#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメンかわいい論とはオカルトである。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは200日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

ラーメンかわいい論は大変にマイノリティなコミュニティの中でのみ説かれている俗説である。

 ボクはプロのラーメン断食家である。しかしプロのラーメン断食家というものはタダ外でラーメンを食わないものだと思っていらっしゃる諸賢がいたならばそれは大きな誤解であると言わざるをえない。今やボクの活動は少しづつ日々拡張を続けている。ボクがラーメン食うだけの愛をラーメン食うに食えない哀で受けて断つために詭弁を弄すれば弄するほどにその活動は拡張を続けると言っても過言ではない。

 ボクの拡張を続けるラーメン断食活動のひとつがラーメン評論の評論、つまりはラーメン評論評論家活動だ。ラーメン俗世にはナンだかよくわからんラーメン俗説がゴマンとある。ヒャクマンとあると言っても過言ではない。

 ボクはそんなゴマンとあるラーメン俗説に名前をつけていくということをはじめてみたのである。

 例えばそういった俗説のひとつがラーメンワンコイン論であり、ウマければなんでも論である。詳しくはそれぞれ別途書いてみたのでそちらを参照されたい(関連記事:参照*1参照*2

 今日はまた異なる俗説に名前をつけてみたのでそちらを紹介してみたいと思う。その俗説は名づけて「ラーメンかわいい論」という。

 「ラーメンかわいい論」とは読んで字のごとくラーメンをかわいいと言う「おまえ大丈夫か?」という人びとの唱える俗説である。ちなみに読者諸賢に安心していただきたいのは「ラーメンかわいい論」という「おまえ大丈夫か?」な俗説とは一部界隈においてのみ唱えられている俗説であるはずであり、大変にマイノリティなコミュニティの中でのみ説かれている俗説であるということである。

 その一部界隈のマイノリティなコミュニティとは森本聡子さんなるユーチューブの「好きなことをして生きていく」CMの不好評で一世を風靡し、一時Google検索で「森本聡子」と検索しようとすると「うざい」をサジェストされたり(現在はご本人が対応したのか「うざい」はサジェストされなくなっている)、そもそも食いたけりゃオッサンだろうがオバハンだろうが爺ちゃんだろうが婆ちゃんだろうがDDだろうがJDだろうが(...以降長いので略す)一人で食うのは自由なラーメンなのに「女性が一人でもラーメンを食べられる事の出来るカルチャーを広めたい」とか意味不明なことをおっしゃっている不愉快極まりない人物が主催するラーメン女史会なる薄気味悪いオバハン軍団がラーメン店を貸しきっては乱痴気騒ぎをするという一部界隈のマイノリティなコミュニティのことである。風の噂ではこの女子会が過ぎ去ったあとには草木もハエないと言われているが、その真相たるや定かでない。少なくともボクはフンベツのある立派なオトナであるのでいつともこの薄気味悪いラーメン女史会で貸し切られるか知れないラーメン店にわざわざラーメン食いにいくようなことはすることがデキない。

 そしてそのラーメン女史会なる薄気味悪い女子会に参加している人びとの中でもさらに一部の人びとが「ラーメンかわいい。」なる意味不明な発言を繰り返しているのである。

 ボクはラーメンは食い物だと思っている。ボクは食い物をかわいいと思うことはない。だからラーメンをかわいいとは思わない。しかしとても残念なことにその一部界隈のオモチロオカチイ人びとがナゼ、ラーメンかわいいと思うのかについてはその詳細の一切が不明である。タダ、ラーメンかわいいとのみつぶやくのみでありその根拠を示すことを一切しないからである。女史とは名ばかりのとても知性に欠ける人びとでタイヘン困ったものである。

ラーメンかわいい論者には見えてはいけないはずのものが見えているかもしれない。

 もしかしたら所謂クールジャパンの文脈で拡張された「かわいい」である「cawaii」なのかもしれないが表記が「ラーメンかわいい」であるのでそれも違うようである。

 一方、ラーメン俗世には他にも「あの店主のオーラがスゴい。」などという発言をするオモチロオカチイ人びとがいるのであるが、ボクはそういったヘンなオーラが見えるという人びとに関しては本来見えてはいけないものが見えている人びとだと思っている。もしそのヘンなオーラが見えてしまうオモチロオカチイ人びとと同様にラーメンかわいい論者にも本来見えてはいけないものが見えているのだとすれば、ラーメンの傍らにナンだかよくわからん小さくてかわいいものが見えているのかもしれない。オカルトである。しかし、ナニか小さくてかわいい見えてはいけないものが見えているのだとすれば、一体どんな見えてはいけない小さくてかわいいものが見えているのかについてはボクも興味をもたなくはないものだ。

 現時点(2017年12月4日)においてボクにとっての「ラーメンかわいい論」とはオカルトの世界のお話である。ボクは現実世界にしっかり根をはって生きている人間であるので見えてはいけないはずのものは見ることがデキない。しかし、いつの日かボクの開いてはいけないはずの第三の目が覚醒し見えないはずのものが見えてしまった暁にはボクに見えてしまったあまねく見えてはいけないはずのものをつまびらかにコウカイしたいと思う。

 ボクの開いてはいけないはずの第三の目が覚醒するのはいつの日になるかわからない。なので読者諸賢におかれマシマシてはくれぐれもボクが本稿の続編を書くことについては期待をしないで待たないで欲しい。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

(アイキャッチは中二病のイラスト(女性)。ボクは実はヒソカにいつかこのイラストを使ってみたいと思っていた。まさか使える機会に恵まれるとは中二病とは拗らせてみるものであると言えよう。/本稿はお題「ラーメン界の噂。」によせて書きました。)

*1:ラーメンワンコイン論とはなにか。

*2:ウマければナンでも論とはなにか。