#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「一風堂」力の源HD、上場1年で東証1部を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは300日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

「一風堂」力の源HD、上場1年で東証1部を受けて断つ。

 読者諸賢、世も末である。

 ボクが最も忌諱する意識他界ラーメン店チェーンのうちのひとつである一風堂の力の源HD(以降、一風堂と表記する。)がわずか1年で東証一部上場を果たすのだという。

 ボクはタマにチェックしている日本経済新聞で、そのバッドニュースを知った。その記事とは下記の記事である。

www.nikkei.com

 ちなみに東証マザーズと東証一部上場のための審査基準がそれぞれ下記のとおりであるので、2,200人以上の頭のわるい人たちが一風堂に250億円以上出資しているということになるのであろう。メンがヘラヘラのパワーには驚愕せざるを得ない。

 あまりにも愕然としたのでもう一度言わせてほしい。一風堂に出資しようと思う人が最低でも2,200人以上、かつ金額にして250億円以上出資しているというのだ。ナンという不都合な真実であろうか。ボクは湧き上がってくる寒気を止めることがデキない。

 そういった人たちは一体一風堂のナニに未来を感じているのだろうか。少なくともラーメンの未来を感じている人たちではないと信じたいものだ。

 ボクに言わせれば一風堂が提供しているのは博多とんこつラーメンどころかラーメンですら無い。それはときに麺が豆腐のナンだかよくわからんムニャムニャであり、糖質が半分のナンだかよくわからんムニャムニャである。近頃ではソースとんかつのアイデアをパクったナンだかよくわからんムニャムニャもあった。

 もしかしたら他にもメンがヘラヘラしたナンだかよくわからんムニャムニャを一風堂が創りだしてしまっているのかもしれないが、ボクはそんなメンがヘラヘラな一風堂の動向は不要不急で調べたくないので、他のナンだかよくわからんムニャムニャが存在してないか調べるようなメンがヘラヘラをすることを潔く諦めることにしたい。メンがヘラヘラしない立派なオトナとは潔いものである。つまりボクは立派なオトナである。

 そんな一風堂の数多あるナンだかよくわからんムニャムニャの有象無象をラーメンだと思ってウマいと食すことのデキる人のことをボクは幸せでウラヤマチイとおもわないこともないが、ボクはそんなメンがヘラヘラの仲間入りをすることだけはゼッタイにお断りしたい。そんなお仲間入りしてしまうのはオゾマチイとさえ言っても過言ではない。

 意識他界ラーメン店チェーンである一風堂はボクに言わせればいいところなしなのであるが、一応、一風堂によいところはないのか考えてもみたい。

 ナニか一風堂によいところはないのだろうか。

 まず一風堂のメニューは基本的に値段が高い。腹いっぱい食べたいと思ったら2,000円をゆうに超えるだろう。どういったチェーン店展開による大量生産のメリットを享受するとあんな高価格設定のナンだかよくわからんムニャムニャを創り出せるのかボクには理解することがデキない。ナニよりどこの世界にラーメン腹いっぱい食すのに2,000円もかけたい人間がいるのだろうか。事実いるのであろうが、ボクの周りにはそんな頭のわるい人はいないのでよくわからない。

 次にデリバリーが速いかと言えば、行列に並ぶ時間を含めると遅いと言えよう。

 トーキョーだと一風堂がそれこそラグジャリーな界隈に出店されていることがあるので、界隈の競合する他の飲食店の方がよりより高価格設定であったりする。すると高価格設定の飲食店が軒を連ねる界隈では、そういった高価格設定の飲食店と比較すれば多少安い一風堂を選んでしまうというナンだかよくわからん現象が発生してしまうのである。

 折角ラグジャリーな界隈にいるのにわざわざ高いラーメンを食すとかどういう思考回路をしているとそういうザンネンな結論を導き出すことがデキてしまうのであろうか。ボクにはさっぱり理解することがデキない。

 そういうナンだかよくわからんことをしてしまう人びとは少しでもマネーを節約しちゃおうとか思ってしまうのだろうとボクは推察している。だから一風堂に行列つくって並んでしまうというわけだ。前述の糖質半分のナンだかよくわからんムニャムニャなんぞ食った日にはそのあと腹減ってチカラも十分に出ないであろうに。メンがヘラヘラの行き着く先はいつも憐れでならない。

 どんなに一風堂のオーダーしてからのデリバリーが速かろうと行列に並んでいる時間も加味すればデリバリーは遅いのである。ボクは並んでまで一風堂のナンだかよくわからんムニャムニャを食したくないのでニッポン人はよほど行列に並ぶのが好きなのだろうな、とその忍耐力の高さに尊敬の眼差しを送ってしまう。

 で、最後は肝心の味である。修羅の国、キューシュー出身のボクのセンパイ、チェット(仮名)によれば一風堂は博多とんこつラーメンではない。地元の人間で一風堂を博多とんこつラーメンなどと呼ぶ人間はモグリであると豪語している。

 実際のところボクも何度か一風堂は食したことがあるのであるが、一風堂の白丸も赤丸も美味しいと思ったことはない。忌憚なく言わせてもらえばマズいと言っても過言ではなかった。ナニより以前ボクが食した赤丸は盛り付けまでヒドく見映えすら悪かったわけであり、ザンネン極まりないナンだかよくわからんムニャムニャであった。一風堂食ってウマいと言っていた人はボクの周りでは外国人しかいなかったと言っても過言ではない。

 というわけでボクに言わせれば、高い、遅い、マズいの三拍子が揃っている一風堂は、マクドナルドと双璧をなすほど、好調の理由を理解デキない企業なのである。

 ところで先ほどの記事には続きがある。下記に引用してボクが気になる部分を紹介すると、2,200人を超える出資者がナニを一風堂に期待しているのか、わからないでもないところがある。

日系企業の海外進出をコンサルティングするミュープランニング(東京・渋谷)と、店舗のデザイン管理を手掛ける共同出資会社を設立することも15日に発表。海外展開を加速する。 22日付で東証1部に市場変更となる。2017年3月21日の東証マザーズ上場からわずか1年での1部指定。海外出店などに向けた資金調達や、知名度向上による人材確保につなげる。 共同出資会社「IMAGINE」は4月10日に設立する予定。資本金は3000万円で、力の源HDが80%、ミュープランニングが20%を出資する。従来、店舗のデザインや工事を管理する業務は、国内外や店舗業態によって担当会社が異なっていた。設立後は共同出資会社に一本化する。
力の源HDは現在海外に約80店を出しており、2025年に300店体制を目指している。

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO28184090V10C18A3LX0000

 そう、東証マザーズ上場以来、一風堂に関して取り沙汰されているのは「海外進出」なのである。

 上述の記事によると日系企業の海外進出をコンサルティングするミュープランニングとかいう得体のしれないコンサルティング会社と一風堂は共同出資してさらなる海外進出を加速させるのだという。

 ボクのまわりのラーメン好きで一風堂がウマいと言っているニッポン人は存在しないが、外国人にとってはラーメンは未知の食い物であり、一風堂が海外進出した国において「世界よ、これがニッポンのラーメンだ!」といえばラーメンを知らない外国人には一風堂がラーメンになってしまうのである。ナンとザンネンなことであろうか。

 ボクのようなラーメンをラーメーンと意識他界ラーメンに分類するラーメン断食家に言わせれば、意識他界ラーメンをラーメンとして外国人に「食ってみろ!」させてしまうことのデキるメンがヘラヘラした一風堂は腐れ外道かつド阿呆なのであるが、ラーメンが未知でありラーメン市場が存在しない海外においてパイの奪い合いが発生しないのであれば、確かにそれはブルーオーシャンといえるのである。

 全くオゾマチイ世界ではなかろうか。ボクはそんな腐れ外道かつド阿呆な企業戦略を応援する気はミジンコの陰茎ほどもないが、メンがヘラヘラした一風堂の末路が憐れなことになるか、はたまた世界が一風堂の意識他界ラーメンをラーメンとして認めてしまうことになるのか、ボクは観察を続けていきたいと思っている。

 願わくばラーメンどころか博多とんこつラーメンですらない一風堂はニッポンの恥であるので早々に潰えてもらいたいものであるが、ボクにすることがデキるのは禱りを捧げることだけだ。

 意識他界ラーメンが潰える日まで、そして世界に平和が戻るその日まで、ボクは外でラーメンを食わない。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢! 

(アイキャッチは相場操縦のイラスト。いらすとやさんで「上場」で検索してみてもヒットするイラストがストロングゼロだったので「株式」で検索したらヒットしたのがこのイラストである。特に深い意味はございません。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。)

参考:

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。