#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

《前編》プロテインを買ったらプロテインが届いてた。

スポンサーリンク


 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点から出ないとブログが書けないまともない人間だ。平和主義者のボクは平和祈願のラーメンハンガーストライキへとラーメン断食を昇華させた。110日を超えてラーメン断食続けるボクはプロのラーメン断食家である。どうせ目指すなら世界一、いや宇宙一のラーメン断食家に、心も、体も徹頭徹尾なりたいものである。早くまとも人間になりたい。

ラーメン食わなくなってただひたすら健康完全体への道のりをネコまっしぐらしている。

 ボクは外でのラーメン食わなくなる以前より、日々体を鍛えることに余念はなかったわけであるが、学生の折にとある格闘技の修行を積んでいた際、鬼ティーチャーから教わった似非腕立て伏せや似非腹筋、そして似非スクワットなどは自己流でさらに負荷のキツい方法を模索し続けることを続けた結果、それぞれの一日の回数は減少の一途を辿ることとなった。今では一日似非腕立て伏せ(改)計400回、似非腹筋(改)そして似非スクワット(改)は計100回にまで減少した。決して加齢による体力の衰えによって回数が減ったわけではない。冒頭に書いたとおり、より負荷のかかる似非筋トレを追求した結果であることを念押しさせてもらおう。時折、あまりにも筋肉痛つラーメンなときにはインターバルで一日空けたり無理のないキン肉の破壊的創造を促している。キン肉の超回復によってより柔軟かつ太い筋繊維に発達することを期待するボクは、毎朝、毎晩プロテインを飲むことを欠かさない。トマトも一日二個を目安に食い続けている。外でラーメン食わなくなって、体に悪いことをすることが、より以前より少なくなったボクは、ただひたすら健康完全体への道のりをネコまっしぐらしているというわけなのである。

 そんなボクはネコに生まれたかったわけであるが、残念ながらボクは人間であるといわれている。人間つラーメン。毎朝、毎晩プロテイン飲んでいれば当然ながらプロテインはいつかはなくなるのである。まだあるからいいやとネットで注文するのをおざなりにしていた結果、先日、ついにウチのプロテインがなくなってしまったのである。わざわざプロテインの一日の消費量から予測して次にいつ買おうかなんていうことはしていなかったし、ましてやプロテインの定期購入などはしていなかったボクは明日のプロテインはどうしたらいいかと途方に暮れてしまったというわけだ。しかし、途方に暮れていてもプロテインはカスピ海ヨーグルトのように牛乳足したら増殖することなんてことは大変遺憾ながらないのである。というかそもそもプロテインを増殖させるとかさせない以前に、もはや一粒のプロテインすらウチにはなかったのである。手のひらから湯水のようにプロテインが湧いてくればいいのに… などと妄想を巡らせてみたものであるが現実は厳しかった。…残念ながらボクはプロテインの錬金術士ではなかったようである。念じても手からプロテインは待てど暮らせど湧いてくることはなかった。ゼロからプロテインをつくることはボクにはできなかった。仕方なしにボクはネットでプロテインを注文することにした。世の中というものは何一つとして思い通りにはままならないものである。

ザバスのプロテインのカフェオレ味がなくなった。

 これまでボクは雰囲気で飲みやすいからという理由でザバスのプロテインを購入してきたわけであるが、どういうわけだかボクが好んで買っていたカフェオレ味がどこにも見当たらなくなってしまっていた。ココア味とかチョコレート味はお呼びでないのである。さらに少しでも安く買おうとクーポンやらポイント倍付けやらのキャンペーンをやっているときにいつもはご利用は計画的にプロテインを買っていたボクであったわけだが、今回はボクのズボラが狙い済ましたように功を奏してクーポンやらポイント倍付けやらもやっているネットショップがなかったのである。ザバスのプロテインは先には立たなかった。

 しかし、ピンチはチャンスである。ボクが好んで買っていたザバスが手に入らないのは、他のプロテインも試してごらんなさいという天啓であるとボクは解釈することにした。もともと雰囲気でザバスにキミにキメたしていたボクにとってザバスをキメることには特別深い拘りもないのである。モノは試しとてきとーに楽天ランキングで一位を獲得したことがあるとかいう「チャンピオン ピュアホエイプラス プロテイン」にキミにキメたしてみることにしたのだ。

 後編へ続く。

(アイキャッチはプロテインのイラストお題「健康」によせて書きました。)