#ほぼ日らーめん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

《続々》インスパイア・ザ・ネクスト・ガンジー。

MISC MISC-雑記 MISC-雑記-フミコフミオ

スポンサーリンク

 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点でしかブログが書けないまともない人間だ。ブログ書くのはまとも人間になるための文章修行。日々修行あるのみ。早くまとも人間になりたい。ボクの文体はときどきフミコ・フミオ・インスパイア。ボクはインスパイア・ザ・ネクスト・ガンジー(内部リンク)。昨日からボクはフミオさんのツイートからの学びをマイお題というボクのポーネグリフにも刻むことにした。偉大なるネクスト・ガンジーの生き様をボクも歴史の証人としてポーネグリフに刻みつけていこうと思う。そんなフミコ・フミオことネクスト・ガンジーが嫌いというヒトもいるらしい。ヒトの好き嫌いはもちろん誰にだってあるだろう。にんげんだもの。しかし冒頭に埋め込みさせてもらったフミオさんの言うとおり時間は大切だ。大切な人生、時間有限。大切な人生の時間プライスレス。他人の批難をするブログを書く時間があるならボクはリスペクトするブロガーのどこがスゴいかを紹介することにあてたほうがいいと思っている。インスパイアはリスペクトの証。ボクはフミオさんをリスペクトしているので、今こうしてフミオさんのどこがスゴいかを語ろうとしている。ボクがフミオさんスゴいと思う最大の理由のひとつはただの日記を文字の塊(以降ポーネグリフと記載)として書けるところだ。前回(内部リンク)も書いたとおりボクはフミオさんのポーネグリフは読み手に課された修行だと思っている。フミオさんによる示唆に富んだ学びがどこに隠されているか各々が探索する修行。しかしこれがボクは心地よいのだ。落語のようにまくらがあって本題があってサゲがきちんとある。読ませる技術がスゴい。文字の塊なのに最後まで読みたいと思わせる技術がスゴい。一方でただの日記という文字の塊を書くことがいかに難しいか。それはこうやってボクのように実際にフミオさんの真似をして文字の塊を書いてみれば分かる。まくら+本題+サゲ、これをたかだか2000文字あるかないかの小宇宙の中でスペクタクライズするフミオさんの物書きとしての技術、そして才能にはボクはただただいつも感嘆、そして驚愕するばかりだ。ところでボクはラーメン卒業しないための三ない運動のひとつとして「関わらない」をキメているということを以前書いた(内部リンク)。嫌な人のひとりやふたりいるのはボクにも分かる。にんげんだもの。でもボクはこの有名人、そのブロガー、あのユーチューバー(内部リンク)嫌いだなあと思ったら批判をするのをグッとこらえて、どうしたら関わらずに済ませられるかを考える。だって嫌だなあと思う人のことを考えるの時間の無駄なのだもの。フミオさんの言うとおりその大切な時間をボクなら友人や恋人、家族と楽しく過ごすために使いたい。友人や恋人、家族がいない人はどうしたらいいんだろう。それはボクの口からは言えない。再度、冒頭にあるネクスト・ガンジーのお言葉をご査収くださいませ(所要時間25分くらい)。

インスパイアされたエントリや与太話のコーナー。

 ボクはフミオさんのブログは好きだけどはてなブックマークのホットエントリに入ってくるはてなのブログの中には読むと気分が悪くなるブログというのがいくつかある。そういったブログに「関わらない」をキメるためにはてなブックマークのホットエントリにミュート機能がほしいなあと思っている。批判エントリを書いてる暇があるなら他の生産的なことがボクはしたい。多少なりともはてなブックマークのホットエントリはパーソナライズしているはずだと思っている。ミュート機能の実装は技術的には可能なはずだとボクは思っている。はてな運営のみなさまいかがだろうか?

* * *

お題「ボクがフミコ・フミオから学んだたくさんのこと(敬称略)。」によせて書きました。古文書のイラスト(横書き)。読みにくい書体には読みにくい書体なりの良さがボクはあると思っている。フミオさんの文章を読むのはボクは古文書を読んでいるようで楽しい。いらすとやさんからてきとーに画像を見繕ってくるのも楽しい。楽しいことにフォーカスしたほうがボクは人生は楽しいと思っている。)