#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「水木しげるが歩いた調布」と「いま、行くべき深大寺そば」を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

 ボクは特定の雑誌を購読している。とはいえボクが購読している雑誌について事細かにブログで言及することはマレだ。なぜならキチンと言及するにはそれなりに時間がかかってしまうので面倒くさいからである。

 特に雑誌で意識他界ラーメンを見かけては「それはラーメーンではありませぬぞ。」であるとか「意識他界ラーメンをラーメーンとして紹介するのはやめるんだ。」といったことはやりはじめたらキリがないのであまりやらないことにしている。あまりやらないことにしている、というのはそういうことをしてしまうこともあるよ、という予防線のために書いておいている。こういう予防線を書いておかないとボクが「それはラーメーンではありませぬぞ。」であるとか「意識他界ラーメンをラーメーンとして紹介するのはやめるんだ。」ということを書いたときに「お前はそういうことはしないのではなかったか?」といったどうでもよい御叱責をいただく可能性がゼロではないからである。ボクのブログをボクがどう書こうがボクの自由であり、時に詭弁を弄しても余計な下らないことを言うのがボクのブログである。唯一ボクが自由にブログを書く上において気をつけるようにしているのはよく知りもしない見知らぬ赤の他人様への誹謗中傷をあることないこと長口上することである。そういう腐れ外道かつド阿呆にだけはならないように気をつけること、それが立派な大人であると言えよう。

 そしてこれまで何度か書いてきたとおり、ボクのブログを読む上での要諦は「まじめに読まないこと」である。まじめに読んでくれる人をボクは読者として想定しておりませんのでそのあたりご了承いただきたい。とはいえボクの書くブログの内容がまじめな内容になるか、はたまた内容のない内容になるかはその時のボクらの気分次第であるので、まじめなことを書いてるか書いてないかの判断もまた読まれる方の判断におまかせしたい。とりあえずまじめに読んでも裏切られる可能性は大であるし、まじめに読まなくてもまじめなことが書いてあることもある可能性大であるので、そのあたりは肩の力を抜いてリラックスして読んでいただけたら幸いである。

スポンサーリンク

散歩の達人(2018年5月号)の「水木しげるが歩いた調布」を受けて断つ。

 閑話休題。ボクは読んだ全ての雑誌のことをいちいち一冊一冊、皆あまねく紹介することはしない主義であるわけなのだが、好んで購読している雑誌のひとつが「散歩の達人」であるということは以前下記に書いたエントリを読んだことのある察しのよい諸賢なら御記憶のことかもしれない。

www.hobonichi-ramen.com

 さて、そんなボクが好んで購読している「散歩の達人」の2018年5月号(2018年5月4日時点の最新号)がボク好みの内容であったのでご紹介しておいてみようというのが本稿の主旨である。前置きが長いのは冗長を売りとするボクのブログならではのことであるのでご容赦のほどをたまわりたい。

 そもそも表紙からして手に取りたくなるのはご愛嬌であるといえよう。何を隠そうボクはゲゲゲの鬼太郎さんが好きであり、つかボク自身が怪人であるのでさもありなんというわけである。

 丁度最近、ニチアサのアニメ番組にドラゴンボール超の後釜にどっかりと定着した第6期ともなるゲゲゲの鬼太郎さんである。そして、そのゲゲゲの鬼太郎さん人気にあやかろうという気が「散歩の達人」の編集部にあったかなかったかは定かでない。とはいえ、なかなか「散歩の達人」の編集部もやることに抜け目がないとボクは思うものだ。

 ちなみに当初はゲゲゲの鬼太郎さんの第6期のキービジュアルがこれまでのゲゲゲの鬼太郎さんのイメージとかけ離れていたためにボクはゲゲゲの鬼太郎さんを観なくてもよいかなと思ったりしてしまっていたわけであるが、録画して後追いで観てみるとなかなかどうしておもちろい。

 特に一番ビミョーと思っていたねこ娘さんがなかなかどうしてよい味を出しているというように感じてしまうわけであるからふしぎである。

調布の「中華料理 八幡」は間違いなくラーメーン店であろうとボクは期待している。ただしねこ娘さんに出会えるかどうかは定かでない。
調布の「中華料理 八幡」は間違いなくラーメーン店であろうとボクは期待している。ただしねこ娘さんに出会えるかどうかは定かでない。/出典元:散歩の達人(2018年5月号)p15.

 そしてそんなねこ娘さんがTVアニメゲゲゲの鬼太郎さんの原作である「墓場鬼太郎」で境内の下に鎮座マシマシている設定になっているという下石原八幡神社の近くの中華そば屋「中華料理 八幡」が紹介されていたのだが、読者諸賢、よく御覧あれ、これこそがラーメーンではあるまいか?そもそも「ラーメーンとは何だ?」と意味が分からない諸賢はボクの定義するラーメーンについて下記のエントリに以前書いたので参照してほしい。

www.hobonichi-ramen.com

 少なくともボクにはこれが意識他界ラーメンには見えない。

 仮に訪れるとしてもラーメーン店と思って行ってみたら意識他界ラーメン店だったというトラップもあり得るわけでボクも軽挙妄動は慎まなければならないところではあるわけだが、写真をみるかぎり、醤油ラーメーン、チャーハーンそして中華スープというパーフェクツな組み合わせだ。これをラーメーンと呼ばず何をラーメーンと呼ぼうか。

 強いてひとつ気になることを挙げるならばテーブルが赤テーブルでないことくらいだが、味のある、それらしいテーブルであるという解釈も成り立つので、この際、ボクに都合良く御都合主義を発動して観なかったこととしたい。

 水木しげるさんが食したこともあるお店であるという話なのでいつまで存在しているかが危惧される絶滅危惧種のお店である懸念がある。可能な限りはやめにその存在を確認しにボクも訪れてみたいものである。

参考:google:調布 中華料理 八幡

今食しに行くべきかどうかはさておき深大寺そばは無類である。
今食しに行くべきかどうかはさておき深大寺そばは無類であるということに異論を差し込む余地はない。/出典元:散歩の達人(2018年5月号)p30,31.

 ちなみにもう一つ同「散歩の達人」2018年5月号でボクの目を惹いたのが深大寺そばである。

 一般的に蕎麦は同じ炭水化物ではあっても小麦をベースにした中華麺と異なり人類を滅ぼさないといったことをまことしやかに最近いわれている。しかし、こと蕎麦が中華麺と異なり人類を滅ぼさないか、はたまた人類の味方なのかどうかに関してはボクにはその真偽たるやよくわからない。そして何より今食すべきなのかどうかもよくわからない。

 しかし、唯一ボクにわかるのは意識他界蕎麦屋というものをあまりみたことがないということである。蕎麦がこんにゃくだったり、蕎麦が肉だったり、蕎麦がビーガンしか食すことのできないなんだかよくわからんムニャムニャであったケースというものをボクは少なくとも知らない。

 なので今食すべきかであるとか、中華麺と違って人類を滅ぼさないかというよりも、タダ、それが蕎麦であるということが歴然とわかるものであるのでボクは深大寺そばが久方ぶりに食したくなってきたのである。

 トーキョーはトーキョーでも23区内に暮らすボクは同じトーキョーでも深大寺には思い立たないと行くのはむつかちい。カジュアルに「さあ、深大寺にいこう」とはならないのである。

 しかしエゴサして絡んできておいて自らが窮すると逃亡してしまうようなことをする腐れ外道かつド阿呆ばかりの意識他界ラーメン店店主とことなり深大寺は逃げないし、深大寺そばも逃げないのである。

 慌てず急がず今日こそは深大寺を散策するついでに深大寺そばを食したくなってきたら、ボクはしかるのち深大寺に参拝するついでに深大寺そばも食してこようと思っている。

 それがいつのことになるのかはボクにもよくわからないが、2018年、今年のGW中になることはないだろうな、という見当くらいはつくものである。

 いつになるかはわからないがある日突然ボクが深大寺そばについて俗にいう食レポを書くことがあったとしても、読者諸賢には驚かれることのなきようよろしくお願いしたい。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

《本稿はお題「予習らーめん。」お題「思い出の味」によせて書きましたよ。》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。