#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

みんなで筋肉体操を超えたみんなで筋肉体操、みんなで筋肉体操2を全マシオプションで筋肉を追い込んでみた感想を思いつくままに全部話す。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

みんなで筋肉体操を超えたみんなで筋肉体操,みんなで筋肉体操2を全マシオプションで筋肉を追い込んでみた感想を思いつくままに全部話す.

 読者諸賢は毎日筋トレをして筋肉(以降はマッソーと表記)を裏切らないメンであろうか?はたまた毎日筋トレをしないマッソーを裏切るメンであろうか?

 ボクはこれまで何度となくみんなで筋肉体操に言及してきたとおり,毎日筋トレをしてマッソーを裏切らないよう心がけているメンである.

 本稿はこれより諸賢がみんなで筋肉体操についてはご存知の前提で話を進めていく.みんなで筋肉体操がなんだかよくわからんという諸賢のためにはgoogle:みんなで筋肉体操 というグーグルセンセイへのクエスチョンのリンクを付しておくの御自身で確認してみてほしい.

 タンタンとメンタルしっかりを信条に健康で文化的な最低限度のライフを植物のような心で平穏に送りたいと思っているボクは睡運瞑菜350gを大事にしている.睡運瞑菜350gを大切にしているということは当然ながら2番めの要素である運動も大切にしているということである.ボクは昨年(2018年)にみんなで筋肉体操に出会う以前より週に2-3回のジョギングと毎日のラジオ体操,しかるのちの腕立て伏せと腹筋を継続していた.しかしみんなで筋肉体操に出会えたことによりボクはよりより適切なフォームで強い刺激をしっかり深くマッソーに与え追い込むことができるようになったのである.

 御陰様でボクはさらに太い上腕二頭筋,さらに語れる漢の背中の後背筋と僧帽筋を手に入れることに成功し,みんなで筋肉体操を始める以前よりも一回りは大きな逆三角形の上半身を手に入れることができたのである.

 そんなみんなで筋肉体操は昨年(2018年)に放映された第1弾だけでも十二分にボクはマッソーを追い込むのに十分な強い刺激を適切なフォームで与えることができていたものなのであるわけなのだけれど,2019年の年初,さらにパワーアップして帰ってきたみんなで筋肉体操を超えたみんなで筋肉体操,みんなで筋肉体操2が放映されたので,ボクはさらにパワーアップした腕立て伏せを超えた腕立て伏せ,腕立て伏せ2,腹筋を超えた腹筋,腹筋2,スクワットを超えたスクワット,スクワット2,そして背筋を超えた背筋,背筋2の全てがユーチューブにアップロードされたことを確認した2019年1月11日の金曜日からムリをしない範囲で毎日みんなで筋肉体操を超えたみんなで筋肉体操,みんなで筋肉体操2フルカウルパンツでマッソーを追い込むことにトライしてみたのである.

 というわけで本稿において以降,ボクが思いつくままに書き記しておくのはボクがみんなで筋肉体操を超えたみんなで筋肉体操,みんなで筋肉体操2の各筋トレを実践し各マッソーを追い込んでみた感想であるというわけである.

 では最初は腕立て伏せ2から感想を書いていきたい.

腕立て伏せ2(続・厚い胸板をつくる).
  • 【みんなで筋肉体操】腕立て伏せ2/Push-ups ~続・厚い胸板をつくる~ - YouTube
  • 2019年1月15日現在,60秒インターミッテント・プッシュアップをボクは最初の40秒連続でプッシュアップしたのち5秒休憩して再度5秒プッシュアップし5秒休憩して膝をついて「あと5秒しかありません!」をしている.できれば武田真治さんのように平気な顔して60秒連続でインターミッテント・プッシュアップできるようになりたいものである.
  • エキセントリック・プッシュアップは調子がよいときは12回1度も片膝つかずに完遂できるのだけれど,もう上がらないなと思ったときは潔く片膝をついて上げるようにしている.毎日12回片膝つかずにマッソーを追い込めるようになりたいものである.
  • 谷本道哉近畿大学准教授の至言「筋トレは継続して行わなければ効果は上がりません.楽しんで筋肉を追い込んでいきましょう」「胸が触れるまで伏せるのは本当の腕立て伏せです.そこまで下ろさなければ腕立て伏せかけですよ」「ペース配分はしないでください」「きついけど辛くない.きついけど楽しい」
腹筋2(続・凹凸ある腹筋をつくる).
  • 【みんなで筋肉体操】腹筋2/Crunches ~続・凹凸ある腹筋をつくる~ - YouTube
  • ハイスピード・ニーアップ・クランチもニーレイズ&ストレート・レッグダウンもどちらも問題なく全部自分に甘えずにこなすことができている.ただしハイスピード・ニーアップ・クランチはたいへんにきついのできついと思わずにできるようになるまでボクは腹筋2を追い込むのをやめない!
スクワット2(続・強じんな足腰をつくる).
  • 【みんなで筋肉体操】スクワット2/Squats ~続・強靭な足腰をつくる~ - YouTube
  • フルボトム・スケーター・片足スクワットでの追い込みは問題なくできる.むしろスクワット1でのブルガリアン・スクワットの方が追い込めるのではないかと思わなくもないほどである.
  • ハイスピード・ノンロックスクワットはたいへんにきつい.ボクは途中の10秒休憩よりが世界一短い10秒に感じるというよりも,最後の20秒のハイスピード・ノンロックスクワットをしているときに世界一長い20秒を感じるものである.まだまだ追い込みが足りないからだと思われるので最後の20秒のハイスピード・ノンロックスクワットがただの20秒に感じられるまでボクはハイスピード・ノンロックスクワットでマッソーを追い込み続けたいと思う.
  • 谷本道哉近畿大学准教授の至言「筋肉を発達させるにはトレーニングだけでなく栄養も大切です.しっかりタンパク質をとって筋トレに励みましょう」
背筋2 ~ 続・語れる背中をつくる
  • マニュアルレジスタンス・ロウローイングは自分に甘えないように気をつけて全力引く+全力で耐えながら戻すを問題なくできている.マッソーは裏切らない.
  • ハイスピード・スーパーマンは15秒3セットの最後の1セットでボクが止まってしまうのが問題である.マッソーは止まらないというのにボクが止まってしまってはどうしようもない.ボクが最後まで止まらないようになるまで止まらないマッソーを追い込むのをやめない!
  • 谷本道哉近畿大学准教授「だから絶対」武田真治さん「...自分に甘えない」谷本道哉近畿大学准教授「自分に甘えない強い気持ちで筋肉に立ち向かいましょう」

ーー以上である.

スポンサーリンク

 ちなみにボクはまだまだマッソーの追い込みが自分に甘えているので,パンツ一丁で行うみんなで筋肉体操2(みんなで筋肉体操2フルカウルパンツと以降は表記)でマッソーを追い込んだ翌日はみんなで筋肉体操2フルカウルパンツのパフォーマンスが筋肉2で落ちるため今のところ3日連続でみんなで筋肉体操2フルカウルパンツでマッソーを追い込んめたことはないものである.そもそもマッソーの超回復を促すためにはマッソーに休息を与えることも大事であるので,ちょっと今日はみんなで筋肉体操2フルカウルパンツは無理だなと思った日はラジオ体操だけにとどめておくとか,みんなで筋肉体操1フルカウルパンツに切り替えるといったことをすることによって柔軟にタンタンとメンタルしっかりマッソーを追い込むということの方を大事にして継続していきたいと思っている.

 継続はパウワーであるのでしかるのちみんなで筋肉体操2フルカウルパンツをタンタンとメンタルしっかり継続したボクはナニカ新しい「気づき」「学び」そして「感謝」の阿呆の3大要素を受けて断つことがあるのではないかと思っている.しかるのちみんなで筋肉体操2フルカウルパンツでナニカ新しい「気づき」「学び」そして「感謝」の阿呆の3大要素を受けて断つことがあった際には改めてナニカのブログエントリを書きたいと思う.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!マッソーは止まらない!!

参考.

《アイキャッチはボディービルダーのイラスト./本稿はお題「どうしても言いたい!」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。