#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ただの日替わりメニューをゲリラーメンと呼ぶ残念なラーメン店を受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメーンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで、つまりは世界が平和になったと断言できるまで、外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家、二つ名は「戦えラーメンマン」である。

ただの日替わりメニューをゲリラーメンと呼ぶ語彙力が残念なラーメン店を受けて断つ。

 読者諸賢は飲食店の中には「日替わりメニュー」というものがある飲食店があるのをご存知だろうか。その呼び方は飲食店によって様々であり、ときに「ただのおすすめメニュー」と呼ばれているし、ときに「シェフのおすすめメニュー」といったようにも呼ばれている。

 そもそも「日替わりメニュー」というものがなんのためにあるかといえば「客引き」以外のなんでもないので、その呼び方はよりより客引きを意識すればするほど露骨な呼称へと様変わりする。たとえば「当日限定メニュー」などのように「限定」を謳ったりするのはそういったものの最たる例であるといえよう。

スポンサーリンク

 しかしフツーの飲食店であればせいぜい「当日限定メニュー」くらいのものであるのだが、飲食店の中でも腐れ外道かつド阿呆な意識他界ラーメン店店主でないと開業することのできない意識他界ラーメン店だとその呼び方がよりよりお下劣な方向へと向かってしまう。

 たとえば意識他界ラーメン店が「日替わりメニュー」であったり「おすすめメニュー」であったり「当日限定メニュー」をどうアレンジしてネーミングしているかといえば、そのお下劣なものでも最たるものから紹介すると「ゲリラーメン」,通称「ゲリラー」などと呼ばれている。

 どういうまともで素晴らしい感性、つまりはセンスをもって生まれると「下痢」を想起してしまうような「ゲリラーメン」というなんだかよくわからないものを考えついてしまうのだろうか。ボクにはよくわからない。ボクは「食い物」を食す前から「排泄物」を真っ先に連想してしまうようなお下劣な言葉を「日替わりメニュー」であったり「おすすめメニュー」であったり「当日限定メニュー」の代わりに使いたいとは思わないからである(仮にマンポ譲って思いついてしまったとしても潔く「下痢」を想起してしまうような「ゲリラーメン」を容易に口にしないのがフンベツのある大人というものである。そしてボクはフンベツがあるので立派な潔い大人であるというわけである)。

 ちなみに「ゲリラーメン」という名称は「ゲリラ豪雨」から着想を得たものであるとボクは思っているのだが*3「ラーメン」という「食い物」が油脂が多く塩分も多い、阿呆のように唐辛子をいれているものもあるのでお通じがハゲしくなり過ぎてしまう「悔いもの」であるというところから着想を得たどこかの意識他界ラーメン店店主が「ゲリラーメン」を「客引き」に使い始めたのだとしたら、余計にボクにはなんだかよくわからないものである。(一応、ラーメンがお通じハゲしくなる悔いものであるはずがないとという諸賢のために一応、グーグル先生にクエスチョンするためのリンクを下記に付しておこう。参考:google:ラーメン 下痢)。

 なぜなら「ラーメンは下痢をしやすい悔いものである」ということを声高に広く世間に喧伝したいということでもない限り「日替わりメニュー」であったり「おすすめメニュー」であったり「当日限定メニュー」なラーメンをあえて狙いすましてお下劣な「ゲリラーメン」と呼ぼうという理由がボクには思い当たらないからである。そしてなによりお下劣な「ゲリラーメン」という呼称は客の目を引くかもしれないが、むしろそれはドン引きという意味であり、客引きにはならない。むしろそれはネガティブキャンペーンだといっても過言ではない。ただの日替わりメニューを「ゲリラーメン」などと名づけてしまうのは客引きを意識しすぎた結果、意識他界した典型例であると言えよう。意識他界の行き着く先はいつも憐れである。

 しかしさすがに近頃は「ゲリラーメン」もしくは通称の「ゲリラー」と呼ぶのはマズいということに気づいたのであろうか、意識他界ラーメン店でも「ゲリラーメン」または「ゲリラー」と呼ばなくなってきている。しかし、ではなんと呼んでいるかといえば、ただの「ゲリラ」であるとか「ゲリラ限定」などと呼んでいる。どうして「ゲリラ」から離れられないのかよくわからないが、もともと「ゲリラーメン」から始まっていると思うと今更ボクは意識他界ラーメン店店主が「ゲリラ」と呼ぼうが「ゲリラ限定」と呼ぼうが結局「ゲリラーメン」や「ゲリラー」を思い出してしまい、結局「下痢」のことしか思い浮かばないのである。

 ボクから意識他界ラーメン店に言えることはただの日替わりメニューを「ゲリラーメン」にせよ「ゲリラー」にせよ「ゲリラ」にせよ「ゲリラ限定」にせよ「下痢」を連想させてしまうような呼び方をするのをやめてはどうかということだけである。なぜフツーに「日替わりラーメン」であったり「今日のおすすめラーメン」もしくは「当日限定ラーメン」といった具合に呼べないのか。

 なんにせよ仮に「日替わりラーメン」であったり「今日のおすすめラーメン」もしくは「当日限定ラーメン」とまともな呼び方ができるようになったとしても、1杯1,500円が最低価格のラーメンとは言い難いなんだかよくわからんムニャムニャを創っている間はボクは絶対に意識他界ラーメンを食しにいかないのであるが、呼び方くらいはフツーの飲食店っぽい呼び方をしてはどうかというのがボクからの提案である。

スポンサーリンク

 余談だがなんでこんなことをボクが書いたかといえば、最近になってそれまでは「ゲリラーメン」通称「ゲリラー」をやらず通常メニューだけで勝負していた素晴らしいラーメーン店が連日「ゲリラ」や「ゲリラ限定」を連呼しはじめてしまい意識他界してしまったからである。大変に残念でならない。

 ツイッターやインスタを観察していたかぎり、そのラーメーン店主はラヲタキモメンの口車に乗って意識他界ラーメン店店主になってしまったようである。まったく惜しい人を意識他界させてしまった。ラヲタキモメンとは本当に罪深いものである。罪深いラヲタキモメンには早く迷わずに成仏してほしいものだがボクには禱ることしかできない。なむなむ。

 意識他界ラーメン店店主になってしまったラーメーン店主のイキり着く先は閉店廃業しかボクは観たことがない。しかし今回は「暗黒メン(意識他界ラーメン)に墜ちたら光明メン(ラーメーン)には戻れない」という世の中の真理を覆す例外となるのだろうか。ボクは観察を続けていこうと思う。

 それではまた会おう、さらばだ諸賢!!

《アイキャッチは闇の組織のイラスト。暗黒メンを表現しようと思っていたらタマタマ見つけたイラスト。特に深い意味はありません。/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました。》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

*3:グーグルトレンドで確認すると「ゲリラ豪雨」という言葉が使われ始めたのが2008年前後。少なくともボクはそれ以前にゲリラーメンという言葉はあまり観た記憶がない