#ほぼにちらーめん

プロのラーメン断食家であるボク,らーめ人間Zが可能な限り毎日タンタンとメンタルしっかり政治・経済・社会・技術の垣根なく知らなかったことを知るために書いているただの日記ブログ.よろしくね,ピース.ほぼ日刊イトイ新聞とは無関係.写真をはじめとした皆あまねく全てのコンテンツの無断転載はお断り!

日本経済新聞社・テレビ東京緊急合同世論調査において消費税増税に賛成52%という結果が出たことに関する考察。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸2年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

日本経済新聞社・テレビ東京緊急合同世論調査において消費税増税に賛成52%という結果が出たことに関する考察.

 今日は2019年9月15日である.今年(2019年)の9月も折り返し地点を過ぎたというわけだ.そして10月からいよいよ始まる消費税10%への増税まであと2週間を残すばかりとなったというのは余談である.

 ところで唐突ではあるわけなのだけれど読者諸賢は消費税の増税に賛成の立場であろうか?それとも反対の立場であろうか?ちなみにボクは元々はどちらかといえば賛成の立場であったわけなのだけれど,消費税10%への増税と同時に開始される軽減税率の適用であったりキャッシュレス決済をすることによる割引,ポイント還元といったものが複雑怪奇で何がなんだかよく分からなくなってしまった時点において消費税10%への増税に反対の立場へと宗旨替えしたものである.

 もちろん消費税10%への増税をしなかった場合においては右肩上がりで膨らみ続ける社会保障費の財源を他から徴収することを考えなければならなくなるわけであるので誰かしらが増税の痛みを背負わなければならなくなるわけではあるのだけれど,そもそもよく考えてみれば消費税というものは税の逆進性があるものであるから富裕層に優しく低所得層に厳しい税の仕組みなのである.社会により多く貢献するべきなのは懐に余裕のある富裕層なのか,はたまたほとんど生活には余裕のない低所得層なのかということを考えれば自ずと増税するべきなのはどういった税なのかということは詳らかに明らかになりそうなものではあるわけなのだけれど,先の参議院選挙でも政権与党を日本国民は勝たせてしまったわけであるので,これからあと2週間で消費税10%への増税を回避し,軽減税率の導入も回避し,そしてキャッシュレス決済での割引,ポイント還元はやめなくてもよいかもしれないけれど,消費税10%への増税にまつわるエトセトラを皆あまねくやっぱやめたとすることは大変にむつかしいとボクは考えるものである(それこそ台湾デモばりのことを日本国民が一丸となって展開したならばその可能性はないこともないように思わなくもないわけなのだけれど日本国民にそのような気概と気骨のある人びとがいらっしゃるとは到底ボクには想像もつかないものであるから恐らくムリであろう).

スポンサーリンク

 閑話休題.

 というわけでボクは消費税10%への増税には今現在(2019年9月15日)は反対の立場にいるわけなのだけれど,もはやあと2週間あまりで消費税10%への増税することが決定してしまっている中において今さら八面六臂のなんだかよくわからない急転直下の奇跡の大逆転劇が巻き起こりもっと富裕層から税を徴収することによって社会保障費にあてましょうよという全体最適な税制度の見直しが行われるかと問われたならばまずもってムリだと思うわけであるので今はただ可能な限り軽減税率の仕組みとキャッシュレス決済による割引ないしポイント還元の恩恵にあずかるメソッドを自分に都合良く誤解して理解したりしていないかをチェックすることに勤しんでいるというわけである.

 そういったわけでもう一度たっぷりと書いておくわけなのだけれど,ボクに言わせればそもそも消費税というものは税には逆進性があり富裕層ほどメリットのある税の仕組みである上に軽減税率やキャッシュレス決済による割引ないしポイント還元といったものは複雑怪奇でありさっぱりそれによって低所得層とまではいわなくともボクを含む一般庶民の生活が楽になるのかと言えばむしろ複雑怪奇な軽減税率とキャッシュレス決済による割引ないしポイント還元に疲弊しそうな気がしないでないわけであるわけであるのだけれど,先日第4次安倍第2次改造内閣が発足したことによって緊急に行われた日本経済新聞とテレビ東京合同による世論調査によれば回答者の過半数を超える52%が消費税10%への増税に賛成しているというのであるからボクは驚いてしまったのである.

 その記事は上記の記事であったわけなのだけれど内容の主旨が理解できるであろう箇所を例によって引用し紹介したい.

日本経済新聞社とテレビ東京が11~12日に実施した緊急世論調査で、10月の消費税率10%への引き上げに賛成は52%で、反対の42%を上回った。消費税率10%への賛成が5割を超えるのは初めて。社会保障費の膨張に何らかの対策が必要かをたずねたところ「必要だ」は85%に上った。増税後の社会保障に対する関心が高まりつつある。
引用元:消費税増税に賛成52%、社会保障費「対策が必要」85%  :日本経済新聞

 実はボクは日本経済新聞の有料購読者であるわけなのだけれど,ボク自身が今現在(2019年9月15日)時点において消費税がそもそも逆進性があり富裕層にメリットのある税制度であること,その一方で一般庶民に必要以上の負担が及ばぬように導入されたはずの軽減税率が複雑怪奇でなんだかよくわからないためむしろ余計な時間とマネーのコストがかかって負担が大きいこと,そしてキャッシュレス決済の割引ないしポイント還元も同様に複雑怪奇で導入店舗であったりなかったり割引だったりポイント還元だったりでなんだかよくわからないこと,しかもこの施策は時限的なものであるから2020年の6月いっぱいまでで終わることなど兎に角なんだかよくわからないため反対しているわけなのだけれど,そんななんだかよくわからないものを日本経済新聞とテレビ東京の合同による世論調査に答えた過半数以上の人びとが賛成しているというのである.

調査は日経リサーチが11、12両日に全国の18歳以上の男女に携帯電話も含めて乱数番号(RDD方式)による電話で実施。934件の回答を得た。回答率は44.6%。
引用元:内閣改造「評価」45%、支持率59% 日経世論調査  :日本経済新聞

 一応,念のために確認をとってみたわけなのだけれど日本経済新聞とテレビ東京の合同による世論調査は上記の方法で行われたものでいわゆるオーソドックスなRDD方式だったようである.

 とはいえボクが疑わしいなと思ったのはこの世論調査に回答したのは934件であり,その回答率が44.6%だったということである.日本経済新聞とテレビ東京の合同による世論調査であるということを理解した上で回答している人びとの過半数が消費税10%への増税に賛成しているからと日本国民全体に同様のクエスチョンをして同じ結果になるとは限らない.

スポンサーリンク

 というわけで今回の日本経済新聞とテレビ東京の合同による世論調査は第4次安倍第2次改造内閣組閣に際して「緊急に」行われたものであるから必ずしも他の新聞社とは足並みを揃えていないかもしれないけれど,他の新聞社において同様の世論調査が行われていたならばどういった結果になっていたのかを確認してみることにした.

 10月に消費税率10%へ引き上げられた後の経済が「不安」「ある程度不安」は計81.1%に上った。「あまり不安を感じない」「不安を感じない」は計17.2%だった。
引用元:内閣支持率、55%に上昇 改憲反対47%、賛成上回る | 共同通信

 そしてボクがCEEK.jpにおいて「世論調査」「消費税」というキーワードでニュース検索をしてみた結果,直近で行われた日本経済新聞とテレビ東京とは別のメディアによる世論調査の結果において消費税についてクエスチョンされたものに対して回答しているものが上記の共同通信によるものだった.

 そしてこちらの共同通信による世論調査においては消費税10%に引き上げられることに対して多少なりとも不安を感じていると答えた人の割合が8割を超えているという結果が出ていたものである.この結果に関してはそれなりにボクは納得感があるものであった.むしろ残り2割の消費税10%への引き上げに不安を感じていない人びとが一体どういったクラスタに属する人びとなのかが気になってしまったくらいである.

 ちなみにこのそれぞれの世論調査においてそれぞれ回答している人びとは必ずしも重複しているとは限らないので一概に何をもって正解ということは言えないわけなのだけれど,ボクが考察するに日本国民のほとんどの人びとが消費税10%への引き上げに対しては不安を抱いている一方で増大する社会保障費に対しての財源は何かしら必要だと思っていて,その社会保障費の財源としては消費税という選択肢しかないと思い込んでしまっている人びとが「賛成」という意見を出しているのではないかということである.ちなみにボクはそこまで考えた上において消費税ではなくもっと富裕層に社会貢献してもらうことのできる税制度を導入することを検討した方がよいという見地において消費税10%への増税に反対というか消費税そのものをやめてその新しい税制度への置き換えをした方が絶対的全体としての日本経済および社会は幸せになるんじゃないの?と思うわけではあるわけなのだけれど,本稿の中盤においても書いたとおりスデに消費税10%への増税までは残すところあと2週間あまりであるから,ボクはいかにして大変に複雑怪奇で分かりにくい軽減税率を理解し,キャッシュレス決済による割引ないしポイント還元による恩恵を享受することによって無駄な出費をすることのないような賢い消費者ライフを営むことができるかということを考えていくことにその残り少ない時間を使っていきたいと思っている.

 というわけで日本経済新聞およびテレビ東京の合同による緊急世論調査に関してボクが感じた違和感をボクはボクの中において消化することができたものであるから本稿は以上である.それではまた会おう!さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.

 日本経済新聞以外の五大全国紙の世論調査のページはそれぞれ下記のリンクから参照できる.消費増税を間近に控えた今日(2019年9月15日)時点で9月に世論調査を行っていたのはどうやらCEEK.jpで調べたとおり共同通信社と日本経済新聞社およびテレビ東京だけだったようだ.ちなみに毎日新聞と読売新聞の世論調査の記事は有料会員向けで読むことができなかった.

《本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

ベストを尽くさない例大祭を受けて断つ(2019)。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸2年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

ベストを尽くさない例大祭を受けて断つ(2019).

 今日は2019年9月14日の土曜日である.

 今年(2019年)の9月は16日の月曜日が敬老の日,23日の月曜日が秋分の日の国民の休日であるので,人によるかもしれないけれどボクは一般的な土日休みの企業で働くサラリーメンであるのでご多分に漏れず,今日(2019年9月14日)から月曜日(2019年9月16日)までは3連休であるし,来週の土曜日から月曜日までもまた3連休である.ボクが平日にオシゴトがんばるぞいしているのは一重にボクが最低限度の文化的で健康なライフを送るための燃料たるマネーを稼ぐためであり,十二分過ぎるほどのマネーという燃料をボクがストックできているならば毎日休日であることを臨むものである.休日こそがサイコーであり休日こそ無類である.ワーカホリックほどバカらしいものはないというのがボクの持論である.少ない労力で最大限のインカム.これこそが理想であることはいうまでもない.

 さていきなり脱線で始まった本稿ではあるのだけれど,ついでであるからもう少し脱線ついでに最近の気候のことについて触れておこう.2019年の現在,夏といえば命の危険のある猛暑である.おりしも9月も半ばを過ぎても命の危険のある猛暑の残暑が厳しい今日このごろであった.そして今週の月曜日,2019年9月9日,首都圏を直撃し特に千葉県に大停電(まだ復旧していない地域もある)を巻き起こし甚大な被害をもたらした台風15号「ファクサイ」が一過したのち翌日翌々日と2日ほどまた猛暑日になり,一体いつまでこの命の危険のある猛暑が続くのかと危ぶむ気持ちも湧いてきたりしたものだったのだけれど,どういうわけか一転して一昨日(2019年9月12日)あたりから一気に気温がさがり最高気温が30度に満たない日が続いている.

 ボクなどは毎日なにかとそこはかとなくマッソーを追い込んでいるちょっとしたマッチョであるのでそもそも命の危険のある猛暑でなくても少し動けば身体が温まってしまい汗ばんでしまうわけなので命の危険のある猛暑の下では絶対に激しい運動などすることはできない.最高気温が25度に満たない水準で暑さ指数が「ほぼ安全」未満の環境下であれば思う存分激しい運動にも勤しめることだろう.早くもっと涼しく安心して過ごせる気候になってほしいものである.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 ではいいかげんに脱線もここまでにして本題に移らせていただきたいと思う.

 ところで読者諸賢がお住まいの地域では,この9月に近所の神社で秋祭りをやっているものであろうか?何を隠そうボクの暮らしている日本の首都東京でも都内各所に点在する各々の神社で秋祭りをやっているものである.今日(2019年9月14日)もボクが朝から大分気温も落ち着いてきたこともあってエアコンをつけずにベランダの窓をあけて窓際で椅子に腰掛けながら日経電子のバーンを読んでいるとウチなるインナーワールドのベランダの前の通りを町内会の神輿を担いだお子様たちが拡声器で「わっしょい」を扇動するオッサンに先導されながら練り歩いていったのである.

 全くの余談ではあるのだけれどその神輿を担いだお子様たちの一行にはまるで覇気がなく何の目的意識も感じられなかったものである.祭り囃子の音はスピーカーから奏でられており「わっしょい」の掛け声は拡声器で扇動しているオッサンの声が一番大きな始末である.祭りが嫌いなボクはそもそもその祭りに参加することをお誘いいただいても「だが断る」するところではあるのだけれど,もしも「やる」と決めたならばボクはまじめに祭りをやるものである.やるからにはベストを尽くす.なぜベストを尽くさないのか?ベストを尽くさないならば観てるこちらが恥ずかしくなってくるのでやらないほうがいいのではないかとすら思ってしまったものである.

 とはいえ5分もしないうちにウチなるインナーワールドの前の通りをその神輿を担いだお子様たちの一行は通りすぎていき,スピーカーから流れる祭り囃子も扇動するオッサンの「わっしょい」も聞こえなくなったものであるからボクは潔くそのやる気のない,覇気のない神輿を担いだお子様たちの一行のことを忘れることにした.立派な大人のジェントルメンというものは潔いものである.

スポンサーリンク

 最後に余談ではあるのだけれど,そもそもこの時期に行われる神社の秋祭りというものは一体何なのだろうというのが気になったので,それを調べたことについて書いておきたい.無知を晒すようで恐縮ではあるのだけれど10月に神嘗祭というものがあり五穀豊穣を祝う日があるのはボクだって知っているわけであるので五穀豊穣を祝う祭りを行っているわけじゃあないよなとまず思ったわけである.また同じく10月に全国津々浦々の八百万の神々が出雲に集まって侃侃諤諤の論争の挙句,男女の縁を決めることをしているがために全国津々浦々の神社がお留守になるのは知っていたわけなのだけれど,では9月に一体全体,神の乗り物である神輿をかついで神を連れ回し練り歩いた挙げ句なにをしているのかということがボクには素朴にクエスチョンだったのである.

 というわけで「9月」「神社」「祭り」というテキトーなキーワードでグーグル検索してみたところ,自ずとこの9月に行われている祭りが「例祭」ないし「例大祭」と呼ばれているものであるということがわかったものである.

例祭(れいさい)とは、神社で毎年行われる祭祀のうち、最も重要とされるもののことである。
例祭は年一回、多くは祭神や神社に特別の由緒のある日に行われる。例えば人物神を祀る神社ではその人物の誕生日や命日に例祭を行うことが多い。特に由緒のある日のない場合は、春祭りや秋祭りをもって例祭としている。例祭が行われる日は毎年一定で、みだりに変えることはできないものとされる。第二次世界大戦以降も、神社本庁被包括の神社については、例祭日を変更する場合は神社本庁の承認を受ける必要がある。
引用元:例祭 - Wikipedia

 そして上記にウィキペディアから引用したところによると太字した箇所にあるとおり,なんのために行っている祭りなのかはさっぱりよくわからないものなのだけれど「例祭」ないし「例大祭」と呼ばれる祭りは「神社で毎年行われる祭祀のうち、最も重要とされるもの」なのだそうである.

 そう考えると例年ウチなるインナーワールドの前の通りをミジンコのチンチンほどのやる気も覇気もない神輿のお子様の一行が練り歩いていく様はたいへんに不真面目に見えるものであり,まるでそのホニャララ神社の神を敬うような気持ちが感じられるものではなく,そのホニャララ神社にとって一年で最も重要な祭祀を執り行っているような厳かさはまるで感じられないものであった.むしろ罰当たりなのではないかといっても過言ではない.やることに意義があるというよりもむしろやることに異議がある祭りになってしまってはいないだろうかということである.

 やるからにはベストを尽くしてもらいたい.ベストを尽くさないで惰性でやるならやらないほうがマシである.なにより神を祀る祭りで不真面目な態度をとるということは神の怒りを買う行為をしているという話であるわけである.やるなら真面目にやってもらいたいものである.

 とはいえボクはそもそも祭りのどんちゃん騒ぎが嫌いなものである.踊る阿呆に見る阿呆というならボクは第3の踊りもしなければ見もしない阿呆である.というわけで今年のベストを尽くさないウチなるインナーワールドの前の通りを練り歩いていった例大祭は見なかったこととしたい.

ーー以上である.それではまた会おう!さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.

 ウィキペディアの内容をどこまで信用してよいかという話はあるのだけれど,祭りに関して読む限りにおいてやる気や覇気の感じられない祭りほど神を冒涜してるものはないようにボクには感じられたものであった.ボクはやるならその祭りの主旨を理解し真面目にベストを尽くしたほうがいいんじゃないの?と思ったものである.当初の目的を忘れてしまいやることが目的になってしまっている行事ほど頭の悪い行事はボクはないと思うものである.そんな行事ならタイムもマネーも無駄であるからボクならやるのをやめるものである.

《本稿はお題「最近知った言葉」によせて書きました.》

同僚がユーチューバーで大学新卒の初任給くらいは稼いでいるらしい。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸2年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

同僚がユーチューバーで大学新卒の初任給くらいは稼いでいるらしい.

 今日は2019年9月13日の金曜日である.

 つまりは仏滅で令和初の13日の金曜日の中秋の名月であるわけではあるのだけれど,本稿においては関係がないので潔く今日が仏滅で令和初の13日の金曜日で中秋の名月であることについてなにかとそこはかとなく触れることは割愛する.

 本稿の主旨は表題にもあるとおりボクの同僚がユーチューバーで大学新卒の初任給くらいのマネーを稼いでるらしいという話なわけなのだけれど,ボクがそのことを知るまでの経緯というものがあるので少々遠回りではあるのだけれど,ボクがボクの同僚がユーチューバーで大学新卒の初任給くらいのマネーを稼いでるらしいということを知るまでの話をまずは書いていきたい.

 昨日(2019年9月12日)の話になるのだけれど,ボクは上記の出来事についてボクの上司であるブチョーとチャットをしていた.

11日までにカリフォルニア州の上院、下院でそれぞれ可決したのは「AB5」と呼ぶ州法案で、インターネットを通じて単発の仕事を受発注する「ギグエコノミー」の雇用形態に焦点を当てる。例えばウーバーなどはこれまでドライバーをフリーランス(独立した請負労働者)として位置付けてきたが、州法案はその多くを「フルタイム従業員」として扱うよう企業に義務付ける。
州法成立にはギャビン・ニューサム州知事による署名が必要となる。ニューサム氏は法案に賛同する姿勢を示す一方、11日付の米ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)の取材にウーバーやリフトなどと「交渉を続ける」と回答した。同日の米株式市場では交渉余地があるとの思惑が広がり、ウーバーの株価は前日比1.5%高、リフトは2.4%高で取引を終えた。
法制化の背景には、ドライバーの仕事だけで生計を立てている労働者が少なくない現実がある。従業員化すればウーバーなどの企業は保険や社会保障税など追加のコストが生じる。影響は食料品配達サービスの米ドアダッシュや米ポストメイツといった新興企業にも及び、新しいビジネスとして脚光を浴びてきたギグエコノミーの見直しにつながる可能性もある。
引用元:ウーバーの運転手など従業員に、米加州で法制化の動き (写真=AP) :日本経済新聞

 記事の内容としては大まかな主旨が理解できるであろうところを引用すると上記のような内容であった.

 ようはインターネットを通じて単発の仕事を受発注する「ギグエコノミー」たとえばウーバーやリフトに登録してマネーを得ている労働者を「フルタイム従業員」として扱うよう企業に義務付けるカリフォルニア州の州法で定める法案がカリフォルニア州の上院、下院でそれぞれ可決したというのである(記事の時点ではギャビン・ニューサム州知事による署名がまだなされていなかったのだけれど署名がなされれば2020年1月にも施行されるとのことである).

 ちなみにいわゆるギグエコノミーといわれる仕事はコモディティー化された端的かつ直截な言い方をすれば「誰にでもできる簡単なお仕事」という類のものに属するお仕事が大半だと思っているので,その労働単価は当然ながら買い叩かれるわけなのだけれど,それゆえにそれを本業にするようなことをするのは間違いなくおバカさんの所業であるわけなのだけれど,きっちりとガッチリと稼げる本業(保険や社会保障税については考える必要がない)があった上でちょっと空き時間を利用してちょっと小銭マネーを稼ぎましょうという利用方法が本来想定されているギグエコノミービジネスの利用の仕方だと思うわけなのだけれど,ところがどっこいギグエコノミーの本場である米国ではギグエコノミーの仕事だけで生計を立てている人びとがいるという話であり,そういった人びとが最低限度の健康で文化的なライフを送るために「フルタイム従業員」として雇用するようにギグエコノミービジネスの担い手でであるウーバーやリフトに義務付けるというのはギグエコノミーの本来の主旨からするとなんだかよくわからないなという話であるというわけである.

 とはいえこの州法が施行されるという話になると話はカリフォルニア州に限定される話にはならないだろうからいずれ日本にもこういった話は及んでくるかも知れないねといったことをボクとブチョーは話していた.

スポンサーリンク

 またおりしも同日本経済新聞ではギグエコノミーをトピックにした下記の連載が行われていたのだけれど,この内容を読んでいても「これってギグエコノミーといっているけれどギグエコノミーじゃないよね」という話もボクはブチョーとしていた.

 ではたとえばどのようなところで,ボクらがこれはギグエコノミーといっているけれどギグエコノミーじゃあないよねと思っていたかというとそれがわかるようなところを下記にまた記事から引用してみたい.

4時間かけて書いた原稿の報酬は、たった800円。副業としてウェブライターを始めた佐々木ゴウ(30)の時給は、都営バスの運賃よりも安かった。
佐々木はNTTコミュニケーションズに3年間勤めた後、ネット通販のコンサルティングを手掛ける企業に転職。副業を始めたのは、それから半年後のことだ。ウェブ制作など色々な仕事を貪欲に受注した結果、ライター業が性に合った。
とはいえ書くのが遅く、単価も安い。計算してみると、月収は6千円。一念発起して、仕事の単価を上げる努力をした。ライティングの基礎を独学で学び、書くスピードを上げる。発注元に企画や構成のアイデアも出すと重宝された。それから2年半。今の月収は100万円を超える。
発注元の信頼を得た佐々木のもとには、今やプロジェクト単位で依頼が来る。1人では手が回らない。そこで思いついたのが、大型案件の受注を目指したオンラインコミュニティーの設立だ。
佐々木が主導する形で、フリーランスのライターなど800人が参加する「ライター組合」が立ち上がったのは5月のこと。目的は会員がスキルアップを図り、連携して付加価値の高い仕事をすることにある。
組合を設立してから3つの大型案件を手掛け、そのうち1つは記事数が500本にもなった。担当するライターは70人。佐々木は「ここまで大きな規模の仕事を一括受注できる組織はほかにないはず」と胸を張る。
引用元:ギグエコノミーの担い手たち(3) フリーランス「ゆるく団結」 高付加価値・高収入めざす :日本経済新聞

 この引用部分でいえば最初の副業としてやっていたという単価の低い「誰にでもできる簡単なお仕事」がギグエコノミーの本質であるわけで,それに甘んじずライティングスキルを磨いて独り立ちすることによってきちんとした生計をたてることのできるだけの立派なフリーランスとなっているのはそれはギグエコノミーではないでしょうという話だということなのである.

 というわけでここでボクとブチョーの話は「市場にニーズがあり,かつ市場で買い叩かれないようなその人でないとできないような特異なスキルを持つことは大事だよね」という話でオシマイになるところだったわけなのだけれど,ここでブチョーから出たのが次のセリフだったのである.

 「ちなみにうちの社員で言うとホニャララさん(ボクらの同僚の名前.プライバシー保護の観点から以降はホニャララさんと表記する)が結構なレベルのユーチューバーに育ちつつありますw」

 やぶから棒な話の飛び方ではあったのだけれど,さらにブチョーいわく結構なレベルのユーチューバーになったホニャララさんの月あたりのユーチューブ収益は現在(2019年)の大学新卒の初任給くらいだそうで「マジかよ」とボクは驚いてしまったのである.

 ボクはホニャララさんがユーチューバーをやっていそうなイメージがなかったのでどのようなユーチューブ動画を投稿しているのか興味がありブチョーにホニャララさんのユーチューブチャネルを教えてもらい観てみることにした.

(注:ホニャララさんは自分がユーチューバーであることを隠していないどころかむしろ拡散してほしいということだったのでブチョーからはすんなりホニャララさんのユーチューブチャネルを教えてもらうことができた.しかしボクがここでホニャララさんのユーチューブチャネルを詳らかに明らかにしないのはそれがボクのプライバシー保護の観点から詳らかに明らかにすることが不都合だからということを書いておきたい.)

 というわけでボクは昨日(2019年9月12日),仕事を終えてウチなるインナーワールドに帰還した後,一体ホニャララさんがどんなコンテンツをユーチューブで配信することによって人気を博し月あたり現在(2019年)の大学新卒の初任給くらいの収益を得てしまっているのかを勉強してみることにした.余談ではあるのだけれど本ブログで得られる広告収入などというものははてなブログProの代金を徴収されたら残らない程度であるのでボクのブログの内容を魅力的にするためになにか参考になるかもしれないというスケベ心があったことも否定はしないものである.立派なオトナのジェントルメンというものは正直なものである.

スポンサーリンク

 では以降にホニャララさんがユーチューブで配信していた動画の内容について箇条書きで書いておいてみよう.

ユーチューブで毎月現在(2019年)の大学新卒の初任給くらい稼いでいるボクの同僚のホニャララさんが配信していたコンテンツ.
  • NHKニュースウェブを観ながら今日のニュースを読み上げて感想を言う.
  • SBI証券やモーニングスター,ブルームバーグを観ながらその日の市況の振り返りを行う.
    • ときにオススメの金融商品を紹介したりしている.
  • 日常の与太話(たとえば最近だとアイフォーン11についてなど).
  • ライブでやっているので時折はいるコメントで振られたお題について自分の意見を言う.

ーー以上であった.

 驚くなかれ,意外と思われるかも知れないけれど配信していたのはこれだけだったのである.なにも特別鋭い視点でホニャララさんでなければこんな意見は言えないと思うようなことは何も言ってはいなかったのである.

 ちなみにボクがマネできないなと思ったところはこの内容を延々とほぼ毎日1時間配信していたところである.逆に毎日このコンテンツを1時間視聴している視聴者諸賢がいるかと思うと「マジかよ...」と思ったほどである.動画ゆえに記事のどこにホニャララさんが興味をもっているかなどはたしかにわかりやすいのだけれど,話している内容は日経ラジオでも聴いてたほうがいいんじゃないのと思うような内容だし,なにより1時間で話している内容を文字で起こしたらさほどの分量ではないので読んだほうが早くねとも思ったものである.

 そういう意味ではテキストブログは手軽に読めるものであるから動画よりは時間泥棒にならずボクはよいと思うものであるのだけれど,はてななブログはいくら書いても良質なコンテンツが集まるはてななブックマークとの連携をするとはてななブログもはてななブックマークもいずれも利用停止になりかねないというなんだかよくわからない仕組みになっているので少なくともはてななブログではホニャララさんには到底かなわないなとボクは思ったものである.

 一応では最後にこのなんだかよくわからなくなってしまった内容をまとめに入ろうと思うわけなのだけれど,いくつかこれは間違いないであろうということを箇条書しておいてみようと思うものである.

まとめ.
  • 誰にでもできるような簡単なお仕事をギグエコノミーすると労働単価は下がるばかりであるので搾取されるだけである.
  • 搾取されないためには市場ニーズがあり,かつ自分にしか出来ないようなスキルを継続的に磨き売り込む必要がある.
  • しかしボクの同僚のホニャララさんのユーチューブのように配信している内容は特に特異なものでなくても現在(2019年)の大学新卒の初任給くらい稼げてしまうこともあるようなので,稼ぎたいなら自分の特性と合ったプラットフォーム選びはちゃんとしないとダメだね.

 ...といったところだろうか.なにはともあれはてなブログはかけたコストに対してまるで儲からないということはボクが証明しているものであるからボクはボクでもっとボクに合ったプラットフォームを選ばないとダメだねという話である.

 それではまた会おう!さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.
ギグエコノミーを「フルタイム従業員」として扱いなさいというカリフォルニア州の法案可決に関して報じている他の記事.

 CEEK.JP NEWS - 検索 : ギグ 州法で検索すると冒頭の記事以外に下記の1つの記事がみつかった.おそらくキーワード次第では他の新聞社の記事も見つかると思うのだけれど本稿においてはこのリンクのみを付しておきたい.

《本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

結局、最も一緒に仕事をしたくないタチの悪い人の特徴とはなにか?(2019)。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸2年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

ボクが最も一緒に仕事をしたくないタチの悪い人の特徴とはなにか?(2019)。

 今日は2019年9月12日の木曜日である.

 実は何を隠そう今日はマラソンの日だそうなのだけれど,朝一番で上記のニュースをニュース・ダイジェストの通知で知って「なんだこれは...」とこのニュースばかりで頭がいっぱいにボクはなってしまったものだから,今日はこのニュースについて書いてみようかと思ったものであるのだけれど,どうやらゾゾは株式公開買付け(以降はTOBと表記)によってヤフーの傘下に入ることになることは確からしいのだけれど,当初ボクが見かけた多くの記事では「買収」とこぞって書いていたものだから,てっきりゾゾは上場廃止になるのかとおもっていたら,上場は維持されるそうであるとのことで,いつからTOBがはじまるのかといったことの情報がもっと詳らかになってからこのニュースに触れることにすればよいかなと思ったものである.なのでボクは潔く本稿でゾゾがヤフーの傘下になることについて,そしてゾゾの経営者である前澤友作さんが辞任されることについて触れることを潔く諦めた.立派なジェントルメンというものは潔いものである.

 なによりゾゾのTOB価格は2,620円だそうなので今日(2019年9月12日)の高値(2,575円)よりも高いのである.上場来高値は4,875円(2018年7月18日)なのである.まだ慌てるような時間じゃあない.

スポンサーリンク

 さて閑話休題.

 というわけでボクはゾゾがヤフーにTOBによって傘下にはいり社長の前澤友作さんは辞任するけれど資本業務提携だから上場は維持されますよという大変によくわかりにくい情報が朝から錯綜したおかげでモヤモヤした気持ちで今日は1日の大半を過ごしてしまったわけなのだけれど,ボクはどんなにしょーむない話だったとしてもブログに書くことをタンタンとメンタルしっかり継続することにしているので,今日もなにかしら触れることのできるトピックはないかと漁っていたところ,上記のリンクのはてななトゥギャッターまとめを発見したものであるので,本稿においては上記のリンクのはてななトゥギャッターまとめを枕にブログを書いてみようと思うものである.

 良質なコンテンツが集まるソーシャルブックマークであるはてななブックマークで今日(2019年9月12日),話題になっていたトゥギャッターまとめにおいて発端となったのは上記のツイートであった.そのおっしゃるないようは一理があり,たしかにこのクールでビューティホーハーモニーな日本にはディテールに凝った丁寧な仕事をするということとあえて狙いすましてやらんでもいいことに無駄な時間を費やすことを混同している困ったちゃんがいることは事実である.ボクもそういった困ったちゃんとオシゴトをすることになって困ったことはあったものである.

 しかし,よくよく考えてみると最近のボクはこういった丁寧さと無駄に時間を費やすことを混同している困ったちゃんとは全く一緒にオシゴトする機会がないものであるから,そういう困ったちゃんがいたら困るだろうなということは理解できる一方で,ボクがオシゴトがんばるぞいする上において1番タチが悪い困ったちゃんなのかというとそうでもないかなと思ったものである.

 ではボクが1番一緒に仕事をしたくないと思うようなタチの悪い困ったちゃんが一体どのような人なのかということを考えてみたのだけれど,それは「なにかにつけて揚げ足をとってくる人」だなと思ったものである.ボクが普段どのようなオシゴトをしているかについてはプライバシー保護の観点から詳らかに説明することは差し控えたいと思うのだけれど,ボクのオシゴトとは日々異なる新しい問題の解決をすることで成り立っている.ビジネスを継続するための課題,つまりは問題を解決していくことがボクのオシゴトの大部分を締めているといっても過言ではない.

 そういった課題を解決するオシゴトをする上においてはどうしてもどうやってその課題を解決するかということを議論することをすることが必要になるわけなのだけれど,可能な限りその課題を解決するオプションをモレなくダブりなく網羅して意思決定にはかるといったことをしなければならないというわけだ.ちなみにそういったモレなくダブりなく網羅したと思われた課題を解決するためのオプションにモレやヌケというものがあることはあるものである.というか粗探しをすれば,重箱の隅をつつくようなマネをすればいくらでもヌケやモレなどというものは無限に指摘することができるといっても過言ではない.そういった重箱の隅をつつくようなマネをされることも前提において,ヌケモレのない課題解決のオプションをいかに提示することができるということがビジネスにおける意思決定を意思決定者にしてもらう上での要諦であるといっても過言ではない.

スポンサーリンク

 しかし,ところがどっこいである.世の中には他人の粗探しや重箱の隅をつつくようなマネをすることに心血を注ぐなんだかよくわからない困ったちゃんがザンネンながらいるものなのである.しかもそういったなんだかよくわからない困ったちゃんにかぎって他人の粗探しをすることや重箱の隅をつつくことが目的になってしまっているので,対案などといったものはそもそもないし,自分がその問題解決の主体になるといったことは全く頭にはないのである.そういったわけでそういった困ったちゃんに「では対案をご教授いただけますか?」であるとか「では困ったちゃんさんが担当していただけますか?」といったことをお願いすると「そういうことじゃあないんだよ」と言って黙り込んでしまったりするのである.

 というわけでボクが今日の時点で1番一緒に仕事をしたくないタイプの困ったちゃんというものは他人の粗探しや重箱の隅をつつくようなマネをすることに心血を注ぐなんだかよくわからない困ったちゃんであり,丁寧さと無駄に時間を費やすことを混同している困ったちゃんではないのである.

 とはいえ両者に共通することはいずれも生産性が低いということであり,生産性の低い困ったちゃんとはボクは一緒に仕事をしたくないのである.

 最後に余談ではあるのだけれど,そんな生産性が低い困ったちゃんと一緒に仕事をしないためには,まずそもそも採用に携わる立場に自分がいるならば絶対にそういったタイプの困ったちゃんを採用しないような水際対策をすることである.もしも他の部署にそういった困ったちゃんがいたならば,担当者をチェンジしてもらうしかないだろう.

 幸いなことにボクは最近は生産性が低い困ったちゃんたちと一緒に仕事をしなければならない状況にならずに済んでいるので(他人の粗探しや重箱の隅をつつくようなマネをすることに心血を注ぐなんだかよくわからない困ったちゃんと関わり合いにならないようにそういったなんだかよくわからない困ったちゃんと関わり合いにならないようにタンタンとメンタルしっかり働きかけしてきたことが功を奏したのかもしれない)ボクはこの生産性がなにかとそこはかとなくよいオシゴト環境をぶっ壊されることのないようにこれからも気を引きしめてオシゴトをがんばるぞいしていきたいと思うものである.

ーー以上である.なにはともあれ,無駄なことに多大な時間を費やすことというものは無駄であり,無駄なものは無駄である.無駄なことをあえて狙いすましてやってしまうのはおバカさんの所業であり,他人様の迷惑である.もしも読者諸賢の中にそんな無駄なことをしてしまっている自覚がある方がいらっしゃったならば,そんな他人様の迷惑にはなっても他人様のためにならないようなことをするのは今スグにでもやめようではないか.

 最後にもう一度たっぷりというのだけれど無駄なことをするのは無駄であり,無駄なものは無駄.無駄無駄無駄無駄なのである.

 それではまた会おう!さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.
揚げ足取りが凄惨的であることは遥か太古から伝承されてきているにも関わらず何度となく揚げ足取りをとるのはやめようという問題提起が再燃してもこの世界から揚げ足取りがなくなる気配はない...

 上記のエントリは「揚げ足取り」でグーグル検索していたらたまたま見つけたものである.他人の粗探しや重箱の隅をつつくようなマネをすることはおおよその場合においては無駄なことであり生産的ではないわけなのだけれど,政治の場においてはそれが正義となることが多いのはたいへんにはてななことである.

良質なコンテンツが集まるソーシャルブックマークであるはてななブックマークについて.

 また良質なコンテンツが集まるソーシャルブックマークであるはてななブックマークでは,エントリそのものはスデに消されてしまっているのだけれど上記のリンク(消したら増えるのでおそらく魚拓はあるだろうから探したい方は自力で探してみて欲しい)のような人をバカにするために甚大な労力をかけたまともで素晴らしいエントリがホットエントリになっていたりする.はてななブックマークに集まる良質なコンテンツとは一体どんなものなのか,ちょっとボクにはよくわからないので,今後見解をまとめていってみたいと思っている.少なからず人をバカにすることに甚大な労力をかけるようなエントリのことを良質なコンテンツとは呼ばないとボクは思っているわけであるので,そういったコンテンツは本ブログにおいては書かないように自戒としたい.

《本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

命の危険のある猛暑(2019)の暑さ指数(WGBT)の推移を振り返る。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.毎週水曜日はボクがはてななブログの編集部メンが出題するお題に答えてはてななブログを楽しむことにしているウィークデイだ.

 はてななブログの編集部メンによれば《今年の夏はいかがでしたか?今週のお題は「夏を振り返る」です。9月に入っていよいよ夏が終わる実感が出てきた方も多いのではないでしょうか。2019年の夏、どんなことがあったでしょう。今週は「夏を振り返る」をテーマに、はてなブロガーの皆さんのエントリーを募集します。「夏休みの思い出」「この夏チャレンジしたこと」など、今年の夏を振り返るブログを書いてみませんか? 皆さんのご応募をお待ちしております。》とのことである.

 読者諸賢は「いかがでしたかブログ」というものをご存知だろうか?もしも読者諸賢が「いかがでしたかブログ」をご存じないのであればタイムリーなことに先日次の記事が話題になっていたので御一読されることをオススメしたい.

 ちまみに簡単に一言で言うと「いかがでしたかブログ」とはゴシップに食いついてあることないことテキトーに書きつづる悪質なコンテンツで広告収入を稼いでいる,端的かつ直截に歯に衣着せない物言いでいうならばインターネッツ上のゴミみたいなブログのことである(とボクは解釈している).そういったブログが定型文句として「いかがでしたか?」というフレーズを盛り込むことから「いかがでしたかブログ」と呼ばれているというわけだ.

 ちなみになんでこんな話から本稿をボクが始めたかというとはてななブログの編集部メンが「今年の夏はいかがでしたか?」などというお題を出したものだから,もうスデに本稿は「いかがでしたか?」というキーワードを検索エンジンでマイナス検索されたならば本稿はヒットしないことが約束されてしまったからである.

 何より今週は実は昨日(9月10日)が世界自殺予防デーだったということから自殺予防週間だというにも関わらず相変わらず時事に疎いはてななブログの編集部メンに言わせればまだ夏も終わっていないにも関わらず言うに事欠いて「夏を振り返れ」というのだから全くもって恐ろしい.もう少しはてななブログの編集部メンにもそろそろ時事時勢というものを少しは考えながらその時々に最も最適でかつ真面目なお題を出すように努めていただきたいなと思うものである.良質なコンテンツというものはボクは少なからず真面目な問題に正面からぶつかるような内容のコンテンツなのではないかなと思うからそう思うものである.よろしくね,ピース・ピース!

スポンサーリンク

 とはいえ,お題に答える前にマズは自己紹介させていただこう.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.

 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.

 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることのできない制約をもって異世界転生したボクは丸2年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

命の危険のある猛暑(2019)の暑さ指数(WGBT)の推移を振り返る.

 さて,というわけでまだ夏も終わっていないというにも関わらず(まさか暦の上では立秋(2019年8月8日〜2019年8月23日)を過ぎて秋だとでもいうわけではないと信じたいものであるから),はてななブログの編集部メンがいうことには皆あまねくはてななブロガーは今年(2019年)のまだ終わっていない夏を振り返らねばならないようなので,潔くボクは現時点までのこの2019年の命の危険のある猛暑の暑さ指数(WGBT)の推移などを振り返ってみようと思うものである.

 余談ではあるのだけれど暑さ指数(WGBT)とは「暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標」である.なので命の危険のある猛暑のトレンドを把握する上ではボクは暑さ指数(WGBT)の推移をみることが1番理にかなっていると思っているものである.

 しかしところがどっこいである驚くなかれ諸賢,ボクが2019年の命の危険のある猛暑の暑さ指数(WGBT)の推移を振り返ってみようと環境省のサイトを確認してみたところ暑さ指数(WGBT)の過去データが次のとおり取得できなくなっていたのである.

f:id:garage-kid:20190910150522p:plain
今日(2019年9月10日)現在,なぜか暑さ指数の過去データが取得できなくなっていた.引用元:環境省熱中症予防情報サイト 過去データ-データリスト 東京(東京)

 というわけで暑さ指数(WGBT)の推移を過去データを取得することによって確認したくてもすることができないのではこの振り返りをすることを潔く諦めるほかはない.立派な大人のジェントルメンというものは潔いものである.

スポンサーリンク

 とはいえ実はボクは先日,今年の残暑はマジで厳しいのか?というクエスチョンを確認するために下記のエントリで実は暑さ指数(WGBT)の推移を確認していたのである.

 そしてそのときに確認した暑さ指数(WGBT)の推移が次のとおりである.

f:id:garage-kid:20190828162201p:plain
暑さ指数(WBGT)の実測値の推移(2019年7月1日から2019年8月28日まで)./環境省熱中症予防情報サイト 過去データ-データリスト 東京(東京)で公開されているデータより作成.

 このときにボクが思ったのは8月の下旬にはさすがに命の危険のある猛暑もピークを過ぎたということである.しかし暑さ指数(WGBT)の値はまだまだ「警戒」を怠ってはならない状況が続いていたので,ボクは命の危険のある猛暑の残暑は1日を通して暑さ指数(WGBT)が「ほぼ安全」といえるようになってはじめて残暑が終わったといえるようになると思ったものである.

f:id:garage-kid:20190910150546p:plain
仕方がないので2019年9月10日現在の環境省熱中症予防情報サイト グラフ-過去1週間 東京(東京)を取得した./引用元: 環境省熱中症予防情報サイト グラフ-過去1週間 東京(東京)

 そして過去データが今は取得することができないので一部データが駆けてしまうのであるのだけれど2019年8月28日以降の2019年9月4日から2019年9月10日までの暑さ指数(WGBT)の推移が上記のものである.

 これをみると見事に2019年9月9日の月曜日に台風15号「ファクサイ」が首都圏直撃したあとに台風一過で命の危険のある猛暑がもどってきてしまっている.残暑とは本来は秋分の日(2019年9月23日)までのことをさしていうのだけれど,ボクの定義するところの残暑ではいったいいつ頃になれば秋になったといえるのか,今の所さっぱり検討もつかないということがわかったものである.

スポンサーリンク

 さて,本稿は冒頭から「いかがでしたか?」で幕を開けているので「いかがでしたかブログ」と見分けがつかないものであるから,もう少しだけ命の危険のある猛暑に関してボクがなんだかよくわからないなと思っていることを書いておいてみたいと思う.

 1つ目のなんだかよくわからないことは上記の人工雪が暑さ対策になるか検証してみるよというものである.どうやら東京五輪2020の競技会場において観客席の屋根でカバーできるところを減らした結果,観客席が命の危険のある猛暑の直射日光の直撃をうけることがわかったということらしく,観客の熱中症対策のために競技当日には人工雪を降らせることによって暑さ対策になるかどうか,事前に暑さ指数(WGBT)がどれだけ下がるかを確認してみるというのである.

 この検証は2019年9月13日の金曜日に実施するようなのだけれど,どんな結果がでるものなのかボクは暑さ指数(WGBT)に関心があるので注視しておきたいと思っている.

 そしてもう1つのなんだかよくわからないことは東京五輪2020の会場の1つであるお台場の海が「トイレ臭い」と問題になっていることである.

f:id:garage-kid:20190911121225j:plain:w500
合流式下水道のイメージ./出典:五輪が照らす下水問題 お台場の海、降雨で水質悪化 (写真=共同) :日本経済新聞

 この件に関してはどうしてお台場の海が「トイレ臭い」というかそもそも人体に影響のあるレベルで汚染物質の温床になるのかということを同記事中にあった上記の図解ですごくよくわかったものなのだけれど,命の危険のある猛暑ではゲリラ豪雨がセットでついてくるものであるから,この図解の状況がこの状況のままならばお台場の海が命の危険のある猛暑の期間中に「トイレ臭い」というか人体に影響のあるレベルで汚染物質の温床なのは当たり前なんじゃね?と思ったものである.

ーーというわけで,命の危険のある猛暑(2019)の暑さ指数(WGBT)の推移を振り返ってみるついでに来年(2020年)の命の危険のある猛暑い開催される東京五輪2020に際して最近なんだかよくわからないなと思っていることについて紹介してみることをすることは以上である.

 いかがでしたか?それではまた会おう!さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.

 暑さ指数(WGBT)を確認することは命の危険のある猛暑下において自らの身の安全を確保する上において大変に重要な情報だとボクは思っている.というわけで暑さ指数(WGBT)の情報を確認できる環境省のサイトへのリンクを下記に付しておきたい.

追記.

 東京五輪2020の屋根が費用の関係で設置できなかった会場で降雪機で雪を降らせたら暑さ指数(WGBT)が下がるか?という実験をした件に関しては見事に暑さ指数(WGBT)は下がらなかったそうである.実験しないよりかは実験した方がいいわけだけれど暑さ指数(WGBT)が下がらなかったからには費用の関係で屋根を設置できなかった箇所には観客に払い戻しをするなりしてキチンと命を守ってもらったほうがよいのでは?とボクは思ったものである.

《本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

世界自殺予防デー(2019)を受けて断つ。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸2年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

世界自殺予防デー(2019)を受けて断つ.

 今日は2019年9月10日の火曜日である.

 今朝,ボクがツイッターを開いた際に次のツイートがトップで表示されていて気づいたのだけれど,どうやら今日(2019年9月10日)は世界自殺予防デーだったようである.

 おりしも先日,日本においてはお子様の自殺が夏休み終盤から夏休み明け,特に9月1日にピークになるというニュースを先日目にして,次のエントリを書いて以来,自殺予防・自殺防止というのは1つボクの中での関心事なのである.

 一応,上記のエントリでボクがどのようなことを書いたという要約をしておくと夏休み終盤から夏休み明けにかけてお子様の自殺が増えるというのは夏休みが長すぎるからではないかということであった.というのも夏休みが長くても1週間ほどしかとることのできない現役社会人世代は軒並み自殺死亡率が下がっていたからである.ちなみに休みはたいへんに大切なものであり嬉しいものだけれど休みすぎると日常生活への復帰がたいへんなストレスをともなうものになるものである.立派に成人した大人ですら休みすぎると休み明けがたいへんにストレスに感じるものであるのだから,お子様ならいわんやであるとボクは思うのである.夏休みという長過ぎる休みが明けると考えただけで夏休みの終盤から夏休み明けの1週間に生きることに絶望してしまうお子様がいたとしてもふしぎはないのである.というわけでボクからの提案はこまめに登校日をいれるなどして夏休みを長くなりすぎない工夫をしてみてはどうかということであった.少なからずボクはそれをやってみる価値はあるのではないかなと思っている.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 いきなり脱線してしまったわけなのだけれど,世界自殺予防デーだということを冒頭のツイートで気づく前,ボクは朝のNHKのニュースを観ていた際に下記のニュースを聴いた.

関係者によりますと、8日の未明、埼玉県川口市の小松田辰乃輔さん(15)が市内のマンションの敷地内で死亡しているのが見つかり、屋上から飛び降りたとみられるということです。
小松田さんは中学1年生だった3年前、部活動の先輩や同級生から悪口や仲間はずれなどのいじめを受けたと訴えましたが、学校の対応に失望し、自殺未遂を3回繰り返したということです。
その後、おととし11月になって、市の教育委員会は第三者委員会を設置し、いじめの調査を進めていました。
中学校を卒業した小松田さんは別の学校に通っていたということです。
自殺したあと、小松田さんの部屋から見つかったノートには、「教育委員会は大ウソつき。いじめた人を守ってウソばかりつかせる」と、教育委員会の対応を批判する内容が書かれていたということです。
川口市教育委員会指導課の三浦伸之課長は、「本人への聞き取りを要望していたが、話せる状況にないということで実現していませんでした。教育委員会への不信感を訴えて自殺したことを重く受け止め、対応に問題がなかったか確認したい」と話しています。
出典:“教育委員会は大ウソつき” 15歳男子生徒が自殺 埼玉 川口 | NHKニュース

 この記事からはわかりずらいのだけれど,他のメディアによって報じられた内容を併せて読むとどうやら市の教育委員会の対応が不適切なものであったようである.

 いじめを受けている被害者の方の自殺予防/自殺防止のために親・学校・自治体の教育委員会がいじめの被害者の味方に立たず一体誰が味方になるというのだろうか.この事件で不幸にも自殺されてしまった方の場合は唯一御両親が味方であったと手記につづっていらっしゃったようなので味方が1人もいないといった状況ではなかったようなのだけれど,それでも「裏切られた」と思わせてしまうような対応を学校および自治体の教育委員会がしていたのだろうという批判は免れないであろう.

 世界自殺防止デーに報じられた不幸な事件としてボクは本事件のことを記憶にとどめ今後も自殺予防/自殺防止のためにできることを考えていきたいと思っている.

 というわけで本稿では最後にそもそも自殺予防デーとはなにかということを掘り下げていってみたいと思う.

 まずボクが「世界自殺防止デー」でグーグル検索してみたところ発見したのが下記ののNHKの記事である.

10日はWHO=世界保健機関が定める「世界自殺予防デー」に当たります。各地では働く人たちの悩みに寄り添う無料の電話相談が行われています。
この電話相談は「世界自殺予防デー」に合わせて日本産業カウンセラー協会が10日から始めたものです。「働く人の電話相談室」として、全国19か所で無料で電話相談に応じています。
<略>
電話相談は12日までで、午前10時から午後10時まで受け付けています。
電話番号はフリーダイヤル0120-583-358です。
出典:「世界自殺予防デー」で無料電話相談 | NHKニュース

 どうやら世界自殺防止デーというものそのものはWHOが定めたものであるということである(なぜ9月10日なのかはここからは分からなかった).そしてこの世界自殺防止デーにあわせて無料の電話相談が設置されているとのことである.その相談窓口の電話番号があわせて紹介されていたので上記に引用している.

 またこの記事とは別で世界自殺予防デーについて調べていたところ,どうやら厚生労働省が世界自殺予防デーの9月10日を起点として9月16日までを自殺予防週間と定めていることを知った.厚労省によると自殺予防週間とは下記の通りのものだそうである.

1.自殺予防週間とは

 自殺対策を推進するためには、自殺について、誤解や偏見をなくし、正しい知識を普及啓発することが重要です。このため、自殺対策基本法では、9月10日から9月16日までを「自殺予防週間」と位置付け、国及び地方公共団体は、啓発活動を広く展開するものとし、それにふさわしい事業を実施するよう努めるものとすることとされています。
 また、平成29年7月25日に閣議決定した、「自殺総合対策大綱」では、国、地方公共団体、関係団体及び民間団体等が連携して「いのち支える自殺対策」という理念を前面に打ち出して啓発活動を推進し、あわせて、啓発事業によって援助を求めるに至った悩みを抱えた人が必要な支援を受けられるよう、支援策を重点的に実施することとされています。
出典:自殺予防週間(9月10日~16日)

 そしてこの上記の自殺予防週間の定義を読んでいると自殺対策基本法という法律が登場していたので,この法律にどのような目的で定められたもので,1人1人の国民がどのようなことをすることを求められているのかを確認してみることにした.

 まずは自殺対策基本法の目的に関しては下記のように書かれている.

(目的)
第一条 この法律は、近年、我が国において自殺による死亡者数が高い水準で推移している状況にあり、誰も自殺に追い込まれることのない社会の実現を目指して、これに対処していくことが重要な課題となっていることに鑑み、自殺対策に関し、基本理念を定め、及び国、地方公共団体等の責務を明らかにするとともに、自殺対策の基本となる事項を定めること等により、自殺対策を総合的に推進して、自殺の防止を図り、あわせて自殺者の親族等の支援の充実を図り、もって国民が健康で生きがいを持って暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的とする。

 まず目的に関しては上記のようなものであった.「国民が健康で生きがいを持って暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的」として制定された法律のようである.

 「自殺対策に関し、基本理念を定め」とあるので続く基本理念も引用する.

(基本理念)
第二条 自殺対策は、生きることの包括的な支援として、全ての人がかけがえのない個人として尊重されるとともに、生きる力を基礎として生きがいや希望を持って暮らすことができるよう、その妨げとなる諸要因の解消に資するための支援とそれを支えかつ促進するための環境の整備充実が幅広くかつ適切に図られることを旨として、実施されなければならない。
2 自殺対策は、自殺が個人的な問題としてのみ捉えられるべきものではなく、その背景に様々な社会的な要因があることを踏まえ、社会的な取組として実施されなければならない。
3 自殺対策は、自殺が多様かつ複合的な原因及び背景を有するものであることを踏まえ、単に精神保健的観点からのみならず、自殺の実態に即して実施されるようにしなければならない。
4 自殺対策は、自殺の事前予防、自殺発生の危機への対応及び自殺が発生した後又は自殺が未遂に終わった後の事後対応の各段階に応じた効果的な施策として実施されなければならない。
5 自殺対策は、保健、医療、福祉、教育、労働その他の関連施策との有機的な連携が図られ、総合的に実施されなければならない。

 基本理念ではあたりまえではあるのだけれどいきなり重要なことが書かれていた.「全ての人がかけがえのない個人として尊重されるとともに、生きる力を基礎として生きがいや希望を持って暮らすことができるよう、その妨げとなる諸要因の解消に資するための支援とそれを支えかつ促進するための環境の整備充実が幅広くかつ適切に図られることを旨として、実施されなければならない。」とのことである.そして「国民が健康で生きがいを持って暮らすこと」の「妨げとなる諸要因」というもののわかりやすい事例がそれこそ「いじめ」であるのでそういった「諸要因の解消に資するための支援とそれを支えかつ促進するための環境の整備充実が幅広くかつ適切に図られる」ように我々は努められなければならないということである.

 そして「5 自殺対策は、保健、医療、福祉、教育、労働その他の関連施策との有機的な連携が図られ、総合的に実施されなければならない」というからには本稿内で触れた埼玉川口での事件にあたっては学校(教育)との間の有機的な連携が図られなかったゆえに起きた事件であるので,埼玉県と川口市,学校および市の教育委員会はいじめの事実関係の調査を引き続き行うことはもちろん再発防止のためになにができるかということを突き詰めていってほしいと思うものである.

(国民の責務)
第五条 国民は、生きることの包括的な支援としての自殺対策の重要性に関する理解と関心を深めるよう努めるものとする。

 最後に国民の責務を引用するのだけれど「生きることの包括的な支援としての自殺対策の重要性に関する理解と関心を深めるよう努める」ことが1人1人の国民の責務としてもとめられているものであるから,今後もことあるごとに「生きることの包括的な支援としての自殺対策の重要性に関する理解と関心を深めるよう努める」ということをボクは継続していってみたいと思っている.

 ちなみに自殺対策基本法はそれほど長い内容ではないし「自殺予防週間及び自殺対策強化月間」を設ける旨もこの中で規定されていたりする.ボクのように一度もまだ読んだことがなかったという方々には一度目を通してみるといったことをしてみるとよいのではないかと思ったものである.

 国民1人1人がその責務としての「生きることの包括的な支援としての自殺対策の重要性に関する理解と関心を深めるよう努める」ことをしたならば,もっと生きやすい社会が実現されるのではないかと思うものである.

ーー以上である.それではまた会おう!さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.
本稿を書くにあたって参考にしたリンク.
埼玉川口で15歳男子生徒が自殺「教育委員会は大ウソつき」と書き残していた事件を報じた記事.

 CEEK.JP NEWS - 検索 : 自殺 教育委員会を今日(2019年9月10日)検索してヒットした記事を可能な限り網羅した.

 上記の記事のリスト中から気になった箇所を引用する.

 市教委がいじめ防止対策推進法に基づく第三者委を設置したのは、小松田さんが3度目の自殺未遂を図った後の2017年11月。委員会を何回も開いていたが、小松田さん側には設置したことも伝えていなかった。当時の市教委は「設置時に伝えた」としていたが、小松田さん側は「まったく説明はない。実態がないのでは」と反発。市教委は一転して昨年10月、伝えていなかったことを認めて「近く伝える」とした。
 しかし、9日に取材に応じた市教委によると、実際に伝えたのは第三者委が設置されてから1年以上経過していた今年1月。小松田さん側が「本当は設置していないのでは」と不信感を持ち、今年2月に第三者委の事情聴取の要請を断ると、そのままにしていたことも明らかにした。
出典:埼玉)「市教委は大ウソつき」と非難 死亡した男子生徒:朝日新聞デジタル

 上記の記事によるとNHKの記事ではわからなかったことなのだけれど市の教育委員会がやる責務を果たしていなかったということが伺い知れるものである.第三者委員会が設置されていたような記述があるので第三者委員会がどのような調査を行いまとめていたのかが気になるところではあるので深掘りしておいたほうがよさそうではあるものである.

女性は、いじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」として市教委が市長に報告したのが最初の自殺未遂から一年以上後だったことに触れ「本来は、いじめの疑いを持ってすぐに報告し、調査委員会を設置すべきだった」と対応を批判した。
出典:東京新聞:川口いじめ 少年自殺 支援者会見「大人の責任放棄で悲劇」:埼玉(TOKYO Web)

 次に市の教育委員会だけでなく市もやるべき責務を全うしなかったのでは?という問題提起がなされているのが上記の記事である.

 そしてこれらの記事を読んでいると,自殺対策基本法とはまた別にいじめ防止対策推進法というものがあることが分かる.そしていじめ防止対策推進法に基づく「重大事態」とは次の同法二十八条のことを指していっていると思われるのだけれど,これを読む限り確かにこの埼玉県川口市の学校は適切に「重大事態」に対処したとはいえなさそうだ.防ぐことのできた自殺を防げなかったことはこの学校の過失であると思うのだけれど,同校が今後どのように自殺した生徒さんの御遺族と向かい合っていくのか気にとどめておきたいと思う.

第五章 重大事態への対処

(学校の設置者又はその設置する学校による対処)
第二十八条 学校の設置者又はその設置する学校は、次に掲げる場合には、その事態(以下「重大事態」という。)に対処し、及び当該重大事態と同種の事態の発生の防止に資するため、速やかに、当該学校の設置者又はその設置する学校の下に組織を設け、質問票の使用その他の適切な方法により当該重大事態に係る事実関係を明確にするための調査を行うものとする。
一 いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき。
二 いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき。
2 学校の設置者又はその設置する学校は、前項の規定による調査を行ったときは、当該調査に係るいじめを受けた児童等及びその保護者に対し、当該調査に係る重大事態の事実関係等その他の必要な情報を適切に提供するものとする。
3 第一項の規定により学校が調査を行う場合においては、当該学校の設置者は、同項の規定による調査及び前項の規定による情報の提供について必要な指導及び支援を行うものとする。
出典:いじめ防止対策推進法

《本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

企業や教育機関が台風等の災害時に不要不急の通勤通学を求めることに法的規制を求めたい。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸2年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

通勤通学困難者が出ないように企業や教育機関が台風等の災害時に不要不急の通勤通学を求めることに法的規制を求めたい.

 今日は2019年9月9日の月曜日である.

 本来であればボクは日本の首都東京のどこかにヘッドクオーターオフィスのある企業で働くサラリーメンであるので朝5時半には起床して朝6時半前にウチなるインナーワールド最寄りの駅から痛勤するという早朝時差ビズをしていたところであったわけなのだけれど,超大型台風15号「ファクサイ」が前日の昨日(2019年9月8日)の夜半過ぎから首都圏を直撃することが天気予報等で事前にわかっていたので,直属の上司であるブチョーに在宅勤務の許可をとり,今日(2019年9月9日)は1日在宅で勤務をしていたものである.

 今日(2019年9月9日)ボクが在宅勤務をすることを決めるに至るまでの詳細については前日つまりは昨日(2019年9月8日)の上記エントリに書いてある.なので割愛する.ウチの会社では働き方改革が発展途上であるので,災害等の非常事態を除いては在宅勤務が許可されていないわけなのだけれど,直属の上司に了解をとることができれば例え人事メンが「身の安全を第一に考え自らの判断で出社するか否かを判断してください」といった主旨の非常に曖昧でむつかしい判断を求めてきたとしても,その内容を自分自身に最も都合よく解釈し「身の安全を第一に考え」た結果「在宅勤務」を判断することができたわけであるので,ちょっと高度な頭脳戦を強いられて疲弊した感は否めないけれど,もっとはっきりと人事メンに「身の安全を第一に考え在宅勤務をしてください」であったり「身の安全を第一に考え本日は休日とします」といったことを宣言してほしかったりしたわけなのだけれど,ボクは立派なジェントルメンであるので会社のためにも自分のためにも最も最適な選択肢である「在宅勤務」を選択することができたわけでるから,人事メンには「ネバーマインド」「次こそはもっと端的かつ直截な物言いでわかりやすい指示をお願いね」「ピース・ピース!」と心の中で思ったものである.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 で,ここからが本題であるわけなのだけれど,昨日(2019年9月8日)の夜半から今日(2019年9月9日)の午前中にかけて首都圏を直撃した台風15号「ファクサイ」は文字通り首都圏に甚大な被害をもたらしたわけなのだけれど,ボクは自分自身が早々に在宅勤務を直属の上司であるブチョーに許可を得て今日(2019年9月9日)1日をウチなるインナーワールドでオシゴトがんばるぞいして過ごすことができたものであるから,ボクはこのボクのボクによるボクのための判断を絶対的全体としての正解であったという確信があるものである.

 しかし例えば今日(2019年9月9日)ボクがオシゴトがんばるぞいしながら時折ツイッターを眺めたりラジオを聴いていたところによると「電車遅延」「満員電車」「地獄絵図」といったような言葉が並んでいたのである.どうやらこの世の中には台風という災害は過ぎ去ってしまえばスグに安全になると思っている人びとが沢山いらっしゃるようであり,無理して通勤通学しようと運転再開した公共交通機関に雪崩のように押し寄せたようなのである.

 そしてこんなことはそもそも本来釈迦に説法のような話であるので書くのも無駄な話ではあるのだけれど,台風にかぎらない災害,わかりやすい例で言うと地震などといった災害は2次災害というものがあるのである.台風の場合だとわかりやすいところで河川の増水・氾濫・洪水,海の高波,山ならば土砂災害,平地でも木や電信柱が倒れたり,看板などが飛んだり,そういった2次災害がさらに原因となって停電や火災といったこともあり得るものである.余談ではあるのだけれど,ここで書いたようなことは台風15号「ファクサイ」の影響で全部起きた2次災害である.

 というわけで台風という災害は台風が通過したからそれで安全という話ではないものであるから,ボクは鉄道その他の公共交通機関が再開しようとも1次,2次災害の復旧にあたらなければならないようなオシゴトにあたるような人びとだけが利用するべきだと思っており,通勤や通学が不要不急である人びとに関しては皆あまねく休みないし在宅勤務という形で自宅待機するべきではないかなと思うものである.

 なによりボクがおかしいなと思うのが,東関東大震災のときの教訓を受けて帰宅困難になった人びとを救うための条例というものはあるにも関わらず,その逆の朝の通勤通学困難になった人びとを救うための条例というものがないことである.

 たとえば上記の東京都の帰宅困難者のハンドブックを読むと「むやみに移動を開始しない」という基本原則が述べられているのだけれど,これは帰宅が困難になったときにだけ言える話ではないのである.災害時に家にいて,翌日出社するかどうかというのはこの「むやみに移動を開始しない」という基本原則に則った上でボクは適切に判断されなければならないと思うのである.

 というわけでボクが今回の台風15号「ファクサイ」のあとの「電車遅延」「満員電車」「地獄絵図」を観ていて思ったのは企業や教育機関が台風等の災害時に不要不急の通勤通学を求めるようなことをすることに対して最低でも自治体レベルの条例で規制をするようにしたらよいのではないかということなのである.少なくともウチの人事メンのように「自らの判断で出社するか否かを判断してください」などという無責任極まりないメッセージを送るのではなく前述したような「身の安全を第一に考え在宅勤務をしてください」であったり「身の安全を第一に考え本日は休日とします」といった判断をすることを行政が指導するといったことをボクはしてほしいなと思うものなのである.

 そしてそういった行政による指導が行き届いたならば,その行政の指導という補助輪なしでも自分たちでもって人びとが適切な判断をすることにより災害時に「むやみに移動を開始しない」という基本原則が守られるようになるとボクは思うものである.

ーー以上である.とはいえボク自身はといえば今後も今日と同様に台風や地震等の災害時には無理して出社するということは絶対にしないようにしたいと思っている.大切なのはまず第一に我が生命であり,家族の命である.生活を営む上のエネルギー源たるマネーを稼ぐための仕事は大切だし,そのマネーという名のサラリーを支払ってくれる会社も大切ではあるわけなのだけれど,それは命より優先されるものではボクはないと思うのである.

 ではまた会おう,さらばだ諸賢!災害時には「むやみに移動を開始しない」という基本原則を守るようにして自らの命を守る行動を適切にとれるようにしてもらいたい!!

スポンサーリンク

参考.

 以降はボク自身が今後また台風が首都圏直撃した際に,直前になって対策を慌ててすることのないように,台風15号「ファクサイ」(2019)によって起きた2次災害について報じたものをまとめておくものである.ちなみにCEEK.JP NEWS - 検索 : 台風で検索したものの中で主にNHKの記事を集めてみている(モレなくダブりなく網羅するものではない).

鉄道運休.
暴風(倒木や電信柱が倒れたといった被害.屋根が吹き飛んだといった被害).
記録的暴風各地で観測史上1位に

台風15号の影響で、関東や伊豆諸島の各地で記録的な暴風となりました。
各地の最大瞬間風速です。
千葉市では、午前4時半ごろに57.5メートルを観測し、昭和41年に統計を取り始めてから最も強くなりました。
また、千葉県木更津市で午前3時前に観測史上1位となる49メートル、千葉県館山市で午前2時半ごろに48.8メートル、千葉県の成田空港で午前5時半ごろに観測史上1位となる45.8メートル、東京・羽田空港で午前3時半ごろに観測史上1位となる43.2メートル、横浜市で午前3時すぎに41.8メートル、神奈川県三浦市で午前1時半ごろに観測史上1位となる41.7メートルを観測しました。
東京都内でも、江戸川区で午前4時すぎに36.5メートル、八王子市で午前3時すぎに33.3メートル、東京の都心で午前3時半ごろに31.4メートルを観測しました。
茨城県でも、龍ケ崎市で午前5時すぎに36.9メートル、鹿嶋市で午前7時前に36.6メートルと、いずれも観測史上1位の記録を更新しました。
伊豆諸島でも、神津島で8日夜9時すぎに観測史上1位となる58.1メートル、三宅島の坪田で8日夜10時すぎに観測史上1位となる48.4メートル、伊豆大島で午前1時すぎに47.1メートルの最大瞬間風速を観測しました。

洪水.
大規模停電.
火災.
通勤通学を含む移動困難.
台風一過.
システム障害.
その他.
リツイート2万件 「クソ企業『各自で判断を』」

中でも、「ホワイト企業『休んでいいよ』、ブラック企業『出勤しろよ』、グレー企業『連絡なし』クソ企業『各自で判断をお願いします』」というツイートは、9日午後2時の時点で2万件以上、リツイートされるなど多くの人の共感を呼んでいます。

 この話題のツイートの定義でいくとウチの会社はクソ企業になるわけなのだけれど,ボクは「各自の判断してよい」という意見を自分に都合よく解釈して身の安全を第一に考えた結果,最良の判断として今日(2019年9月9日)は1日在宅勤務することができたわけであるので,当然本稿途中で述べたとおり「各自で判断」というアナウンスは曖昧で無責任であるから次回以降は改めて欲しいとは思いつつも「クソ」とまでいうのは過言じゃね?と思ったものである.

 この件も各自治体に任されているというのであれば各自治体が適切な条例を設けることが求められているのではないのかなとボクは思ったものである.災害時には「むやみに移動を開始しない」という基本原則を守るようにしよう.

五大全国紙での社説でも台風15号「ファクサイ」後の通勤困難に触れられていたので紹介する.

 ボクの意見は毎日新聞に近いものである.「災害に見舞われながらも何とかして出社しようとするのは、日本人の勤勉さの表れだろう。文句も言わず長時間列に並んでいられるのは、日本人の冷静さの証明かもしれない。しかし、駅でただ待機していたのでは、本人にとっても企業にとっても、時間を浪費しているだけだ。こういう日は会社に行かなくていい、来なくていいと従業員も企業も当たり前に考えられないだろうか。」というあたりはおっしゃるとおりだと思うものである.そしてそれを気兼ねなくすることができるための包括的な仕組みが必要とされているとボクは思うのである.そして何度でもたっぷりというのだけれど都道府県レベルの自治体が災害時の通勤困難者対策のための条例を設けるべきであるというのがボクからの提案である.

 このハザードバッグはウチに常備されているものである.使う機会は今のところないのだけれど,使う機会がないことがむしろよいことなのである.

《本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

台風15号「ファクサイ」は首都圏直撃し記録的な暴風のおそれがあるというので在宅勤務をすることに決めた。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸2年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

台風15号「ファクサイ」は首都圏直撃し記録的な暴風のおそれがあるというので2019年9月9日は在宅勤務をすることに決めた

 今日は2019年9月8日の日曜日である.

 ボクは日本の首都東京のどこかにヘッドクオーターオフィスのある企業で働くエクストリームサラリーメンであるので,当然ながら明日の月曜日は通常ならばオフィス出勤せねばならない.

 しかし実は今,大型の台風15号「」がかつてないほどの記録的な暴風をもたらし首都圏を直撃すると言われている.その台風の規模たるや首都圏直撃時に960ヘクトパスカルと予測されており最大瞬間風速は50メートルにもおよぶという.またここまで巨大な台風が日本の首都圏直撃するのは過去に例が4例ほどしかないらしい.というわけで先週の金曜日(2019年9月6日)の時点の天気予報からそれは予測されていたことであるので,実はボクは無理して明日の月曜日は出勤しなくてもよいように会社のラップトップPCを持ち帰ってきていた.ようは明日の月曜日は週末金曜日の時点から在宅勤務をする気で満々だったということである.

スポンサーリンク

 余談ではあるのだけれどエクストリームサラリーメンというのは地震や台風が首都圏を襲ったときにも命の危険もかえりみずに痛勤を決行するなんだかよくわからないサラリーメンのことを指していうものではないとボクは思っている.むしろ最低限の身の安全の確保は自助努力によって自らの裁量で決めることができるサラリーメンのことをボクはエクストリームサラリーメンと呼ぶことにしている.というわけで,もしかしたらこのあと首都圏直撃した台風も明日の月曜日の朝には首都圏を通り過ぎてしまっているかもしれないけれど,ボクは確実に自らの身の安全の確保をするために無理に痛勤することを潔しとせず前日から在宅勤務の準備を着々と進めているというわけだ.

 例えば少し時間は遡るわけなのだけれど,ウチの会社には従業員のためのポータルサイトというものがあり,そのサイト上で台風や地震に際してどう対処するべきかといったことが人事メンからアナウンスメントされたりするわけなのだけれど,驚くなかれ先週の金曜日の時点にアナウンスメントされた人事メンによる台風15号が首都圏直撃するかもしれないねということに対するアナウンスメントは「台風の経路に注意してね」といったことくらいしか書かれていなかったのである.そしてたいへんにザンネンなことに待てど暮らせどその内容は昨日,つまりは土曜日は最後まで更新されなかったし,日曜日の今日に至っても午後を過ぎても更新されなかったのである.正直「台風の経路に注意してね」というアナウンスメントだけではどうすればよいのかよくわからないという話である.なのでボクは自分自身の裁量の下において自分自身の身の安全の確保を第一に考え,無理して痛勤をすることを潔く諦めることとし,今に至ってはスデにもう明日の月曜日は在宅勤務をすることに完全に決めて上司であるブチョーにはスデに連絡了解をとりつけている状態にあるといったところである.

 そもそも論でいうとボクは必ずしも毎日オフィスに行かなければ仕事ができないような類の仕事をしていないわけである(どんな仕事をボクがしているかについてはボクのプライバシー保護の観点から詳細な説明を差し控えるわけなのだけれど,一切オフィスに行かなくても仕事ができるような類の仕事でもない).だから台風によって身の安全が危険に晒されるかもしれない時にわざわざあえて狙いすましてオフィス痛勤するという判断をするということは自ら自分の身を危険に晒しにいくような自殺行為となるわけである.ボクはそんななんだかよくわからない自殺行為をすることを潔く諦めたということである.立派な大人のジェントルメンというものは潔いものであり,自分の身の安全を守るための適切な判断を的確に行えるものである.つまりボクは立派なジェントルメンたらんとしているというわけだ.

スポンサーリンク

 本稿にオチもスベリも特にないものであるからそろそろ本稿もオシマイにしていこうとおもうわけなのだけれど,明日の月曜日に在宅勤務をすることに決めた以外に首都圏直撃し記録的な暴風をもたらすと予測されている台風15号「ファクサイ」対策としてボクが防災のために確認したり準備しておいたことを今後同様の大型台風が首都圏直撃したときのために記録しておきたい.

台風15号「ファクサイ」対策のためにやったこと.
  • ヤフー防災アプリで確認したこと.
    • ハザードマップの確認.
    • 避難場所の確認.
  • 物干し竿をおろす.
  • スマートフォンやモバイルバッテリーをフル充電しておく(万が一の停電に備えて).
  • エアコンの日除けカバーをしまう(強風で飛んでいってしまうかもしれないので).
  • カーテンをしめる(割れないとは信じているけれどガラスが割れたときのために).
  • (雨戸のようなものがあるところはちゃんと)雨戸をしめる.
  • 翌日は無理して痛勤しない(在宅勤務に決めた).

ーー以上である.いざというときにザンネンながら会社が自分を守ってくれるとは限らない.生きる糧となるマネーを稼ぐために会社と仕事は大事であるわけだけれど,自分自身の命,家族の命はそれより優先されなければならないとボクは思っている.

 災害時にはまずは自分たちの身は自分で守ろう.そしてそのためにできる自助努力は最大限するようにしよう.間違っても台風のときに地下に閉じこもったりはしてはならないし,エレベーターを利用してもならない.河川や海の様子を見に行くといったことはもっての他である.

 なにはともあれ自らの身の安全を第一優先に,余裕があるならば他人の命も守って差し上げてもらいたい.それではまた会おう,さらばだ諸賢!無事を祈る!!

参考.

Yahoo!防災速報

Yahoo!防災速報

  • Yahoo Japan Corp.
  • 天気
  • 無料

 防災アプリは数あるけれど,ボクが現時点において最も重宝して利用しているのは上記のヤフー防災アプリである.

 素直に気象の専門家のいうことは聞こう.

 わりと早い段階から気象の専門家の方がたは台風「ファクサイ」に警鐘を鳴らしていた.専門家の言うことは聞こう.

中村予報官は、「今は晴れていても夜には一気に世界が変わって猛烈な風や猛烈な雨となるおそれもある。明るいうちににベランダにある飛ばされそうなものをしまい、雨戸を閉めるなど暴風への備えを進め、風が強まる時間帯は不要不急の外出は控えてほしい」と話しました。
そのうえで中村予報官は、「首都圏を含め記録的な暴風となるおそれがあり、暴風・大雨・高波に厳重な警戒が必要だ。自分の命、大切な人の命を守るため、風が強まる前に暴風に備え、自治体の避難の情報に従って早め早めの避難や安全確保を心がけてほしい」と呼びかけました。

 東海道新幹線はたいへんに賢明な判断を迅速にしたとボクは思った.

 JR東日本の英断によってボクは在宅勤務を堂々とできるようになった.ありがとうJR東日本!

《本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.ちなみに本稿を書き終わってしばらく経った頃に人事メンから全スタッフ向けに「身の安全を第一に上司に報告の上,自宅待機を可能とする」という主旨のメッセージが配信されてきた.スデにボクは上司に報告済みであったので,これで堂々と在宅勤務できるものである.ありがとう人事メン!》

腸トレとタンパク質補給を兼ねてオイコスやザ・グリークヨーグルトを食しているのだけれどコンビニにはプレーン・砂糖不使用が売ってなくて困る。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸2年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

腸トレとタンパク質補給を兼ねて平日は毎日オイコスやザ・グリークヨーグルトを食しているのだけれどコンビニにはプレーン・砂糖不使用が売ってなくて困る.

 唐突ではあるのだけれど,やぶから棒ではあるのだけれど,ボクは最低限度の健康で文化的なライフを植物のような心でタンタンとメンタルしっかり平穏に暮らすことを人生という名のライフの根源的な欲求に掲げるところのタンタンメンである.

 というわけで最低限度の健康なカラダを維持,あわよくば増強していくためにボクは日々マッソーを追い込み,野菜350gタンパク質140g糖質ヒカエメ・アブラヒカエメ・エンブンヒカエメのライフをこれまで続けてきた.

 この野菜350gタンパク質140g糖質ヒカエメ・アブラヒカエメ・エンブンヒカエメのライフをタンタンとメンタルしっかり継続してきたことによって少なからず本ブログを書き始めてより3年の間には大病を患うこともなく会社で受けている健康診断の結果も良好に暮らすことができているので,今のところこの生活の基本軸を改める必要はないかなと思っている.

 しかしあえて意識してみてもいいかなと最近思い始めたのが腸内環境改善かなといったところである.

 ボクはdマガジンという雑誌読み放題のサブスクリプションを利用していて,その中で愛読している雑誌のうちのひとつがターザンなわけなのだけれど,ちょうどその最新号における特集が「腸活」であったがゆえにちょっと腸内環境改善を考えてみようかなと思ったことは否定しないものである.

 ちなみにこのターザンで書かれていた腸内環境改善の話は難解であった.腸内環境を決める腸内細菌のバランスというものは千差万別でありその人に適した腸内細菌のバランスを整えるために食べるべき食事というものは色々と食べながら試すしかないといったようなことが書かれていた.

 そしてそんな食べる腸トレとして3つのキーワード「レジスタントスターチ」「シンバイオティクス」そして「フォドマップ」が紹介されていたわけなのだけれど,その中で1番ボクがわかりやすく実践しやすいのではないかなと思ったのが「シンバイオティクス」であったので,というかフツーにヨーグルトとか納豆とか善玉菌の代表格である乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を食ってりゃいいんじゃねという話だったので,それをよりより意識してやってみようかなと思った次第である.ちなみに最後の「フォドマップ」を読むとヨーグルトは高フォドマップでダメみたいなことが書かれていたりしていて,結局どうすりゃええねんとツッコミを入れたくなってしまったわけなのだけれど「フォドマップ」は腸にいいという食材を食べても効果がないという場合に考えるべきことのようにボクは解釈したので今回はスルーすることにした.

スポンサーリンク

 閑話休題.

 というわけでボクは毎日マッソーを追い込んでマッソーを育てるためにタンパク質140g/日を摂取することを目標にこれまで毎日タンパク質マシマシな食事をしてきたわけなのだけれど,タンパク質マシマシが実現できて乳酸菌やビフィズス菌も漏れなく摂れる食品といったらやはり前述したとおりヨーグルト,納豆であったわけなのでより意識してヨーグルト及び納豆を食すことにしたものである.

 ちなみに本稿はオチもスベリもなにもないので,ここでいきなり件の腸活のための腸トレ食事のうえでの課題の話になるわけなのだけれど,実はボクはヨーグルトは平日はオフィスランチのあとにオフィス近接のコンビニで買うオイコスないしザ・グリークヨーグルトを食しているわけなのだけれど,ボクはできればオイコスならばプレーンの無糖タイプを食したいし,ザ・グリークヨーグルトも同じくプレーンの無糖タイプを食したいのである.

 しかし,ところがどっこいである.おそらくコンビニというようなマジョリティの支持が得られる商品を厳選して販売しなければならないような店舗では万人受けする加糖タイプのオイコスやザ・グリークヨーグルトしか売っていないのである.ボクはコンビニの運営側のインサイダーではないので本当のところは分からないのだけれど,少なからずボクが勤めている日本の首都東京のどこかにあるヘッドクオーターオフィスの近くにあるセブンイレブン,ローソンそしてファミリーマートでは加糖タイプのオイコスまたはザ・グリークヨーグルトしかおいていないのである.

 というわけでしかたなんく毎日ボクはよりタンパク質の量が多いオイコスの方を平日はランチの後に買って食しているわけなのだけれど,できればよりタンパク質量の多い無糖タイプのプレーンが食したいので不満が募っているというわけなのである.

 いわゆるスーパーのようにお客様の声をどこかにポストするところがあるのならばウチのオフィス近接のコンビニに無糖タイプのオイコスないしザ・グリークヨーグルトをおいてもらえないかと投書したいところではあったりするのだけれど,おそらく物流雨の効率を考えたら投書したところで無駄であろう.

 願わくばこの世界に加糖タイプよりも無糖タイプがマジョリティという名の覇権を獲る日がくることを願うばかりである.軽佻浮薄な甘ったるいオイコスやザ・グリークヨーグルトではなくストイックでプレーンなオイコスやザ・グリークヨーグルトこそが指示されるべきである.少なくともボクは力強くそれを主張したい.

 では本稿はオチもスベリもないので以上である.願わくばオイコスやザ・グリークヨーグルトがボクの腸内に滞り無くスムーズに「シンバイオティクス」よろしく乳酸菌やビフィズス菌を送り届けることのできるヨーグルトであると願うばかりである.それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.

 アマゾンフレッシュでAmazon.co.jp: [冷蔵]ダノンジャパン ダノンオイコス 脂肪0 プレーン・砂糖不使用 110gを買うという手段もある.しかしアマゾンフレッシュの対応エリアは限られているので注意が必要だ.

現在、東京都・神奈川県・千葉県の対象エリアにてご利用いただけます。対象エリアは、引き続き拡大いたします。
東京都 : 世田谷区・目黒区・千代田区・中央区・台東区・墨田区・江東区・渋谷区・品川区・大田区・港区・杉並区・新宿区・文京区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・調布市・狛江市
神奈川県 : 川崎市(高津区・中原区・多摩区・宮前区・川崎区・幸区・麻生区)、横浜市(西区・神奈川区・港北区・中区・都筑区・緑区・鶴見区・南区・磯子区・保土ケ谷区・旭区・青葉区)
千葉県 : 浦安市、市川市

 なぜなら今日(2019年9月7日)現在の対応エリアは上記のみだからである(Amazonフレッシュのサービスについて | よくあるご質問 | Amazonフレッシュ - アマゾンより).

《本稿はお題「どうしても言いたい!」によせて書きました.》

北海道胆振東部地震から1年、その教訓を再確認する。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともないヒューメンだ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が令(うるわ)しく平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい.
 
 外でラーメン食うに食えない誓約とはてなブックマークしたくてもすることができない制約をもって異世界転生したボクは丸2年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

北海道胆振東部地震から1年,その教訓を再確認する.

 今日は2019年9月6日の金曜日.

 もう少し暑さが和らいだ時期に発生した地震だったように思っていたのだけれど,大規模停電(ブラックアウト)や土砂崩れの被害が甚大だった北海道胆振東部地震から丸1年が経ったそうである.

 ボクは日本経済新聞を有料サブスクライブしているメンであるので,日本経済新聞においては北海道胆振東部地震は次のように解説されていたので引用して紹介したい.

▼北海道地震 2018年9月6日午前3時7分に発生し、厚真町で震度7、安平町とむかわ町で震度6強を観測した。土砂崩れなどで41人が死亡し、3人が災害関連死と認定された。道によると8月末現在で6市町の986人が仮設住宅で暮らしている。
住宅被害は5日現在、全半壊2215戸、一部損壊2万2741戸。内陸部の札幌市清田区は大規模な液状化に見舞われ、住宅が傾いたり道路が陥没したりした。
避難指示は最大で185世帯338人、避難勧告は972世帯2061人に出された。5日現在、安平町の13世帯32人に避難指示が継続中。町は住宅に近い斜面の補強工事を進め、11月以降に順次解除する方針。
引用元:北海道地震とは  :日本経済新聞

 ボクが特にこの北海道胆振東部地震の被害に関して印象に深く残っているのは地震が起きた地域だけでなく北海道全域を巻き込んだ大規模停電が起きたことである.なので決済をキャッシュレスに一本化していたという方が停電時に決済手段が一切なくなってしまい人生が詰んだといった笑ってはいけないけれどなんだかよくわからないことが起きたことが話題になったことをよく覚えている.そのことからボクが北海道胆振東部地震に学んだのはアナログとデジタルはどちらかだけに極端に寄せるようなことをしてはならないということだった.少なからず決済手段に関していえば平常時はキャッシュレス決済が圧倒的に便利であるのだけれど,災害時に電気が通じなくなってしまった際には一切の決済ができなくなってしまうので人生がつんでしまうのである.リスクは常に分散するべし.決済手段は平常時であっても最低限の決済くらいはできるように(コンビニやスーパーで食料や日用品は買えるくらい程度の最低限度)リアルマネーを携帯するべきであるということである.

 逆にこの解説を読むまで記憶にあまりのこっていなかったのが北海道胆振東部地震の際に大規模な液状化が発生していたことである(その関係で液状化リスク示す「盛り土マップ」自治体の3割が未公表だということがニュースになっていたりもしたのだけれどそのことは後述にて再度触れたい).

スポンサーリンク

 閑話休題.

 ではここから北海道胆振東部地震から1年経って,北海道胆振東部地震からの教訓を再確認していこうと思うわけなのだけれど,こうした大きな災害・インシデントの教訓に関しては国を代表するメディアの社説を読むことで学ぶことができるのではないかとボクは思っている.

 なので例によって五大全国紙の社説を確認していこうとおもうわけなのだけれど,例によってボクが有料サブスクライブしている日本経済新聞は北海道胆振東部地震から1年の今日(2019年9月6日),北海道胆振東部地震のことを振り返って読者の防災意識を高めようということはしていなかった.

 そんな日本経済新聞が今日(2019年9月6日)の社説で取り上げていたトピックは次の2件であった.

 ちなみに香港デモの件を今日(2019年9月6日)とりあげるのは理解できるとして,サンマの乱獲を防ごうというのは大事ではあるけれど北海道胆振東部地震のことをそっちのけで書かなければならないトピックなのかというと甚だボクは疑問に感じたものである.

 とはいえ,この点は2019年9月1日にも日本経済新聞では「防災の日」に防災らしいことを社説では書かなかったことをボクは確認しているので,日本経済新聞に読者が読者自身の身の安全を守るために防災意識を高めたり,自衛の意識を高めたりといったことを啓発する意思はなさそうと解釈することにボクはしたわけであるので,このあたりは日本における他のメジャーな全国紙,つまりは五大全国紙に期待をして常に社説を読み比べることをしていきたいと思う.

スポンサーリンク

 というわけで以降に日本経済新聞以外の五大全国紙がどのような社説を今日(2019年9月6日)公開していたのかを確認していこうと思う.

朝日新聞.
毎日新聞.
読売新聞.
産経新聞.

ーー以上である.

スポンサーリンク

 前述したとおり2019年9月1日にも同様のことを調べたボクにとっては驚きがなかったことなのだけれど,今日(2019年9月6日)の社説で北海道胆振東部地震に触れていたのは朝日新聞だけだった.

 個人でできる備えもある。食料品や生活必需品の備蓄、カセットコンロの常備などだ。マンションの水道が電気でくみ上げる方式なのかなど、自宅への影響も確認しておきたい。
引用元:(社説)大停電1年 教訓くみ備えと支えを:朝日新聞デジタル.

 その朝日新聞でとりあげられていた個人としてできる備えは上記のようなものである.当たり前ではあるわけなのだけれど防災グッズはキチンと揃えておいた上で,食料品の備蓄に関してはローリングストックで常に賞味期限切れが起きないようにしておく必要があるということである.

 北海道胆振東部地震の際にはブラックアウトが起きたことによって地震の被害を受けていなかった地域でも電気というライフラインが止まる場合があるということに備えが必要であることが露呈したわけである.なによりこの季節,まだまだ命の危険のある猛暑の残暑が厳しい時期に停電が起きたならばエアコンをつけたくてもつけることができなくなるわけであるのでよりよりエアコンが効かない環境下で熱中症にならないためにどうすればいいのかということを考えておかなければならないだろう.

 朝日新聞の社説の指摘の通り電気で水道をくみ上げる仕組みのマンションに住んでいないかというのは確認しておかないと下手したらエアコンがつけたくてもつけられない上に水も飲めないという,それこそ人生詰んだシチュエーションに追い込まれてしまうわけである.2-3日断水されても飲水に困らないような飲料水の備蓄と,大容量の充電池などを常にフル充電されているようにしておいたほうがいいということだろう.

 また土砂崩れと液状化に関してであるのだけれど,前者はハザードマップを確認した上でどこに住むかを決めるべきという話であり,避難所の場所等も確認しておかなければならないであろう.液状化のリスクに関しては「盛り土マップ」というもので確認できることになっているらしいのだけれど,次の記事によると自治体の3割が未公表だそうなので,自分の暮らしている地域において「盛り土マップ」が公表されているか否かを確認しておいた方がよいだろう.

 最後に朝日新聞の社説やボクが読んだ北海道胆振東部地震から1年経ったことに関して書いている記事で読んだ範囲ではみかけなかった北海道胆振東部地震の際にあった2次災害は「デマの拡散」であった.

 ただボクはどんなデマが北海道胆振東部地震の際に拡散されていたのかを忘れてしまっていたので,「北海道胆振東部地震」「デマ」という割と雑なグーグル検索をしてみたところ上記の著名セキュリティ専門家piyokango氏のブログを発見したのでリンクを上記に貼っておいてみた.

 というか,そのpiyokango氏のブログエントリのおかげでボクは北海道胆振東部地震の際のデマで最もひどい流言飛語つまりはデマが一度はこの日本の首相をつとめた人物によるものだったということを思い出すことができたわけなのだけれど,一度はこの日本という国の首相までつとめた人物がいい加減な情報を災害時に拡散するとかマジ悪夢である.というわけで一国の首相をつとめたことがあるというだけでその人物のいうことを鵜呑みにするようなことは決してしてはならないということをここから学ぶことができるかなとボクは思ったものである.

 確たる根拠のない情報というのはもはやデマと変わりがないものである.デマの拡散はやめよう.

 というわけで最後にまとめておくと次のような感じである.

北海道胆振東部地震の教訓まとめ.
  • 防災グッズは当然準備しておく.
  • 防災アプリはインストールしておく*1
  • 電気がとまったときの備えをしておく.
    • マンションの水道が電気によるくみ上げ式か等を確認しておく.
    • 大容量の電池は持っていたほうがいい*2
  • ハザードマップは当然確認しておく.
  • 液状化リスク示す「盛り土マップ」を確認しておく*3
  • 災害時に確たる根拠のない情報を拡散するのはやめよう.「流言は知者に止まる」ということを知るべし.

ーー以上である.もしも北海道胆振東部地震の教訓として他にも気づいたものがあれば後からでも追記したい.それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

スポンサーリンク

参考.

 今日(2019年9月6日)改めて北海道胆振東部地震を振り返ったことで政府が上記のようなサイトを公開していることにきづいた.

 北海道胆振東部地震のあとで災害時にマキタのバッテリーという提案があった話.

日本経済新聞の北海道胆振東部地震に関連した記事(2019年9月5,6日).

CEEK.JP NEWS - 検索 : 北海道 地震で探した結果を下記にまとめておく.

《アイキャッチは停電のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:地震の場合は本震に備える

*2:北海道胆振東部地震の際にはマキタのバッテリーをモバイルバッテリーにしてはどうかということが話題になった

*3:もしかしたら自治体によっては未公表.