#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

dマガジンに配信される東京ウォーカーが週刊東京ウォーカー+ではなく週刊東京ウォーカーになっており週刊東京ウォーカー+ではなくなっていた。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

2019年2月20日からdマガジンに配信される東京ウォーカーが週刊東京ウォーカー+ではなく週刊東京ウォーカーになっており週刊東京ウォーカー+ではなくなっていた.

 ボクはNTTドコモが提供している雑誌のサブスクリプションサービス,雑誌の月定額読み放題サービスであるdマガジンの購読契約をしている.

 dマガジンの月400円で1,500冊を超える電子雑誌を読み放題というのは大変に便利でありボクはとても気に入っている.

 ただしそんな1,500冊を超える電子雑誌を全てボクが目を皿のようにして隅から隅まで舐めるように朝から晩まで寝る間を惜しんで読み漁っているかといえば,当然ながらそんなことはしていないのである.というかそんなことをしているヒューメンがいたとするならばそんなヒューメンは明らかなヒマ人である.そんなヒマ人になってみたいとボクが思わないかといえばむしろそんなヒマ人になれるものならなってみたいと思わないこともないわけなのだけれど,ザンネンながらボクは最低限度の健康で文化的なライフ,植物のような心で平穏なライフを送りたいと思っているので,そのために必要なマネーを稼ぐため企業に属して労働の対価としてのサラリーを頂戴するサラリーメンなのである.サラリーの対価としての労働には時間がかかるものである.つまりそんなサラリーを頂戴するための労働をするボクは対価としての時間をウチの会社に提供しているというわけだ.そんなわけでウチの会社にサラリーの対価としてボクの貴重な時間を提供しているわけなのでボクには1日あたりの自由時間というものが労働時間(痛勤時間込みで10時間弱)と睡眠時間(健康にはよろしくないけれど平均6時間未満)を除くと8時間ほどしかないのである.

 そんな8時間の自由時間は大変に貴重であるのでボクはなにかとそこはかとなく色々なことをしている.なので大変にザンネンなことにdマガジンを1日に読むことのできる時間は長くて15分ほどなのである.実際のところ1日15分も読んではいないわけなのだけれどサバ読んで1日平均15分読んでいると考えると月額400円というのは1ヶ月30日450分とすると1分1円で利用していることになり,dマガジンも結構いいビジネスをしているなあとボクなどは思うものである.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 さてそんなdマガジンを1日平均15分くらいは読んでいるのではないかというほどに愛用しているボクが毎週配信を楽しみにしているのが毎週水曜日に配信されてくる週刊東京ウォーカー+だったことは本ブログを読んでくださっていた既読権益のメンメンはご存知のことかと思う.ボクは週刊東京ウォーカー+で毎週特集されていた「東京のホニャララ」特集がお気に入りであり,そんな「東京のホニャララ」をストックしておくことにより,自炊原理主義者であるボクがたまの気まぐれないしビジネス上の都合によって外食を余儀なくされた際にナニカオイシーランチやディナーを食す際の参考にしていたのである.当然ながら今週もその週刊東京ウォーカー+の配信を楽しみにしていたので昨日(2019年2月20日)の水曜日にボクはdマガジンを起動し週刊東京ウォーカー+の今週の「東京のホニャララ」特集を確認しようと思っていたわけなのである.

dマガジンではお気に入りを登録すると最新とバックナンバーが探さなくてもスグ見つかるようになっている.
dマガジンでは「お気に入り」を登録すると最新とバックナンバーが探さなくてもスグ見つかるようになっている.

 するとお気に入り登録していた週刊東京ウォーカー+の最新号が表示されていない代わりに東京ウォーカーが表示されていたのである.読者諸賢にはボクがなにを言ってるかよくわからないかもしれないがボクにもなにが起きたのかスグには理解できなかった.

 とりあえずなんだかよくわからないが週刊東京ウォーカー+の最新号が週刊東京ウォーカー+ではなく東京ウォーカーになっているようだったので東京ウォーカーの最新号を開いてみることにした.そしておもむろに表示されたのが次の案内であった.

わかりにくいのだけれどdマガジンに配信される東京ウォーカーが週刊東京ウォーカー+から東京ウォーカーになり内容も東京ウォーカー本誌の内容と同じになったそうである.
わかりにくいのだけれどdマガジンに配信される東京ウォーカーが週刊東京ウォーカー+から東京ウォーカーになり内容も東京ウォーカー本誌の内容と同じになったそうである.

 どうやらこれによるとdマガジンに配信される週刊東京ウォーカー+のことを東京ウォーカーの電子版と呼んでいるようであり,その東京ウォーカーの電子版の2019年2月20日配信号からこれまで毎週水曜日だった配信が毎月20日になり,本誌東京ウォーカーの内容と同じになるということのようである.おわかりいただけただろうか?

 ようはボクが楽しみにしていた毎週水曜日に配信される週刊東京ウォーカー+は先週(2019年2月13日配信)号で廃刊だったということのようなのである.

 ボク個人としては週刊東京ウォーカー+の「東京のホニャララ」特集が気に入っていたので全然本誌と同じ内容でなくてよかったのに... 全くもってザンネンでならない.

 とりあえずボクはこれまで書き留めてきた「東京のカレーチャーハン」「東京の小籠包」「東京のオムライス」「東京の焼きそば」「東京のハンバーグ」「東京の天津飯」「東京の豚丼」「東京の回鍋肉」「東京のナポリタン」そして「東京の生姜焼き」を大切にしていきたいと思う.

 ちなみに唐突にボクはこの楽しみにしていた「東京のホニャララ」特集を失ってしまったわけなので,今後どのようにしてdマガジンで新しい食してみたい外食のリストのストックを作っていくかについては未だ未定である.

 もちろん東京ウォーカーの他にもdマガジンの「お出かけ・グルメ」カテゴリには「東京カレンダー」「おとなの週末」「山と渓谷」「旅の手帖」「エル・グルメ」「dancyu」「ワイン王国」「散歩の達人」「ビール王国」「CREA Traveller」と情報源は豊富に取り揃えているようなので,他の雑誌から面白そうな特集を見つけるのもよいかなと思っている.

 つわけでdマガジンから見つけたラーメン断食家のボクが見つけた食してみたいホニャララはナニカシラのカタチでもってボク自身のために継続していくつもりである.そして何回か試行錯誤の後,スタイルをキメていこうと思っている.心アタタタタかい読者諸賢におかれましてはスタイルが決まっていくまでのボクのことをアタタタタかく見守っていただけたら幸いである.よろしくね,ピース.

 それでは以上である.また会おう,さらばだ諸賢!健闘を祈る!!

スポンサーリンク

過去のラーメン断食家のボクが食してみたい東京のホニャララ記事.

《本稿はお題「行きたい場所」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。