#ほぼにちらーめん

プロのラーメン断食家であるボク,らーめ人間Zが可能な限り毎日タンタンとメンタルしっかり政治・経済・社会・技術の垣根なく知らなかったことを知るために書いているただの日記ブログ.よろしくね,ピース.ほぼ日刊イトイ新聞とは無関係.写真をはじめとした皆あまねく全てのコンテンツの無断転載はお断り!

2022年6月13日週の日経平均株価終値は2万5963円00銭。世界的な金融引き締めに逆行した日銀の金融緩和継続で円安株安が進んで1カ月ぶりの安値圏。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸3年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

(拉麺断食之弐阡弐陌捌拾漆)2022年6月13日週の日経平均株価終値は2万5963円00銭.世界的な金融引き締めに逆行した日銀の金融緩和継続で円安株安が進んで1カ月ぶりの安値圏.

日経平均反落、終値468円安の2万5963円: 日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB00004_X10C22A6000000/

 一昨年(2020年)の新型コロナ禍による先の経済危機(俗にいうリーマンショック)を超える世界同時株安以来,ボクは毎週末(日本市場が開く前日)にその1週間の日経平均株価の終値を記録することにした.そして新型コロナ禍が終息に向かったならば株式市場も正常化するかと思いきや,追い打ちをかけるかのように2022年2月24日にロシアがウクライナに侵略戦争をしかけるという21世紀の人類とは思えないような愚行をおかしたことによってよりより株式市場は混迷を極めることとなってしまった.どうなる世界経済?!というわけで今日は2022年6月13日週の日経平均株価の値動きを振り返りたい.

 2022年6月13日週(以降今週と表記)の終値で引けた.前週終値2万7824円29銭から米FOMCが市場予想を上回った5月の米CPIを受けて0.75%という通常の3倍の利上げ幅を決断したことをはじめとした世界的な金融引き締めのリスクが意識されたことに加え,週末に日銀がそれに逆行して量的緩和策を継続することを表明したことによるさらなる円安に拍車がかかることを意識されるというダブルパンチによって大幅に一週間で値を下げて2万6000円台を割り込み1カ月ぶりの安値圏となってしまった.

 ちなみに米国市場も金融引締めによる景気減速が意識され NY ダウは3万ドルを割り込んで2万9888ドルで引けている.これは新型コロナのパンデミックが始まる前の水準であり,ついに新型コロナのパンデミック以降の量的緩和でダブついて行き場を失っていたマネーが流れ込んでいた株式市場からそのダブついていたマネーが見事なまでに消し飛んでしまったことになるわけだ.

 なにはともあれ金融引締めによって急激なインフレが襲っている米国においてはすくなからずインフレが抑制されたという兆しのひとつもみることができないかぎりにおいては株式市場に底入れは見られないであろう.

 というわけで今しばらくボクは様子見継続だ.落ちてくるナイフを掴むなかれ.落ちてくるナイフは地面に落ちてから拾うべし.

 以上である.それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

参考.
市場の材料(2022年6月13日-2022年6月17日).
来週(2022年6月20日週)の材料.
株価指数・指標.

出典:NI225 25,963.00(▼1.77%)日経平均株価 | Google Finance https://www.google.com/finance/quote/NI225:INDEXNIKKEI?window=5D&comparison=INDEXTOPIX%3ATOPIX

その他.
後藤達也氏による今週1週間のまとめ.

 今週もお休みの模様.やめてしまったのであろうか.

「黒田日銀」解説.

BTC2万割れ.

FOMC まとめ.