#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

さよならチョコフレークを受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

さよならチョコフレークを受けて断つ.

 読者諸賢は森永製菓のチョコフレークをご存知なメンであろうか?はたまた森永製菓のチョコフレークなど見たことも食べたこともないというかそもそもそれって食い物なの?おいしーの?というメンであろうか?

 ボクは森永製菓のチョコフレークをご存知なメンではあるが,最後に森永製菓のチョコフレークを食したのがいつのことだったか覚えていないほど森永製菓のチョコフレークを食していなかったメンである.そもそもボクは間食をしない,つまりはオヤーツを食さないようにしているメンでもあるので例えコンビニやスーパーで森永製菓のチョコフレークを見かけたとしても買わなかったとは思うのだけれど,なぜ森永製菓のチョコフレークをあえてねらいすまして買うことがなかったかと問われたら別段どーしても食したいと思うほど無類のオヤーツではなかったからという他ない.

 そんなボクに言わせれば存在感の薄いオヤーツの代表格であった森永製菓のチョコフレークが「さよならチョコフレーク」つまりは生産終了することになったらしい.ボクはそのことをいくつかのメディアのニュースで知った.

 記事によれば森永製菓がチョコフレークを生産終了にした理由としては「甘みの強い「チョコフレーク」は、食べるときに手がべたつくこともあり、若年層に敬遠されていた」と分析しているようなのだけれど,他のメディアには「手がべたつく」ことによって「スマホを操作できない」ために「若年層に敬遠され」たというように書いてあった.

 日本経済新聞には「スマホを操作できない」という部分が書かれていなかったのだけれど,森永製菓のサイトではどのように書かれていたのだろうと気になってニュースリリースを探してみたところ発見したのが下記の「国内における生産拠点の再編について」書かれたプレスである.

 このプレスの中にはチョコフレークが「手がべたつく」ことによって「スマホを操作できない」ために「若年層に敬遠され」たということは書かれていなかったのだけれど,「 2 つの生産拠点を他の生産拠点に集約することで、適正な人員確保、輸送効率の向上、老朽化した設備の更新などといった課題解決を推進し、中長期的な国内菓子食品事業の基盤強化に向けて取り組んで」行く旨が書かれており,その結果としてポテロング、チョコフレーク等を生産していた森永スナック食品株式会社の向上を閉鎖するということだけが書かれていた.

森永製菓の国内における生産拠点の再編.
引用元:国内における生産拠点の再編について

 これを読むと実はチョコフレークの他にもミニポテロングも生産終了になっているようにみえるのと,チョコフレークとポテロングを天秤にかけてポテロングは生かしてチョコフレークをきったようにみえるのである.ボクに言わせるとポテロングも十分に「手がべたつく」ことによって「スマホを操作できない」ために「若年層に敬遠され」そうな気がしないでもない.なのでチョコフレーク生産終了の理由は「適正な人員確保、輸送効率の向上、老朽化した設備の更新などといった課題解決を推進」した結果,森永スナック食品株式会社を閉鎖することで生産拠点がなくなってしまったことが第一の理由で「手がべたつく」ことによって「スマホを操作できない」ために「若年層に敬遠され」たというのは後付のテキトーな理由に思えたのである.ポテロングと比較した場合,ポテロングの方がチョコフレークよりもまだ人気があったということなのだとボクには思われた.

 ちなみについでなので,森永製菓そのものの現在の経営状況をボクはみてみることにした.森永製菓の直近で公開されている決算発表は「平成31年3月期第1四半期決算短信」で2018年8月9日のものを日本経済新聞上で見つけることができた.それが次のリンクである.

 この中から業績に関連する部分を引用すると下記のとおりだ.

森永製菓:平成31年3月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 2018年8月9日(適時開示) .
引用元:森永製菓:平成31年3月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 2018年8月9日(適時開示)

 平成30年3月期第1四半期と平成31年3月期第1四半期で昨対比を確認できるわけなのだが,売上高,営業利益,経常利益そして純利益すべてがマイナスだ.業績として良い要素がないといっても過言ではない.... どうしてこうなってしまったか.

 森永製菓がその原因をどのように分析しているのかを「経営成績に関する説明」に求めてみると「損益は、売上高の減収に加え、広告宣伝費及び物流費の増加等により、営業利益は前年同期実績に比べ1 0億3千5百万円(17.0%)減益の50億7千万円、経常利益も前年同期実績に比べ10億2千6百万円(15.9%)減益の54億2千3百万円となりました。親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同期実績に比べ14億2千5百万円(32.8%)減益の29億1千8百万円となりました。」と上述の業績をみてみれば誰でもわかりそうなことだけが書いてあった.

 前年同期比で売上高,営業利益,経常利益そして純利益すべてがマイナスというのはかなり経営としてボクは「あかんやつや」と思うのだけれど少なくともこの決算発表の中身を読む限り,次の四半期でどう対策を講ずることによって経営を改善していく予定かといったことが書かれていなかった.

引用元:森永製菓:平成31年3月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 2018年8月9日(適時開示) .
引用元:森永製菓:平成31年3月期第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 2018年8月9日(適時開示)

 今回生産を終了することになった「チョコフレーク」については言及もなかった.しかしこの資料からボクがもうひとつ分かったのは森永製菓の菓子食品部門では「森永ビスケット」「ハイチュウ」「森永ココア」「カレ・ド・ショコラ」などもふるっていないということだ.そこに載せなかったくらいであるのでよほど「チョコフレーク」は売れていなかったということなのであろうとボクは思った.ちなみに「ポテロング」についても言及はないのだが「チョコフレーク」よりは売れているということなのだろうと思われる.

 最後に途中で紹介した国内における生産拠点の再編について(630.2 KB)を最後まで目を通してみると下記の「高崎第3工場建設・2018中期経営計画生産再構築に関するお知らせ」へのリンクが付されてあった.

 ここでは「高崎工場は、主力品の効率的な生産の強化を目的とするフラグシップ工場として、2011年に第1工場、2013年に第2工場の操業を開始し、現在は「ハイチュウ」「カレ・ド・ショコラ」「森永ビスケット」などの主力品の製造を行なっております。このたび決議いたしました高崎第3工場の建設により、チョコレートの主力品「カレ・ド・ショコラ」「ダース」の生産拠点を高崎工場に集約し、生産効率化を推進いたします。」と書かれていた.

 つまり「平成31年3月期第1四半期決算短信」ではふるっていないようにみえる「森永ビスケット」「ハイチュウ」「森永ココア」「カレ・ド・ショコラ」に関しては「チョコレートフレーク」の工場閉鎖に伴う生産終了とは異なりまだ人気復興を諦めていないということのようだ.

スポンサーリンク

 最後にまとめておくとボクが思うに森永製菓が次に生産終了する可能性があるとしたら「ポテロング」でその次に「カレ・ド・ショコラ」「森永ココア」「ハイチュウ」「森永ビスケット」が続くのではないかということだ.どれもあまり若者は好まなさそうではあるけれど,もしこれらの中から次に生産終了するものがでてきたとしたらそのとき森永製菓がどのような言い訳をするのかをボクは興味深くウォッチしていたいと思っている.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

追記:

 以前,明治のカールが東日本で販売終了した際にメルカリでカールを売るおバカさんがいて話題になっていたけれど,チョコフレークでも同様のことが起きてしまったらしい.ゴミでもなんでも売れると思ってしまうメルカリ・貧テック脳の発想の行き着く先はいつも憐れだ.売る方も売る方なら買う方も買う方である.カワイソーに.なむなむ.ボクには早く成仏できるように祈ることしかできない.

《アイキャッチはチョコレートのイラスト「とろける板チョコ」.チョコレートは溶けやすいのでそもそもべとつくものである.しかしべとつかないようにチョコレート菓子を食す工夫はできるものである.べとつくのが理由で敬遠されるチョコレート菓子があるとすれば,それはそもそもそこまでして食したいと思うほどおいしくないというだけの話なのではないだろうか..../本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。