#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「今どきのラーメンは健康によい」とかいうふざけた主張にボクは「イキイキラーメン論」という名前をつけた。

スポンサーリンク


 ごきげんよう、読者諸賢。ボクはらーめ人間Z。らーめん視点からでないとブログが書けないまともない人間だ。

 ラーメンを愛し健康を愛し、そして何よりも平和を愛するボクは、ラーメンと睡運瞑菜350g、そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーでキタチョーのロケットマンがロケットもどきを撃つのをやめるまで外でラーメンを食わないラーメンハンガーストライキと言うナンだかよくわからんラーメン断食の人造人間、つまりはホムンクルスとして異世界転生していた。早くまとも人間になりたい。

 ラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは200日超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆、つまりはプロのラーメン断食家である。

「今どきのラーメンは健康によい」というなんだかよくわからん主張にボクは「イキイキラーメン論」という名前をつけた。

 ボクはプロのラーメン断食家である。しかしプロのラーメン断食家というものはタダ外でラーメンを食わないものだと思っていらっしゃる諸賢がいたならばそれは大きな誤解であると言わざるをえない。今やボクの活動は少しづつ日々拡張を続けている。ボクがラーメン食うだけの愛をラーメン食うに食えない哀で受けて断つために、詭弁を弄すれば弄するほどにその活動は拡張を続けると言っても過言ではない。

 ボクの拡張を続けるラーメン断食活動のひとつがラーメン評論の評論、つまりはラーメン評論評論家活動だ。ラーメン俗世にはナンだかよくわからんラーメン俗説がゴマンとある。イッセンマンとあると言っても過言ではない。

 ボクはそんなゴマンとあるラーメン俗説に名前をつけていくということをはじめてみたのである。

 例えばそういった俗説のひとつがラーメンワンコイン論であり、ウマければなんでも論であり、そしてラーメンかわいい論である。詳しくはそれぞれ別途書いてみたのでそちらを参照されたい(関連記事:参照*1参照*2参照*3

 今日はまた異なる俗説に名前をつけてみたのでそちらを紹介してみたいと思う。その俗説は名づけて「イキイキラーメン論」という。

 ラーメン俗世には「今どきのラーメンは健康によい。」などと主張するオモチロオカチイ人びとが存在する。たしかにラーメン俗世には多くのラーメンもどきが存在している。確かにラーメンもどきの中にはもしかしたら健康によいものがあるのかもしれない。しかしラーメンもどきはラーメンもどきでありラーメンではない。ラーメンではないからラーメンもどきなのであり、ラーメンもどきだからラーメンではないのである。余談だがボクはラーメンもどきのことはナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンと呼んでいる。

 参考までにそういったナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンの例を挙げていこう。ナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンとは例えば、時に麺のないナンだかよくわからんムニャムニャであり、時に麺が肉であるナンだかよくわからんムニャムニャであり、時に麺が豆腐のナンだかよくわからんムニャムニャであり、時に麺がこんにゃくのナンだかよくわからんムニャムニャであり、時に野菜しか入ってないナンだかよくわからんムニャムニャであり、時にビーガンしか食うことのデキないナンだかよくわからんムニャムニャである。ナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンは無数に存在しておりボクが知らないナンダカよくわからんムニャムニャもおそらく数多く存在していることと思われる。だからボクはナンだかよくわからんムニャムニャをここにモレなくダブりなく網羅することがデキない。読者諸賢にはナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンの雰囲気なりとも感じ取っていただくことができたなら幸いである。

 さてそこで「イキイキラーメン論」である。ボクは「今どきのラーメンは健康によい。」というナンだかよくわからんオモチロオカチイ人びとの唱える俗説に「イキイキラーメン論」と名前をつけたのである。

 少し余談を挟む。読者諸賢はイキイキママという言葉をご存知だろうか。ボクはその語感のよさからとって「今どきのラーメンは健康によい。」というナンだかよくわからん俗説に「イキイキラーメン論」という名前をつけた。なのでイキイキラーメン論とイキイキママの意味合いには特に関連はない。

 さて本題に戻ろう。イキイキラーメン論である。ボクは今どきのラーメンは健康によいというオモチロオカチイ人びとの言うことを理解することがデキない。

 ボクがイキイキラーメン論、つまりは今どきのラーメンは健康によいという俗説を理解することがデキない理由の第一は健康によいラーメンなどというものは存在しないということである。

 たしかに前述したようなナンだかよくわからんムニャムニャ、つまりは意識他界ラーメンの中には糖質を抑え、かつ塩分も抑えたナンだかよくわからんムニャムニャが存在するかもしれない。しかしナンだかよくわからんムニャムニャはナンだかよくわからんからナンだかよくわからんムニャムニャなのであり、ナンだかよくわからんムニャムニャは決してラーメンではないからだ。

 ボクは少なからずラーメンというものは麺、つまりは中華麺がかならず必要だと思っている。いつからこんにゃくや肉や豆腐や野菜を中華麺と呼ぶようになったのかボクはしらないが、ボクはこんにゃくや肉や豆腐や野菜を中華麺とは呼ばないし、中華麺がつかわれていない食い物をラーメンとは絶対に呼ばないのである。

 ちなみにラーメンと言えば糖質の他に塩分の摂り過ぎに注意しなければならないわけであるが、塩分を極力控えたトッピングや塩分を極力控えたスープをつくることで塩分摂取量は抑えることがデキるだろう。ただしそんな塩分控えめのラーメンを食ってウマいと思う人がどれだけいるのかボクにはよくわからない。少なからずボクは健康によいと言えるレベルまで塩分を控えたラーメンはもはやマズいと思っている。なによりそんな薄口のナンだかよくわからんムニャムニャをわざわざ外で食いたい人がどれだけいるのだろうか。よくわからない。

 第二にイキイキラーメン論者が健康によいと言っている根拠が不明であるということだ。これはラーメンかわいい論と共通するところである。イキイキラーメン論者がナニをもって今どきのラーメンが健康によいと言っているのかキチンとした根拠をもって説明されていないのである。

 ボクがイキイキラーメン論を理解デキない理由の一つ目にあげたとおり、ボクは健康によいラーメンなど存在しないと思っている。もしかしたらイキイキラーメン論者は「無化調」であることをもって今どきのラーメンは健康によいなどと言っているのかもしれないが、それを言ったらボクの場合はウチでつくるメシはみんな無化調である。ボクがタマに食べる即席麺は化学調味料が入っているが、そんなのを気にしていたらボクは即席麺を食うことがデキない。

 そんなに息苦しいまでに健康に気を使うなら、ナゼ、イキイキラーメン論者はラーメンを食おうとするのか。ボクならそこまで健康を気にするなら潔くラーメンを食うことを諦める。イキイキラーメン論者がどうしてそこまでラーメンを食いたがるのか、ボクにはさっぱりよくわからない。

「今どきのラーメンは健康によい」などというイキイキラーメン論者の人生の末路はボクは憐れなことになると思っている。

 さて、今回も例によって3つ目を捻くりだしてみよう。本ブログで何度かご紹介したとおり、まとも界には「3の法則」というものがある。「3の法則」とは物事を説明する際に2つでは物足りない。4つだと覚えることがデキない。3こそが最強であり無類の数字であるというナンだかよくわからん法則のことである。

 では第三である。ムツカチイ...ボクはわからんものはわからないのだと逃げ出したくなる心をオトナらしく耐えた。オトナとは問題から目をそらさずに逃げないものである。つまりボクは立派なオトナなのである。

 さて第三であるが、無理やり捻くり出すのでちょっと詭弁を弄してイキイキラーメン論者へのボクからのお願いとさせてもらおうと思う。ボクは常々ヒソカにラーメンイキイキ論者を見かけると「ラーメンイキイキ論者よ、そのままでよい。己が信じた道をひた走れ!しかるのち毎日ラーメンの後遺症でカラダがオモチロオカチイことになったら、そのときはその赤裸々な体験をインターネットの大海にコウカイするのだ!」と心のなかでエールを送り続けている。つまりボクからイキイキラーメン論者へのお願いとは毎日ラーメンの結果としてメタボ、高血圧、動脈硬化、腎不全 etc... ありとあらゆる不健康の兆候が見られたら、そのときは毎日ラーメンをコウカイしてきたのと同等のレベルで毎日リハビリ活動を詳らかにコウカイし続けてほしいということである。

 「今どきのラーメンは健康によい」ならば万に一つもカラダがオモチロオカチイことになるようなことは起きないであろう。しかし万に一つも起きたらその体験こそが希少な体験なのである。ゼヒともイキイキラーメン論者には万に一つもカラダがオモチロオカチイことになった暁にはその希少な体験をこそコウカイしてほしい。

 ナゼなら毎日ラーメンなどという体験はむしろありふれており、そんな体験は掃いて捨てるほど世の中には溢れているのである。イキイキラーメン論者のような好きなことをして生きていくオモチロオカチイ人びとはきっと自分自身のカラダがオモチロオカチイことになったこともネタにマネーを稼ぎたいに違いない。

 イキイキラーメン論者の人生の末路はボクは憐れなことになると思っている。そして今の世の中、人生100年である。仮に50歳でカラダがオモチロオカチイことになったとしてもその後50年間そのオモチロオカチイパーフェクトボディと付き合っていかねばならぬのである。

 そんなイキイキラーメン論者の人生の末路をボクが語ることのできる機会が訪れるかどうかはわからない。しかし、ボクがなにかイキイキラーメン論者の近況でオモチロオカチイ事件をみつけることがあったなら、そのときは本稿の続編というカタチでコウカイしてみたいと思っている。ただし読者諸賢にその続編がいつになるとはボクはお約束することがデキない。だから諸賢には本稿の続編については期待しないで待たないでほしい。

 それではまた会おう。さらばだ、諸賢!

 正直に健康診断結果がEとDばかりのEDであったことを告白してくれたフミコ・フミオさんはイキイキとしてステキだ。賢明なる読者諸賢はイキイキラーメン論者の甘言にはダマされないと思うが、意識他界ラーメンの食い過ぎでカラダがオモチロオカチイことにならないように気をつけてほしい。

(アイキャッチは健康診断の結果を見ている人のイラスト(ショック)。イキイキラーメン論者は健康によいラーメンを毎日食っているので健康診断の結果はきっとオールAなのだろう。間違ってもE結果などにはならないだろうし、ボクの文章師匠のフミコ・フミオさんのようなオモチロオカチイ診断結果、EとDばかりのEDになることはないはずだ。/本稿はお題「健康」によせて書きました。)

*1:ラーメンワンコイン論とはなにか。

*2:ウマければナンでも論とはなにか。

*3:ラーメンかわいい論とはオカルトである。