#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

残暑を乗り切るひんやり飯を宮崎式の冷や汁と香川式のナスソーメーンで受けて断つ。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.毎週水曜日はボクがはてなブログ編集部が出題するお題に答えてはてなブログを楽しむことにしている日だ.

 今週のお題「ひんやり飯」.

 「まだまだ暑い日々が続きます。そんなときは、ひんやり飯でこの残暑を乗り切ろう!定番の冷やし中華、お手軽な冷やし茶漬け、はたまた創意工夫に満ちたオリジナル料理? あなたのオススメレシピや、食べてみたい「ひんやり飯」を教えてください。皆さまのご応募をお待ちしております。」とのことである.

スポンサーリンク

 さてとりあえずまずは自己紹介.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.

 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2

 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

残暑を乗り切るひんやり飯を宮崎式の冷や汁と香川式のナスソーメーンで受けて断つ.

 2018年の夏は猛暑であった.気象庁のいうところによれば「命の危険のある猛暑は一種の災害」だそうなので2018年の夏は災害であったといったほうが正しいのかもしれない.もはや地球環境の変化はこれまでの常識で測れるものではなくなっており,残暑が厳しいざんしょと頭の悪いギャグをのんきに言っていられる状況にはないというのがボクの認識である.

 とはいえ「猛暑日」の定義は最高気温が35度以上の日であるので,2018年も9月にはいり最高気温が35度にまで達する日はいまのところはないようなので「命の危険のある猛暑は一種の災害」のピークはさすがに過ぎ去ったのかもしれない.ピンチはピンチ.ピンチはチャンスではない.油断は大敵であるのでボクは油断だけはしないように気をつけたいと思っている.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでがそもそも「命の危険のある猛暑は一種の災害」と呼ばれてた暑さのピークが終わったから2018年の夏は終わったと言ってよいのだろうかという素朴なクエスチョンを語る閑話,以降ははてなブログ編集部のオーダーに従ってボクが今年(2018年)の夏にそこはかとなく食していたひんやり飯をテキトーに紹介する閑話である).

 今年(2018年),ボクがウチなるインナーワールドで食したゴハーンをひんやり飯(以降はひんやりゴハーンと表記する)とひんやりゴハーンでないものとにそこはかとなく分類した結果,ボクがひんやりゴハーンに分類したゴハーンのなかでも手軽につくることができて重宝していたゴハーンは2つある.その2つのナニカとはなにを隠すも隠すまでもない本稿の表題を確認すれば一目瞭然(1)宮崎式冷や汁(2)香川式ナスソーメーンである.

(ナニカを説明したり紹介したりする際には3の法則に則って3つ取り上げることにしているボクだけれど,今回は2つしかないので3つめは余談としてテキトーに追加するつもりだ.)

(1)香川式ナスソーメーンで受けて断つ.

 ではまず宮崎式冷や汁から紹介しよう.紹介しようと言っても香川式ナスソーメーンはボクのオリジナルではない.

 香川県ではナスソーメーンがソーメーンのデフォルトとして定着しているらしいのだけれど,ボクは今年(2018年)の夏までそういうことは存じ上げなかった.ソーメーンといえばボクのデフォルトはソーメーンの乾麺を茹でて,キンキンに冷やしためんつゆに,みょうが,きゅうり,ねぎ,しょうがといった火薬をそこはかとなく投下して食すソーメーンがデフォルトだったからである.

www.hotpepper.jp

 そんな香川式ソーメーンをご存じなかったボクが香川式ソーメーンを知るきっかけとなったのは上記のブログエントリであり,ボクが今年ハードリピートした香川式ソーメーンのレシピは上記のエントリの内容を毎回参照してつくっている.

 香川式ソーメーンのなにがよいかといえば具材の作り置きができるところである.ナスと油揚げを調理した具材を冷蔵庫で作り置きしておくのだ.3日ほどはそれで夕ゴハーンを作る手間を省けるといっても過言ではない.実際ボクは今年(2018年)の夏,ソーメーンは茹でるだけ,具材は作り置きをのせるだけという超手抜き夕ゴハーンを何度か堪能したわけだけれど,手抜き夕ゴハーンは無類であり手抜きできない夕ゴハーンはメンどーくさいといっても過言ではない.

 余談だけれど,ボクが使用するソーメーンの乾麺はスーパーの安売りソーメーンの乾麺である.揖保乃糸を使いたいところだけれど,揖保乃糸はそこはかとなく高級ソーメーンなので,ボクはスペシャルな気分なとき以外は揖保乃糸は買わないようにしているのである.

(2)宮崎式冷や汁で受けて断つ.

 次に宮崎式冷や汁である.宮崎式の冷や汁は昨年(2017年)あたりからボクのウチなるインナーワールドのひんやりゴハーンメニューのラインナップに追加されたものである.なぜ唐突に去年(2017年),宮崎式冷や汁がボクのウチなるインナーワールドのひんやりゴハーンメニューに追加されたかについては,正直よくわからない.なんだかよくわからんが昨年(2017年)メディアで宮崎式の冷や汁を紹介しているブログエントリや記事を数多くみかけているうちに,気づいたらウチなるインナーワールドのひんやりゴハーンメニューに宮崎式冷や汁が追加されていたのである.

 読者諸賢にはボクがなにをいっているかわからんかもしれないが,ボクも昨年,なにがおきたのかわからないとりあえず言えるのは気づいたら宮崎式冷や汁がウチなるインナーワールドにおけるひんやりゴハーンメニューのラインナップに追加されていたということだけである.催眠術だとか超スピードだとか そんなチャチなもんじゃあ 断じてない.もっと恐ろしいものの片鱗を ボクは味わったといっても過言ではないのである.

www.lettuceclub.net

 そんなウチなるインナーワールドにおける宮崎式冷や汁は今年(2018年)の夏にそこはかとないアップグレードを果たした.もともとボクはサバの水煮缶がたいへんに好きなのだけれど,今年(2018年),マツコの知らない世界とかいうボクの知らない世界でサバの水煮缶が無類であるとわざわざそんな自明なことをいわんでもいいのに宣伝してくれたらしく一天にわかにサバの水煮缶ブームが勃発し,スーパーにおけるサバの水煮缶の在庫不足が発生している.

 もともとボクはサバの水煮缶愛好家であったので,サバそのものの価格高騰からサバの水煮缶の価格高騰にもあたまを抱えていたものであるのだけれど,さらににわかサバ缶愛好家が増えたことによってスーパー店頭からサバの水煮缶が消えたことについては,どんな顔をしたらいいのかわからず困惑をしていた.笑えばよかったのだろうか?とりあえずボクはマツコ・デラックスとかいうオッサンが知らなくてもいい世界を知らせてくれやがった腐れ外道かつド阿呆に呪詛の念を送ることだけは忘れなかった.責任者が誰かはしらんけど.

 とはいえ手に入らないとなると是が非でも手に入れたくなってしまうというのが人情である.ボクはたまたまウチなるインナーワールドの近所のスーパーでサバの水煮缶を発見したときには,これぞ好機とばかりにあるだけのサバの水煮缶を買い占めたりしていた(と言っても2個とか3個しかないのだけれど).

 そして今年(2018年),一天にわかに希少品となってしまったサバの水煮缶を手に入れてはボクがこっそりとつくって食していたのが上記のエントリを参照してつくった《さば缶の簡単冷や汁》であったことは,どちらかというと本当は言わないほうがよいことである.この《さば缶の簡単冷や汁》をクーラーの効いたウチなるインナーワールドの朝ゴハーンに食すのは無類である.ボクは基本的に朝はパンとコーヒーそしてヨーグルト派であるわけだけれど,この《さば缶の簡単冷や汁》はたいへんに喉ごしがスッキリしているので,朝からでもサバの水煮缶をマシマシでいけるといっても過言ではない.

 ちなみに読者諸賢におかれましてはゼヒともこの《さば缶の簡単冷や汁》に関してはマネをしてただでさえスーパーの在庫を減らすことに加担をしないでほしい.ボクはサバの水煮缶のにわかブームには早々に終わってほしいと願っている.あまりニッポン人が本気でサバを食しているとニホンウナギのようにサバが絶滅危惧種になってしまうのではないかとボクは気が気でないのである.

ーー以上がボクのこの夏のひんやりゴハーンのラインナップである.いかがであったであろうか?とはいえ感想はいらないしマネもしないでほしいので安心してほしい.

スポンサーリンク

 さて最後にボクは3の法則愛好家でもあるのでこじつけのひんやりゴハーンに関連した3つめの話をこじつけて本稿をしめくくりたい.

「いつもどんな料理作ってるの?」を受けて断つ.

nlab.itmedia.co.jp

 先日ボクは上記のブログエントリを読んだのだけれど,俗世あるあるとして一人暮らしをしていると「料理するの?」「いつもどんな料理作ってるの?」「得意料理は?」とどーでもいいことを聞かれることがあるらしいのである.どーでもいいクエスチョンである.しかもそういったクエスチョンに「野菜いためたやつ」と答えると「料理くらいおぼえなよー」「一人ぐらしの食卓なんてそうなるよねー」と、なぜか笑われたり、馬鹿にされたりするのだという.たいへんにメンどーくさいことである.

 ボクは一人暮らしではないけれど「料理するの?」「いつもどんな料理作ってるの?」「得意料理は?」というクエスチョンをされたら夕ゴハーンは《一汁一菜》であると答えるようにしている.料理を普段からしないメンほど《一汁一菜》を知らないメンであるので,こうこたえれば「料理くらいおぼえなよー」「一人ぐらしの食卓なんてそうなるよねー」と、なぜか笑われたり、馬鹿にされたりすることは「ない」ので安心してほしい.仮に普段から料理をするメンの場合は「どういう汁物をつくるの?」であるとか「どういう季節の野菜を食すの?」といったことで話題の拡張がなされるのでそこはかとなく生産性のある会話へとつながるので試してみてもらいたい.

 ついでだからもういくつか食にまつわるしょーむない話題を書きなぐっておこう.

headlines.yahoo.co.jp

 詳細については上記のエントリを読んでもらえればよいと思うのだけれど,簡単に上記の記事より引用しながら乱文でまとめると《丸亀製麺がネギだくうどんをツイート》したら《香川県のうどん店「ふる里うどん」店主が「うどん本来の味が殺される」「讃岐うどんの文化壊すの止めてもらえないですか?」等々とツイート》で負けられない戦いを挑まれ,しかるのち《それに便乗した讃岐うどん原理主義者と思しき方々が「ネギの苦味でうどん本来の味が殺されるということに、何故気付かないのかねえ?」「丸亀製麺がネギ大量に乗せてもいいよ的な奴を投稿したら香川のうどん屋で真似するバカ県外民が出るんだよ」等々》とやんややんやすると《今度は丸亀製麺を擁護する謎の勢力が現れ「うどんくらい好きに食わしてくれ」「美味しければ良くない?」等々》獅子奮迅の議論紛糾が起きたらしい.

 するとこのたいへんにどーでもいい騒動の火付け役になったうどん店「ふる里うどん」店主がひよってしまったのか「もっとやれー!」というかと思いきや,一連のツイートを消してしまったのだという.J-CASTニュースが2018年8月28日午後、投稿を消した理由について本人に取材すると「私が丸亀製麺を批判したように受け止められてしまったので...。決して、そんなつもりはありませんでした。別に、あのネギだくの投稿に怒っているワケでもないですし」とそもそも「なにがしたかったの?」という言い訳文学を後悔し,このなんだかよくわからん負けられない戦いの幕は閉じたということのようである.

 実はボクはこの手のしょーむないどーでもいい戦いを「観戦」するのが大好きである.

 むしろこういうバカバカしい非生産的な戦いの後,戦いに参加したおバカさんたちが対消滅してくれたらよいと思っている.今回も「もっとやれー!」と思って観ていたといっても過言でない.

 しかしこの手の戦いが残念なのは大抵一番最初に喧嘩を売った側の人間がツイートを消した上にひよった言い訳文学を上梓して逃げることである.ボクはこれまでこういったバカバカしい非生産的な戦いをしている意識他界ラーメン店店主とラオタキモメンを何度も観てきたけれど,おおよその場合,喧嘩を売ったがわの腐れ外道かつド阿呆が喧嘩を売った相手のアカウントを「ブロック」して逃亡するのが定番パターンである.

 ボクはバカバカしい非生産的な戦いなど無駄だと思っている.無駄なことをするのは無駄である.そんな無駄なことをあえて狙いすましてやってしまうのは「おバカさん」である.そんな「おバカさん」は腐れ外道かつド阿呆だといっても過言ではない.ボクはどうせ腐れ外道かつド阿呆が自らはじめた不毛な戦いならばキチンと最後までケツをもって幕引きをするべきだと思っている.つまり,不毛な戦いの当事者が戦いの果てに火葬通過しかるのち灰燼に帰すまでやれということである.

 ボクが真に期待しているのはそんな腐れ外道かつド阿呆たちが灰燼に帰した後の平和な世界の到来である.バカバカしくてしょーむなくてどーでもいい非生産的かつ不毛な戦いが潰えた世界,ボクはそれを極楽と呼ぶ.ボクは極楽の到来を待ち望んでいるからこの手のしょーむないどーでもいい戦いを「観戦」するのが大好きなのである.

ーー以上である.

 十二分にそこはかとなくひんやりゴハーンについて長文乱文そして駄文となることも厭わずまとまりのないものを書き連ねたボクはたいへんに満足した.それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

《アイキャッチはそうめんの麺のイラスト./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

参考:

*1:世界終末時計が過去最短に.ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした.