#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメン断食家のボクが食してみたい東京の春の朝一番パン祭り(2019)。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

ラーメン断食家のボクが食してみたい東京の春の朝一番パン祭り(2019).

 ボクはdマガジンという月定額雑誌読み放題のサービスをサブスクリプション契約している.折角,契約しているからには可能な限り貴重な人生のスキマ時間をぬって1日15分くらいはdマガジンのテキトーな雑誌を斜め読みしたいと思っている.ちなみに1日15分の利用で月額400円のdマガジンをボクは約1分1円で償却できることになるのでdマガジンはかなりボロ儲けなサービスであると言えよう.

 とはいえただボーッと1日15分雑誌を眺めていても特に得られるものはないものである.なのでボクは読むことにしている雑誌を大まかに決めることによって「お気に入り」を登録することにしている.先日までは実は週刊東京ウォーカー+が毎週水曜日に配信されていたのでボクは週刊東京ウォーカー+だけをお気に入り登録していたのだけれど2019年2月20日水曜日の週刊東京ウォーカー+からその内容が本誌東京ウォーカーと同一になり週刊東京ウォーカー+が東京ウォーカーになるという一見すると「こいつ大丈夫か?」と思われてしまいそうなインシデントが発生してしまったため,dマガジンに配信される東京ウォーカーが本誌東京ウォーカーとなってしまった関係で毎週配信されていた週刊東京ウォーカー+が月1回,毎月20日だけの配信となってしまったのである.そのことについては下記のエントリに詳細は書いた.

参考:dマガジンに配信される東京ウォーカーが週刊東京ウォーカー+ではなく週刊東京ウォーカーになっており週刊東京ウォーカー+ではなくなっていた。 - #ほぼにちらーめん

 というわけでボクは東京ウォーカーだけがdマガジンのお気に入り登録に入っている状態になってしまったためこれでは毎日コレと決め打ちで読むことのできるコンテンツが月に1回しか更新されなくなってしまうという無惨なことになってしまったわけである.それでは毎日dマガジンの何の雑誌を読むかということを探すことに無駄な時間を費やしてしまうことになってしまう.それではたいへんにいかん.いかんことをするのはいかん.というわけで他にもdマガジンで配信されている雑誌は海千山千と雨後の筍のようにウゴウゴ存在しているのでテキトーに目についた雑誌をお気に入りに登録してみたのである.

 結果,今ボクのdマガジンでは次の雑誌がお気に入りに登録されている.「東京ウォーカー」「Tarzan」「週刊ファミ通」「散歩の達人」「BRUTUS」「NHKきょうの料理」「週刊東洋経済」「週刊エコノミスト」「週刊ダイヤモンド」「PRESIDENT」 ...以上である.さらにうっかりボクはdマガジンの通知をオフにしていたようなので通知もオンにしてみたものである.これで新しい雑誌がdマガジンに配信される都度,ボクはdマガジンを開くことができるというわけだ.これでそれぞれの雑誌でオモチロイ記事を発見したならばボクは本ブログで紹介することもできるというわけだ.1石で何鳥も獲ることのできるタクティクスであるというわけだ.スバラシーではないか.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 とはいえ本稿において今日ボクが記録しておこうとおもったのは相変わらず東京ウォーカーである.現在(2019年3月2日現在)dマガジンに配信されている東京ウォーカーの最新号は2019年2月20日の水曜日に配信されたものである.そのメインの特集記事は「この春、肉をさらにアゲる最強の相棒。肉スパートが食べあるき!うまい肉の方程式。」というものだったのだけれど,ボクにはまったくこの特集が刺さらなかったので,サブメインの特集と思われる「新年度はパンを買いたくなる♪春の朝一番パン祭り」で取り上げられていたパン屋の中からボクが食してみたいと思ったパン屋を記録しておきたいと思ったものである.ちなみに新年度だからパンを買いたくなるという論理はボクにはさっぱりよくわからないというのはどうでもいい余談である.ボクはパンにシーズナリティーを感じないものであり,いつ何時でもパンを食すものである.あえて言うならばパンそのものには栄養はほとんどないものであるのでパンを食事の主役にそえることをボクはしませんよということくらいのものである.

 ちなみに2019年2月20日配信の東京ウォーカーにおける「新年度はパンを買いたくなる♪春の朝一番パン祭り」において紹介されていたパン屋は15店舗であり,ボクはその中からイートインスペースがあるお店であり,かつそのイートインスペースが禁煙であるということが明記されているお店であり,そしてなにより栄養がほとんどないパンだけでなくキチンとした栄養のとれる食材が豊富に取り揃えてありそうなお店を選ぶことにした.その結果残ったのが15店舗中の下記の6店舗であった.

(1)3丁目のちいさなパン屋さん(新宿).

 まず最初は3丁目のちいさなパン屋さん.隣接するホテルサンライト新宿の直営ベーカリーだそうである.ボクの目を惹いたのは「少しずつたくさん食して欲しい」と考案されたという名物「ちいパン」とトマトとベーコンのパニーニ(180円)である.

参考:google:3丁目のちいさなパン屋さん

(2)パン・オ・スリール(渋谷).

 続いてはパン・オ・スリール.こちらでボクの目をひいたのは朝の売れ筋ナンバーワンだというロースハムとエメンタールチーズのバゲットサンド(430円)である.世界遺産・白神山地の腐葉土からとれる「白神こだま酵母」や自家製天然酵母がなんだかよくわからないが評判であるそうだ.世界遺産の腐葉土からとれると酵母がオイシーになる根拠はさっぱりよくわからないが,他にも写真で紹介されていたレギューム(野菜)(240円)などがオイシソーであった.

(3)BaKING SHU(渋谷).

 BaKING SHU.写真で紹介されているパンは正直あんまりなのだけれどお店の紹介文には「惣菜パン」とあったのでそのゴーリキーワードを信用して記録しておいてみた.

参考:google:BaKING SHU

(4)CAFE STUDIO BAKERY(大手町).

 CAFE STUDIO BAKERY.こちらのお店でボクの目を惹いたのは梅と大葉のエピ(324円)だ.文字が潰れていたのでエピをエビと誤読してしまったことはここだけのヒミツである.ちなみにエピとはフランス語で「麦の穂」を意味するゴーリキーワードのようであり「麦の穂」のような形状をしているパンのことをエピとも呼ぶそうである.つまり梅と大葉のエピとは麦の穂状の梅と大葉のパンということのようである.

参考:google:CAFE STUDIO BAKERY

(5)THE 3RD CAFE 品川シーズンテラス店(品川).

 THE 3RD CAFE 品川シーズンテラス店.こちらでボクの目を惹いたのはモーニングセット(本日のホットサンド+コーヒー・紅茶)(450円)である.写真のホットサンドはチェダーチーズとパストラミビーフ,サニーレタスそしてオニオンのホットサンドだそうである.普通にオイシソーだ.

(6)THE CITY BAKERY 品川(品川).

 最後がアトレ品川の2FにチンザマシマシているというTHE CITY BAKERY 品川である.このお店でボクの目を惹いたのはクロックムッシュ(453円)である.クロックムッシュとはようはトーストのことなわけなのであるわけなのだけれど,サワードという酸味の効いたパン(というかサワードという言葉がそのものが酸味が効いたという意味なので酸味が効いているのは当然ではないのかというのは余談である)に自家製ペシャメルソースとハムなどの具材をサンドしてチーズをかけて焼き上げたという外観はただのトーストという風貌を逸脱しておりボクの記憶に残っていないだけできっと幾星霜もの永き年月を生きてきたボクは一度くらいはどこぞで食したことはあるとは思うのだけれど,こちらに伺うことがあればクロックムッシュを食してみたいと思ったわけなのである(参考:ベシャメルソース - Wikipedia).

ーー以上である.実はイートインがないお店をあえて狙いすまして除外しなければもう少しお店は残ったのではあるのだけれど,滅多に外出をしないボクがわざわざ外出した際にその場所で食すことのできないお店を選んでおいてもあまり意味がないものである.というわけでオイシソーではあったわけなのだけれどイートインがないことお店は苦渋の決断で今回は記録することをボクは潔く諦めたわけである.なぜなら立派な大人のジェントルメンというものは潔いものであり,ボクはジェントルメンであるので潔いものだからである.

 それでは本稿でボクが書きたかったことは以上であるので本稿はこれにてオシマイとしたい.それではまた会おう,さらばだ諸賢!検討を祈る!!

dマガジン

dマガジン

  • 株式会社NTTドコモ
  • ブック
  • 無料

《アイキャッチはクロックムッシュのイラスト.まさかのクロックムッシュが存在しているいらすとやさんはさすがであった.../本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。