#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

オフィスライフ改善ビフォーアフター2018秋。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

オフィスライフ改善ビフォーアフター2018秋.

 ボクはサラリーメンである.可能ならば在宅勤務をハゲしく希望するものであるが,ひとつ屋根の下で働くことに意義があるのだというボス(社長)の意向がストロングコンゴーリキなのでボクは約1時間をかけて毎日あまりしたくないというかむしろしたくないオフィス痛勤をしている.

 オフィス痛勤したくない理由は痛勤そのものが文字通りイタいだけであることもあるのだけれど,オフィスの労働環境がそこはかとなくサイテーであったことが大きい.

 ウチの会社のオフィスでは組織再編が3ヶ月にいっぺんくらいの頻度で行われる関係上,おおよそ3ヶ月に一回くらい席の配置換え,つまりは席がえが行われている.なんでそんな3ヶ月などという短いスパンで組織をあれこれ変えてしまうのかについてはボスの意思決定であり,ボクの意思ではどうにも抗いようにもないのでアンコントローラブルだ.席がえがあるというのであれば,席を移動しなければならぬ.それがどんなにお気に入りの席であってもどんなにつラーメンな席であってもである.

スポンサーリンク

 そんな席がえがちょうど先週の金曜日(2018年9月14日)に行われた.幸いなことに前回6月に行われた席替えでボクにあてがわれた席はたいへんにつラーメンな席であった.6月から9月まで3ヶ月過ごしたボクのオフィス環境は快適に過ごすのには難易度の高い環境だったといっても過言ではない.端的にいうと「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いたのである.読者諸賢にはボクがなにをいっているのかなんだかよくわからんかもしれないが,「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いる労働環境はボクが3ヶ月過ごしたリアルだ.催眠術とか超スピードなんてチャチなもんじゃあ,断じてない.ボクのそこはかとなくそれなりに経験豊富なサラリーメンライフの中においてもかなり高難度のオフィスライフを味わったことだけは間違いないのである.

 というわけで心を無にして一日も早く高難度のオフィスライフからの解放を願っていたボクにとっては先週の金曜日(2018年9月14日)に行われた席がえは渡りに船だったというわけなのだ.

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでが先週の金曜日(2018年9月14日)にウチのオフィスで席がえがあったことを説明する閑話,以降は先週の金曜日(2018年9月14日)の席がえの前後で改善したボクのオフィスライフのビフォーアフターについてテキトーに書きなぐる閑話である).

 いつもならば3の法則がだいちゅきなボクは3つで書くところなのだけれど,今回の席がえ前のつラーメンなオフィスライフは3つではまとめきれないので,5つでまとめることにしたい.

 (1)パーソナルスペースが狭すぎるオープンオフィスはストレスなだけ.(2)ハゲしすぎる貧乏ゆすりは一種の地震.(3)きつすぎる香水は一種の香害.(4)ウィンドウズ2000な高度外国人材という一種の災害. (5)丸一日の立ち仕事は一種の修行.

 ではこの5つについてそれぞれ書いていこう.

(1)パーソナルスペースが狭すぎるオープンオフィスはストレスなだけ.
  • (席がえビフォー)背中合わせになる席の島と島の間がたいへんにせまかった.

 誰かがうしろを通るとその都度,ぶつかるということが起きていた.狭いので込み入った話をするなら場所を変えるべきなのだけど,込み入った話をするのに場所を変えないメンばかり周りにいたので,常に異様に近いメンがいる状態になっていた.

  • (席がえアフター)背中合わせになる席の島と島の間が広くなった.

 なので,背中合わせになる者同士が椅子に座っても人一人は通れるようになった.人が移動する都度ぶつかられることのない環境は快適である...

(2)ハゲしすぎる貧乏ゆすりは一種の地震.
  • (席がえビフォー)右隣に座っているメンの貧乏ゆすりがハゲしかった.

 どれくらいハゲしい貧乏ゆすりだったかといえば,ヘッドバンギングしているメンを想像してもらえばよいだろう.正直,よくヘッドバンギングしながら仕事ができるなあと関心しないこともなかったが,一日中,視界の右端でヘッドバンギングしているメンがいるとまったく仕事に集中できないのは容易に想像していただけるのではないだろうか.左隣のメンには貧乏ゆすりをしている自覚そのものがなかったので注意するのは無駄と諦めボクはできるだけ左側をみないようにしながら仕事をしていた.

 ちなみにハゲしい貧乏ゆすりはそこはかとなく地面も揺れるのである.ときに床がバウンバウンしていたといっても過言ではない.貧乏ゆすりってハゲしいとヘッドバンギングかつ地震になるんだなあというのがボクの知見である.

  • (席がえアフター)視界の範囲内には貧乏ゆすりメンはいなくなった.

 3ヶ月超,よこでヘッドバンギングかつ震源地となっていたメンがいる状態だったので,貧乏ゆすりするメンが隣にいないだけで大変に快適に感じている....

(3)きつすぎる香水は一種の香害.
  • (席がえビフォー)右隣に座っているメンの香水がきつすぎた.

 右隣に座っていたメンは貧乏ゆすりもきつかったが,香水もきつかった.ヘッドバンギングできつい香水臭の拡散をはかっていたかどうかは定かでないが,ヘドバン香害メンの朝の出社直後の香水臭たるやきつすぎてボクは鼻で息ができなかったほどである.後述するがそれに左隣の高度外国人材氏の加齢臭やアジアンメンのカレー臭も3体合体ゴッドマックスすると鼻で息ができるとかできないとかいう以前に窒息死しそうであった.

 臭いで人は殺せるのかもしれないと思ったのはあとにもさきにもこのときが最初だったということになるやもしれないので記録にとどめておきたい.

 余談だが,ヘドバン香水メンは午後3時くらいになると「追い玉」ならぬ「追い香水」をするので臭いがマシマシになるのだ.そのときには高度外国人材氏の加齢臭とアジアンメンのカレー臭もよりよりでマシマシになるので,香水臭・加齢臭・カレー臭の3体合体ゴッドマックスマシマシ環境下でボクが息をすることは不可能であったことは言うまでもない.

 正直よく生き抜いたなというのはそこまで過言ではない.... ヘドバン香水メンには感謝の念でいっぱいだ.なのでボクはヘドバン香水メンには脳みそをそこはかとなくヘルシェイク矢野ってしかるのちアチラの世界から迎えがきてほしいと願っている.しかしボクのこのヘドバン香水メンへの感謝の気持ちはここだけのヒミツにしておいてほしい.

  • (席がえアフター)香水がきついメンがいなくなった.

 今はまわりに香水がきついメンがいないのでそこはかとなく快適だ.とりあえずきつすぎる香水の臭いは息ができなくなるので香水をつけるメンは気をつけるようにしてほしい.

 とりあえず香水がきつすぎるとボクは最悪ボクは息ができなくなるので,香水がきついなと思ったらスグに逃げるようにしたいと思う.命の危険のある香水は一種の災害だ.

(4)ウィンドウズ2000な高度外国人材という一種の災害.
  • (席がえビフォー)左隣にはウィンドウズ2000な高度外国人材氏が鎮座マシマシしていた.

 本ブログにおいて何度か高度外国人材氏については言及してきた.高度外国人材氏はニッポンの入国管理局から認定された高度外国人材だ.なにをどうポイント制で評価すると高度な外国人材として認定されるのかはよくわからんが,すくなくとも高度外国人材氏は「高度専門職1号」のはずなので5年の在留資格をもっている.「高度専門職1号」であるはずだ,というのは「高度専門職2号」だったとしたら高度外国人材氏は在留期間が「無期限」ということになってしまうからだ.いくらなんでもウチの高度外国人材氏がそこまで高度であるとボクは信じたくないのだ.

 ちなみにウチの会社ではどの社員がどれだけのサラリーをいただいているかが公表されているとてもありがたい仕組みを導入しているので高度外国人材氏がウィンドウズ2000であることについては全社員の知るところである.

 高度外国人材氏のちょっとおかしな行動は擬音語でしか表現ができないので,とりあえず「ぴょんぴょんくるくる」「うろうろ」「ぶつぶつ」していたとだけ書いておきたい.

 朝から加齢臭がきつい「ぴょんぴょんくるくる」「うろうろ」「ぶつぶつ」がウィンドウズ2000なんだがボクにできることといえば可能な限り高度外国人材氏とかかわり合いにならないようにすることだけだ.

  • (席がえアフター)高度外国人材氏は今は背中合わせの隣の島にいる.

 高度外国人材氏が視界にはいらなくなった世界は左隣に高度外国人材氏が鎮座マシマシていた世界と比較してたいへんに快適である.今現在は高度外国人材氏がナニカをはじめると後ろから「ガ、ガガーン!(椅子にすわった)」「ズガン!ガガー!!(袖机をあける)」「ガガガガン(マックブックエアだとおもわれるものを袖机から出している音)」「バゴン!バン!ダダン!(マックブックエアをおそらく裏返しで机に叩きつけてからのマウスやキーボードを叩いている音)」「ドダダダダダダダ!(どっかに向って走っていく音)」といった音が聴こえてくるわけなのだけれど,右隣でそれをされるのと少し距離のある背後の観えないところでされるのとではどうやら不快感が全然違うようだ.

 とりあえずボクは高度外国人材氏が高度外国人材に認定されているのはナニカの間違いなのではないかと思っている.入国管理局メンといえど人の子である.人は間違うものである.なのでボクは高度外国人材氏にははやく入国管理局メンに両脇を抱えられて自分のいるべき国に強制返還されることを願ってやまない.

(5)丸一日の立ち仕事は一種の修行.
  • (席がえビフォー)「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いる自席環境にいるときは立って仕事をするしか選択肢がなかった.

 前述してきたことをまとめると席がえ前のボクの自席は「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いた.その環境下では椅子に座っておちついて仕事をすることは無理ゲーだった.不幸中の幸いかボクのオフィスのデスクは昇降式のスタンディングデスクだったので立って仕事をすることができたのでボクは自席にいるときは立って仕事をしていた.

 とはいえ一日中立っているというのはそこはかとなく肉体的な修行である.マッソーを普段から追い込んでいるボクは立っていること自体はさほど苦痛ではなかったのだけれど,「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いた自席にあまりとどまることはできなかった.

 ボクはオフィス内の会議室やフリースペースを転々とるろうに剣心するオフィスライフをしていた.不殺(ころさず)の信念を貫くボクにできることといえばノマドをすることしかできなかったが,フリーアドレスではなく在宅勤務も許されない中においては,せめてできることといえばオフィス内の会議室やフリースペースを転々とるろうに剣心するしかなかったのだ.

  • (席がえアフター)座って仕事をすることができるようになった.

 今の席は目の前は窓,左隣は壁,右隣はチャイニーズオバハン(名前は知らないし,興味ない)である.チャイニーズオバハンはスイッチがはいると「ウホホホホホホホホホ!」と人間とは思えない鳴き声を発するのだが,これまで3ヶ月過ごした「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いた環境と比較したら生ぬるいものだ.

 というわけで今はそれなりにパーソナルスペースが確保されているし以前にくらべたら静かだし,臭くないし,なによりゆれていない.そういったわけでボクは今,自席で丸一日座ってデスクワークできるようになっている.そしてオフィスってデスクワークができるというささやかな幸せを,今,ボクは噛み締めている.

スポンサーリンク

 さてこれにて本稿はおしまいであるわけなのだけれど,どうか読者諸賢におかれましては「オフィスってデスクワークできるのは当たり前なのではないか」とは言わないでほしい.ボクのこのささやかな幸せがいつまた壊れるとも限らないのだ.ボクはこのささやかな幸せを大切にしたいと思っているのだ.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

《アイキャッチは騒音の中で音楽を聴く人のイラスト.過酷な環境下にいるとそこからフツーの環境にもどっただけでなんでも幸せに感じるものらしい.ボクはやっとフツーかフツーよりちょっと悪いオフィス環境を取り戻したのだが,この幸せに慣れてしまわないように気をつけたいと思っている.幸福のしきい値は低い方がナニカとそこはかとなくよいことだとボクは思うのだ./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。