#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ホワイトデーを受けて断つ(2018年3月版)。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。毎週水曜日はボクがはてなブログ編集部が出題するお題に答えてはてなブログを楽しむことにしている日だ。

 今週のお題「ホワイトデー」。

 ”3月14日はホワイトデーです。バレンタインデーにチョコレートをもらったのは嬉しいけれど、何をお返しに渡すか悩んでいるという人も多いのでは? プレゼントにおすすめの商品や、ホワイトデーの成功談・失敗談を教えてください。皆さまのご応募、お待ちしております。”とのことである。

 改めまして自己紹介。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは300日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

ホワイトデーを受けて断つ(2018年3月版)。

 さて諸賢、今日が2018年3月14日である。はてなブログ編集部の方々は「バレンタインデーにチョコレートをもらったのは嬉しいけれど、何をお返しに渡すか悩んでいるという人も多いのでは?」などといういらぬ心配をしてくださっているようであるが、ことボクに限っては、そんな心配はまさにいらぬ心配である。

 何故なら先日、ボクはバレンタインデーをスデに受けて断っており、オフィスで一切のチョコレートを事前に「だが断る。」することによりミジンコの陰茎ほどのチョコも受け取ってはいないからである。いただくべきモノをいただいていないのにお返しを考える必要はゼロである。ストロングゼロ。レスザンゼロと言っても過言ではない。つまりボクはホワイトデーから自由なのである(関連記事:参照*3

 そしてナニより何度もいうとおりボクは商業主義かつ御都合主義なイベント事が嫌いである。嫌悪していると言っても過言ではない。

 ボクはボクが生まれるよりより以前からのニッポンに根付いた商習慣、イベントについてまで難癖をつけるつもりはないが、ボクが生まれて以降にナンだかよくわからんうちに、さも昔からあったかのごとく根付かせようとしている商習慣、イベントの類には都合良く振り回されることを潔く諦めたのである。

 少なくともボクは昨年の秋頃から意識してそうしたアクティビティをはじめている。皮切りは渋谷ハロウィンだったような気がしている。

 そして、クリスマス、バレンタインデーまでをここまで受けて断ってきた。ここまでその3つを受けて断った上でボクが言えることはそんなやらんでもいいもんはやらんでもナニも困りはしなかったということである。

 やらんでもいいことをあえて狙い澄ましてやってしまうような人間はボクに言わせれば腐れ外道かつド阿呆である。ボクはそんな腐れ外道かつド阿呆の仲間入りだけはしたくはないものだ。

 そういったわけで読者諸賢の予想に潔く応えて本稿においてはホワイトデーをボクは受けて断つわけであるが、折角受けて断つからには少し気になっていることについて言及させていただこう。

 今年(2018年)のバレンタインデーの際には高級チョコレート菓子メーカーであるゴディバが「日本は、義理チョコをやめよう。」と上から目線で御注進であったわけだが、ことホワイトデーに際しては「日本は、義理チョコに対するお返しをやめよう。」とはドコのお菓子メーカーも上から目線で御注進くださらなかったということである。

 ボクに限ってはいただくべきモノをもらっていないので、お返しなど考える必要はストロングゼロというわけでホワイトデーは堂々と受けて断てるわけであるが、まさか「義理チョコをやめよう。」を真に受けた女子に男性がやらんでもいいお返しをしてしまってはいまいかと心配になったのである。

 お菓子メーカーなどの言うことに振り回されてしまうようなメンがヘラヘラしている人はいないと信じたいが、本稿におけるお題をはてな編集部が先だってのゴディバの件にはナニも触れずにナンのけなしに出題することがデキてしまうあたり、ボクは一抹の不安を捨て去ることがデキない。

 ウケた恩義に報いること、もらい物にはお返しをすることは当たり前のことである。しかし、オモチロクもない余計なお世話に報いることは必要ないし、ましてやナニももらっていないのにお返しを考える必要などないのである。目には目を歯には歯を、意識他界ラーメンにはラーメン断食、そしてゼロにはゼロをもって報いればよいのである。覚えておいてほしい。

 それではゼヒ、メンズな方々に置かれましてはメンをヘラヘラさせませぬよう、気張ってホワイトデーを受けて断ってほしい。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

(アイキャッチはホワイトデーのイラスト「テディーベアとハート」。いらすとやさんで「ホワイトデー」を検索してみたところ、このイラストがヒットした。どうやらホワイトデーのお返しに「ぬいぐるみ」というオプションがあるらしいのだが、ナンで「ぬいぐるみ」なのかは少し調べてみたくらいではナンだかよくわからんかった。ナンだかよくわからんやらんでもいいことをするのはメンがヘラヘラしているのでボクは受けて断とうと思う。)

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

*3:日本は、義理チョコをやめよう。つか本命チョコどころかバレンタインデーそのものがいらない。あわよくばホワイトデーもなくなれば言うことはない。