#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

らーめん店オリジナルTシャツさいっこー。

スポンサーリンク


お題その2「今年、買ってよかった物」

 いよいよ2016年も年の瀬がせまってきて、ついにはてなのお題でもこのお題が出される時期になってしまった。きっつー。そんなわけでらーめんおじさんが今年買ってよかったと思うものを紹介してみたい。

 らーめんを食べまわる人なんて不健康志向の塊なので世の中的にはマイノリティのはず。なので知らない人が大半のはずだと思う。実は今どきのハイセンスならーめん店ではお店オリジナルのグッズが売っていたりする。知ってた?

 個人的にそんならーめん店のオリジナルグッズの中でもお気に入りなのが、そのらーめん店オリジナルのTシャツ。らーめん店Tシャツ。

 ちなみにらーめんおじさんはもともとそういうお店のオリジナルのTシャツを売っているお店があるのは知っていたのだが、らーめん店Tシャツ欲しい!絶対買いたい!と思うところまで気持ちが高ぶることはなくて、これまでは購入するところまでは至っていなかった。

 ここまで書いたらわかると思うのだが、今年らーめんおじさんが買ってみてよかったなあと思ったのはそのらーめん店Tシャツ。

 ではわたしが最初に買ったらーめん店Tシャツから紹介しよう。1着目は東京都豊島区東池袋の六感堂さんのTシャツ。


 買おうと思ったきっかけはラーメンラリー。ラーメンラリーが何かわからない人は、公式のページをみてね。

参考:ラーメンラリーとは?

 現在はもう売り切れてしまっているのだが、このTシャツを買うとラーメンラリーを15枚購入可能だった。以降来店時に着ていくと通常らーめん一杯で5枚まで購入可能だったものが6枚まで購入可能というので、このTシャツを買った。

 ベースボールTシャツ風のロゴ(写真はバックプリントなのだが、、、)なので、一見するだけではらーめん店のTシャツに見えないこともなかなかよいなってことで、少なくとも六感堂さんに行くときはラーメンラリーを+1枚購入したかったこともあって着ていっていた。

 ちなみにこのTシャツのお値段は2,500円(税込み)。

 そして2着目も六感堂さん。


 このときの購入理由はまた別。このTシャツの発売を機に六感堂さんでは、六感堂さんのTシャツを着てお店に行くとトッピングを一品無料というのをやりはじめた。1着目で買ったTシャツを着ていってもその特典は受けれたのだけど、毎回トッピング無料にしてもらうのには多少なりともお店の売上に貢献したいな、と思って購入した。価格は1着目と同じく2,500円。2,500円のTシャツなのに300円の豚のコンフィなどのトッピングまで一品なら無料とか大盤振る舞いも本当にいいところ。あっという間に2,500円分の元はとれてしまうので、買わない理由はなかったっていうヤツ。

 しかし、このお店のTシャツを着ていくとトッピングサービスっていうアイデアはとてもよい。メルマガ購読でとか、マイ箸持参でみたいなのはこれまであったが、Tシャツなら目にした人にはお店の宣伝にもなるし、お店の人と仲良くなるきっかけにもなる。これを考えたのは六感堂の店主六感キング氏が最初という認識なのだが、すばらしいアイデアっすよ。

参考:本ブログの六感堂さん関連のエントリ。

 3着目(あ、全部で5着、今年は買ったのね)。これは東京都北区志茂のミライゑさんのTシャツ。


 これは単純にカッコいいな、と思ってミライゑさんに買いに行ったもの。詳しくは以前書いたエントリに詳しく書いた。

 一応、着ていくと100円までのトッピングが無料ということなのだが、このTシャツを購入して以来、ミライゑさんへはわたしは行っていないので、Tシャツの特典としては活用しきれていなかったりする。発売されたのが9月もまわってからだったので、6月くらいに発売してくれていたらもっと着たんだけどなあというのはあるかな、と。

 このTシャツのお値段は少し高めで 4,000 円(税込み)。

参考リンク:本ブログのミライゑさん関連のエントリ。

4着目はまたしても六感堂さん。


 秋口に入ってきた頃にさすがにTシャツでお店に伺うのは寒くなってきたので買ったラグラン。特典とは言え、毎回トッピングをサービスしてもらっているのはちょっと心苦しくて購入した。ひとつ誤算だったのは、今年も秋らしい秋の気候がなくて、夏からいきなり冬になってしまったようなところがあって、このラグランを着て六感堂さんに伺う機会はさほどなかったってこと。異常気象きっつー。

 お値段はTシャツと同価格2,500円(税込み)。

 最後の5着目は、結構最近買った東京都板橋区板橋本町の麺庵小島流さんのTシャツ。


 1、2着目で紹介したTシャツの六感堂さんの店主(六感キング氏)とこの麺庵小島流さんの店主さんが懇意にしていることから、六感堂さんのロゴを六感堂さんの公認で小島流さんが佐野ってつくったTシャツ。

 Twitterでこのおっさん同士のキャッキャウフフがよく展開されているのだが、これが結構みていて微笑ましい。その微笑ましいやりとりのなかで生まれたTシャツだったので、このビッグウエーブに乗らないのはつまらないなあと思って買ってみた。

 六感堂さんからも着てきてね、と言われているので今度六感堂さんに行くときにはこのTシャツをアンダーに着て(寒いんだもの)行こうと思っている。

 ちなみにこのTシャツのお値段は2,500円(税込み)。

参考:本ブログの麺庵小島流さんのエントリ。

 以上の5着が今年、わたしが買ったらーめん店オリジナルTシャツ。そして、これらを買ったことでとてもこの一年らーめん店巡りが捗った。買ってとてもよかったと満足している逸品たちでした。

余談

 もう少しうだうだ書く。

 今ほしいなと思っているのは六感堂さんのパーカー。毎回一応Tシャツをアンダーに着ていってトッピング一品サービスをしてもらっているのだが、正直心苦しい。寒いので今、品切れ中のパーカーを購入して、それを毎回着ていくようにしたい。

 逃した魚は大きかったなあと思ったらーめん店Tシャツは、以下の2つのお店のTシャツ。どちらもそもそも未訪のお店なので、そもそもらーめん食べに行きたいというのもある。

 そもそも売り物として売っているのかわからないらーめん店Tシャツというのもあって、その中で個人的にカッコいいなあと思っているのは以下のらーめん店さんのTシャツ。どういうものなのかというのは、写真はないので、本ブログの関連エントリへのリンクをリストアップしておく。

 最後にオチ的なもの。わたしが嫌いなラーメン女子会関連のTシャツもじつはある。このTシャツはふつーにわたしは似合わないというか着て恥ずかしいので買うつもりは未来永劫ゼロ。レスザンゼロ。永遠のゼロ。きっつー。

www.fashionsnap.com

というわけでおあとがよろしいようで。

特別お題「2016年を買い物で振り返ろう」 sponsored by 三菱東京UFJ-VISAデビット