#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

和菓子の日を受けて断つ(2018年版)。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2

 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

和菓子の日をどら焼きで受けて断つ。

 今日は2018年6月16日、土曜日である。2018年6月11日、つまりは月曜日からはじまった5錬金はボクにとってたいへんに忙しく、かつエポックな出来事の連続となる一週間だった。なのでボクはいつにもマシマシで土曜の今日、そして明日の日曜はのんびりと羽根を伸ばしそこはかとなくたっぷりと平日の錬金術で酷使したメンの回復に努めるつもりだ。休日にわざわざあえて狙い澄ましてメンを酷使するのはマゾっ気のある性癖のあるメンのすることであり、マゾではないボクがすることではないのである。大事なことなのでたっぷりと言わせてもらうならば、ボクはのんびり休日原理主義者、生来の怠け者なのである。怠け者であるボクが休日にいそいそと忙しくなにか内職にふけるといったことがあろうはずがない。

スポンサーリンク

 とはいえ吝かない事情により今朝は休日にも関わらず朝6時に起床し顔を洗い歯を磨き、眠気眼をこすこすと擦りながら朝の7時からU.S.のジョセフ(仮名)より海外からの要人をインビテーションをする際に注意することについてのレクチャーを受け、続く8時からはタイのモハメッド(仮名)からジャパンで観光するのによい場所を聞かれて返答に四苦八苦していた。それぞれなんでそんななんだかよくわからんレクチャーや相談ごとを休日の朝早くから起床して受けていたかについては刑事告訴される懸念はミジンコの陰茎ほどもないが、なにかとそこはかとなくボクのプライバシーに差し支えがあるので後悔することを潔く差し控えたい。立派な大人というものは潔いものであり、ボクは立派な大人なのである。後悔したことを公開するのがブロガーたるものの慣習であることはボクも重重承知しているつもりだ。しかしなんでもかんでも後悔したからといって公開するのではゲイがないのである。これまでのくだりはタダ、ボクが今日あったことをあとで思い返すためのキーワードとして残しておいたモノである。つまりはボクのタダの日記というわけだ。

 いきなり冒頭から脱線してしまったが、脱線こそが千の業を持つ「戦えラーメンマン」としてのボクの得意技のひとつであり、そんな脱線が得意技であるボクのブログは脱線するものなのである。脱線しないのはボクのブログではないと言っても過言ではない。というわけで閑話休題。今日は2018年6月16日の土曜日である。そして先程の脱線のとおり朝早起きしてツイッターを今日一番最初に起動した際に気づいたのは今日(2018年6月16日)が「和菓子の日」だったということである。しかし当然ということもないが、なぜ2018年6月16日が「和菓子の日」であるかボクが知る由もない。というわけでグーグル先生に尋ねてみたところ発見したのが下記の「全国和菓子協会」というよくあるタイプのなんだかとても都合の良さそうなサウンドのする団体がつくったと思われるサイトである。

参考:全国和菓子協会 | 和菓子の日

 上記のページに書かれている「和菓子の日」の説明によると今日(2018年6月16日)が「和菓子の日」であるのは「西暦848年(承和15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元したという古例」にちなんでいるのだそうである。なるへそ、とてもよくわからない。

 「和菓子の日」がなんであるかは今ひとつ容量を得なかったが、とはいえせっかくの「和菓子の日」なのである。だからボクの好きな和菓子をご紹介しようと思う。たいへんに都合の良いことにボクの購読している「散歩の達人」には「おやつマニア」というコーナーがあり「散歩の達人」の最新号(2018年06月号)においてボクの好きな和菓子が紹介されていたので、そこから引用したい。

散歩の達人(2018年06月号)の「おやつマニア」のコーナーではボクの好きな「どら焼き」が特集されていた。
散歩の達人(2018年06月号)の「おやつマニア」のコーナーではボクの好きな「どら焼き」が特集されていた。
引用元:散歩の達人 2018年 06 月号 [雑誌](p124,125)

 そうボクの好きな和菓子とは「どら焼き」である。ちなみに「どら焼き」は和菓子でよいのか?という素朴なクエスチョンが頭をよぎったりしたりしたものではあるがボクは「どら焼き」を和菓子であると都合よく解釈することにした。世の中の利権に関係するモノゴトというものは利権者にとって都合良くできているものであり、ボクがその御都合主義に染まってはならない理由はないのである。

スポンサーリンク

 ちなみにせっかくであるので上記の「どら焼き」の中でボクが食したことのないものは紹介されていた6つのうちの4つ「バターどら:御曹司 玉川屋(目黒)」「レモンどら焼き:和菓子 薫風(千駄木)」「どら焼き:どら焼き きてら(神田)」「大判どら焼き:清寿軒(人形町)」つまりは2/3だ。どのお店もトーキョーに住むボクは行こうと思えばいつでもいくことのできるお店である。基本出不精ののんびり休日原理主義者、つまりは怠け者であるボクではあるわけだが「どら焼き」を買うついでに目黒、千駄木、神田、そして人形町という風情のあるマチを散策してみるのはたいへんに乙なものである。

 そういうわけでいつか気が向いたらのんびり休日原理主義をそこはかとなく都合よく棚上げして目黒、千駄木、神田、そして人形町を散策しに行ってみようと思う。しかるのち、ここの脇道、そこの脇道、あそこの脇道、脇道という脇道に分け入ってみて迷子になった暁にはその後悔を公開してみることも吝かではない。ブログというものは後悔を公開してなんぼのものであり、つまらん見知らぬだれかのサクセス・ストーリーなど読まされてもなにもメシウマではないからである。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!!!

《アイキャッチはドラ焼きのイラスト。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。