#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

スーツにリュックは非常識、合成皮革の靴もダメを受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

 

スーツにリュックは非常識,合成皮革の靴もダメを受けて断つ.

 ボクは会社勤めのサラリーメンである.サラリーメンというものは労働の対価としてサラリーを会社から頂戴しているわけなのだけれど,実際にはただやることさえやっていればサラリーを頂戴することが可能なのかといえば得てしてそうは問屋が卸さない.それこそナニカとそこはかとなく種々雑多な誓約と制約が伴うものである.しかし時に課された誓約と制約の大きさに反比例してサラリーがそこはかとなく低いケースもあるのだけれど,そういった誓約と制約を従業員に強いる会社があるとすれば,その会社はそこはかとなくブラック企業である.というわけでもしかしたら自分の勤めている会社の強いる誓約と制約の大きさに反比例してサラリーがそこはかとなく低いのではあるまいかという素朴なクエスチョンを覚えるようになってきたならばボクは諸賢に命を守る行動をとるようにしてもらいたいと思っている.

 さて頭から唐突に脱線してはじまってしまったわけなのだけれど,こと幸いなことにボクはブラック企業と呼ぶほどまでにはひどい誓約と制約を強いる会社には勤めていないつもりだ.例えばちょうど昨日発見した下記の記事のような「いつの時代のビジネスマナーなんだよ?」というようなビジネスマナーをボクはウチの会社から強いられていないからである.

 時代錯誤も甚だしい上述の記事なのだけれど「今どき嘘だろ?!」と目を疑うようなことが書かれていたので引用して紹介したい.

スーツにリュックが当たり前になってきたように思えますが、実はスーツにリュックサックを合わせるのは非常識です。そもそもリュックサックは、ビジネスで使うことを想定していません。利用シーンが異なりスーツと合わせると、かなりちぐはぐな印象です。しかもある程度、年齢の高い人はリュックサックに対して良い印象を抱いていません。 リュックサックは幼い印象を与えるアイテムでもあります。入社数年以内の若者であれば許容範囲かもしれませんが、中堅以上であれば年不相応な印象になり、垢抜けず野暮ったくなってしまいます。自分がチームリーダーで顧客の管理職と打ち合わせをする、といった機会がある人は避けるべきでしょう。 このように、あなた自身の印象を一気に格下げしてしまうのがリュックサックです。もちろん、プライベートで使う分には構いません。しかしビジネスシーンでの使用を避けましょう。 しかも、スーツにリュックサックを持つデメリットはこれだけではありません。リュックサックはスーツにとっても良くないのです。リュックサックはスーツの背中、肩、腰回りに接している状態になります。歩いているときに、それらの部分が歩行の振動で擦れるのです。スーツの生地を常にヤスリでこすっている状態といえます。当然生地は磨耗して、接触しているところだけテカテカになったり、傷んだりしてしまいます。これではせっかく買ったスーツが台無しですよね。シワもついてしまうので、スーツの見栄え自体も悪くなります。
引用元:スーツにリュックは非常識、合成皮革の靴もダメ | 日経 xTECH(クロステック)(太字筆者).

 
 ちなみにボクが日々どのような格好でオフィス勤務しているかというと夏場はTシャーツにハーフのズボーンである.できるだけモノを持たない手ブラを心掛けてもいるのでスマートフォーンなどのモバイル機器などをサコッシュに入れて携帯している.冬場はジャケットのポケットにモバイル機器は入れることができるので完全に手ブラとすることも可能だ.ボクに言わせれば現代においてスーツなんて着て仕事しないし,カバンなんてリュックサックもブリーフケースも必要ないのである.むしろスーツサラリーメンにナニカとそこはかとなく色々とクエスチョンしてみたいくらいである.例えば「そのスーツは制服なのですか?」であったり「その大きくて重たそうなリュックサックやブリーフケースには一体なにが入っているのですか?」といったことをである.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 ではボクがエクストリームな例なのかというと,ちょうど都合のいいことに上述のビジネスマナー記事でタブーであるとされているような格好をまさに毎日してきている同僚(とは言ってもボクは命を守る行動に出ているので関わり合いにならないようにしている御仁なのだけれど)がいるのでご紹介しておきたい.本ブログでは何度か言及したことのある高度外国人材1号氏(仮名)である.

 高度外国人材1号氏がどのような格好を日々しているかというと夏場はYシャーツに蝶ネクタイ,サスペンダーにスーツのズボーンという具合である.そして当然カバンはリュックサックである.しかもなにを詰め込んでいるのかはボクは知らないけれどパンッパンの重たそうなリュックサックを小学生のようにランドセル背負いしてオフィス内外を筆舌に尽くしがたい挙動で動き回っているのだ.

 その高度外国人材1号氏のスーツにリュックサック,そしてスニーカー姿は確かに「スーツと合わせると、かなりちぐはぐな印象」であり「幼い印象を」受けるものである.ましてや高度外国人材1号氏は御年46歳くらいの中年のオッサンであるので「中堅以上であれば年不相応な印象になり、垢抜けず野暮った」いのである.ましてやその格好で往来を筆舌に尽くしがたい挙動で動き回るわけであるのでその姿たるや不審人物以外の何ものでもないことは言うまでもない.ボクに言わせれば規格外のモンスターである.ではウチの会社の人事メンやボクの上司でもあるブチョーが高度外国人材1号氏に対して「その格好は非常識だからやめたほうがいいと思うよ」と服装の見直しを求めるかと言えば「求めない」のである.なにより仮に高度外国人材1号氏に所謂私服を着てくることを求めたならば一体どんな格好をしてオフィス内外の往来を筆舌に尽くしがたい挙動で動き回るか想像だにすることができないのである.

 読者諸賢にはボクがなにを言っているのかよくわからなかったかもしれないが,日々ボクが目にしている高度外国人材1号氏というイカれたラーメンが獣臭いメンの織りなすイカれた世界というものは催眠術であるとか超スピードであるとかトリックであるとかそういった類のものでは決してない常識の範疇では計り知ることのできないモンスターなのである.ボクは可能な限り高度外国人材1号氏とは接点を持たないように日々心掛けているわけなのだけれどナニカとそこはかとなく関わりを持たざるを得ない都度得体の知れない恐ろしさの片鱗を味わっているのだ.

 というわけで今どきスーツにリュックサック,そしてスニーカーというスタイルで往来を筆舌に尽くしがたい挙動で動き回る高度外国人材1号氏というのは最後のモンスターの1体ではあり得ないわけであるのでそんな常識外のモンスターをのべつまくなし非常識であると右から左へシュパパーンとクビチョンパすることができるのであればボクのオフィスライフもきっとそこはかとなく激しい喜びこそないけれど,植物の心のような人生,そんな平穏なライフを確約されることであろう.しかし,会社勤めというものはそんなに単純なものではないのである.時に常識外のモンスターとも柳水のようなしなやかでやはらかいメンタルでもってタンタンといなすことによってあたかも高度外国人材1号氏という不都合なリアルなど存在しなかったかのように汚仕事に没入することができるようになる能力を身につけることができなければデキるサラリーメンとは言えないのである.そしてそんな能力をそこはかとなく体得済みのボクは立派なデキるサラリーメンであるというわけだ.

スポンサーリンク

 とりあえず諸賢には「スーツにリュックは非常識、合成皮革の靴もダメ」などというYS.works杉本 祐亮さんとかいうどこの誰だかよくわからんオッサンのいうことなどというものは気にしないでスーツにリュックそしてスニーカーというウチの会社の高度外国人材1号氏インスパイアのスタイルで街にオフィスに縦横無尽に筆舌に尽くしがたい挙動で動きまわってもらいたい.とりあえずボクはそんな不審者を目にしたならば,しかるのち命を守る行動をとったのち,ポリスメンに通報することを忘れないようにしたいと思う.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!健闘を祈る!!

《アイキャッチはよれよれのスーツを着た男性会社員のイラスト./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。