#ほぼ日らーめん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「【なぜこうなったどん兵衛の広告】 どん兵衛×ベルばらコラボ広告代理店プランナー奮闘記」があまりにもひどかったので脊髄反射的にwhois情報を確認してた。

スポンサーリンク


 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。ボクは結構日清食品が好きだ。創業者の安藤百福さんのことは尊敬していると言っても過言ではない。チキンヌードルさいこーだと思っている。カップヌードルはオリジナルだけで大満足している。だから、なぜ日清食品が「バカ、やろう」ばかりやっているのかがよく分からない。日清食品がまともなR&Dをキチンとしているのかとても懐疑的になってしまう。そもそもキラープロダクトが充実しているのだから「広告」自体いらないのでは?と思わなくもない。日清食品は変な広告を打って自分自身を安売りするのをそろそろやめたらどうだろうか。

 そんな日清食品がまた「バカ、やろう」をやっていたようだ。ボクははてなブックマークのホットエントリになっていた「【なぜこうなったどん兵衛の広告】 どん兵衛×ベルばらコラボ広告代理店プランナー奮闘記(外部リンク:参照)」を読んだ。

 あまりにもバカげた内容だった。日清食品の「バカ、やろう」にはボクはいつも「こいつ、大丈夫か?」と思ってしまうのだが、今回はどん引き。日清食品はどん兵衛だけにどん引きとでもみなに言わせたかったのだろうか。本当にどん引きされると客がいなくなると思うぞ、とボクはいらぬ心配をしてしまいそうだ。

 そんないらぬ心配ついでに気になってしまったのがURLだった。「donbei.jp」というのが当該エントリには使われていた。日清食品は「https://www.nissin.com/jp/products/brands/donbei/」という自社のどん兵衛のプロダクトページを持っている。だから「donbei.jp」が悪戯ではないのかと心配になってしまったのだ。わざわざ悪戯のためにドメイン取得する輩もいないと思うが一応お名前ドットコムのwhois検索で確認してみることにした(外部リンク:参照)。

 そして得た結果が以下のとおりだ。

Domain Information: [ドメイン情報] [Domain Name] DONBEI.JP  
[登録者名] 日清食品株式会社 [Registrant] NISSIN FOOD PRODUCTS CO.,LTD.  
<中略>  
Contact Information: [公開連絡窓口] [名前] 株式会社マークアイ  
<以降略>

 ちゃんと日清食品だったようだ。安心した。

 悪ふざけが過ぎると本当にホンモノがやっているのか不安に思ってしまう。ボクはもう少し日清食品は自分のブランドの価値を大事にした方がよいのではないだろうか。

余談のコーナー。

 ボクはどん二郎のような「バカ、やろう」ならばやってもいいと思っている。とは言え、どん二郎も際どかった。実際ボクは好奇心でどん二郎をつくってみたからこの結論に至っているわけだが、人によってはどん引きしていた可能性だってあるからだ。

 そしてそのどん二郎を日清食品がアッピールしたサイトも同じく「donbei.jp」ドメイン以下の「http://www.donbei.jp/love/」だったわけなのだけども、ボクはどん二郎のときはこれが日清食品の本当に所有しているドメインなのか?といったことは気にしたりしなかった。

 ようはそれだけ今回の「【なぜこうなったどん兵衛の広告】 どん兵衛×ベルばらコラボ広告代理店プランナー奮闘記(外部リンク:参照)」をボクがひどいと思ったんだなとボクは思った。

お題「らーめんあまり関係ない雑記。」によせて書きました。アイキャッチは狐のイラスト。ボクはどうしてもどん兵衛と聞くと狐を想起してしまう。それ以上の深い意味はない。。)