#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

2018年最強レベルだった台風21号(チェービー)を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

2018年最強レベルだった台風21号(チェービー)を受けて断つ.

 2018年9月4日から2018年9月5日にかけて2018年最強レベルの台風21号(以降はチェービー)が関西地方を中心に甚大な被害をもたらした.

 ボクの住むトーキョーを含む関東甲信越地方は当初の予報を大きく外した進路を台風21号が通った結果,ほとんど被害らしい被害を受けなかった(八王子では屋根が落下し,けが人も出たようではある).

 最強レベルの呼び声高い台風が巻き起こすであろう被害の甚大さは想像に難くなかったため,ボクは最悪の場合,自発的に有給を取得してでもウチなるインナーワールドでの在宅勤務を敢行しようと身構えていたわけなのだけれど,関東甲信越地方にもっとも近づくとされた2018年9月4日と2018年9月5日はトーキョーの公共交通機関は平常通りに運行しており,自発的に有給を取得してでもウチなるインナーワールドでの在宅勤務を敢行するほどのことはなかったのである(チェービーの影響によるそこはかとない強風と豪雨は時折あったけれど,トーキョーの交通インフラは思いの外強かったのである).

 結果ボクは普段どおり時差ビズ痛勤をすることとなった.チェービーにトーキョー直撃をしてもらいたかったわけではもちろんないけれど,平常通りの痛勤もビミョーだったというのは言うまでもない.

 ボクの御都合主義的な主張をここで織り交ぜさせていただくならば,そろそろやはりウチの会社も状況に応じて,もっとフレキシブルでやはらかい勤務形態をスタッフの自己裁量で選べるようにしていただきたいものだと思ったわけなのだけれど,これは完全なるタダのボクの私的な愚痴と怨嗟,そして怨念のつぶやきやぼやきの類であるのでスルーしていただきたい.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでがトーキョーに暮らすボクにとっては2018年最強レベルの台風,チェービーは肩透かしであったということを書き留めておくタダの日記調の閑話である.そしてここからが2018年最強レベルの台風,チェービーは最強の名に偽りのない甚大な被害を西日本にもたらしたということを記録しておくことで台風という自然災害の恐ろしさをボクが忘れないようにするためのタダの日記調の閑話である).

 チェービーはたしかにトーキョーに暮らすボクには肩透かしであった.普通に平常通りに時差ビズ痛勤できたし,仕事をそつなくこなして,定時ダッシュでウチなるインナーワールドに帰還することができた.強風で帰りの電車は遅れてたりもしたけれど,ふとんがふっとんでいたり,ベランダが飛ばされたり,屋根がとばされたり,街路樹が倒れたり,電柱が倒れたり,ビルのクレーンが落下したり,車が横転したりといったことは起きていなかったと思われる.

 一方のチェービーの被害が甚大であった西日本では電車がとまり(懸命なことに事前にとめていたようだ),関西国際空港が冠水し,ハーバーランドも冠水し,ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが2018年9月4日と2018年9月5日の連日で閉園し,東映太秦映画村ではからくり忍者の衣服が剥がされ,レゴランドのミニランドでは京都の「知恩院」も倒れ,ナゴヤドームは屋根が吹き飛び,海遊館の観覧車が猛スピードでグルグル回転したという.ボクがなにをいっているのかわからないかもしれないが,これは現実におきたことである.

 ボクらはこの不都合なリアルを厳粛に受け止め,再度チェービー級の台風がニッポン列島を襲うことを想定にいれて防災に備えねばならぬであろう.

 とは自然の驚異に対してヒューメンのできることといえば大したことはできない.ボクは後述する東京消防庁の言いつけなどにしたがって今後のいかなる台風に対しても微力ながらできることをしていきたいと思っている.ちなみにその東京消防庁のありがたい言いつけは次の6点である.

(1)物干し竿や物干し台は寝かせ自転車なども風で飛ばされないようにしておく. (2)風で飛ばされそうな植木鉢やゴミ箱などは屋内に入れておく. (3)側溝にたまった落ち葉などを取り除き、排水を良くする. (4)窓や雨戸をしっかり閉めておく. (5)トタンなどは飛ばされないように補強しておく. (6)浸水の危険がある場合は日頃から土のうなどを準備しておく.

スポンサーリンク

 もう一度たっぷりと書いておくと自然災害に対してヒューメンのできることは無力だ.それでも自然災害を目の前にしてやらないよりはやったほうがいいことと,そもそもやらんでもいいものというものは明らかに存在する.やらないよりかはやったほうがいいことというのは自然災害の前に命を失わないようにするためにすることであり,自然災害を前にあえてねらいすましてやらんでもいいことをするというのは自殺行為ということである.

 ボクは東京消防庁のありがたい言いつけを守るといったやらないよりかはやっておいたほうがいいことを今後も台風がくるまえにチェックをしておきたいと思っている.一方でたとえばやらんでもいいことの代表格と言えば,意識他界セクハラモラハラパワハラーメン店店主のように台風の日に営業しなければいいだけのところをわざわざあえてねらいすまして営業した挙げ句,客がこないからと「暇だからすぐ俺様を助けろ。」といった趣旨のなんだかよくわからんツイートをするようなみっともないマネのことである.

 台風という自然災害を前にはウチなるインナーワールドに引きこもっていたとしても必ずしも安全ではない.しかし少なくとも意識他界セクハラモラハラパワハラーメン店店主の意識他界ラーメン店になんだかよくわからんムニャムニャを食しにいくよりかは安全である.自然災害と人災のダブルパンチをわざわざあえて狙いすまして受けに行った挙げ句,命を失ってしまっては元も子もないのである.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

参考:
東京消防庁の台風接近に備えてのツイートはたいへんに参考になる.

チェービーの衝撃をもっとも如実に現していたツイートをボクの独断と偏見で選んだもの.

各種メディアのチェービーに関連した記事.

 チェービーのウィキペディアページはかなり早い段階で作成されていた.

 この件は専門家である元給食営業メンであるフミコ・フミオ先生の御意見をボクはお伺いしたいなと思っている.

 この件に関しては意識他界ラーメン店でもあるまいになぜピザ店は営業をしてしまったのかがとてもボクにはふしぎでならない.店が営業をしなければ,台風の中をデリバリーピザを頼むメンも発生しないのである.その後,台風時にピザの配達バイクが立ち往生 「休みにすべき」と批判沸く 各ピザチェーンの方針は - ねとらぼといった記事も書かれていた.

 なぜふとんがふっとんでしまったのかはこの一連のまとめからだけではわからないのだけれど,東京消防庁のいいつけを守っていたら起こり得なかったのではないかという事象が散見されたことは確かである.

 自衛隊をスーパーメンと勘違いしているクルクルパーが発見された事案である.自衛隊がスーパーメンしないと「人殺し」機関にされてしまうところも論理が破綻していてたいへんに危険なメンである.そもそも関西国際空港が冠水してしまった問題は既知の問題(軟らかい地盤による地盤沈下と交通アクセス*3)を放置していたからである.責められるべきメンがいるとしたら他に責められるべきメンがいるので自衛隊にとってはとばっちりもいいところである.「暇だからすぐ俺様を助けろ」脳は意識他界セクハラパワハラモラハラーメン店店主のような腐れ外道かつド阿呆だけにしておいてほしいものである.

スポンサーリンク

日本経済新聞(2018年9月4日から2018年9月6日までのチェービー関連記事).

 ボクは日本経済新聞購読者なので2018年9月4日から2018年9月5日までのチェービー関連記事へのリンクをまとめておく.

(2018年9月4日付)

(2018年9月5日付)

《アイキャッチは外出の準備をして寝る人のイラスト./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

*3:空港につながる陸路は、タンカーが衝突し、通行できなくなった道路と鉄道が通る連絡橋しかなかった