#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「目当てのラーメン屋が人手不足のためランチ営業お休みだった」に思ったこと。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは200日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

「目当てのラーメン屋が人手不足のためランチ営業お休みだった」に思ったこと。

www3.nhk.or.jp

 先日ボクは上述の「“人手不足”で休みます… 」という記事を読んだ。NHKニュースなのでそのうち記事が消えてしまう可能性はあるがとりあえずリンクを貼っておく。

 ここ最近俄に人手不足に言及する特集が増えた気がしている。人手不足で倒産した企業などの記事も他に目にした。上述の特集がそのニュースに端を発しているのかについては定かでない(関連記事:参照*1

 しかし俄に人手不足が話題になる以前に実際問題としてどの企業も人手は足りていないだろう。何より日本はガンバリズムで支えられてきた国だ。とりあえず手や足、そしてカラダを動かしているように見せることが大事だ。目に見えて動いているように見えなければ働いているとみなされないのが日本である。

 そんなガンバリズム大好きな人間がムンっとふんぞり返り、大手を振ってズンズンと往来を歩きまわっている日本で愛されているソウルフードともいうべき存在はナニか?

 そう、ラーメンである。

 そんなガンバリズム大好きな日本人が好きなラーメンをつくる工程が効率化されているわけがあるだろうか?効率されているわけがない。

 何よりボクが意識他界ラーメンと呼ぶようなラーメン店がそんな効率化など考えるわけがない。もし効率化の「こ」の字のひとつも考えているなら行列などできるはずがないのである。いつまでも行列が絶えないお店が人気店だなどともてはやされているようではそのうち気づいたらお店ごとなくなっているのがオチだろう。

 閑話休題。冒頭のNHKの記事において「目当てのラーメン屋が人手不足のためランチ営業お休みだった」というツイートは実はツイッター検索するとそれっぽいツイートは一件しかヒットしない(ツイート主が消さなければ見つけられるだろう。迷惑になるとも限らないのでボクはそのリンクを貼らないでおく)。

 ちなみにそのツイートからは、ツイート主の目当てのラーメン店がどこのラーメン店なのかさっぱり分からない。だからナゼNHKがそんなどこのラーメン店が人手不足のためランチ営業お休みだったか明確でないツイートをわざわざ紹介していたのか、ふしぎである。とてもモシャモシャするものだ。きっとボクにはどこのラーメン店が人手不足でランチ営業を休んでいたのかはわからなかったが、NHKなりの素晴らしい高尚な理由、そして綿密な裏どりがあって記事を書いていることだろうとボクは信じている。NHKのような高尚な組織がいい加減な理由、いい加減な裏取りで記事を書くわけがない。

ボクのタイムラインをみている限り人手不足のためランチ営業お休みをツイートするラーメン店を見たことがない。しかし...

 さて少なからずボクがツイッターでエゴサーチなどせずに上から下へ流れていくタイムラインを眺めている限りにおいて、ラーメン店が人手不足でランチ営業を休業するという旨のツイートは見たことがない。しかし、ラーメン店が人手不足に陥っている可能性は否定できない。むしろ多くのラーメン店で人手を集めるのに苦労していることは間違いないと言っても過言ではないだろう。

 というのもラーメン店が求人のツイートを頻繁にしているのはちょっとでもラーメン店の情報を追いかけている人間なら目にするものであるし、その求人に対して全然応募がないという言わんでもいいことまでツイートしているラーメン店も少なからず見かけるからだ。

 ちなみにラーメン店の求人に応募が全然ないのはさほど不思議なことではない。ラーメン店はハードワークだ。長時間労働だ。そして低賃金である。特に意識他界ラーメン店などはナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンを創るというナンだかよくわからん拘りに拘り抜いているのであるから効率など考えるわけがない。むしろ意識他界ラーメンほど効率など度外視であると言っても過言ではないだろう。意識他界ラーメン店においては、タダのラーメン店よりもさらなるハードワーク、長時間労働、そして低賃金が期待できることだろう。

 今の人手不足、売り手市場の状況下においてわざわざ効率度外視のハードワーク、長時間労働、そして低賃金がもれなくついてくる汚仕事をわざわざ選り好んで選ぶのはタダの無知な阿呆かよっぽどやり甲斐を搾取されたいマゾである。

 ちなみにボクはラーメンは好きだが効率度外視のハードワーク、長時間労働、そして低賃金がもれなくついてくる汚仕事はミジンコの陰茎ほども興味がない。しかし、マゾりたい諸賢がマゾるのは自由である。ボクは引き止めはしない。タダ、マゾった結果一体どんなことになったかについては興味津々だ。だからマゾったら、しかるのちコウカイしてみてほしい。

 ボクは効率度外視の意識他界ラーメンはそう遠くない未来、後継者不足や成り手不足で自然消滅していくと睨んでいる。しかし、未来は不確実である。もしかしたらそんな非効率でブラッキーな労働環境が持て囃されるような時代の揺り戻しがこないとは言い切れない。

 ラーメン店、そして中でも意識他界ラーメン店の今後が見逃せないものである。ボクはラーメン店、中でも特に意識他界ラーメン店を引き続き観察および研究を続けたいと思う。

 それではまた会おう、さらばだ諸賢!

(アイキャッチはシャッター通りのイラスト。意識他界ラーメンはナンだかよくわからんガンバリズムに強いこだわりをもったラーメン店である。ゆえに意識他界ラーメン店が創っているのはナンだかよくわからんムニャムニャであり、ボクはナンだかよくわからんムニャムニャは食うことがデキない。そんなナンだかよくわからんこだわりのガンバリズムでナンだかよくわからんムニャムニャを創り続ける情熱を理解できる人材がどれだけいるのか知らないが、そんなナンだかよくわからん人材はレアだと言って過言でないであろう。ボクの目からみたら非合理の極みである意識他界ラーメン店がいつまで存在していることができるのか、ボクの興味は尽きない。本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。)

*1:「人手不足による2017年10月の倒産件数 この4年間で最多に」に思ったこと。