#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

本好きのラーメン断食家のボクが平成最後の大掃除の際に発掘した本で紹介されていた神保町のコーヒー店を紹介する。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

本好きのラーメン断食家のボクが平成最後の大掃除の際に発掘した本で紹介されていた神保町のコーヒー店を紹介する.

www.hobonichi-ramen.com

 最初に本稿の但し書きを書いておくことからはじめよう.本稿は上述のエントリの後日譚である.とはいえ上述のエントリはお読みにならなくても読めるとは思うのでご興味のあるメンのみ上述のエントリをお読みになられたい.

 一応,上述のエントリのおさらいをしておくと,ボクは今年(2018年),よりよりウチなるインナーワールドの掃除に傾注したいと考えた結果,よりフットワーク軽く掃除機をかけることができるようにコードあり掃除機をコードレス掃除機に買い換えることにしたわけなのだけれど,思いの外想像以上にボクが購入したDyson Cyclone V10 Absoluteproによってフットワーク軽く毎日ウチなるインナーワールドの掃除をすることが捗るようになった結果,平成最後の年末大掃除は毎日タンタンとメンタルしっかり継続される掃除の積み重ねによってタダの毎日繰り返される1回の掃除に毛が生えた程度にしかならず大掃除は過言となったよということを書いた.

 なので大掃除と銘打った大仰な掃除は行われなかったため,ウチなるインナーワールドをバケツをひっくり返したようにサルベージするというようなことは行われなかった.結果として過去のボクの黒歴史を紐解くようなハズカチイ遺物が発掘されるといったオモチロイベントは発生しなかったわけなのだけれど,とはいえDyson Cyclone V10 Absoluteproを購入していこう毎日掃除を繰り返すことによって,あまりこれまでは頻度高く掃除してこなかったような場所の掃除に手が回ることによって発掘した過去に買った本などは発掘されたものである.

 というわけで本稿においてはそういった日々のウチなるインナーワールドでタンタンとメンタルしっかり行われる日々のお掃除の結果発掘された過去に買って本棚に埋もれていた本の中から気になったことを書いてみようという趣向で書かれている.

 ではまずはじめにボクが毎日タンタンとメンタルしっかりウチなるインナーワールドの掃除を継続してきた結果,発掘した本のうちの1冊は下記の本好きさんのための 東京 コーヒーのお店 (ダ・ヴィンチブックス)である.

 こちらの本は古書店主,個性派書店主,本造りのプロがトーキョーのとっておきの「本好きのためのコーヒーのお店」を紹介している本である.

www.hobonichi-ramen.com

 ちなみにボクは先日,森見登美彦さんの著作で直木賞候補にノミネートされている「熱帯」を読んでいる際にそこはかとなく何度も「神保町」が登場したことから久方ぶりに「神保町」に古書を発掘しに行こうと思ったりしていたので,この本の中で神保町の古書店主が選んだという神保町の「本好きのためのコーヒーのお店」を本稿では最後に紹介してテキトーに幕を閉じたい.

 当該本で神保町の「本好きのためのコーヒーのお店」として紹介されていたのは次の3店である.(1)エリカ(2)さぼうる(3)珈琲舎蔵 ...というわけでそれぞれのお店を予習しておきたい.ボクがお店を予習しておく理由は単純にいくつかボクには行きたくないお店の条件があるのだけれど,そのうちの1番の条件は完全禁煙であることである.完全禁煙でない飲食店で飲食するなにものもボクはマズいと感じるものである.それは煙草が臭いからであり,煙が煙いからである.タバコ臭くて煙たいところでの飲食がウマいと感じることのできるメンがいるのかどうかは知らないが,ボクは少なくともそういう環境はで食すいかなる食いものもマズいと感じるメンなのである.あえてマズいモノを飲食することになると分かっているお店にいって後悔を公開するのはおバカさんのすることである.ボクはそんなおバカさんではない.なのでボクが飲食店を訪れる際には予習はかかすことができないのである.

スポンサーリンク

 閑話休題.ではそれぞれ3店舗を以降で紹介していこう.

(1)エリカ.

 当該本が出版された当時御年86歳のマスターが経営されているというコーヒー店は趣きがあり,読書によさそうではあるのだけれど,完全喫煙可なのでボクは行きたくても行くことができない. 

エリカ

エリカ

(2)さぼうる.

 当該本ではオイシソーなピザトーストとコーヒーが紹介されていたり,生ジュースなる天然氷を使用したコーヒーでない飲料が紹介されていたりしてとにかくオイシソーなお店であるのだけれど残念ながらこちらも完全喫煙可なのでボクは行きたくても行くことができない.

 ちなみにこちらのお店ははてななブログのレストラン紹介でも検索にヒットしないのでgoogle:さぼうる コーヒー 神保町というグーグルセンセイへのクエスチョンリンクを付しておきたい.

(3)珈琲舎蔵.

 ウェッジウッドやリチャードジノリ,大倉陶園などの中から客の雰囲気に合わせてカップを見立ててくれるというお店は靖国通りや白山通りから離れた静かな一角にチンザマシマシしているという.しかしそんな静謐な空間も完全喫煙可ということのようなのでボクは行きたくても行くことができない.

珈琲舎 蔵

珈琲舎 蔵

ーー以上である. ...そしてたいへんに残念なことに3店が3店ともに全面喫煙可であった.この東京五輪2020に向けて受動喫煙ゼロを謳う緑の御仁は一体なにをしていらっしゃるのであろうか.誠に残念でならない.

www.hobonichi-ramen.com

 ちなみに本好きのためのコーヒー店でボクが行きたいお店を見つけることは叶わなかったわけだけれど,ボクがサブスクライブしているdマガジンに毎週水曜日に配信されてくる週刊東京ウォーカー+で紹介されていた「焼きそば」のお店は幸いにも禁煙であった.なのでボクは潔く神保町を訪れた際にはコーヒー店でそこはかとなくドコカの古書店で発掘したオモチロイ古書を読むことを諦め「焼きそば」でも食してきたいと思っている.

 折角,毎日掃除をしていることによって以前購入して本棚の肥やしとかしていた本から神保町に行く動機づけをマシマシすることができるかと思ったわけなのだけれど残念ながら都合よくそういう結果にはならなかった.とはいえ来年(2019年)にボクが折を見て神保町をヨチヨチと散歩してみようと思っていることには変わりはないものである.ヨチヨチ散歩がいつになるのかはわからないが,神保町をヨチヨチ散歩した暁にはしかるのちテキトーなブログを書こうと思うものである.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!健闘を祈る!!

スポンサーリンク

《本稿はお題「2019年に挑戦したいこと」お題「平成最後の○○」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。