#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「不要不急の外出控えて」国交省が大雪に対する緊急発表した美しい国日本のリアル。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンが核を放棄するまで、ついでにおまけでコリーアが従軍慰安婦問題に関してニッポンを不可逆に許すまで外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは280日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

 タイヘンに今冬(2018年冬)は冷えている。冷え過ぎであると言っても過言ではない。ラニーニャ現象のせいだそうだが、そのメカニズムについてはボクは気象予報士の試験にチャレンジしたこともない気象のズブの素人であるし、本稿の主旨からも逸脱するので詳細について語ることは差し控えたい。そんなタイヘンに冷える今冬の今週の月曜日(2018年1月23日)は日本列島を大寒波が縦断した。ボクが住んでいるトーキョーも積雪が10cmを超え、昼過ぎから夜更け過ぎまで降り続いた雪は交通機関をマヒさせ大混乱を引き起こした。

 しかし、今回の交通機関をマヒさせた大寒波の襲来は事前に予想されており、「不要不急の外出控えて」と国交省が「大雪に対する緊急発表」なるスバラチイ発表を行っていた。ナゼ、そんな未然に防げた大混乱にわざわざ狙いすまして人びとは飛び込んでいってしまったか。「飛んで火に入る夏の虫。」はまさにイイエテミョーである。しかし今は冬なので「豚で釣られて意識他界ラーメン店に入る冬のシンパ。」といったところだろうか。

参考:http://www.mlit.go.jp/common/001218077.pdf:大雪に対する国土交通省緊急発表について

 プロのラーメン断食家であるボク自身、本当はダチョウ倶楽部インスパイアの「絶対押すなよ!」をキメたくはなかったのであるが「不要不急の外出控えて」と国交省が「大雪に対する緊急発表」なるスバラチイ発表をしてくれていたことも厭わず不要不急のオフィス痛勤をやらかしてしまうという自虐ギャグに身を投じてしまった。タイヘンにイカンである。であるので再発防止のためにボクは今回の失敗を手記として残しておくことにしたい。次回、「不要不急の外出控えて」と国交省が「大雪に対する緊急発表」なるスバラチイ発表を行ってくれた際にはボクは同じ過ちを繰り返さないようにしたい。

 そういったわけで以降、時系列でボクの手記を箇条書きでコウカイする。お見苦しい点もあるが手記であるのでひらにご容赦ねがいたい。

プロのラーメン断食家が見た「不要不急の外出控えて」国交省が大雪に対する緊急発表したウツクチイ国ニッポンのリアル。
2018年1月21日(トーキョー大雪前日)のリアル。
  • 「不要不急の外出控えて」国交省が大雪に対する緊急発表を行う。

  • (国交省の発表の数時間後)ツイッターで国交省の緊急発表がトレンドに入っていたのを見かけたボクはもしかしたらボクの勤め先の緊急連絡網に「(明日は大雪らしいから)不要不急の外出を控えて自宅で待機していてね。」という連絡が入っていないかと確認してみることにした。実際にボクの勤め先の緊急連絡網を確認してみたところ「(明日は大雪らしいから)不要不急の外出を控えて自宅で待機していてね。」という連絡はストロングゼロ。あったのは同土曜日と日曜日にかけて行われていたらしい「今週の週末は計画的な停電があるからオフィスに来る人は気をつけてね。」という連絡だけだった。

  • (自宅から仕事がデキる環境が整っているので)本当に国交省の「不要不急の外出控えて」という緊急発表を無視して翌日オフィスに痛勤しなければしんでしまうのかブチョーに尋ねてみることにした。しかし、ブチョーからの応答はストロングゼロ。既読通知レスザンゼロ。もしかしてブチョーしんだか?

  • 上司からの許可がないのでは、潔くオフィスに痛勤するしかない。最悪の場合をシナリオに入れ、オフィス痛勤を覚悟する。

  • ブチョーからのお返事がきた。「(大雪が降るのは翌日の昼かららしいから)とりあえずキテね。」と言われる。現場からはイジョーです。世界よ、みたか、これがニッポンのサラリーマンだ!

  • サラリーマンの月曜日の朝は早い。早めにオフトゥンに入り寝ることを試みるがなかなか寝ることがデキない。しかし気づいたら不快眠りに入っていた。

2018年1月22日(トーキョー大雪当日)のリアル。
  • 05:30am起床。ニッポンのサラリーマンの朝は早い。まだ雪は降っていない。

  • 06:00amほぼほぼ始発の電車に乗り平常どおり痛勤開始。すこし雪がチラついている。ナンだかよくわからんが痛勤電車が普段より混雑している気がする。どうやら早めに会社に行こうとしているサラリーマンが多いらしい。雪が本格的に降るのは昼からのはずなのにナゼそういう発想になるのかよくわからない。

  • 痛勤電車で傘をもっている人間が少ないことが気にかかる。しかし国交省が「不要不急の外出控えて」と大雪に対する緊急発表を行っているのに傘をもってこない阿呆はいない。きっと折りたたみ傘をもっているか、置き傘なのだと思い直す。

  • 07:00amオフィス到着。ぼっち時差Bizなのでほとんどまだオフィスに人はいない。静謐な時間を平常どおり満喫する。この時間帯が最も仕事が捗ると言っても過言ではない。

  • 08:00am不要不急としか思えない異議ある会議に参加する。意義を探ろうと賢明に聞き耳を立てるもどう聞いても今聞かなければならない話とは思えない話をエンエン1時間聞かされてしまう。

  • 09:00amオバハンという生物が周りの目も気にせずに大声でたれ憚ることもなく不要不急の痛勤に苦言を呈し始める。オバハンよ、むしろそのままでよい。ボクは草葉の陰でエールを送った。

  • 09:10am「帰っていいよ。」ストロングゼロを観測。

  • 09:10am ツイッターのトレンドの1位が「カレーの日」になってしまう。雪とカレーの入り混じったツイートがタイムラインを埋め尽くす。その状況が一日中続く。

  • 09:10am 「帰宅困難」「帰宅ラッシュ」というツイートがあらわれはじめる。

  • 10:02am 「帰っていいよ。」ストロングゼロを観測。およそ一時間おきの定点観測を行うことにキメた。

  • 「臨休します。」もしくは「定休日です。」という主旨のおよそ意識他界ラーメン店とは思えないツイートを観測する。意識他界ラーメン店はあっちの世界へ旅立ったのだろうか?

  • 期待を裏切らない模範的な「雪の悪路の中、気をつけて来店してくださいね。」という主旨のこれぞ意識他界ラーメン店というツイートを観測する。これでなければ意識他界ラーメン店ではない(関連記事:参照*3参照*4

 ラーメンは美味しいものを作る心以外ない意識他界ラーメン店には国交省が大雪に対する緊急発表は理解することがデキない。

  • 11:00am前。食堂のオバハンという生物が会話がつつぬけになることも厭わず大声で会話をしていた。プライバシーゼロ。守秘義務ストロングゼロ。飲食店の関係者に対して機密はゼッタイに話してはならぬ。

  • 11:00am 食堂で昼ゴハーン。タイヘンにツイていることに隣席にオバハンという生物に座られてしまう。外の雪が強まりはじめる。「退艦命令はまだか!」と思っていると隣席のオバハンたちが「きれーい。」「すごーい。」と口々に叫びながらインスタバエの写真撮影をはじめていた。いつのまにかボクはピュアーな心をどこかにおいてきてしまったのかもしれない。...いやいや、早く帰らないと帰れなくなってしまうではないか!オバハンたちに危うく毒されてしまうのをボクはオトナらしく耐えた。

  • オバハンたちの声のボリュームが高すぎるため落ち着いて昼ゴハーンを食べることがデキない。オバハンの声のボリューム調整をリモートから試みるも、どうやらリモートからのボリューム調整には対応していないらしい。オバハンたちのプライバシーゼロの会話がすべて耳に入ってきてしまう。ボクはなんとか記憶しない努力に努めつつ、ゆっくり食したい鯖の塩焼きを可能な限り噛んで食すことを意識しながらも急いで平らげた。

  • 12:10pm 「帰っていいよ。」の観測は11時台も含めてストロングゼロ。雪も本格的に降り始めたのでそろそろ「帰っていいよ。」を観測したい。

  • 同刻付近。意識他界ラーメン店店主による「ヒマ。」という主旨のツイートを散見する。つか、こんな雪の日に意識他界ラーメン店に行くのはシンパしかいないだろ。意識他界ラーメン店店主はやはり腐れ外道かつド阿呆であると再確認する。

  • 12:35pm「(定時を過ぎたら速やかに)帰っていいよ。」を観測。おかしい。定時を過ぎたら速やかに帰るのは雪の日関係なく当然ではないか。今すぐ帰っていいよ、の間違いではないのか。と思いつつ今しばらく様子をみることにする。まだ、慌てるような時間じゃない。冷静になるために素数を数え始める。

  • 意識他界ラーメン店は大雪の悪天候の下でもゼッタイに客に不要不急の来店をしてもらうことを諦めないことを証明してしまう(国交省の緊急発表を真摯に受け止めらえるまともな人間はこの日の18:00pm-20:00pmに外には不要不急の外出をしない)。

 ラーメンは美味しいものを作る心以外ない意識他界ラーメン店には国交省が大雪に対する緊急発表は理解することがデキない。雪が本格的に降りはじめようがそんなことは意にも介さない。

  • 14:00pm 外の様子を見にでてみるとすでに雪が積もり始めている。このままでは電車が間違いなく止まる。本当に「(定時を過ぎたら速やかに)帰っていいよ。」なのか確認することにする。

  • 14:05pm ブチョーに本当に「(定時を過ぎたら速やかに)帰っていいよ。」なのか確認してみると、スデにブチョーはひとり午後半休を取得しており帰路についていたことを知る。

  • 帰路の途中にいるブチョーに本当に「(定時を過ぎたら速やかに)帰っていいよ。」なのか人事メンに問い合わせてもらう。

  • 別途他の同僚に確認すると各部署単位でブチョーがキメてよい裏ルールがあったことを知る。ブチョーに「ブチョーがブチョーの裁量でキメていいらしいですよ。」と伝える。

  • 14:25pm ブチョーの八麺六臂の活躍により「イマすぐ帰っていいよ。」を勝ち取ることに成功する。

  • 14:30pm ヤフー防災Appがトーキョーに大雪警報を告げると同時にボクも帰路につく。

  • 14:40pm オフィス最寄りの駅に電車がこない。どうやらスデに遅れているらしい。

  • 15:00pm 乗り換え駅まで進むも、乗り換える電車がやはりこない。少しでも家にちかづくためにいつもとは別の電車にのって少しでも進む。

  • 15:30pm 家まで歩いていけないこともない駅までくることがデキたが駅のプラットフォームにヒトがゴミのようにうごうごしている。電車は遅れているし、来ても乗ることがデキない。その駅から歩いて帰ることにキメた。

(以降、1時間ほどかけて歩いてウチなるインナーワールドに帰還するまでに観測したことをただ箇条書きにしていく。)

  • 駅が人でごった返しており、まず駅のプラットフォームから改札を出るまで困難を要した。その後、入場制限をしている駅もあったようだが、入場制限しなければならなくなったのも頷ける。

  • 道路をどうみても不要不急の外出をしているようにしかみえないジイサンやバアサンがよちよちとペンギンのように歩いているのを散見した。今にも転びそうでタイヘンに危ない。ナゼ、ウチにとどまらななかったのか。タイヘンにふしぎだ。

  • ナゼかスデに雪が降り積もって路面が雪でグチャグチャになっているところをフラフラと安定しない走行をする有人自転車爆弾が数多く発見されてしまう。この人たちは道交法を知っているのだろうか。つか、しにたいのだろうか。もしくは人をころしたいのだろうか。よくわからない。とりあえず有人自転車爆弾に自爆テロされないようにだけ気をつけながら歩いた。ヒマそうなダンシコーコーセー、ヒマそうなダイガクセー、オバハン、そしてオッサンのような生物がこういったことをしていたように思われる。警察メンに通報してあげたくなったがそこまでボクにもヨユーがなかった(有人自転車爆弾とは?: 「シン・ゴジラ」はイタいだけ。 - Everything you've ever Dreamed)。

  • 「キャー、サムーい!」「ぬれるー!!」「中ビショビショー!!!」とはしゃいでいるジョシコーセーという生物と「キャー、サムーい!」「ぬれるー!!」「中ビショビショー!!!」と同様にはしゃいでいるオバハンという生物をそれぞれほぼほぼ同じ個体数発見してしまう。

  • ジイサンバアサンとは違う意味でペンギンのような歩き方(腹ばいで雪の上をスベる)をしてしまうショーガクセイという生物に幾度か進路を妨害されるも、かまうことなくスルーした。オトナは子どもを真っ向から相手になどせぬ。

  • 16:30pm前後、ようやくウチなるインナーワールドに帰還。ほとほと疲れ果てる。一応、本来の定時である17:30pmまでは仕事をすることにキメる。

  • 18:00pm 前後。この段階にきてもまだ意識他界ラーメン店は不要不急の来店を客に求めることをやめない。なぜそこまでして集客したいのか、ボクにはよくわからない。

 ラーメンは美味しいものを作る心以外ない意識他界ラーメン店には国交省が大雪に対する緊急発表は理解することがデキない。世の中が大雪で大混乱に陥っている様がテレビや新聞、SNSで拡散されても、集客することを諦めることがデキない。そこまでして臨休したくない理由はナンなのか。ボクは理解したいとも思わない。

 以降、田園都市線、井の頭線、西武池袋線などで駅の入場制限が行われたり、とにかく大混乱の様相を呈している様子がテレビやインターネッツを介して報道されていた。前日の国交省の大雪に対する緊急発表を真摯に受け止め「不要不急の外出控えて」を実践していたならば、このような大混乱にはならなかったであろう。

 最後にそんな世の中が大混乱している中、どういう神経をしているとこんなツイートがデキるのかという意識他界ラーメン店のツイートを紹介して本稿をシメたい。

 この意識他界ラーメン店が通常営業している時間帯はまさに世の中が大混乱の最中であった。このツイートは一体なんのアッピールのためになされたのだろうか。ボクにはよくわからない。シンパと思われる人たちが「リツイート」および「いいね」をしているのも興味深い。ちなみにボクは批判をしているわけではない。ボクは草葉の陰から意識他界ラーメンにエールを送っているだけだ、そのままでよいと。そしてタイヘンに興味深いのである。「不要不急の外出控えて」国交省が「大雪に対する緊急発表」をした当日に意識他界ラーメン店はこういうツイートをしてしまうということが。次回の大雪の際も意識他界ラーメン諸店におかれマシマシましてはこの調子で同様のツイートをお願いしたい。

 ボク自身、会社がもっと早い段階で「帰っていいよ。」と下知をくだしてくれるか、そもそも前日の国交省による「不要不急の外出控えて」を真摯にうけとめて自宅待機を決断してくれていたならば一切の身の危険を覚えずに集中して朝から夕方まで仕事ができていたように思う。

 次回、国交省が事前に今回と同様の「不要不急の外出控えて」を国交省が大雪に対する緊急発表した際には、もし会社の判断に納得できなかったとき、ボクは有給をとろうと思っている。何よりまず優先スべきは自分自身の命である。会社が社員の命を優先してくれないならば、自分で自分の身を守るしかない。ましてや不要不急の外出をしてまで「悪路の中を気をつけて来店してくださいね。」とコウカイしてしまう意識他界ラーメン店が跋扈しているような外の世界にでるのはキケンである。

 くれぐれも諸賢も国交省の緊急発表を今後は真摯に受け止めるようにしてほしい。自身の身の安全は自ら守るしかないのだ。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

(アイキャッチは雪で止まる電車のイラスト。各鉄道会社が国交省の緊急発表を無視して大雪で電車がとまるまで電車をとめることができない理由についてはボクにはちょっとわかりません。/ボクはラーメン断食家であるので意識他界ラーメン店を断って断って断つことにミジンコの陰茎ほどの躊躇もない。不要不急で大雪の中、意識他界ラーメン店を訪れて不要不急で寒い日のアツいナンだかよくわからんムニャムニャを食すつもりはない。大雪のサムい日にアツいラーメーンを食すのはウチなるインナーワールドで食すのが何よりの無類である。ナニ食ってると外で大雪の中、帰れなくなることも厭わず不要不急でアツいナンだかよくわからんムニャムニャを食したくなるのか、少なくともボクには理解することがデキない。読者諸賢にはくれくれもそんなやらんでもいい阿呆なことをすることはせず国交省の「不要不急の外出控えて」に真摯に耳を傾けて身の安全を確保してほしい。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。)

*1:キタチョーのロケットマンが核を放棄するまでボクは外でラーメンを食わない。ついでにおまけでコリーアがニッポンを許すまで外でラーメンを食わない。

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

*3:ミシュランガイド一つ星ラーメン店詐欺サイトに対するホンモノのツタない対応に思ったこと。

*4:ミシュランガイド一つ星ラーメン店詐欺サイト封鎖後のホンモノのツタない言い訳に思ったこと。