#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

イカれた企業にはプレミアムフライデーも週休3日制も永久にこない。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

イカれた企業にはプレミアムフライデーも週休3日制も永久にこない理由をそこはかとなく説明する.

 今日は2018年10月26日,プレミアムフライデーである.

 そして本稿はそこはかとなく上記のエントリの続きであるので興味がおありの読者諸賢は上記リンクのエントリを読んでから本稿をお読みいただきたい.ご興味がなければ上述のリンクは読まなくてもよい.

 というわけで冒頭ながら閑話休題.今日は2018年10月26日,プレミアムフライデーであり,本稿はボクのプレミアムフライデーをめぐる戦いの物語である.

 先日,ボクは「ジョジョリオン(19)」を読んでこの世界がイカれているということ,そしてイカれている世界では常に勝者が正しいという不都合な正義論がまかり通ってしまうということに気づいてしまったわけなのだけれど,それ以来,様々なイカれた事象に遭遇する都度,イカれた世界ではそのイカれた事象の担い手が常に勝者であり正しいというポイズンワールドな不都合なリアルを突きつけられ絶望を感じている.

 イカれた事象の担い手が勝者というポイズンワールドではイカれた事象の担い手に関わってしまった瞬間に負けが確定してしまう.負けないためにはどうしたらよいか?イカれた事象の担い手からボクがボクの命を護る行動として正しい選択とはナニカ?その自問自答に対する答えにはいともたやすく到達することができた.

 それは「逃げる」ことである.

 というわけでボクはイカれたポイズンワールドでイカれた事象の担い手(以降はラーメンが獣臭いメンと表記する)に運悪く遭遇してしまったならば,その魔の手に堕ちる前に早々に命を護る行動,つまりは「逃げる」ことにした.しかし得てしてこのシンプルでかつ容易に思われる答えを選択するということが,そのときどきの状況・立場によってそこはかとなくむつかしい問題であるという不都合なリアルもまた突きつけられているのだ.

 たとえばイカれた世界でラーメンが獣臭いメンから逃れることのできないケースのうちのひとつが毎月月末金曜日にやってくるプレミアムフライデーであることは言うまでもない.

 経産省と博報堂の御都合主義ではじまったプレミアムフライデーであったわけだけれど,少なくともウチの会社はそのプレミアムフライデーを採用しようという姿勢は2018年10月26日現在ミジンコの陰茎ほどもない.プレミアムフライデーに関しては週休3日制を企業に啓蒙するための一貫とかなんとかもっともらしいことが言われているわけだけれど,ウチの会社のように週休3日制では生産性が落ちると考えているイカれた考え方をもっているラスボス(CEOのこと)がいる会社ではラスボスのイカれた持論がいかような正論にも勝利してしまい,従業員には勝ち目はない.勝ち目ゼロ,ストロングゼロ.

 ボクはそこはかとなく今年(2018年)の十二分過ぎるほどに残っている有給休暇を消化しながら週休3日制のようなものを2ヶ月ほどすることによって実験をしてみたのだけれど,毎日の汚仕事をよりより集中してやらなくてはならなくなるということ,より短い時間で多くの結果を出せるようにならなければ,毎日定時帰宅がそこはかとなくむつかしいということが分かった.しかし,週休3日制で現状の週休2日制と同様の結果を出すことが無理ゲーなのかと問われたならば無理ゲーではないとボクはムンっと胸をはって答えることができるものだ.

 ようは週休3日制の4錬金で出せる結果と週休2日制の5連金で出せる結果が同じ場合,生産性が高いのは前者なわけなのだれど,頑なに週休2日制の5連金の方が生産性が高いと主張し続ける企業はそこはかとなく経営者も従業員もイカれているのだとボクは思うのだ.そしてそんなイカれている経営者と従業員の会社はプレミアムフライデーを採用することはないし,イカれた世界ではそれが勝利であり,正しいのである.

 というわけでウチの会社はイカれているのでプレミアムフライデーは採用されない.ウチの会社がイカれている限りにおいてボクは常に敗者であることが確定づけられているというわけなのだ.

 では敗者にならないまでも命を護る行動としてどんな「逃げる」手段があるのだろうか.今のところボクにできる命を護る行動としてとりうるオプションはたった1つしかない.前述した有給休暇を取るということだけだ.

 しかし残念なことに金曜日はここ半年ほど毎週終業時間後に参加必須とされている異議ある会議が設定されてしまっており,ボクは金曜日に有給休暇を取得することがむつかしいし,金曜日に有給を取得せずに痛勤したからには異議ある残業からも逃れることができない.喫緊のボクの課題は毎週金曜日の敗者確定戦から「逃げる」算段,ハチメンロッピのブレイクスルーを開発することにあるわけなのだけれど,イカれた論理によって組まれているスケジュールであるので,真っ当な論理では「逃げる」ことができない.

 というわけで今日も今日とて終業時間後の異議ある会議に出席し,プレミアムな残業タイムを満喫したわけなのだけれど,ボクができたことといえば現実を逃避すること,つまりは「心を無にすること」だけだった.そしてそこはかとなく「心を無に」した結果行き着いた無我の境地でボクが得たものといえば「感謝」しかなかったわけなのだけれど,その「感謝」がどのような感情から生まれた「感謝」であったかについてはナニカとそこはかとなく支障があるので本稿において詳らかにその「感謝」の感情の出処について説明することは潔く差し控えたい.

スポンサーリンク

 イカれた世界でヒューメンがヒューメンのままで正しいことをすることはできない.イカれた世界で正しいことをするためにはイカれたメンになるしかない.しかしボクはイカれたメン,つまりは意識他界系のメン,ラーメンが獣臭いメン,より端的かつ直截な言い方をすれば腐れ外道かつド阿呆にはなりたくないのである.

 もしボクが仮にイカれた世界の中においてもヒューメンのままで正しいことをすることができるメソッドを開発することができたならば,きっとそれは画期的かつ革新的なことであり,しかるのちその画期的かつ革新的なメソッドはその画期的さと革新的さによってノーベル賞を受賞することであろう.その可能性がゼロでないかぎりにおいてはボクはヒューメンのままで正しいことをすることができるメソッドを開発することを考えることをやめるわけにはいかない.なぜなら諦めたらそこで死合終了だからである.諦めないかぎりボクの死合は終らないのだ...

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《アイキャッチはヤマアラシのジレンマのイラスト.「ジレンマ」というワードに該当するイラストを探したらいらすとやさんにはこのイラストしかなかったというだけの話であり,あまり本稿とこのイラストには関係がありそうでございません./本稿はお題「最近知った言葉」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。