったものである.

 果たして会社についてからボクはなぜ朝6時半などというボクの早朝時差ビズ時間帯という少しだけ痛勤が緩和するはずの時間に真新しいランドセルを背負ったお子様とその母上と思しきオバハンの親子連れを今日は数多くお見受けしたのかを考察してみることにした.その明確な答えは明確には出なかったが,来年も入学式の日に今日のような電車混雑があるというのならば,ボクの早朝時差ビズにほとんど意味がなくなってしまうものである.事前に対策を考えておくことはできれば早起きもしたくなければ痛勤もしたくないボクにはたいへんに重要なことなのである.

 ボクが思いついたのは「ボクと同様に痛勤ピーク帯を避けようとしていた」「入学式初日から遅刻しないために早く出ていた」「入学式の前に学校で記念撮影等のインスタバエに勤しもうと思っていた」といったところであった.ちなみになぜそう思ったかというとお子様がいらっしゃるウチの会社の同僚の御仁に聴いたりグーグル先生にクエスチョンしてみたところ入学式の開始時間は早くても9時半というところが多いようであり学校によってはもっと遅いようであったからだ.朝6時半にウチなるインナーワールドの最寄り駅であったりウチのオフィスへ向かうための乗換駅であるホニャラ駅に朝7時頃にいるというのはあまりにも早過ぎるのである.はてなな真新しいランドセルを背負ってよちよちと歩くお子様とその母上とおぼしきオバハンたちは一体なぜあのように早い時間に東京都内をよちよちとウロウロしていたのか,まったくもってはてなである.

スポンサーリンク

 というわけで今回ボクは真新しいランドセルを背負ってよちよちと歩くお子様とその母上とおぼしきオバハンたちのはてながなぜ今日(2019年4月8日)発生したのかはさっぱりなんだかよくわからなかったわけなのだけれど,その結局なんだかよくわからなかったことを調べようとした過程で全然関係ないことを知ったので最後にその「学び」「気づき」そして「感謝」の阿呆の3大栄養素を記録して本稿をオシマイにしたい.

悠仁親王さまがお茶大付属中に入学されていた.

 なぜ朝6時半とか朝7時といった「早すぎない?」という時間帯に真新しいランドセルを背負ってよちよちと歩くお子様とその母上とおぼしきオバハンたちがサラリーメンで混雑する朝の東京をウロウロしていたのかということをツイッターでカジュアルに「入学式」というキーワードで検索して調べてみようとトップツイートから順に上から下へスクロールしていたところボクが発見したのが上記の記事だった.

 ボクはてっきり皇族の皆様は学習院大学付属の学校にお通いになられているのだとばかり思っていたのだけれど,悠仁親王さまはお茶大付属の幼稚園から小学校そして中学校へと御進学されていたようなのである.そもそも学習院大学付属の学校にお通いでないことも知らなかったボクであったわけなのだけれど,お茶の水女子大学の付属の幼稚園,小学校,中学校は男女共学だったということもボクは知らなかったものである.それならいっそ大学もトランスジェンダーを受け入れるよといったことを言っているようであるし,お茶の水女子大学ではなくお茶の水性の多様性大学とかにしたらどうなのだろうとおもわなくもなかったのだけれどお茶の水性の多様性大学だと水性の多様性みたいでなんだかよくわからないのでダメですなと思ったものなのである.

 なにはともあれ世の中にはボクが知らないことだらけであるなーと思ったものである.

小田急線の遅延証明書はウェブから入手可能だった.

 そしてもうひとつ2019年4月8日の「入学式」に関連した情報としてボクの目にとまったのが小田急線が運行システム不具合で一時全線ストップしたというものであったわけなのだけれど,そこでボクがはじめてしったのは小田急線は遅延証明書をウェブ(上記のURL)から取得可能だったということだ.

 もしボクが今日(2019年4月8日)の朝の6時半から7時の間にお見かけした真新しいランドセルを背負ってよちよちと歩くお子様とその母上とおぼしきオバハンたちが小田急線の利用者であったとするならば見事にトラブルを回避できていたというわけなのですごいなという話である.

 余談ではあるのだけれど,ウチの会社では仮に電車遅延で遅刻をしたとしても遅延証明書は必要が無いことになっている.というのも少なくともボクは裁量労働制の雇用契約をしているので本当はいつ会社に出社していつ帰ってもボクがキチンとブチョーとの間で目標をMBOとOKRのハイブリッドな仕組みで管理している中において絶対的全体としての世界として成果を出せば働いてる時間などというものは極端な話でいえば1秒だってよいからである.

 しかしボクは勤怠管理システムがオフィスの出入りをトラッキングしている関係でもしボクがオフィスに行かなかったりボクが勤怠として報告している内容とオフィスを出入りしている時刻との間で差異が発生するとその都度都度なぜその差異が発生しているのかを説明することを求められるというなんだかよくわからないブラック環境撲滅プログラムのおかげさまでオフィスに出入りを建前上の始業時間と建前上の終業時間の間,オフィス内にいないといけないのである.なんだかよくわからないけれど.たいへんにはてなな仕組みだなと思うわけなのだけれど.ブラック環境撲滅プログラムではなくブラック環境生産プログラムになってるような気がしないこともないわけではないわけなのだけれど....

スポンサーリンク

ーー以上である.

 なにはともあれ,今日の入学式でははてなな早朝時差ビズ痛勤になってしまったけれど,明日からはまた6時半のウチなるインナーワールドの最寄り駅がなにかとそこはかとなく混雑が緩和してることをボクは望んでやまない.混雑が緩和しない早朝時差ビズ痛勤にはなにも意味がないからである...

 それではまた会おう!さらばだ諸賢!!

参考.
悠仁親王とお茶の水女子大学に関すること.

2013年(平成25年)4月にお茶の水女子大学附属小学校へ入学されることが発表された。戦後、皇族が学習院初等科以外の小学校に入学するのは初めてである。2013年4月7日、両親の秋篠宮と同妃紀子とともに、小学校の入学式に参加した。 引用元:悠仁親王 - Wikipedia

小田急線の一時ストップに関すること.

 今日(2019年4月8日)の朝の小田急線の運行システム不具合で一時全線ストップによって登戸駅で入場規制が起きた模様が上記のツイッターモーメントで確認ができるのだけれど,ボクに言わせればこれはインフェルノである...

《アイキャッチは入学式のイラスト「女の子と家族」 | かわいいフリー素材集 いらすとや./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:ボクがしている早朝時差ビズ痛勤は自発的にやっていることになっているので早く通勤してもその分早く帰れるわけではない