#ほぼ日らーめん

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

男性差別でも物議にさえならないラーメン女子博で女子ラーメン旋風が日本へ拡大中だそうだ。

スポンサーリンク


 ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。平和主義者のボクが平和祈願していたらラーメン断食がラーメンハンガーストライキへと昇華した。110日を超えてラーメン断食続けるボクはプロのラーメン断食家だ。平和を愛するボクは差別とは無縁だ。ラーメン食いたい人間は誰だってラーメン食えばいい。ラーメン市民平等。早くまとも人間になりたい。

そもそもラーメンは誰でも食いたいときに食えばいいカルチャーのはずなんだが。

 まとも俗世とその趣を別とするラーメン俗世は、様々な事象が半世紀は遅れていると言われている。中でも男性への差別に関しては意識他界系のラーメン神が男性神、女性神の別を問わずあっちの世界へ逝ってしまっているため、日々、争いが絶えない。だから「女性が一人でもラーメンを食べることの出来るカルチャー」を広めるとかいうなんだかよく分からない阿呆な主張がなんだか素晴らしいアッピールになるらしく持て囃されている。そもそもラーメンは男性の食い物であるとか女性の食い物であるとかいうような取り決めはないはずなのでボクは大変に遺憾でならない。

 ボクのように平和を愛する平和主義者からすると、ラーメンなんて食いたきゃ食えばいいし、食いたくなきゃ食わなきゃいいものである。むしろ「女性が一人でもラーメンを食べることの出来るカルチャー」がないラーメン店とはどこのことであるかと疑問に感じてしまう。

 そもそも「女性が一人でもラーメンを食べることの出来るカルチャー」ないラーメン店があるとしたら一体どんなラーメン店であろうか。世界中の男汁という男汁を集めて染み込ませた四畳半インスタ空間の中にあるラーメン店であろうか。仮にそんな世界中の男汁という男汁を集めて染み込ませた四畳半インスタ空間にあるラーメン店があるとして、その世界中の男汁という男汁から出汁をとったラーメンを提供しているとしたら、食いに逝ってみたいだろうか。少なくともボクは逝きたいとか逝きたくない以前にラーメン断食になってしまう。

 そんな誰も逝かないラーメン店などまとも界、ラーメン俗世の双方を見渡しても、ボクは存在しないと思っている。しかし、あえて「女性が一人でもラーメンを食べることの出来るカルチャー」をアッピールする森本聡子ラーメン女神(以降当該ラーメン女神と表記)が年にラーメン600敗するというのは本当であろうか、全くもって胡散臭い者である(ラーメン女子博は当該女神の主催であると言われているイベントであるが当該女神が一人でやっているのかはたまた当該女神の所属事務所や広告代理店などからアゴで使われているだけであるかは不明である)。そもそも女性は一人でもラーメン食いたきゃラーメン食えばいいだけである。ラーメン食いたくない女性がムリにラーメン食う必要はないのである。当該ラーメン女神の主張は全くもって意味不明である。

男性差別でも物議にさえならないラーメン女子博で女子ラーメン旋風が日本へ拡大中だそうだ。

 そんな当該ラーメン女神が主催するラーメン女子博という天狗風が日本をまたしても席巻するそうである。ボクはその凶報を最近「“女子ラーメン”旋風が日本へ拡大中!大阪に続き名古屋開催が決定!!ラーメンに生きる女、名古屋へ凱旋!ラーメン女子博 名古屋開催のお知らせ(対象外部記事:参照*1)」とかいうタイトルの日本語なんかおかしいわ、長いわという記事を読んで知った。そもそもボクは当該ラーメン女神とその愉快なラーメン女神仲間たちは須らくミュートしているので、女神たちの一次情報からは気づかないわけであるが、ミュートしてない一般の方が女神たちのツイートをリツイートなりで拡散されたものがボクのツイッターのタイムラインに流れてきてしまうといったことは残念ながらあるのである。つラーメン(関連記事:参照*2

 ボクはラーメン断食であるので、ラーメン女子博だろうがラーメン男子博だろうが、大つけ麺博だろうが、行くつもりはないのであるが、上述のラーメン女子博開催のお知らせ記事にはナニ逝ってんだかよく分からん記述があったので引用して紹介しておきたい。

とことん女子に特化した、女性のためのラーメンイベント『ラーメン女子博』は、男性の入場ももちろん可能!おひとりさまはもちろん、家族やカップルで美味しいラーメンを心ゆくまで堪能してください。イベントを通じて“女子ラーメン”カルチャーをますます盛り上げていきます!

引用元: “女子ラーメン”旋風が日本へ拡大中!大阪に続き名古屋開催が決定!!ラーメンに生きる女、名古屋へ凱旋!ラーメン女子博 名古屋開催のお知らせ

 「とことん女子に特化した、女性のためのラーメンイベント」であるのに、男性の入場も可能とは異なもの味なものである。「とことん女子に特化した、女性のための」という語感から感じる男性排除、男性蔑視、男性差別の強いところが大変不愉快であるが、当該イベントはまったく男性差別でも物議にあがらない。グーグルは「女性は生まれつき技術者に向いていない」などと主張する差別的な文書を公開して物議を醸した男性社員を解雇したということがあったりしているわけだが、こんだけ露骨に男性差別しても物議にさえならないのだから、ラーメン俗世の人権に対する考え方のユルさにはただただ残念に思うばかりである(関連外部リンク:参照*3)。

 ただ一方でボクにはぼっちの男汁マシマシアブラカラメなオッサンや男子学生がわざわざ「とことん女子に特化した、女性のためのラーメンイベント」を堪能しに当該ラーメン女子博に逝く姿をさっぱり想像できない。仮に男汁マシマシアブラカラメなオッサンや男子学生がラーメン女子博に逝ったとしても、それはマゾと阿呆の血のしからしむところに抗えない彼らの勝手である。ただ、ボクが彼らが後になって後悔をインスタに公開しないことを願ってやまないだけである。よろしくね。ピース。

(アイキャッチは男性に対する差別のイラスト。怖い女性たちから男性差別を受けて悲しんでいる人のイラストだそうである。ラーメン女神が怖くて近寄りたくないボクにはピッタリのイラストである。いらすとやさんにはいつも感謝!!)

*1:女子ラーメン”旋風が日本へ拡大中!大阪に続き名古屋開催が決定!!ラーメンに生きる女、名古屋へ凱旋!ラーメン女子博 名古屋開催のお知らせ

*2:ハラスメントでしかない森本聡子女史とその愉快なラーメン女子仲間たちのセルフィーツイートをミュートしたら捗った話。

*3:女性差別の文書で物議 グーグル、男性社員解雇 「技術者向いていない」