#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

《前編》プロのラーメン断食家のボクが2017年に買ってよかったもの。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。毎週水曜日はボクがはてなブログ編集部が出題するお題に答えてはてなブログを楽しむことにしている日だ。

 今週のお題「今年買ってよかったもの」。”いよいよカレンダーも最後の1枚となり、この1年間を振り返る時節となりました。この時期、はてなブログで毎年盛り上がる話題といえば、「今年買ってよかったもの」について。何気なく買ってみたら便利だった商品から、清水の舞台から飛び降りる思いで購入したものまで。 あなたの「今年買ってよかったもの」を教えてください。今回のお題は2週連続で実施! 皆さまのご応募、お待ちしております。”とのことである。

 ...って、ちょwww

 前回のお題「得意料理」でも2週連続のお題というお題を考える手抜きをしたばかりで、またしても同じお題を2週連続出題してくるだなんて。古来師走というくらいで年の瀬に際してはみんなドタバタしているところであろうにここで手を抜いてくるとはなかなかにはてなブログ編集部は手抜き上手である(関連記事:参照*1参照*2

 そんな手抜き上手っぷりをはてなブログ編集部に見せつけられてしまってはボクも張り合ってボク流の手抜きを披露して差し上げねばならぬ。とくとボクの手抜きブログをご覧じるがよい。

プロのラーメン断食家のボクが2017年に買ってよかったものは「ラーメンどんぶり」。

 とは言え、まずは自己紹介。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは200日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

 さてプロのラーメン断食家であるボクが2017年に買ってよかったラーメンにまつわるアイテムは二つある。この「今年買ってよかったもの」のお題が2週間連続で同じお題で出題されるということなのでボクはその二つを一週間にひとつづつ紹介していきたいと思う。

 余談ではあるがボクがタダのラーメンブロガーからラーメン断食家にいつの間にか転身してしまったのはまさに今年、2017年だった。なので今回、次回とに跨がってボクが紹介するラーメンにまつわるアイテムとは、まさに外でラーメンを食うに食えないボクというプロのラーメン断食家だからこそのアイテムであると言えよう。軽佻浮薄なふはふはした感じなどミジンコの陰茎ほどもない硬派でストイックなラーメン断食御用達アイテムであるということを自信をもって宣言できるものであるといっても過言ではない。

 閑話休題。ではボクが今年(2017年)買ってよかったもののひとつ目は「ラーメンどんぶり」である。

 実はボクがラーメンどんぶりを買ったのは今年(2017年)の2月頃のことであり、その頃はまだ外でタマにボクもラーメンを食っていたのだ。しかし、今思い返してみれば、その頃には外のラーメンに嫌気がさしていたのだろう。ボクはウチで食うラーメンを少しでも盛り上げたいなと思い、これぞザ・ラーメンどんぶりという典型的なラーメンどんぶりを探していたのだ。そして知り合いのつてを辿り、ボクが探していたまさにザ・ラーメンどんぶりというラーメンどんぶりを買うことができたのである。

 そしてボクが今年(2017年)買ったラーメンどんぶりはいくつかあるのであるが、一番のお気に入りのラーメンどんぶりは上にアフィリエイトリンクを貼った町の中華料理店で使われているような赤い雷文、双喜、そして底に龍の絵柄の入ったラーメンどんぶりなのである。

 ちなみにボクに言わせれば雷文と双喜、そして龍の三つはラーメンどんぶりに欠かすことのデキない縁起のよい紋様および絵柄である。つまり雷文と双喜、そして龍の絵柄が入っていないラーメンどんぶりはラーメンどんぶりではなく、ラーメンどんぶりとは雷文と双喜、そして龍の絵柄が入っているもののことを言うのである。

 少し余談を挟むが今、世の中を席巻しているナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンを創っている意識他界ラーメン店で使われているラーメン丼は自前の特注品であることが多い。正直ボクはその特注品のラーメンどんぶりが嫌いである。特にもはやラーメンどんぶりとは呼べない、かつオトナのボクからはとても口に出してその形状について説明することがデキない陶器の器を使ってる意識他界ラーメン店に関しては論外である。ナニを食わせようと思うとあのようなオトナのボクの口からは形容することも憚ってしまうような陶器の器をラーメンどんぶりの代わりに使いたいと思うのかよくわからない。ボクが言ってることがわからない諸賢は知らぬが仏である。あえてGoogle検索などしてみないことをボクからはオススメしたい。諸賢がGoogle検索などで調べ、しかるのちコウカイしたとしてもそれは事故責任でお願いしたい。

ボクは自分が買ったラーメンどんぶりにタイヘン満足している。

 本題に戻ろう。ボクは今年(2017年)、外でラーメンを食わないプロのラーメン断食家へとカレーなる転身を遂げたわけであるが、その活動の下支えをしてくれたのは一重にウチでラーメン食うという孤高かつ無類の行為の雰囲気を盛り上げてくれたラーメンどんぶりのおかげであると言えよう。

 基本的にボクは自分が買ったラーメンどんぶりにタイヘン満足している。しかし、唯一失敗したと思っているのが大きさである。ボクは一番大きなサイズのラーメンどんぶりを買ってしまったのだ。もう一回りか二回り小ぶりのラーメン丼を選べばよかったと思っている。ナゼなら大きすぎて例えばマルちゃん正麺を一袋ではタイヘンに余白がデキてしまい盛り付けがツタなくなってしまうのだ。

 ボクとしては、あといくつかのラーメンどんぶりがウチにあってもよいものだと思っている。なので、気になる紋様および絵柄もあることであるのであと数個、小ぶりのラーメンどんぶりをボクは買ってみようと思っている。

 もしかしたらその小ぶりのラーメンどんぶりを買うのは来年(2018年)になってしまうかもしれないが、そのときは来年(2018年)の買ってよかったもののネタが今からキマっていてタイヘンに手抜きがデキてよろしいものだ。

 そもそも今週のお題の出題を出題者たるはてなブログ編集部が手抜きしているのである。はてなブロガーのボクがそれに倣って手抜きをして一体ナニが悪いというのか。ナニも問題はないのである。

 では来週はもう一つのラーメンにまつわるボクが今年(2017年)買ってよかったものを紹介したいと思う。それではまた来週の水曜日にこの「今年買ってよかったもの」のお題でまた会おう。さらばだ、諸賢!

(アイキャッチは雷門のイラストgoogle:いらすとや 雷文 でGoogle検索をしたところ雷文ではなくナゼか雷門がヒットしたので使用することにした。それ以上の深い意味はない。。)

*1:《前編》プロのラーメン断食家の得意料理がラーメンであるわけがない。

*2:《前編》プロのラーメン断食家の得意料理がラーメンであるわけがない。