#ほぼ日らーめん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

《悲報》はてなブックマークタグ紀行が連載終了。

スポンサーリンク


 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。はてなのサービスでボクが一番好きなのははてなスター(参照)。二番目に好きなのがはてなブックマークだ。

 はてなブックマークは素敵だ。特にボクが素敵だと思っているのははてなブックマークのタグ機能だ。取り扱いの難しさは思春期のJCのようだ。面倒くさい。しかし、うまく取り扱うことがデキたならはてなブックマークコメントに素敵な彩りを与えてくれることだろう。ボクのはてなブックマークコメントがこんなに麗しいわけがない。そういったことも可能になるというわけだ。はてなブックマークのタグ機能すごい。素敵だ。

 そんな素敵なはてなブックマークのタグ機能がボクは大好きだ。愛していると言っても過言ではない。だからボクは素直に嬉しかったのだ。はてな編集部の方がはてなブックマークタグ紀行という連載をはじめてくれたときには。はてな編集部は一体何をしているのか分からない謎の部隊だ。冗談だ。はてな編集部の活動ははてな編集部のブログで日々発信されている。はてな編集部のブログも素敵だ(参照)。はてな編集部の素敵な活動は当該のブログから知ることができる。はてな編集部のはてな視点はなかなかにただ者ではない。実はボクははてなブックマークタグ紀行という連載が大好きだった。愛していたと言っても過言ではない。だから今、ちょっとしたショックを受けている。そのはてなブックマークタグ紀行が連載を終了してしまったのだ。まさに今ボクの置かれている心境こそ「なん……だと……!?」だと言うわけだ(参照)。

参照:はてなブックマークタグ紀行 最終回「\(^o^)/」 - はてなニュース

 はてなブックマークタグ紀行の最終回で紹介されていたのは「\(^o^)/」(オワタ)だった。これを持ってこられてしまうと次回作に期待することが難しくなってしまうような気がしないでもない。

全10回の「はてなブックマークタグ紀行」いかがでしたでしょうか。はてなブックマークにある多様な世界観を垣間見ることができました。この連載を通して、お気に入りのタグや知らなかったタグに出会うことができたなら幸いです。「はてなブックマークタグ紀行」またどこかでお会いしましょう。

はてなブックマークタグ紀行 最終回「\(^o^)/」 - はてなニュース

 しかし当該エントリーの末尾には「またどこかでお会いしましょう」とあった。ネタを集めること自体が大変であろうことは察するべくもない。しかしボクはまたはてなブックマークタグ紀行に帰ってきてほしい。はてなブックマークタグ紀行が帰ってきやすい土壌を醸成できるよう、ボクも素敵なはてなブックマークタグを思いつけるよう日々タンタンと修行に専心したい(参照)。

与太話のコーナー。

 はてなブックマークのタグ機能が素敵だということを書いた。ボクはフミコ・フミオさんのインスパイアを時折キメる。ボクのインスパイアはリスペクトの証だ。ボクはフミオさんをリスペクトしている。フミオさんはブログも素敵だが、フミオさんがつけるはてなブックマークのタグも素敵だ。先日ボクが部活動(参照)についてのエントリを書いた際、フミオさんがボクに素敵なはてなブックマークタグをつけてくれた。

ラーメン部いやほい - #ほぼにちらーめん

ふざけてるようで深い。

2017/04/26 21:31
b.hatena.ne.jp

 「戦えラーメンマン(参照)」。フミオさんはなんという素敵なタグを当該エントリにつけてくれたのだろう。考え過ぎかもしれないが「闘将!! 拉麺男」としないところに商標的な配慮も見られる気がする。フミオさんすごい。ボクはキン肉マンのキャラクターの中ではラーメンマンが好きだ(参照)。愛していると言っても過言ではない。フミオさんからはボクがどうやらナニカと戦っているように見えるらしい。ボクはナニとも戦っている自覚はないのだが。。

 そういうわけでボクの通名は今日から「戦えラーメンマン」だ。ボクの「らーめ人間一〇二芸」を探す戦いの火蓋が今、切って落とされた。よろしくね。ピース。

お題「ほぼにちらーめんブログ運営ポリシー。」によせて書きました。アイキャッチはしおり・ブックマークのイラスト。いらすとやさんももちろん素敵だ。)