#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

「ラーメンが獣臭い」タグはじめました。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

はてなブックマークで「ラーメンが獣臭い」タグはじめました.

 読者諸賢はラーメンはお好きだろうか?それとも読者諸賢はラーメンは獣臭いのでお嫌いであろうか?

 ボクは世界が平和になったと断言できるまで外で皆あまねくラーメンと呼ばれるものを食わないことにしたラーメン断食家ではあるがラーメンが好きだ.いやむしろラーメンを愛しているといっても過言ではない.しかしボクのようにラーメンを愛しているメンであるからこそ俗世においてのべつ幕なし皆あまねくラーメンと呼ばれているものを受けて断つことに意義が生まれハンガーストライキ足りうる意味をなすのである.ラーメンが獣臭いゆえに嫌いなメンがラーメン断食をしても何も意味も意義もないものである.それはただのラーメン嫌いだからである.ラーメン嫌いがラーメン食わないのは当たり前といっても過言ではない.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでがボクがラーメンを愛しているけれど,外でラーメンを食わないという異議ある活動をしていることを何度でもたっぷりと言わせてもらう閑話.以降はラーメンを愛しているボクが最近始めたあたらしいラーメン断食活動の一環をご紹介する閑話だ).

 ところで閑話休題したところを早速脱線してしまうのだけれど,諸賢はラーメンといえば獣臭いものであると思うメンであろうか?はたまたラーメンとは獣臭くない野菜しかはいっていないものだと思うメンであろうか?

 少なくともボクがこれぞラーメン,ザ・ラーメンつまりはラーメーンだと思っているものは獣臭いものである.特にラーメーンの中でも魚介豚骨ラーメーンの醤油こそが無類である.野菜しか入っていないものはボクにいわせればラーメーン以前にラーメンですらない.メンがヘラヘラを拗らせて想定顧客を間違えるとビーガンベジソバとかいうなんだかよくわからんムニャムニャをラーメンと称してビーガンおよびウーメンに「食ってみろ」してしまう意識他界ラーメン店店主という腐れ外道かつド阿呆が爆誕してしまうわけだけれど,そういったものはラーメーンどころかラーメンですらないので,せいぜいメンがヘラヘラを拗らせたもの同士だけでヘラヘラとやっていてほしいものである.とりあえずヒューメンという業深き存在を自認できないメンが野菜しか食わないとかメンをヘラヘラさせた結果行き着く先は憐れな末路を辿ることにしかならない.しかるのち今どきのラーメンは健康によいとザーメンを出してしまう意識他界ラーメン店が爆誕しないようにだけボクは願っている.

 「トレイシーさんはビーガン(菜食主義)であるため、フルーツ、ココナッツ、アーモンドミルク、植物の種などと、スプーン1杯の精子を混ぜてスムージーにするのがお気に入り」らしいのだが菜食主義者にとっては精子,つまりはザーメンはどうやら野菜の一種であるらしい... おそろしいおそろしい.

 というわけで脱線してしまったが,なにをボクがいいたいかといえばボクにとってはラーメンとは獣臭いものであるということである.獣臭くないのはラーメンでないといっても過言ではない.

 それではいいかげん本稿の本題に移ろう.

 読者諸賢ははてなブックマークをご利用だろうか?ボクははてなブックマークをそこまで熱心ではないけれど利用している.主な用途はインターネッツ上でおもちろいものを見つけたときの情報のストックと,インターネッツ上でなんだこれと思ったものを見つけたときの情報のストックである.ストックされたおもちろいとなんだこれをボクは本ブログで書いてみたり書いてみなかったりしている.はてなブックマークにストックしたおもちおろいこととなんだこれなものはそこはかとなく皆あまねくブログに書こうとは思っているのだけれど,放置しているうちに熱が冷めてしまい書かないことの方が多い.アツすぎるラーメンは火傷してしまうが,鉄はアツいウチに打たねばならぬということである.

 さて,脱線しながら話をすすめているのでなんの話をしているのかボク自身がわからなりつつあるわけなのだけれど,ここまでをまとめるとボクははてなブックマークを使っておもちろいこととなんだこれなあんなこといいなこんなこといいなな情報をストックしているメンであるということである.

 そしてそんなはてなブックマークをあんなこといいなこんなこといいなな情報をストックすることを主な目的として使っているボクなわけであるが,時にはてなブックマークのホットなトピックをチェックする用途にも使っていたりする.ホットなトピックであるということは俗世のメンが皆あまねく興味のあることであるので知っておいて損はないと思っているというのは過言である.むしろ知らなくてよいしょーむないことの方が多いといったほうが無難である.

 はてなブックマークの人気エントリー(ホットエントリー)を確認する方法はいろいろあるけれどPCからアクセスするならトップページを訪れてみるのが一番手っ取り早い.ボクの場合ははてなブックマークのiOSアプリであったり,ホットエントリーのRSSフィードをRSSリーダーでサブスクライブしてチェックしたりしている.

 とはいえ,今日も今日とてボクははてなブックマークのホットエントリを観たり観なかったりしているわけなのだけれど,以前よりはてなブックマークで気になっていたのが「ラーメンが獣臭い」というタグがついているエントリを散見することであった.

 ちなみに「ラーメンが獣臭い」タグがどんなエントリについているのかというのははてなブックマークを下記のリンクのようにタグ検索するとわかるので下記にリンクを付しておきたい.

 前述したとおりボクに言わせればラーメンとは獣臭いものであるので「ラーメンが獣臭い」というのは当たり前のことであるわけなのだけれど,どうやらこの「ラーメンが獣臭い」タグがついているのは「ラーメンが獣臭い」という文字通りの意味ではないようなのだ.

 そこはかとなく「ラーメンが獣臭い」タグからボクが感じるのは負のオーラ,世の中には立派なメンなどというものは一握り,大方のメンなどというものは腐れ外道かド阿呆,もしくは腐れ外道かつド阿呆であるという不都合なリアルを伝える意図で使われているような気がするのだ.

 ボクはその類の不都合なリアルを伝える際には「意識他界ラーメン」という言葉を使ってきたわけだけれど,ことはてなブックマークを使う際には「ラーメンが獣臭い」タグを使ってみようかと思うようになったのだ.

 というわけで表題にあるとおり,ボクは世の中には立派なメンなどというものは一握り,大方のメンなどというものは腐れ外道かド阿呆,もしくは腐れ外道かつド阿呆であるという不都合なリアルを伝える意図で「ラーメンが獣臭い」タグをはじめてみることにした.

 最初の一つ目は下記のエントリに「ラーメンが獣臭い」タグをつけてみた.

スポンサーリンク

 最後に余談だけれど,実は「ラーメンが獣臭い」タグと同じような使い方をされている「獣は檻に入れておけ」タグというタグもあるのだけれど,ボクは「獣は檻に入れておけ」タグをはじめるのは潔く差し控えたい.なぜなら「獣は檻に入れておけ」タグはあまりにも表現が直接的に過ぎるので捻りがなくておもしろくないからである.

 ボクはひねくれたものがそこはかとなく好きな手揉み縮れメンであるのでどうみてもそうであるとわかってしまうような捻りのない露骨な表現は好まないのである.メンによっていかようにも解釈できる余地,つまりは遊びを残しておくから物事というのはやはらかくおもちろみがあるものである.ゼロイチやシロクロでモノゴトをみるのはつまらないのである.

 なにはともあれ獣臭いラーメンは檻の中に入れておいてほしい.すべての獣臭いラーメンが檻の中に入っている世界,きっとそれはそれは平和な世界であることであろう.世界が平和になったと断言できるまでボクは外で獣臭いラーメンを食わない!

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

《アイキャッチは猛獣使いのイラスト(女性)./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

「みんなで筋肉体操」でさらに筋肉を追い込んでプルスウルトラするためのポイントはフルカウルにあることを発見した。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

「みんなで筋肉体操」でさらに筋肉を追い込んでプルスウルトラするためのポイントはフルカウルにあることを発見した.

 読者諸賢は筋肉,つまりはマッソーを日々追い込んでいるマッチョメンであろうか?はたまたマッソーを日々追い込むことを怠っている贅肉メンであろうか?

 ボクは日々,というか毎日,マッソーを追い込んでいるそこはかとないマッチョメンである.余談ではあるがボクがマッソーを鍛えるのはただの趣味である.なぜならマッソーは追い込んだら追い込んだ分だけ期待に応えてくれるものであるからだ.マッソーは裏切らない.

スポンサーリンク

 というわけでボクはマッソーを追い込むのが好きだ.愛しているといっても過言ではない.ちなみにマッソーを追い込むことでそこはかとなく鍛えられたマッソーは実益も兼ねるものである.ボクは万が一の危機が我が身にふりかかってきた際には我がマッソーを行使して身の安全を確保するために逃げようと思う.我が身の危険に際して真っ向から立ち向かってしまうのはおバカさんのすることである.

 ヤバいと思ったら逃げる,日々鍛えたマッソーは潔く逃げるために使う.立派な大人とは潔いものである.プライドはない.ゼロ.ストロングゼロ,むしろレスザンゼロ.諦めればそこで試合終了である.戦いとは逃げるが勝ちであるということをいい加減ヒューメンは歴史に学ぶべきだ.戦うのは無駄.無駄なことをするのは無駄.無駄なことをするのはおバカさんのすることである.

 閑話休題.

 そんな毎日マッソーを追い込むことが趣味だったボクにとって先日(2018年8月27-30日)NHKで放送された「みんなで筋肉体操」はたいへんにすばらしい番組だった.腕立て伏せ,腹筋,スクワットそして背筋の4つの筋肉体操がフルセット揃った8月の30日からボクは毎日ラジオ体操第1と第2からの筋肉体操フルセットを欠かさずにマッソーを追い込み続けてきた.

 最初の1週間は腕立て伏せのフルレンジ・プッシュアップは問題なくこなせたのだが,ハイスピード・プッシュアップで「あと5秒しかありません」時点ではスデにロースピード・プッシュアップになってしまっていたのだけれど,3週間毎日欠かさずにマッソーを追い込んできたボクはそこはかとなくハイスピード・プッシュアップで文字通り「あと5秒しか」ないギリギリまでマッソーを追い込むことができるようにまでなった.まさにボクのマッソーはボクの期待を裏切らなかった.

 そんな「みんなで筋肉体操」はどうやら続編が期待できるようなのだが,続編がいつになるかはまだわからないようだ.よりよりマッソーを追い込むことのできる中級者ないし上級者向けの筋肉体操を期待したいところである.

 脱線してしまったが,話を本筋に戻そう.3週間毎日欠かさずラジオ体操と筋肉体操でマッソーを追い込んできたボクはスデに筋肉体操に慣れてきてしまいつつあり,よりよりマッソーを追い込むにはどうしたらよいだろうかと試行錯誤する段階に入った.よりよりマッソーを追い込むにはどうしたらいいかと一計を案じてみたというわけだ.

 そこで試してみたのが常にマッソーに今ボクが出せるだけのパウワーを常時100%でかけてみたらどうだろうということだった.例えば腕立て伏せの際にボクはこれまで常時100%のパウワーをマッソーに込めてはいなかった(それができるほどのヨユーがなかったともいう).それをマッソーに常時100%のパウワーをかけている状態で筋肉体操してみたらどうなるだろうと思ったのだ.

 結論から言おう.効果はテキメンだった.

 思いの外,常時100%のパウワーをボクのマッソーに込めて行う筋肉体操フルカウルはこれまでボクが必要なときに必要な箇所にのみしか100%のパウワーをかけない筋肉体操よりもマシマシでマッソーを追い込むことができたのだ.おかげさまで筋肉体操フルカウルをはじめてからここ数日の筋肉痛たるや筆舌に尽くしがたい.

僕のヒーローアカデミア。
より筋肉体操でマッソーを追い込むためにボクが行き着いた境地は「僕のヒーローアカデミア」で主人公の緑谷出久さんが披露したワンフォーオール・フルカウルにインスパイアされた常時100%フルパウワーで行う筋肉体操フルカウルなのである。(引用元:僕のヒーローアカデミア 6 (ジャンプコミックスDIGITAL):P81-82)

 そう,それはまさに人気漫画「僕のヒーローアカデミア」の主人公緑谷出久さんのワンフォーオール・フルカウルのようなイメージだ.

 みんなで筋肉体操の続編が放映されるその日までボクは常時100%フルパウワーで行う筋肉体操フルカウルを続けるつもりだ.常時100%フルパウワーで行う筋肉体操フルカウルはボクのマッソーをさらに限界の向こうへプルス・ウルトラするだろう.マッソーは裏切らない.

 また新しくボクが筋肉体操フルカウルを続けていく中でそこはかとなくナニカに気づいたらボクの裏切らないマッソーについてナニカを書くだろう.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

スポンサーリンク

参考:

―― 先生が筋肉やトレーニングの研究を始めたのは、いつですか? 学生時代ですか?
 
大学を卒業してからなんです。建設コンサルタントの大手に就職したんですが、働き始めてから2年ほどして、『月刊ボディビルディング』という雑誌で東京大学の石井直方教授※の連載記事を見つけ、「なんだこれはっ?!」と衝撃を受けたんです。もともと興味はあったので、トレーニング関連の書籍は読んでいましたが、学術的に整理されたものには巡りあえていなくて。あの記事には僕の求めていたすべてが書かれているような気がしました。

 ボクにとってのマッソーをさらにプルス・ウルトラで追い込む転機となったのは間違いなく「みんなで筋肉体操」との出会いだ.「なんだこれはっ?!」と衝撃を受けたといっても過言ではない.ボクはこれからも「みんなで筋肉体操」にそれこそ「みんなの体操」(NHKで60年続く体操番組)のように長く続いていってもらいたいと思っている.きっと60年続ければボクのマッソーを追い込みも感謝の域へとたどり着くと期待している.毎日感謝の筋肉体操.そう思えるようになるまでボクはマッソーを追い込むのをやめない!

《本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました./筋肉体操フルセット継続日数:24日目.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

要潤さんの露骨過ぎる謎肉県ステマを受けて断つ。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

要潤さんの露骨過ぎる謎肉県ステマを受けて断つ.

 読者諸賢は俳優の要潤さんをご存知なメンであろうか?はたまた俳優の要潤さんをご存じないメンであろうか?

 ボクはあまり芸能関係には興味ないのだけれど,俳優の要潤さんの顔と名前くらいは一致するメンである.ちなみに唯一ボクが要潤さんが出演されていたテレビ番組できちんと観たことがあったテレビ番組が「タイムスクープハンター 」であることについては完全にどーでもいい余談である.

 一応,要潤さんをご存じないメンのために下記に要潤さんのウィキペディアへのリンクを付しておきたい.

スポンサーリンク

 要潤さんでボクが「タイムスクープハンター 」以外で想起するものは他にもあるので冗長になることを厭わずにもういくつかご紹介しよう.

 そのひとつ目は要潤さんは「うどん県」のPR大使であるということである.「うどん県」などという県はニッポンには実在しないので,ようは「香川県」のPR企画であることは言うまでもない.つまり要潤さんと聴くとボクは「香川県」を連想するというわけだ.

(たとえば「うどん県」の「my-kagawa.jp」をWHOIS検索をすると香川県ではなく「株式会社トラベルジップ」という会社が登録者になっているのでたいへんなモシャモシャを体験することができるのでモシャモシャを求めてやまないメンにはオススメのモシャモシャであるので試してみてほしい.)

 2つ目は要潤さんが来る2018年10月1日から満を持して放送が開始されるNHKの朝の連続ドラマ小説「まんぷく」に出演されるということである.「まんぷく」は日清カップヌードルというカップ麺というすばらしい発明と食の革新を起こした「日清食品」の創業者である「安藤百福さんの奥様」をモチーフにしたフィクションであるといわれている.つまり要潤さんと聴くとボクは「日清食品」を連想することもあるというわけだ.

 というわけで,ここまでをまとめておくと,ボクは要潤さんという名前を聴くと「タイムスクープハンター」「香川県」そして「日清食品」を連想するのである.本稿においてこのことはそこはかとなく意味をもってくるので覚えておいてほしい.

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでが要潤さんという俳優さんの名前を聴いたときにボクが連想するものを語る閑話,そして以降が要潤さんと日清食品,そして香川県によるステマであることを隠さないスタイルのステマはステキだなあということを語るどーでもいい本題の閑話である).

 先日,日清カップヌードルのツイッターアカウントがとあるツイートをしたことをきっかけにステマであることを隠さないスタイルの素敵な茶番劇がツイッター上で展開されていたのを読者諸賢はご存知だろうか?

 その顛末をわざわざまとめてくれているのが上記のリンクのトゥギャッターまとめなのだけれど,その茶番劇の流れを簡潔にまとめると次のようになる.

  1. 「カップヌードルの謎肉は、香川県が生産量世界一」と日清カップヌードル(@cupnoodle_jp)がツイート.
  2. 要潤( @kanamescafe)さんが「香川県は、「うどん県」であり「謎肉県」でもあるのです。」とツイートしてから怒涛の謎肉アピールツイートを連投.
  3. 香川県から、要潤( @kanamescafe)さんの投稿に関して問い合わせがはいる.
  4. 四国新聞が 1-3. のやりとりを紙面で報じる.

 前述したとおり,ボクに言わせれば要潤さんといえば「タイムスクープハンター」「香川県」そして「日清食品」であるのでこの一連の流れは見事なまでの要潤さんを文字通り要にした日清カップヌードルと香川県のステルス・マーケティングである.裏ではあらかじめ三者の間でどんなやりとりを行うかを決めていたわざとらしいにもほどがあるつくられたストーリーだ.

 なにより要潤さんのツイートのコラ画像の趣向は日清カップヌードル(@cupnoodle_jp)の趣向そのものであり,要潤さんが自分でつくってないことは明らかである.つかつくっていてもいいのだけれど,つくっていたらそれはそれでドン引きである.

 とはいえボクは,この一連のステルス・マーケティングであることを全く隠さない要潤さんと日清食品,そして香川県のストロングコンゴーリキスタイルはステキだなあと思ったし,生あたたかい目で見守っていたのだ.しかし「もっとやれー!」と思っていたかというのは過言である.

 ボクがむしろ驚いたのはこのどーみても露骨な要潤さんと日清食品,そして香川県によるウィン・ウィン・ウィンなステルス・マーケティングをステルス・マーケティングだと疑わないメンがいたということだ.そういう意味においてはボクは別の意味でそういったお花畑脳のメンがいたということに打ち震えていたということは言うまでもない.

 しかし,よくよく考えれば世の中などというものは意識他界ラーメン店が新メニューを出したりすると都合よく著名ラオタキモメンが来訪して「これは美味い!いや、美味いという表現が虚しくほど、凄まじい完成度だ。」といったわざとらしいツイートをして,しかるのち意識他界ラーメン店が「ありがとうございます!」とリツイートすると意識他界ラーメン店店主と著名ラヲタキモメンの脳みそお花畑脳なシンパがそれぞれ有頂天しているくらいであるからボクには見慣れた光景であったといえば見慣れた光景であった.

スポンサーリンク

 世の中,ストーリーなどというものの大半はつくられているものである.むしろつくられたストーリーしかないと言っても過言ではない.

 つくられたストーリーであることを前提にして生あたたかい目でみまもるのと,つくられたストーリーに踊らされるのでは意味合いが全く違うものだ.

 どちらにせよたのしいならいいではないかとおもうかもしれないが,ボクは断然前者の立ち位置にいたいのである.とはいえ後者の立場にいたいメンがお花畑脳メンで好きなことをしてイキっていくのは自由である.

 ボクにとってはお花畑脳メンの行きつく先の憐れな末路を眺めるのは眺めるのでそこはかとなく好きであるので,このストーリーに関してはどこに転んでもボクにはメシウマは変わらないのである.

 ステルス・マーケティングしたいメンはどんどん露骨なステルス・マーケティングをすればよいし,それで有頂天したいお花畑脳メンは有頂天すれば良い.しかるのちなにが良質なステルス・マーケティングでなにが悪質なステルス・マーケティングなのかよくわからなくなった暁には皆あまねく消費者庁あたりから右から左にシュパパーンとのべつまくなしに首チョンパにしてもらえばよいと思う.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《アイキャッチはカップうどんのイラスト.日清食品のうどんといえばボクはどん兵衛だと思っている.よりきれいな要潤さん,日清食品そして香川県の露骨なステルス・マーケティングはカップヌードルではなくどん兵衛で行われるべきでなかったか.そこに来たる2018年10月1日からはじまる「まんぷく」にかける日清食品のスケベ心があったかなかったかはボクにはなんともいえないものだ./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

参考:

 いつからステルス・マーケティングを「コラボ」というようになったのかはよくわからないけれど,露骨なステルス・マーケティングのことを「コラボ」といえば皆あまねく誤魔化せるのかもしれない.ステルス・マーケティングなどというあえてねらいすましてやらんでもいい腐れ外道かつド阿呆をこれからもつづける諸氏は参考にしてみてほしい.

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

オフィスライフ改善ビフォーアフター2018秋。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

オフィスライフ改善ビフォーアフター2018秋.

 ボクはサラリーメンである.可能ならば在宅勤務をハゲしく希望するものであるが,ひとつ屋根の下で働くことに意義があるのだというボス(社長)の意向がストロングコンゴーリキなのでボクは約1時間をかけて毎日あまりしたくないというかむしろしたくないオフィス痛勤をしている.

 オフィス痛勤したくない理由は痛勤そのものが文字通りイタいだけであることもあるのだけれど,オフィスの労働環境がそこはかとなくサイテーであったことが大きい.

 ウチの会社のオフィスでは組織再編が3ヶ月にいっぺんくらいの頻度で行われる関係上,おおよそ3ヶ月に一回くらい席の配置換え,つまりは席がえが行われている.なんでそんな3ヶ月などという短いスパンで組織をあれこれ変えてしまうのかについてはボスの意思決定であり,ボクの意思ではどうにも抗いようにもないのでアンコントローラブルだ.席がえがあるというのであれば,席を移動しなければならぬ.それがどんなにお気に入りの席であってもどんなにつラーメンな席であってもである.

スポンサーリンク

 そんな席がえがちょうど先週の金曜日(2018年9月14日)に行われた.幸いなことに前回6月に行われた席替えでボクにあてがわれた席はたいへんにつラーメンな席であった.6月から9月まで3ヶ月過ごしたボクのオフィス環境は快適に過ごすのには難易度の高い環境だったといっても過言ではない.端的にいうと「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いたのである.読者諸賢にはボクがなにをいっているのかなんだかよくわからんかもしれないが,「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いる労働環境はボクが3ヶ月過ごしたリアルだ.催眠術とか超スピードなんてチャチなもんじゃあ,断じてない.ボクのそこはかとなくそれなりに経験豊富なサラリーメンライフの中においてもかなり高難度のオフィスライフを味わったことだけは間違いないのである.

 というわけで心を無にして一日も早く高難度のオフィスライフからの解放を願っていたボクにとっては先週の金曜日(2018年9月14日)に行われた席がえは渡りに船だったというわけなのだ.

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでが先週の金曜日(2018年9月14日)にウチのオフィスで席がえがあったことを説明する閑話,以降は先週の金曜日(2018年9月14日)の席がえの前後で改善したボクのオフィスライフのビフォーアフターについてテキトーに書きなぐる閑話である).

 いつもならば3の法則がだいちゅきなボクは3つで書くところなのだけれど,今回の席がえ前のつラーメンなオフィスライフは3つではまとめきれないので,5つでまとめることにしたい.

 (1)パーソナルスペースが狭すぎるオープンオフィスはストレスなだけ.(2)ハゲしすぎる貧乏ゆすりは一種の地震.(3)きつすぎる香水は一種の香害.(4)ウィンドウズ2000な高度外国人材という一種の災害. (5)丸一日の立ち仕事は一種の修行.

 ではこの5つについてそれぞれ書いていこう.

(1)パーソナルスペースが狭すぎるオープンオフィスはストレスなだけ.
  • (席がえビフォー)背中合わせになる席の島と島の間がたいへんにせまかった.

 誰かがうしろを通るとその都度,ぶつかるということが起きていた.狭いので込み入った話をするなら場所を変えるべきなのだけど,込み入った話をするのに場所を変えないメンばかり周りにいたので,常に異様に近いメンがいる状態になっていた.

  • (席がえアフター)背中合わせになる席の島と島の間が広くなった.

 なので,背中合わせになる者同士が椅子に座っても人一人は通れるようになった.人が移動する都度ぶつかられることのない環境は快適である...

(2)ハゲしすぎる貧乏ゆすりは一種の地震.
  • (席がえビフォー)右隣に座っているメンの貧乏ゆすりがハゲしかった.

 どれくらいハゲしい貧乏ゆすりだったかといえば,ヘッドバンギングしているメンを想像してもらえばよいだろう.正直,よくヘッドバンギングしながら仕事ができるなあと関心しないこともなかったが,一日中,視界の右端でヘッドバンギングしているメンがいるとまったく仕事に集中できないのは容易に想像していただけるのではないだろうか.左隣のメンには貧乏ゆすりをしている自覚そのものがなかったので注意するのは無駄と諦めボクはできるだけ左側をみないようにしながら仕事をしていた.

 ちなみにハゲしい貧乏ゆすりはそこはかとなく地面も揺れるのである.ときに床がバウンバウンしていたといっても過言ではない.貧乏ゆすりってハゲしいとヘッドバンギングかつ地震になるんだなあというのがボクの知見である.

  • (席がえアフター)視界の範囲内には貧乏ゆすりメンはいなくなった.

 3ヶ月超,よこでヘッドバンギングかつ震源地となっていたメンがいる状態だったので,貧乏ゆすりするメンが隣にいないだけで大変に快適に感じている....

(3)きつすぎる香水は一種の香害.
  • (席がえビフォー)右隣に座っているメンの香水がきつすぎた.

 右隣に座っていたメンは貧乏ゆすりもきつかったが,香水もきつかった.ヘッドバンギングできつい香水臭の拡散をはかっていたかどうかは定かでないが,ヘドバン香害メンの朝の出社直後の香水臭たるやきつすぎてボクは鼻で息ができなかったほどである.後述するがそれに左隣の高度外国人材氏の加齢臭やアジアンメンのカレー臭も3体合体ゴッドマックスすると鼻で息ができるとかできないとかいう以前に窒息死しそうであった.

 臭いで人は殺せるのかもしれないと思ったのはあとにもさきにもこのときが最初だったということになるやもしれないので記録にとどめておきたい.

 余談だが,ヘドバン香水メンは午後3時くらいになると「追い玉」ならぬ「追い香水」をするので臭いがマシマシになるのだ.そのときには高度外国人材氏の加齢臭とアジアンメンのカレー臭もよりよりでマシマシになるので,香水臭・加齢臭・カレー臭の3体合体ゴッドマックスマシマシ環境下でボクが息をすることは不可能であったことは言うまでもない.

 正直よく生き抜いたなというのはそこまで過言ではない.... ヘドバン香水メンには感謝の念でいっぱいだ.なのでボクはヘドバン香水メンには脳みそをそこはかとなくヘルシェイク矢野ってしかるのちアチラの世界から迎えがきてほしいと願っている.しかしボクのこのヘドバン香水メンへの感謝の気持ちはここだけのヒミツにしておいてほしい.

  • (席がえアフター)香水がきついメンがいなくなった.

 今はまわりに香水がきついメンがいないのでそこはかとなく快適だ.とりあえずきつすぎる香水の臭いは息ができなくなるので香水をつけるメンは気をつけるようにしてほしい.

 とりあえず香水がきつすぎるとボクは最悪ボクは息ができなくなるので,香水がきついなと思ったらスグに逃げるようにしたいと思う.命の危険のある香水は一種の災害だ.

(4)ウィンドウズ2000な高度外国人材という一種の災害.
  • (席がえビフォー)左隣にはウィンドウズ2000な高度外国人材氏が鎮座マシマシしていた.

 本ブログにおいて何度か高度外国人材氏については言及してきた.高度外国人材氏はニッポンの入国管理局から認定された高度外国人材だ.なにをどうポイント制で評価すると高度な外国人材として認定されるのかはよくわからんが,すくなくとも高度外国人材氏は「高度専門職1号」のはずなので5年の在留資格をもっている.「高度専門職1号」であるはずだ,というのは「高度専門職2号」だったとしたら高度外国人材氏は在留期間が「無期限」ということになってしまうからだ.いくらなんでもウチの高度外国人材氏がそこまで高度であるとボクは信じたくないのだ.

 ちなみにウチの会社ではどの社員がどれだけのサラリーをいただいているかが公表されているとてもありがたい仕組みを導入しているので高度外国人材氏がウィンドウズ2000であることについては全社員の知るところである.

 高度外国人材氏のちょっとおかしな行動は擬音語でしか表現ができないので,とりあえず「ぴょんぴょんくるくる」「うろうろ」「ぶつぶつ」していたとだけ書いておきたい.

 朝から加齢臭がきつい「ぴょんぴょんくるくる」「うろうろ」「ぶつぶつ」がウィンドウズ2000なんだがボクにできることといえば可能な限り高度外国人材氏とかかわり合いにならないようにすることだけだ.

  • (席がえアフター)高度外国人材氏は今は背中合わせの隣の島にいる.

 高度外国人材氏が視界にはいらなくなった世界は左隣に高度外国人材氏が鎮座マシマシていた世界と比較してたいへんに快適である.今現在は高度外国人材氏がナニカをはじめると後ろから「ガ、ガガーン!(椅子にすわった)」「ズガン!ガガー!!(袖机をあける)」「ガガガガン(マックブックエアだとおもわれるものを袖机から出している音)」「バゴン!バン!ダダン!(マックブックエアをおそらく裏返しで机に叩きつけてからのマウスやキーボードを叩いている音)」「ドダダダダダダダ!(どっかに向って走っていく音)」といった音が聴こえてくるわけなのだけれど,右隣でそれをされるのと少し距離のある背後の観えないところでされるのとではどうやら不快感が全然違うようだ.

 とりあえずボクは高度外国人材氏が高度外国人材に認定されているのはナニカの間違いなのではないかと思っている.入国管理局メンといえど人の子である.人は間違うものである.なのでボクは高度外国人材氏にははやく入国管理局メンに両脇を抱えられて自分のいるべき国に強制返還されることを願ってやまない.

(5)丸一日の立ち仕事は一種の修行.
  • (席がえビフォー)「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いる自席環境にいるときは立って仕事をするしか選択肢がなかった.

 前述してきたことをまとめると席がえ前のボクの自席は「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いた.その環境下では椅子に座っておちついて仕事をすることは無理ゲーだった.不幸中の幸いかボクのオフィスのデスクは昇降式のスタンディングデスクだったので立って仕事をすることができたのでボクは自席にいるときは立って仕事をしていた.

 とはいえ一日中立っているというのはそこはかとなく肉体的な修行である.マッソーを普段から追い込んでいるボクは立っていること自体はさほど苦痛ではなかったのだけれど,「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いた自席にあまりとどまることはできなかった.

 ボクはオフィス内の会議室やフリースペースを転々とるろうに剣心するオフィスライフをしていた.不殺(ころさず)の信念を貫くボクにできることといえばノマドをすることしかできなかったが,フリーアドレスではなく在宅勤務も許されない中においては,せめてできることといえばオフィス内の会議室やフリースペースを転々とるろうに剣心するしかなかったのだ.

  • (席がえアフター)座って仕事をすることができるようになった.

 今の席は目の前は窓,左隣は壁,右隣はチャイニーズオバハン(名前は知らないし,興味ない)である.チャイニーズオバハンはスイッチがはいると「ウホホホホホホホホホ!」と人間とは思えない鳴き声を発するのだが,これまで3ヶ月過ごした「うるさくて」「くさくて」「せまくて」「ゆれて」いた環境と比較したら生ぬるいものだ.

 というわけで今はそれなりにパーソナルスペースが確保されているし以前にくらべたら静かだし,臭くないし,なによりゆれていない.そういったわけでボクは今,自席で丸一日座ってデスクワークできるようになっている.そしてオフィスってデスクワークができるというささやかな幸せを,今,ボクは噛み締めている.

スポンサーリンク

 さてこれにて本稿はおしまいであるわけなのだけれど,どうか読者諸賢におかれましては「オフィスってデスクワークできるのは当たり前なのではないか」とは言わないでほしい.ボクのこのささやかな幸せがいつまた壊れるとも限らないのだ.ボクはこのささやかな幸せを大切にしたいと思っているのだ.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

《アイキャッチは騒音の中で音楽を聴く人のイラスト.過酷な環境下にいるとそこからフツーの環境にもどっただけでなんでも幸せに感じるものらしい.ボクはやっとフツーかフツーよりちょっと悪いオフィス環境を取り戻したのだが,この幸せに慣れてしまわないように気をつけたいと思っている.幸福のしきい値は低い方がナニカとそこはかとなくよいことだとボクは思うのだ./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

多年にわたり生涯現役社会づくりに尽くしてくれたおじいちゃん・おばあちゃんたちには感謝しかない。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.毎週水曜日はボクがはてなブログ編集部が出題するお題に答えてはてなブログを楽しむことにしている日だ.

 今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」.

 「9月17日(月・祝)は敬老の日。普段から顔を合わせている人も、最近あまり会っていないという人も、この機会におじいちゃん・おばあちゃんへの思いをしたためてみませんか? 今週は「おじいちゃん・おばあちゃん」というお題ではてなブロガーの皆さんの投稿を募集します。「私のおじいちゃん・おばあちゃんはこんな人!」「おじいちゃん・おばあちゃんとの思い出を語る」など、皆さまのご応募をお待ちしております。」とのことである.

スポンサーリンク

 さてとりあえずまずは自己紹介.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.

 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2

 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

多年にわたり生涯現役社会づくりに尽くしてくれたおじいちゃん・おばあちゃんたちには感謝しかない.

 さて諸賢,はてなブログ編集部によるとボクのおじいちゃん・おばあちゃんがどんなメンであったか?やボクのおじいちゃん・おばあちゃんとの思い出を語らねばならぬそうなのであるけれど,なにを好き好んでボクの主観によるボクの主観のためのボクのおじいちゃん・おばあちゃん論を広くインターネッツの下に投下せねばならぬのか?ボクがボクのおじいちゃん・おばあちゃんがどんなメンであったかであるとか,ボクのおじいちゃん・おばあちゃんとの思い出を語ることによって刑事訴追の恐れこそはミジンコの陰茎ほどもないけれど,ボクは,ボクの,おじいちゃん・おばあちゃんの,魂の尊厳と安らぎのために,ボクのおじいちゃん・おばあちゃんがどんなメンであったであるとか,ボクのおじいちゃん・おばあちゃんとの思い出について語ることを潔く差し控えたい.

 なにより先日リアルの敬老の日(2018年9月17日)にも別のブログで書いた参照*3けれど,内閣府によれば敬老の日とはボクのおじいちゃん・おばあちゃんに思いを馳せる日ではないのである.内閣府の敬老の日の説明としては「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」というように書いてある.

 冗長となることをはばからず何度でもたっぷり書こうと思うのだが敬老の日で敬うべしとされている「多年にわたり社会につくしてきた老人」という老人からボクが受ける老人のイメージはスデに定年を迎えてハッピーリタイアメントしている老人のイメージである.

 しかし今の社会はボクらが望むと望まざるとによらず生涯現役社会である.なによりボクらが選んだ政権与党の総裁トップである安倍晋三さんが来る自民党総裁選で総裁に再選された暁には2021年9月まで3年延びる前提において,最初の1年で生涯現役時代にふさわしい雇用制度を構築し「次の2年で医療・年金など社会保障制度全般にわたる改革を進める」と強調しているのである.もう一度たっぷりというけれど今はどうかはさておき,ボクら現役世代が望むと望まざるとによらず生涯現役社会の基盤は3年後には整えられてしまうのだ.

 少なくともボクは全く望んでいない生涯現役社会を構築するのに尽力してきてくれたのはメンは誰か?「多年にわたり社会につくしてきた老人」ではなかったか.ボクは少なからずボク自身が全く望んでいない生涯現役社会に至るまでの道程に尽くしてきてくれた貢献者に感謝の気持ちはなにひとつとしてない.ゼロ,ストロングゼロといっても過言ではない.責任者はどこか?

 というわけで,敬老の日に会社を公然と休めるのはたいへんにありがたいことだけれど,ボクは多年にわたり生涯現役社会の構築という子孫への負債をためこんできてくれた老人世代に感謝するところはないわけなので,はてなブログの今週のお題に従って「敬老の日」のお題に素直に付き従ってブログを書くということを潔く無視したいと思う.立派な大人というものは,潔いものである.つまりボクは立派な大人であるというわけだ.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでがボクは多年にわたり生涯現役社会の構築という子孫への負債をためこんできてくれた老人世代に感謝するところはないですよ.ゼロ,むしろストロングゼロということを語るどうでもいい閑話.以降は人生100年時代の生涯現役社会へのボクの将来不安を書き連ねる誰の得にもならない答えもない閑話である).

 というわけで,以降においてボクははてなブログ編集部の今週のお題を無視してボク自身がこれから年齢を重ね,しかるのち老人になっていくにあたって漠然と不安に思っていることについてそこはかとなく書きなぐっていきたい.

 とはいえあまり自由に書きすぎると乱文長文駄文しかるのちまとまりのないなんだかよくわからんムニャムニャができあがってしまうので,最低限ボクがあとで見返したときにわかりやすいように《3の法則》にしたがってボクの抱える将来不安を3つにまとめようと思う.

 (1)マネーの不安.(2)健康の不安.(3)世界情勢の不安

以上の3つについて書いていこう.

(1)マネーの不安.

 生涯現役社会においては年金マネーはまずもらえないと思っていたほうがよいとボクは思っている.仮に60歳でうまいことリタイアメントしたいなら60歳時点で最低でも1億円の資産はないとつラーメンだろう.

 +10年働いて1億円なら残り30年を1億円はだいぶ楽だけれど,可能な限り余生をエンジョイしたいなら80歳くらいまでは働かないといけないかもしれない.

 宝くじは買わなければ当たらないし,買っても当たらないので期待は薄い.現実的なところで行くならば着実に汚仕事がんばるぞいすることと,余剰資産マネーに働いてもらうことだけだ.

 エキセントリックな凍死理論で一花咲かせようとかスケベ心をいだいて火葬通過しかるのち灰燼に帰すことのないようにだけ気をつけて生きていきたい.

(2)健康の不安.

 人生が100年で生涯現役で生きていかないといけないならば,なにはなくとも資本となるのは自らのカラダである.カラダが資本で資本はカラダであるというわけだ.

 つまりは健康なカラダを維持できなければ,長い人生を不健康なカラダを押して働き続けなければならなくなるというわけだ.不健康なカラダを押して働き続けることがボクにはとても幸せなこととは思えないので,カラダの健康の維持にだけはよりより気をつけてカラダを鍛えつづけることを継続していきたい.

 例えばボクはマッソーを鍛えている.マッソーを鍛え続けているといっても過言ではない.最近では「みんなで筋肉体操」というすばらしいマッソーの鍛え方を発見したので3週間弱ほど毎日ラジオ体操からの腕立て伏せ,腹筋,スクワットそして背筋を鍛えている.マッソーは裏切らない.

 しかしどんなにマッソーを鍛えてもどうしても抗うことのできない類の病気もあるだろう.たとえば昨日(2018年9月18日)訃報が届いた山本KID徳郁さんなどはたいへんに立派なマッソーを有しておられたけれど,胃がんには勝てなかった.

 どんなに気をつけていても大病を患ってしまうときはボクも患ってしまうだろう.今からボクがいえるのはもしボクが大病を患ったならばそのときは闘病の経過を差し支えない範囲内で毎日インターネッツに本ブログを介して公開し続けるだろうということだ.

 そのときボクはいかがわしい民間療法に手を出したりしないことを約束しておこう.大病と正面から正攻法で戦おうと思う.正直ボクは病院は嫌いだし,この世で一番お世話になりたくないのがお医者さんである.

 しかし生きているからには戦うのが「戦えラーメンマン」という二つ名をもつボクの矜持である.ボクは最後まで生きることを諦めない(なんかか今にも死にそうなことを書いているが今のボクは至って健康なので万が一のことがあったときの気概を述べているだけだ...).

(3)世界情勢の不安.

 最後の3つめはいつもどおりのこじつけである.3の法則にしたがって3つのトピックについて書きたいから書いてみている.

 ご存知の方はご記憶のことかと思うのだけれど(というか冒頭の自己紹介を読んでいたければ毎回書いているわけなのだけれど),ボクは世界が平和になったと断言できるまで外でラーメンを食わないラーメン断食をしている.

 そんなボクの世界平和への想いを揺るがしている最近の関心事と言えばユナイテッドステイツオブアメリカとチャイナの間で繰り広げられている保護主義をかけた貿易戦争という名のいたちごっこである.チキンレースともいわれているが,ボクはチキンレースよりはいたちごっこの方が好きなのでいたちごっこと呼んでいる.

 過去の世界大戦の歴史を紐解けば,戦争にいきついたきっかけは保護主義の加熱であるというのはそこはかとなく察しがつくものである.ユナイテッドステイツオブアメリカとチャイナの負けられないいたちごっこの行きつく先はともすれば第三次世界大戦である.

 ボクはそんな頭の悪い理由ではじまった戦争に巻き込まれてあっちの世界へと旅立つことになるのはごめんである.

 そういえばマネーがなくなれば世界が平和になるとかいうクルクルパーなことを言っていたスタートトゥデイの前澤友作さんが前述の山本KID徳郁さんがお亡くなりになった同じく昨日(2018年9月18日),「ムーンに行くのを決めたよ」とまたクルクルパーなことを言って話題になっていたけれど,もしかしたら第三次世界大戦を前にしてビリオネア諸氏は地球を脱出するつもりなのかもしれない.

 もし第三次世界大戦で地球がなくなるかもしれないからいずれはビリオネアだけが火星へ逃げるよという伏線としてのスタートトゥデイの前澤友作さんの「ムーンに行くのを決めたよ」だったのだとしたらクルクルパーというよりも腐れ外道かつド阿呆であろう.そんなに世界を平和にしたいなら前澤友作には不要なマネーを自分が逃げるためではなく戦争をとめるためにボクは使ってもらいたいなと思う.

 ビリオネアだけが火星に逃げて助かった世界は果たして平和と言えるのだろうか.とりあえずボクはスタートトゥデイの前澤友作さんの「ムーンにいくことに決めたよ」はただのパリピ脳からきたクルクルパーだっただけだと信じたいものだ.

ーー以上がボクが年を重ねていくにあたって人生100年,生涯現役社会に対してそこはかとなく感じている不安である.

スポンサーリンク

 しかしどんなに不安に思っていようとも,どっこいボクの命が尽きるまでこれからの長い人生をいかにしてこれらの不安と向き合っていかねばならぬのである.ボクはいかにしてこの不安と仲良くお付き合いしていけるかを試行錯誤してエンジョイしていこうと思っている.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

《アイキャッチは家族で宇宙旅行のイラスト.第三次世界大戦が勃発する前に危険な地球から逃げるのは一手である.しかしビリオネアがムーンにいくのがやっとな技術しかない現在,火星に逃げるのはパンピーのボクには無理ゲーだろう.戦争回避のためにボクができることといえばラーメン断食を続けることくらいだ.世界が平和になるまでボクは外でラーメンを食わない!/本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に.ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした.

*3:安室奈美恵さんの引退を敬老の日に受けて断つ.

モテる人の共通点あるあるを受けて断つ。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

モテる人の共通点あるあるを受けて断つ.

 唐突ではあるのだけれど,ボクはツイッターをやっている.ボクはツイッターのタイムラインやトレンド,モーメント,そしてダレカがまとめたトゥギャッターまとめなどをスキマ時間にそこはかとなく眺めている.そんな一見しょーむない時間の無駄なことをしているのは,そういうことを観ていることによってモシャモシャするものを発見することができるからである.モシャモシャすることはナニカを考えるきっかけになるのでたいへんに意味があることだとボクは思っている.なによりもモシャモシャはブログというタダの日記を書く上でもよいネタになるものだ.しかしボクは誰にでも「スキマ時間にツイッターのタイムライン,トレンド,モーメントそしてトゥギャッターまとめを読むのはいいぞー」とはオススメはしないので安心して欲しい.というわけで時間を無駄にしたくない賢明なる読者諸賢はボクのマネをしないでもらいたい.無駄なことをするのは無駄であり無駄なことをあえて狙い澄ましてやるのはおバカさんの所業である.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでがボクがスキマ時間にツイッターのタイムラインやトレンド,モーメントそしてトゥギャッターまとめなどを「なるへそ」程度のうわべを眺めているときがありますよという前提を語るどーでもいい閑話,そして以降はツイッターのタイムラインやトレンド,モーメントそしてトゥギャッターまとめなどを眺めていると割と頻繁に見かけるトピック「どうしたらモテるか?」というどーでもいいことについて「モテ」にほとんど興味ないボクがセカンドオピニオンを語るどーでもいい閑話である).

 というわけでボクはスキマ時間にツイッターを眺めているときがそこはかとなくあるわけだけれど,当然ながら一日中眺めているわけはない.しかし,ツイッターを眺めているときに割と頻繁に目にするキーワードのひとつが「モテ」であることは基本的にどーでもよいことである.

 しかしボクにとってはかなりどーでもいい類のトピックである「モテ」についてのトピックであるわけなのだけれど,毎日ひつこくダレカがツイートしているわけなので時にスケベ心を出して上から下へ流れてきたツイートで言及されているリンク先の内容を見出しくらいは眺めてみることがあることはないこともないのである.

 ちなみに「モテ」について言及している記事の趣旨たるや大体どの記事も同じなわけなのだけれど,ではそのタイトルがどのようなものかといえば「どーしたらモテるか」「モテる人の共通点」「モテる人の必須条件」とかいったものである.

 そして折角なので例えばどういったメンがモテるメンであるかといったことが書かれているかと言えば「裏表がない(人の悪口を言わない,愚痴らない)」「素直」「真面目」「傾聴」「学び好き(勉強熱心)」「誠実」といったような意識他界ラーメン店の募集要項にでも書いてありそうなことが書いてあるのである.書いてないのは「ラーメンが大好き」「店長のキモメンとどーしても一緒に働いてみたい」といったことが書いてないくらいのものである.

 そしてボクがそういった記事を読んでいて思うのは意識他界ラーメン店の募集要項で欲しいと思われるようなメンは「きもちがわるい」ということである.そんな「意識他界ラーメン店が欲しがるようなメンがそもそもモテるわけがあるわけがないだろ阿呆か」ということである.意識他界ラーメン店で欲しがられてしまうようなメンになってしまうくらいならむしろモテない方がボクにはハッピーであるようにすら思えてしまうものだ.

 日々同じような代わり映えしない「モテ」に関するツイートや記事は止めどなく溢れ返っても次から次へと量産されてしまうのは「モテたい」というどーでもいい願望を抑えられないメンがそこはかとなくヘラヘラと世の中にたくさんいるからなのだろう.

スポンサーリンク

 とはいえ最後にボクからひとつ「モテ」について当たり前のことを不都合なリアルを突きつけさせてもらうならば《意図的につくられたメンはモテない》ということである.

 上述の「裏表がない(人の悪口を言わない,愚痴らない)」「素直」「真面目」「傾聴」「学び好き(勉強熱心)」「誠実」なメンがいたとしたら確かにそういったメンはすばらしいメンであることだろう.しかし,本質的にそういう素養をもっていないメンがそういうフリをしてみたところでよほどメンを見る目がないメンでないかぎり,それが偽りない本質からのものか,はたまた本質を偽ってのものかくらいは分かるものである.

 もしわからないとすればそれはメンを見る目がないカワイソーなメンであるので,それこそ見た目や甘言に踊らされた挙げ句に痛い目をみて再度また別の痛い目をみるという無限ループにでもハマって抜け出せなくなって欲しい.

 なによりボクに言わせれば「裏表がない(人の悪口を言わない,愚痴らない)」「素直」「真面目」「傾聴」「学び好き(勉強熱心)」「誠実」メンがいたとしたらそんなメンが「意識他界ラーメンが大好き」かつ「意識他界ラーメン店店主とどーしても働きたい」わけがないのである.

 少なくとも意識他界ラーメン店の募集要項に書かれているような欲しい人材がモテるメンでないことくらいは21世紀の皆あまねくヒューメンはいい加減学んではどうだろうか.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《アイキャッチはモテる人のイラスト(男性)モテる人のイラスト(女性).ちなみにボクはモテないがボクの上司であるブチョーはたいへんにモテる.それこそ「裏表がない(人の悪口を言わない,愚痴らない)」「素直」「真面目」「傾聴」「学び好き(勉強熱心)」「誠実」だからだと思うものなのだけれど,ではブチョーの「裏表がない(人の悪口を言わない,愚痴らない)」「素直」「真面目」「傾聴」「学び好き(勉強熱心)」「誠実」が意識他界ラーメン店の募集要項に書いてある「裏表がない(人の悪口を言わない,愚痴らない)」「素直」「真面目」「傾聴」「学び好き(勉強熱心)」「誠実」と同じなのかと聞かれたら言葉は同じでも意味合いが違うとボクは思ってしまうのである.たいへんにふしぎだ./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

参考:

 「モテ」とは違うのだけれど「人たらし」になるにはこういうことができないとね,という記事を昨日ボクは発見した.なにやらベストセラーな方が書いた記事らしいのだけれど,この記事に書いてあるようなことを意識してやっているようなメンをボクはきっと「人たらし」だとは思わないだろうなと思ったことは言うまでもない.モテる才能と一緒でそこはかとない自然な佇まいから魅力を感じるメンが「モテる」「人たらし」なのだとボクは思う.意識して「モテよう」「人たらしになろう」としてナニカをしても自然ではないのだから他人が見たら「きもちわるい」のである.つまり「モテ」も「人たらし」も才能がないメンが無理に「モテよう」とか「人たらしになろう」とかするのは無駄である.無駄なことをするのは無駄であり,無駄なことをあえて狙い澄ましてやるのはおバカさんの所業である.おバカさんがおバカさんであることを広く世の中に知らしめたいのは自由であるのでボクは止めないけれど,人の目を気にするメンはみっともないからありのまま正直に生きるようにしてみてはいかがだろうか?

 この記事には安倍晋三首相の人柄について書かれていた.そこには「安倍さんは正直で、そして公正で、どっかのフレーズにありますが、全くもって本当に正直な人です。売られたけんかは買わない、しかし売られた論争はとたんに買う、そして人の悪口は言わない。人のことを批判しない。それが安倍晋三の真骨頂であります。」とこのように書かれていた.これが本当ならばさぞや安倍晋三さんはモテるのであろう.本稿を読んでもまだモテたいと思う読者諸賢は安倍晋三さんのようになることを目指すとよいと思いますよ.

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

安室奈美恵さんの引退を敬老の日に受けて断つ。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

安室奈美恵さんの引退を敬老の日に受けて断つ.

 今日は2018年9月17日の月曜日,月曜日だけれど祝日なので休日である.なんの祝日かといえば敬老の日である.そして敬老の日とは内閣府の《「国民の祝日」について》のページを参照すると「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」祝日であると書かかれている.読者諸賢は敬老の日について御納得いただけたであろうか?

 内閣府から示されている敬老の日の定義からボクがそこはかとなく感じる《多年にわたり社会につくしてきた老人》から受けるイメージは,すでに定年を迎え現役を引退しているメンである.しかし,今,現役のサラリーメンをしているボクがモシャモシャするのはボクには現役を引退できることはなさそうであるということだ.

 例えば上述の記事である.この記事は今月(2018年9月)の3日に日本経済新聞が自民党総裁選(7日告示―20日投開票)を前にした安倍晋三首相に対して行ったインタビューであるわけなのだけれど,来たる自民党総裁選で勝てば安倍晋三首相の任期が2021年9月まで3年延びる前提において,最初の1年で生涯現役時代にふさわしい雇用制度を構築し「次の2年で医療・年金など社会保障制度全般にわたる改革を進める」と強調されているのである.

 当然ながら生涯現役というのは一生引退しないということである.たいへんにありがたいことに安倍晋三首相が来たる自民党総裁選で勝利すると次の3年でボクらニッポン国民は一生引退しないで働き続けることのできる制度基盤が整えられてしまうらしい.

 ボクはできうることなら死ぬまで生活できるだけのマネーが潤沢にあるならば今すぐにだって引退したいものだけれど,当面,そんな潤沢なマネーが用意できる見込はない.医療・年金など社会保障制度全般にわたる改革の内容いかんではそもそも年金はもらえなくなるかもしれない.

 というわけでボクが多年に渡り社会に尽くし続けて今の老人と呼ばれる世代の仲間入りをするころ,きっとボクはまだ現役なのだろう.一生働き続けなければならぬやもしれぬ,そんな一生現役な社会をつくるのに尽力してきてくれた現役の老人世代になにを感謝することがあるのだろうか?むしろ今現在は年金マネーをもらえている老人世代が現役世代に対して感謝するべき日があってもよいのではないのか?と考えたりするととてもモシャモシャするのが今日の敬老の日であるというわけだ.こういうときボクらはどういう顔をしたらいいのだろうか?笑えばいいのだろうか.

「生涯現役」というゴーリキ感溢れるパウワーワードを耳にして真っ先にボクが思い浮かべるのはゼノ・ゾルディックおじいちゃんなのだけれど,ゼノおじいちゃんが「生涯現役」なのは趣味と実益が一致しているライフアズワークが実践できているからであるのでボクには無理ゲーである.
「生涯現役」というゴーリキ感溢れるパウワーワードを耳にして真っ先にボクが思い浮かべるのはゼノ・ゾルディックおじいちゃんなのだけれど,ゼノおじいちゃんが「生涯現役」なのは趣味と実益が一致しているライフアズワークが実践できているからであるのでボクには無理ゲーである.
(引用元:HUNTER×HUNTER モノクロ版 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)/p112)

 閑話休題.その一方で世の中には気軽に「引退」の二文字を口にできる類の人びともいる.

 ちょうどタイムリーに昨日(2018年9月16日)をもって芸能活動を「引退」した安室奈美恵さんなどがそのステレオタイプであると言えよう.

 そして安室奈美恵さんの「引退」に対してボクのブログ師匠でありツイッターフレンドでもあるフミコ・フミオさん(以降はフミオさんと表記する)が率直な気持ちをツイートをしているのをボクは見つけた.フミオさんの感想はたいへんに正直なものだなあと思う一方で,ボクにも安室奈美恵さんの「引退」には生涯現役社会の文脈では安室奈美恵さんの「引退」を羨ましいと思う半面,羨ましくないと思うところもあるので,羨ましいメンと羨ましくないメンを正解なく書きとどめおこうと思う.

 まず安室奈美恵さんの「引退」を羨ましいと思うのは,ボクが一生働き続けなければならない可能性が高いからである.大事なことなのでたっぷりと書くけれど,ボクは死ぬまで生活にこまらないだけの潤沢マネーがスデにあるならば今スグに働くのをやめたいメンである.ボクは将来の生活,つまりはライフにマネーの不安があるから仕事つまりはワークをしているだけであり,ライフにマネーの不安がないならワークしないのである.ライフイズマネー.

 一方で安室奈美恵さんの「引退」を羨ましくないと思うメンもあるのである.人生が100年とするならば40歳で引退した安室奈美恵さんは残りの人生60年をこれまでやってきたこととは別のことをして生きていくことになるということである.なにもしないというオプションももちろんあるだろうけれど,ヒューメンなどというものは結構案外なにもしない,つまりはヒマなことにはあっという間に飽きてしまうものである.そして小人閑居して不善を為すというけれど,大抵のメンというものはヒマだとろくなことをしないものである.例えば50歳くらいのオッサンがヒマにまかせてメンをウチで打ち始めてしまったりすると脱サラして意識他界ラーメン店をはじめてしまうようなことが1つの例であると言えよう.というわけで安室奈美恵さんは「引退」したといは言っても人生を「引退」したわけではないのであろうから小人閑居して不善を為すといった愚行に陥らないためにも結局なにか仕事をするのだろうとボクは思っている.なので結局仕事をしているというのであれば,ボクは安室奈美恵さんのことを羨ましいとは思えないというわけなのである.

 つまりとどのつまりは結局どういったものがボクにとってのパーフェクツなライフかといえば,ライフの心配をする必要がないほどのマネーが潤沢にある前提において,ヒマを持て余すことなくナニカすることがある状態ではないかと思うのである.

 とりあえずヒマを持て余してメンを打ち始めるといった頭の悪いことことだけには手を染めず,それでいて誰にも迷惑をかけずにライフタイムを有意義に過ごすことのできる行為とはナニカをそこはかとなく考えてみた.するとどうやらひとつは読書であり,ひとつはこうしてタダの日記を書くことであるような気がしてきた.あとはマッソーを鍛えることだろう.マッソーは裏切らない.

スポンサーリンク

 というわけで読者諸賢にはボクがなにを言っているのかなんだかよくわからんかもしれないが,本稿を書いたことによって,ボクはおそらくすることのできない「引退」を仮にナニカの間違いでできてしまったときにボクがしたいことを3つリストアップすることができた.

 (1)読書(2)ブログという名のタダの日記を書く(3)マッソーを鍛える.

 以上の3つをするだけで生きていけるライフがあるならば,きっとボクはそれを極楽と呼ぶだろう.そんな極楽ライフがいつかやってくる可能性がゼロでないならば,もうちょっと汚仕事をガンバるぞいしてみようかなと思えてきた.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《本稿はお題「最近気になったニュース」今週のお題「おじいちゃん・おばあちゃん」によせて書きました.》

参考:

 安室奈美恵さんの引退メッセージ(全文)を読んでみても安室奈美恵さんが今後なにをする予定なのかは不明だ.グーグル先生にクエスチョンしてみると御本人とは全く関係のないメンがテキトーな憶測メッセージをのべつ幕なし公開しているのだけれど,そういったテキトーなメッセージになんの需要があるのか,誰得なのかについてはボクの口からはなんとも言えないものである.とりあえずボクにはなんの需要もないものであることだけは確かではあるのだけれど.

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

「モスバーガーで28人が食中毒の症状、本部納入の食材が原因?」を受けて断つ。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

「モスバーガーで28人が食中毒の症状、本部納入の食材が原因?」を受けて断つ.

 先にお断りをいれておこう.ボクはほとんど外食をしないメンである.本ブログにおいて明言して断つことにしている外食は意識他界ラーメン,日本鰻,マクドナルド,そしてミスタードーナツである.他にも実は特に意識して断っているわけではないけれどずっと食していない外食メニューや外食チェーン店は相当数存在する.ちなみにそれでも全くボクが困らないのはボクが基本的に自炊をするメンだからである.

 とはいえ自炊を愛している自炊原理主義者というのはさすがに過言である.平日のランチは弁当を持参しているわけではないのでどうしてもオフィス近辺の定食屋ないしオフィスビル内の食堂にいかざるを得ないのだ.なのでボクにも外食産業を完全否定することはさすがにできないのである.サラリーメンとしてオフィス痛勤を強いられている限りにおいてはこれは抗いようのないことである.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでがボクが基本路線としては外食をしないようにしているメンであるというどーでもいい前提を語る閑話.以降は最近外食産業がにわかに食中毒でアツいよねということを語る注意してもどうにもしようもないときはどうしようもない閑話である).

 読者諸賢はモスバーガーで28人が食中毒の症状を訴え,なお被害が拡大中というニュースをお聞きになっただろうか?ボクは昨日(2018年9月14日),ツイッターのトレンドを観たり,日本経済新聞の社会欄を読んだりしている際にそのニュースを目にした.

 記事によると「ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の関東甲信地方8都県にある19店舗を8月10~23日に利用した計28人が食中毒の症状を訴えている」らしい.また8都県とは「栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野」とのことなのだけれど,「長野県の上田保健所が10日から3日間の営業停止処分とした同県上田市のフランチャイズ店「アリオ上田店」以外は店舗名や詳しい所在地を明らかに」されていないのだという.

 ちなみにこの食中毒事件のモシャモシャするポイントは「(店舗が)チェーン本部から納入した食材が原因となった可能性が極めて高い状況だ」と発表されていることである.本部から納入された食材が原因ということは8都県「栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野」に限らないモスバーガーで同様の食中毒の危険があるということになりそうなものなのだけれど,長野県の上田保健所が10日から3日間の営業停止処分とした同長野県上田市のフランチャイズ店「アリオ上田店」以外は店舗名や詳しい所在地を明らかにされていないのである.

 そもそもボクの場合は滅多に外食をしない自炊主義者なのであえてこのタイミングで狙いすましてモスバーガーに食中毒の危険を冒してまでハンバーガーを食しにはいかないわけなのだけれど,モスバーガーのチェーン本部から納入された食材が原因となって起きた可能性のある食中毒事件で長野県上田市のフランチャイズ店「アリオ上田店」以外は店舗名や詳しい所在地を明らかにしないというのはたいへんに不安感を煽るものである.

 とはいえ世の中,大方のメンは意識他界ラーメン店でゲリラーメン食して食中毒っぽい症状を起こして店にツイッターで訴えたらブロックされたといったことが起きても無関心なようなので,こういったことが起きたとしても不安に思うメンの方がマイノリティなのであろう.ボクは気になるので本件の顛末をしばらく観察していきたいと思うが,気にしない方はどんどんモスバーガーにハンバーガーを食しにいけばよろしかろう.

 最後に余談ではあるが,ここ1ヶ月ほどボクがみている範囲では「食中毒」という言葉を何度か目にしているような気がしている.1つは意識他界ラーメン店のゲリラーメン,1つは客にハンバーグを焼かせる飲食店のブーム,そして今回のモスバーガーである.

 最初の2つについては下記のエントリに先日書いた.

 意識他界ラーメン店のゲリラーメンでゲリをするというのは扱っている食材そのものの扱いがむつかしいもの(例えば牡蠣や雲丹をはじめとした生の魚介類やジビエ肉を使用しているものなどがある)であるのでゲリをするのは理解できるのだが,保健所を介して営業停止にされている様子がない(少なくとも新聞等での報道は見かけない)ことからキチンと医師の診断を受けていないか,医師の診断は受けているけれど医師が保健所に届け出を出していないか,はたまたそもそも5ちゃんねるやツイッターといった信頼性がビミョーなメディアへの書き込みなのでデマなのかといったところなので,リアルならちゃんと「医者に行く」「医師の診断を受ける」「食中毒ならばキチンと医師に保健所に届け出をしてもらう」をしようという話である(医師の方がたが保健所に届け出をしてないのならば,下記のリンクにあるとおり医師の過失である).

 今回のモスバーガーの件でボクが気になったのは今の時期(9月中旬)は食中毒がよく起きるシーズンなのか?ということである.

 ちなみに困ったときの厚生労働省ということで上記リンクの厚生労働省の「食中毒」に関するページを参照してみた.このページを観ても分かるのは「ノロウイルスは特に冬に注意せよ!」ということくらいである.google:食中毒 時期 などでグーグル先生にクエスチョンすると花王のサイトなどでは「7月から9月にかけての夏場に最盛期を迎える」と書かれている.ようは一年中を通して食中毒の危険のない時期など「ない」というのがボクの意見であるわけなので食中毒にはこれからもボクは細心の注意を払っていきたいと思ってる.

スポンサーリンク

 具体的にボクが食中毒に対してどのような細心の注意を払うかといえば《食中毒予防の3原則:食中毒菌を「付けない、増やさない、やっつける」》を徹底するということである.具体的にどういうことかは政府広報がガイドラインをインターネッツに公開しているので興味のある方は確認してみるとよろしかろう.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《アイキャッチはアイキャッチは集団食中毒のイラスト./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

参考:

 食中毒事件のリストは厚生労働省のページで確認できないことはないけれど,個別具体的な店の名前等は上記のリンク先にある資料からは確認することができない....

 たとえば上記では今年(2018年)の速報が公開されてはいるわけだけれど,個別具体的なお店の名前には言及がない.

 この資料の中でボクが個人的に「なんだこれ?」と思ったのは原因食品の列に「酒類(洗浄剤)」と書かれていたものである.ボクのググラビリティではこの食中毒事件らしいものを伝える報道を見つけることはできなかったが,食中毒事件は結構頻繁に起きているわりに世の中の関心は薄いのだということをボクは再認識したことはいうまでもない.

 花王のサイトによると「食中毒の発生状況は1年中同じではありません。また、年によっては、企業の不祥事による食中毒事件が起きることもあります。おおよその傾向では、寒い季節に食中毒の発生は少なく、4月、5月と暖かくなるにつれ多くなり、7月から9月にかけての夏場に最盛期を迎えるといわれています。フグやキノコなどによる食中毒(自然毒)も季節と関係があり、キノコは秋(10月)、フグは冬(10~12月)に多いとされています。」といったことが書かれているが,この情報は少し古いのだ.

 東京都の今年(2018年)の食中毒による死者数はボクが確認をした2018年9月16日時点ではゼロのようだった.ちなみにこれを観ると花王のサイトとは異なりむしろ7月から9月にかけての食中毒患者は少なく観えるのである...

スポンサーリンク

追記:

 2018年9月11日付の記事でモスフードサービスは広報を通して日経QUICKニュース社(NQN)に対し、食中毒の原因について「調査中」としたうえで、「原因が納入された食材などサプライチェーンにあった場合は、当該店を含めた広域の店舗の営業自粛も検討する」と回答している.「原因が納入された食材などサプライチェーンにあ」るのか,それともないのかはこの記事の時点では判明していないけれど,ボクが経営ならその疑いがあるだけでも「広域の店舗の営業自粛」をするけどねというのが率直な意見でございます.ボクはモスフードサービスは危機意識が低いのではないですかね.

 2018年9月17日付の朝刊で新たに長野県諏訪保健所が16日、同県茅野市にある「茅野沖田店」を18日まで3日間の営業停止処分にしたことが報じられた.しかし既に営業停止処分を受けた長野県上田市の「アリオ上田店」と今回営業停止になった「茅野沖田店」以外の店舗名は示されていない.食中毒の原因が「本部」の調達にあるのであれば,営業停止するべきなのは末端の店舗ではなく「本部」の方ではないのだろうか?たいへんにふしぎだ.報道があるかぎりにおいてボクは本件の観察を継続したいと思う.

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

1,000円ではラーメンはもはや食せないしラーメンで1,000円は食せません。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

1,000円ではラーメンはもはや食せないしラーメンで1,000円は食せません.

 今日は2018年9月15日の土曜日である.新聞やラジオそしてインターネッツでは先週末あたりから今日がリーメンショックから10年ということで「経済危機は再来するよ」と煽り立てている.とりあえず右肩上がりの経済成長などというものは存在しないのでどこかで必ず大きなバブルは弾けるというのが世の常である.なので「経済危機は再来するよ」という意見それ自体にはボクにもなんのクエスチョンを差し込む余地はない.しかし,あえて指摘せんでもよいことを指摘するならば,「経済危機は再来するよ」で大事なのは「その経済危機の再来がいつ来るのか?」ということである.ちなみにボクにもいつその危機がやってくるかは明確に述べることはできないのでたいへんにそのクエスチョンについては興味のあるものなのだけれど,その大事な論点について明確な意見を述べている記事は少なくともボクがこの1週間のうちに読んだ記事の中には存在しなかった.つまりはゼロ,ストロングゼロであったと言っても過言ではない.ふしぎだ.

 とはいえ,本稿において次の経済危機がいつくるかについて考察してみることに関しては本稿の趣旨を逸脱する.なのでボクは本稿において潔く次の経済危機がいつくるかについて考察することを潔く差し控えたい.立派な大人というものはテキトーな勘ピューターで思いつきの予測をインターネッツにドヤ顔で公開しないものである.

 なによりそもそもリーメンショックなどと先の経済危機のことを呼んでいるのはニッポン人だけである.なので恥ずかしいから外国人と話すときにリーメンショックなどという言葉は使わないようにしてほしい.またそんなグローバルに通用しないリーメンショックなどというゴーリキなパウワーワードを濫用しているはてな凍死ブロガーはボクから言わせればナニカとそこはかとなくマズいので信用しない方がよいですよ,というのは余談である.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでが今日,つまりは2018年9月15日でリーメンブラザーズの破綻をきっかけに起きた経済危機から10年ですよということを記憶に留めるどーでもいい閑話,そしてここからが10年前のラーメンに思いを馳せてみるどーでもいい閑話である).

 というわけで今日は先の経済危機から10年の節目であるわけなのだけれど,そんな節目の今日の日本経済新聞の朝刊の春秋コラム(下記リンク)でボクは《「100円でポテトチップスは買えますが……」。かつてテレビCMで女性タレントが訴えていた。こう続く。「ポテトチップスで100円は買えません」》と書かれているのを読んだ.

 話は少し脱線するけれど,こんなCMをボクは観た記憶がなかったのでなんのCMなのだろうと思いグーグル先生にクエスチョンしてみた.すると,どうやらこのフレーズが使われていたCMというのは藤谷美和子さんが出演していた1977年のカルビーポテトチップスのCMであったようである.コラムを書いたメンは相当年齢がいっていそうだ.....

 さらに脱線ついでにこのレトリックをラーメンにあてはめてみるとどうなるのかやってみたら次のようになった.「1,000円でもはやラーメンは食せないし,ラーメンで1,000円は食せない」.読者諸賢にはボクがなにを言ってるのかわからんかもしれないけれど,安心してほしい,ボクもなにを言っているのかよくわからない.しかし,1,000円でもはやラーメンが食せないのは先の経済危機以降の物価高によって起きた不都合なリアルであるし,ラーメンで1,000円が食せないのは当たり前である.そこはかとなく催眠術であるとか超スピードとかいったチャチなもんじゃあ決してない,底知れぬ恐怖というものの雰囲気だけでも感じとってもらえたら幸いである.

 さて脱線に脱線を続けた本稿は最後の最後に先の経済危機が起きた10年前のラーメンから今の意識調査ラーメンまでに思いを馳せて締めくくりをはかりたいと思う.

 10年前といえば2008年であるわけだけれど,当時ボクが記憶する限りまだ意識他界ラーメンというものは存在していなかったように記憶している.意識他界ラーメンの原形はラーメンの鬼と呼ばれた開祖Minoru Sanoによって開かれていたような気がしないでもないけれど,Minoru Sanoのゴーリキなパウワーワードの割につくるラーメンのマズさたるや筆舌に尽くしがたかったのでそんなもん食してウマいとか言ってるのは頭が悪いと思われるのをさすがのラヲタキモメンも避けていたのかもしれないしそうではないのかもしれない.とりあえずMinoru Sanoのラーメンはマズかった.それだけはボクの舌が記憶しているので間違いない.しかし,Minoru Sanoがリアルにあっちの世界へいってしまうとなぜか一転して神のごとく扱われるようになったからふしぎである.相変わらず支那そばやのラーメンはマズいままだが,なぜかそれをウマいウマいと食べログしたりインスタバエしているラヲタキモメンがいる.全くもって意味不明だ.Minoru Sanoが壮年をかけてつくった小麦でつくったメンが無類であると店で出すなんだかよくわからん店もあるくらいだ.どこでなにがとち狂ってしまったのか.ボクにはよくわからない.

 とりあえずミシュランガイドにラーメン店が載り始めたあたりからさらに意識他界ラーメン熱に拍車がかかったことだけは間違いないと思っている.もはや意識他界ラーメンがラーメーンに回帰することは期待できない.ボクにできることといえばせいぜいとにかく早く意識他界ラーメンに潰えてほしいと願うことだけだ.

 2017年はそこはかとなくきもちわるかったラーメンユーチューバーやラーメンインスタグラマーだったが,さすがに一部のシンパ以外は飽きたのだろうね,2018年になってそれらも下火になり始めたことでようやっとラーメン断食続けるボクの視界には細々としぶとくゴキブリ並の生命力で活動を続けるラヲタキモメン以外は目に止まらなくなってきてはいる.なのでこの調子で,次の10年ではそういったしぶといゴキブリ並の生命力をもったラヲタキモメンがよりよりのメタボ,成人病,しかるのち闘病生活で歴史の表舞台からは姿を消し去ってくれることを万感の想いで願いたいものだ.大体ラーメンを毎日食しているようなラヲタキモメンの人生の末路はメタボ,成人病,そして長年の闘病生活になるのは約束された未来だ.大体,今ユーチューブやインスタ等で目立っているラヲタキモメンが20代半ばから30代半ばのようなので,10年後の30代半ばから40代半ばではせいぜい自堕落なライフの後悔を十分に堪能してもらえたらよいかなとボクは思っている.後悔は先には立たない.後悔したときは時すでに遅しだ.せいぜい人生の最後にこれまで数多くのメンの目を穢してきた報いを受けて最後まで苦しんでこの世を去ってほしい.

 意識他界ラーメン毎日食すきもちわるい痴態をインターネッツに後悔するのがいつまでネタとして飽きられないのかはボクにはよくわからんが,ボクはそういうきもちわるい痴態を観ても食欲が減退することはあっても食欲が増進することはないので安心してもらいたい.そういうきもちわるい痴態が役に立つことがあるとすればダイエットくらいだろうか.しかし,きもちわるい痴態を眺めて食欲減退させるダイエットはとても健全なものとは思えない.

スポンサーリンク

 というわけでなんだかよくわからん結末となったけれど,先の経済危機から10年経った今,次の10年のラーメンを考えたとき,ボクは意識他界ラーメンには潰えていてほしいとやはり思うし,その界隈でイキっている意識他界ラーメン店店主やラヲタキモメンも皆あまねく消滅していることを願いたいという純粋な願いのみが残った.

 そしてボクはといえばその願いの成就を祈願してよりよりの睡運瞑菜350gへのコミットメントをラーメン断食という形で継続して生き続けたいと思っている.

 意識他界ラーメンは期待を裏切る.マッソーは期待を裏切らない.つまりラーメン断食は期待を裏切らないのである.期待を裏切ると分かっていることを敢えて狙い澄ましてやってしまうのはタダのおバカさんである.ボクはおバカさんではない.なのでボクはこれから先の10年も外でラーメンを食わない.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《アイキャッチは「ポテトチップスは100円で買える」というCMを探そうとグーグル先生にクエスチョンしようとしたら「ポテトチップス発ガン性」「ポテトチップス太る」「ポテトチップスは体に悪いのか」といった検索ワードがサジェストされてボクがモシャモシャしたエビデンスである.ポテトチップスでガンになるなら意識他界ラーメンならもっとガンになるだろう.当たり前のことをいうならば偏食が体に悪いのは当たり前である.毎日3食欠かさずラーメンなんて食している頭の悪いラヲタキモメンが健康なはずはないのでそんなおバカさんのいうことに耳を貸すのは辞めましょう./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

「ハンバーグは中までしっかり加熱して食べて」を受けて断つ。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

「ハンバーグは中までしっかり加熱して食べて」を受けて断つ.

 読者諸賢はここ数年,ハンバーグを生やレアの状態で提供し,客がテーブル上で焼くスタイルの飲食店が登場して人気となっているのをご存知なメンであろうか?

 ボクはお恥ずかしながら外食をほとんどしないメンであるのでご存じないメンであった.しかし下記の記事によれば個別具体的な飲食店のお店の名前は書いていなかったけれど,ハンバーグを生やレアの状態で提供し,客がテーブル上で焼くスタイルの飲食店が登場して人気となっているらしい.

 そして平沢裕子さんという食の安心安全の界隈では勇名を轟かせている専門家の方が「ハンバーグに使われる牛挽肉(ひきにく)は、重篤な食中毒を引き起こす菌で汚染されている可能性がある。ハンバーグは中までしっかり加熱して食べて」警鐘を鳴らしているようだ.

 いわれるまでもなくボクは生肉ほど食中毒のリスクがたかいものはないと思っているラーメン断食家である.生やレアの状態でハンバーグを出されてもキチンと火が通ったことを確認してハンバーグを食すメンであるというわけだ.つかそもそもハンバーグの火の通り具合を確認するのに楊枝などで刺して透明な肉汁が出てくるかを確認するというのが一般的だったと思うのだけれど,俗世には自分のウチでハンバーグを焼いたことがないメンがそんなにいるとでもいうのだろうか?

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでがハンバーグを生やレアの状態で提供し,客がテーブル上で焼くスタイルの飲食店が登場して人気となっているらしいけれど,ハンバーグはきちんと火が通ってることを確認してから食さないと食中毒の危険があることくらい知ってて当たり前なんじゃないの?という素朴なクエスチョンを語る閑話.以降はきちんとハンバーグに火を通さないでハンバーグを食すメンが意識他界ラーメン店でゲリラーメンを食すのはもっと危険だよ,ということをカジュアルに警鐘を鳴らす閑話である).

 ところで諸賢は意識他界ラーメン店をご存知だろうか?意識他界ラーメンとはラーメーンとは呼べないなんだかよくわからんムニャムニャのことである.なんだかよくわからんムニャムニャはなんだかよくわからんムニャムニャであるわけだけれども,典型的ななんだかよくわからんムニャムニャがどんなものかと言えば,ときにメンがないなんだかよくわからんムニャムニャであり,ときにメンが肉のなんだかよくわからんムニャムニャであり,ときにメンがコンニャクだったり,メンが野菜だったりするなんだかよくわからんムニャムニャである.

 ラーメン断食家のボクに言わせればそういったなんだかよくわからんムニャムニャはラーメーンではない.なのでボクはそういったなんだかよくわからんムニャムニャを受けて断つことをラーメン断食と呼ぶことにして,それ以来,外でラーメンを食わないことにしている.

 そんななんだかよくわからんムニャムニャをラーメンと称して提供しているのが意識他界ラーメン店であるわけなのだけれど,そんな意識他界ラーメン店のなんだかよくわからんムニャムニャの中でも群を抜くなんだかよくわからんムニャムニャであるのがゲリラーメンであるというのはきっとラオタキモメンくらいしか知らないであろう.

 ちなみにゲリラーメンとはゲリラ豪雨などからきっと着想を得て命名された日替わりの限定ラーメンのことである.それはときにゲリラ,ゲリラー,ゲリラ限定と呼ばれており意識他界ラーメン店によって呼び方が一貫していないわけなのだけれど,ボクが意識他界ラーメン店における日替わりの限定ラーメンのことを呼ぶときはゲリラーメンで統一することにしている.

 日替わりの限定ラーメンであるのでゲリラーメンにどのようなものがあるかと言われれば,ときにはそれこそちゃんと火が通ってるのかどうか不安になるようなジビエ肉であったり,そもそも火をとおしてない生牡蠣であったり,牡蠣をつかったりしているラーメンがゲリラーメンである.

 ボクに言わせれば本稿冒頭のハンバーグよりもゲリラーメンのちゃんと火が通ってるのかどうか不安になるようなジビエ肉をつかったり,そもそも火をとおしていない生牡蠣や牡蠣を使っているゲリラーメンの方がおそろしくて食せたものではない.なのでボクはそもそも外でラーメンを食さないのであるが,ゲリラーメンには特に近寄らないように気をつけている.

 とはいえ,世の中にはそんなことはおかまいなしに一期一会のメンであったり唯一無二のメンであったりといった景品表示法上も問題がある謳い文句*3に踊らされたラオタキモメンが今日も今日とてゲリラーメンを食しているようだ.そしてときにはゲリラーメンを食してリアルに食中毒になりゲリがとまらなくなっているようなのだけれど,そのクレームを意識他界ラーメン店のツイッターアカウントにむけて直接クソリプした結果,ブロック逃亡される事案を繰り返しているようだ.

 そういった事案の報告は大抵5ちゃんねるというたいへんに信頼性の他界メディアで行われているものなのでその真偽たるや定かでない.しかし,仮に事実なのであれば,ボクから言えるのはキチンと医師の診察を受けた上で,保健所に届け出をするべし,ということである.意識他界ラーメン店などというものはそもそもメンとして信用に値しないような腐れ外道かつド阿呆な意識他界ラーメン店店主がやっているものなので,直接「キミのところでゲリラーメンを食したらゲリになって死にかけたぞ!」といったクソリプを直接行えばブロックして逃亡するという結果になるのは火を見るより明らかであると言えよう.

スポンサーリンク

 最後にもういちどたっぷりと書くけれど,ボクに言わせれば意識他界ラーメン店のゲリラーメンを食すのをまずやめることが寛容なわけだけれど,出来心からゲリラーメンを食して食中毒しかるのちリアルにゲリして死にかけた暁にはキチンと医師の診断を受け,診断書を出してもらい,しかるのち保健所に届け出をだしましょう.あとは保健所がキチンと意識他界ラーメン店に対してしかるべき行政処分がくだることでしょう.

 適切な処分を意識他界ラーメン店に望むなら,信頼性他界5ちゃんねるなんかに書き込みをするのはむしろ逆効果である.本当にゲリラーメン食して死にかけたなら,きちんとその責任をもって意識他界ラーメン店を地獄への道連れにしてほしい.

 それではまた会おう.さらばだ諸賢!

《アイキャッチは集団食中毒のイラスト.ちなみに5ちゃんねるでゲリラーメン食して食中毒になったことをツイッターでクレーム入れたらブロックされたという事案でとりあげられている意識他界ラーメン店をボクはお店の名前を知っているけれど情報源が5ちゃんねるなのであえてその店の名前を書いたりすることはしませんのでご理解くださいね.読者諸賢のググラビリティ次第で簡単にその情報は見つけられると思いますが,その情報を信じるか信じないかは意識他界ラーメンを未だに食したいと思っているメンの自己判断にお任せいたします./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

*3:意識他界ラーメン店ほどゴーリキ感あふれるパウワーワードを使うと覚えておいてほしい.

オープンオフィスはつらいだけ。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

オープンオフィスはつらいだけ.

 読者諸賢はパーティションのないオープンなオフィス,つまりはオープンオフィスで働くメンであろうか?それともトラディッショナルなパーティションで区切られたオフィスで働くメンだろうか?はたまたそれ以外,たとえばノマドワーカーであったり,在宅勤務なメンであろうか?もしくはそもそもサラリーメンではないので「そんなもんには興味がない」というメンであろうか?

 ボクはサラリーメンである.そしてたいへんに遺憾とは思いながらもモシャモシャしながら毎日オフィス痛勤している.オフィスはボス(ウチのカンパニーの社長のことである)が「オールウェイズドアオープンド」という意向を示している関係で「これでもか!」というほどのオープンオフィスを採用してる.そのオープンさたるや筆舌に尽くしがたいのではあるけれど,特にボスのまわりの広大な空間がボスの趣味のグッズで埋め尽くされており,ボスの鎮座マシマシしているエリアだけ異世界にまぎれこんだかのようになっているのは完全なる余談である.そしてそんなボスのまわりに展開されている異世界空間をスタッフにモレなく披露したがるボスに露出狂のきらいがあるか否かについてはボクの口からはなんとも言えないものである.

 ちなみにボスが自分の痴態を広くオフィス内に隠すことなく披露したがるのはご自由にしていただければよいものとして,たいへんにありがたくないことにウチのカンパニーのオフィスは各スタッフのワーキングスペースも一切のパーティションが,ない.「これでもか!」というほどのオープンオフィスでスタッフがひしめきあっている.ボスのまわりの広大な空きスペースが嘘のように各スタッフのパーソナルスペースはたいへんにせまくなっている.そしてすべてが見通せるのである.見晴らしのよいタコ部屋というと雰囲気が伝わるだろうか.

 見通しのよいタコ部屋のことを広く俗世においてもオープンオフィスというのかどうかはボクは知らないが,オープンオフィスはスタッフ同士のコミュニケーションを活性化させると言われている.最近はむしろオープンオフィスは「百害あって一利なし」といわれているような気がするのだが,ボスは自らの「オールウェイズドアオープンド」体現するためにオープンオフィスをやめる気はないようだ.できればボクはボスのまわりだけをオープンオフィスにして各スタッフのワーキングスペースにはパーティションを設けられるようにしてほしいのだけれど,見通しのよいタコ部屋が解消される見通しは現状期待できない.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでがウチのカンパニーのオフィスは見通しのよいタコ部屋,つまりはオープンオフィスですよという前提をテキトーに書き連ねる閑話.以降は3ヶ月強ぶりの席替えイベントの準備をしていてボクが気がついたしょーむない知見について書き連ねるどーでもいい閑話である).

 話は唐突なのだけれど,この週末(2018年9月15日-17日)の間にウチのカンパニーのオフィスではオフィス内の大きな席がえが行われることになった.まったくボクはその話を聞いていなかったのだけれど,昨日(2018年9月13日)の帰りしなにフランスにいるブチョーから「ウチのオフィスで大規模な席がえが行われるから準備よろ!」といった趣旨のメッセージを受け取ったことでボクはそのことを知った.ちなみに「よろ!」とは当然ながらブチョーの席がえの準備はボクにやっておいてねという意味である.それくらいはボクにも忖度が可能だ.

 今回の席がえはそこはかとなく大規模なこともあってウチのスタッフのDIYでやるのは効率が悪すぎるということになり,業者に頼んでやってもらうことになっているようだ.そんな大規模な席がえになっていることを作業のある2日前に伝えられる我々スタッフの身にもなって人事メンは仕事にあたってもらいたいものであるというのはタダの愚痴であるのでスルーして頂いて結構である.とりあえずヤマト運輸の子会社による悪意ある引っ越し代金ミズマシマシ事件のようなことが起きないようにだけは気をつけてもらいたい.

 さてここからがどーでもいい本題である.ボクは今回の大規模なウチのオフィスの席がえイベントの準備をしていてどーでもいいことに気づいた.そのことを簡単に書きとどめて本稿はテキトーに締めくくろうと思っている.

 実は今回の大規模な席替えでは貴重品だけは持ち帰るようにという司令が人事メンからでている.ボクの場合,ちょっと大きな貴重品があるため今日(2018年9月13日)と明日(2018年9月14日)の2日を使って貴重品をいったんウチなるインナーワールドに持ち帰ることにした.

 というわけで普段のボクは可能な限りモノを持ち歩かない手ブラライフをしているのでサコッシュに必要なガジェット類だけをもって痛勤しているわけなのだけれど,今日はオフィスの貴重品を持ち帰るためにしかたく大きめのカバンをもって痛勤した.    そして出社したのちボクはその大きめのカバンを机の左端に鎮座マシマシたのだけれど,たったそれだけのことがボクのオフィスライフを少しだけ改善したのである.

 もちろん本稿で初めて本ブログをお読みになった方はボクがなにをいっているのかさっぱりわからないとは思うのだけれど,ボクがデスクの左端に大きめのカバンを置くとカバンがパーティションの代わりになり,ボクのデスクの左側で展開されていた異世界がそこはかとなく見えなくなったのである.

 ボクのために割り当てられているオフィスのデスクまわりの異世界さ加減については以前上記の3つのエントリで書いたことがあったのだけれど,こと左側の世界で展開されていた異世界についてバトルシーンが「キンキンキンキンキン」で表現される「なろう小説」ばりのなんだかよくわからんレトリックで表現するならば次のような感じになる.

 ボクのデスクの左側にはニッポンの入国管理局から高度外国人材に認定された高度な外国タレント,高度外国人材氏のデスクが割り振られている.高度外国人材氏の朝の様子を簡単に描写してみよう.

 朝の高度外国人材氏は始業時間になっても自分のデスクには大抵来ていない.始業時間が過ぎてからドドドドドドッとやってくるのだ.そして自分のデスクにやってくると椅子にまずはツルツルーッと滑り込んで座る.椅子には車輪がついているので高度外国人材氏はさらに左隣にいるウーメンの方まで滑っていきそうになるのだがギリギリのところで高度外国人材氏とウーメンは衝突せずには済んでいるようだ.椅子に座った高度外国人材氏は次に施錠していない袖机からガガガガン,スゴゴゴンと立てる必要もなさそうな大きな物音を立ててラップトップを取り出す.取り出したラップトップはしかるのちデスクにガガガーンと裏返しに叩きつけられるのだけれど,レッツノートでもないのにそのラップトップが思いの外,丈夫らしく今のところ破壊されている様子はないというのは余談である.しかし,高度外国人材氏はその裏返しのラップトップを使うのかと思わせておきながら使わないのだ.そして電源をつけっぱなしのデスクトップのモニターの電源をつけるやいなやベベベベベン!ベベベベベン!ベベベベベン!と速射砲のようにキーボードを叩きはじめる.いくら電源がつけっぱなしとは言え,なにかアプリケーションを立ち上げる風でもなく速射砲のようにキーボードを叩き続けることのできる技の正体が長らくボクには謎だったのだが,よくよく高度外国人材氏を観察していてわかったのは,どうやら高度外国人材氏が速射砲のようにキーボードを叩いていたのはログインしようとしているだけだったということである.高度外国人材氏は設定したパスワードが長すぎて何回もタイポしてはログインを弾かれるということを繰り返しているだけだったのだ.そしてどうやらときに5回以上ログインに失敗してアカウントがロックアウトされているようなのだが,そこではじめてデスクに裏返しに叩きつけられているラップトップでのログインに切り替えるようだ.これを高度なリスク分散と解釈するか,はたまたタダのおバカさんと解釈するかは各々の読者諸賢の判断におまかせしたい.ボクが高度外国人材氏をどのように評価しているかについてはナニカと支障があるのでインターネッツという公に公開することは潔く差し控えたい.

 以上が朝の高度外国人材氏なわけなのだけれど,高度外国人材氏がどんな動きをしているかと言えば「ぴょんぴょんくるくる」「うろうろ」「ぶつぶつ」といったことをしている.それはさながら神奈川県横浜市港南区で掲示されている障害理解啓発のポスターにかかれている「障がいからくるさまざまな行動」のようにみえなくもないのだけれど,神奈川県横浜市港南区で掲示されている障害理解啓発のポスターにはそういった「障がいからくるさまざまな行動」はあたたかく見守ってほしいということが書いてあるので,ボクは高度外国人材氏を可能な限り見ないように心がけている.

スポンサーリンク

 というわけでハゲしく遠回りしてきたわけだけれど,そろそろ本稿の本筋に話をもどしていきたい.

 ボクはパーティションなしの見晴らしのよいタコ部屋にいる.なので皆あまねくボクの左隣のデスクにいる高度外国人材氏のさまざまな行動がすべて丸見えなわけなのだ.しかし今朝,大きめのカバンをボクの机の左端においてみるとおもしろいくらいに高度外国人材氏のさまざまな行動があまり見えなくなったのである.大事なことなのでたっぷりもう一度書いておきたい.左隣の異世界空間が見えなくなった世界は思いの外快適だったのだ.

 高度外国人材氏の「ぴょんぴょんくるくる」「うろうろ」「ぶつぶつ」の見晴らしがよくないだけでなんと集中のできることか.

 少なくともボクはそんなに高度なメンとして進化しきれていないので,高度外国人材氏のような高度なメンのさまざまな行動を直視していると集中力が途切れてまるで仕事がはかどらないのだ.

 ボクは俗世の皆あまねくメンが高度外国人材氏のような高度なメンの域に到達したとは信じたくないものだ.

 オープンオフィスは少なくともあまり高度でないボクのようなメンが集中して仕事をすることのできる環境ではない.ボクにはオープンオフィスはつらいだけだ.

 そこまで高いパーティションでなくともよい.しかしパーティションが導入されたならば,きっとボクも高度外国人材氏のような高度なメンの「ぴょんぴょんくるくる」「うろうろ」「ぶつぶつ」に惑わされず集中して仕事をすることができるようになるだろう.ウチのオフィスにパーティションが導入される日はいつくるのか.ボクはボクのデスクにパーティションが導入されるまでは今までどおりブチョーの許可をとった上で会議室とフリースペースのはしごを続けるつもりだ.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《アイキャッチはパーテーションのイラスト.ボクは誰が最初にパーティションを取り払おうなどというろくでもないことを考えてしまったのかは知らないし興味はない.しかし少なくともボクはパーティションがなくて近くに高度なメンが丸見えだと集中して仕事をすることができないのだ.露出趣味のあるメンだけがボクはオープンなスペースで仕事をしたらよいのではないかと思っている.ウチのカンパニーではせめてオープンがいいかクローズドがよいか選択できるようにしてほしいものだ./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

参考:

 すくなからずギガジーンはボクの味方であり,その論調たるや最近は一貫して「オープンオフィスはさいてー」と言い続けてくれておりたいへんに心強いのである.早くこの世からボクはオープンオフィスが潰えてほしいと願っている.

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

わが家の防災対策を受けて断つ。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.毎週水曜日はボクがはてなブログ編集部が出題するお題に答えてはてなブログを楽しむことにしている日だ.

 今週のお題「わが家の防災対策」.

 「台風21号および北海道胆振地方中東部を震源とする地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。今週は「わが家の防災対策」というお題で、はてなブロガーの皆さまがご家庭で行っている防災対策を募集します。「防災袋に入れておきたいもの」や「いざという時に役立つ知識」など、あなたの防災対策を教えてください。皆さまのご応募をお待ちしております。」とのことである.

スポンサーリンク

 さてとりあえずまずは自己紹介.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.

 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2

 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

ウチなるインナーワールドの防災対策で受けて断つ.

 はてなブログ編集部が毎週出題してくる今週のお題はもっぱらなんだかよくわからないものである.しかしボクはなんだかよくわからんものがそこはかとなく好きなメンであるので詭弁を弄する練習として毎週はてなブログ編集部の出題する今週のお題に答えることを楽しみにしている.

 しかし,こと今週のはてなブログ編集部の出題した《今週のお題「わが家の防災対策」》に関して言えば,なぜ防災の日である2018年9月1日をスルーしていたのかがとてもふしぎでならないということはさておき,台風21号および北海道地震という自然災害のダブルパンチによって大打撃を受けているニッポンの現状を鑑みると,防災意識を高めるべき上でたいへんに時節をとらえたよいお題であると言えよう.

スポンサーリンク

 というわけで本稿においてはボクのウチなるインナーワールドにおける防災対策をわりとまじめに書いておこうと思う.例によって思いつくままに書き連ねると乱文長文駄文かつまとまりのないものになってしまうので,ボクの大好きな3の法則に則ってウチなるインナーワールドの防災対策を3つほど書いていきたいと思う.

 ちなみにそのウチなるインナーワールドにおける防災対策とは次の3点である.

(1)マッソーを鍛える.マッソーは裏切らない.(2)常にバッテリーはフル充電を心がける.いざというときスマホが使えないのでは話にならない. (3)マネーはキャッシュとキャッシュレスの両刀遣い.リスクは分散すべし.

ではそれぞれについて以降でもうすこし詳細を説明しよう.

(1)マッソーを鍛える.マッソーは裏切らない.

 ボクはマッソーを毎日鍛えているメンなのであるのだけれど,よくボクが知人からクエスチョンされることが多いクエスチョンが「なぜボクがマッソーを鍛えるのか?」ということである.

 本ブログにおいてはボクは何度となく書いたことがあることであることだけれど,冗長となることを厭わず,ボクがマッソーを鍛える理由を書いてみるならば,ボクにとってはマッソーを鍛えることが趣味であり,そして実益を兼ねているからである.最近なにかと話題の現代のブラック魔術師こと落合陽一さん風にいうならば,ボクがマッソーを鍛えることはライフでありそしてワークでもあるのである.ボクがマッソーを鍛えるということはワークアズライフなのである.

 ちなみにどのような実益をかねているかといえば,それこそまさに災害にあったときにボク自らを,そしてボクのファミリーを,もしかしたらついでにウチなるインナーワールドの近所で困っているメンを助けることができるのはボクのマッソーである.

 ボクは趣味でボランティアなどをやるほどヒマ人ではないが,いざ災害に巻き込まれたならば自らのライフとボクのファミリーのライフ,そしてついでに困っているならばウチなるインナーワールドの近所のメンをボクの鍛え上げたマッソーのパウワーで助けてしんぜようと思っている.

 いざというときにまともに逃げるパウワーもないのは憐れでならない.ボクは万が一のときにマッソーを鍛えていなかったことによってしょーむない理由で死にたくだけはないのである.マッソーは裏切らない.

(2)常にバッテリーはフル充電を心がける.いざというときスマホが使えないのでは話にならない.

 先日,2018年(平成30年)9月6日3時7分59.3秒(日本時間)に、日本の北海道胆振地方中東部を震源として発生した北海道胆振東部地震においては,地震により苫東厚真火力発電所をはじめとする北海道内全ての火力発電所が緊急停止した影響により、道内全域約295万戸で停電,ブラックアウトが発生した.

 停電ともなれば電気が供給されないので,スマホ依存が進む現代人にとっては大騒ぎである.

 ボクは最低限,ウチなるインナーワールドにおいても,会社のオフィスにおいてもモバイルバッテリーを常にフル充電にしておくように心がけている.

 しかし北海道胆振東部地震でおきたブラックアウトのことを考えると今うちなるインナーワールドに常備されているモバイルバッテリーのみでは万が一の際の緊急電源としてはとても心もとないものである.

 今ボクは北海道胆振東部地震以降に話題になっていた下記のトゥギャッターまとめ等を参考により大容量かつスマホの充電以外にも使えそうなバッテリーをウチなるインナーワールドに導入を検討中だ.

(3)マネーはキャッシュとキャッシュレスの両刀遣い.リスクは分散すべし.

 (3)も(2)と同様,北海道胆振地方中東部地震の際にブラックアウトが起きたことで電子マネー等の決済ができなくなったということが問題になったことに関してボクがどうしているかという話である.

 ちなみにボクは電子マネー,つまりはキャッシュレス決済を好むメンである.キャッシュレス決済を愛しているといっても過言ではない.しかし,俗世において生きるということには常にリスクが付きまとうものである.キャッシュレス決済一辺倒であるとキャッシュを求められるリスクがあり,キャッシュ決済一辺倒であるとキャッシュレスの恩恵を一切享受できないリスクにさらさせるのである.

 世の中の物事とはシロかクロ,イチかゼロで決めるものではないものである.リスクは分散すべし.つまりボクはマネーに関してはキャッシュレス決済を愛しているけれども,一応はペラペラのサイフを携帯しており,その中にはそこはかとなくマネークリップにはさんだいくらかのペーパーマネーを用意しているのである.その常に携帯しているマネーの総額を公開することはそれこそセキュリティーリスクを高めることになるのであえてここで公開はしないが,とりあえず5千円ということはないということは書いておこうと思うものである.

 大事なことは何事にも常にリスクがあるということを念頭におくことであり,物事にエクストリームな唯一解を求めないということである.ボクらが生きているのは不都合なリアルだらけのリアルワールドであり,失敗したらやり直しのきくバーチャルワールドではないのである.

ーー以上がボクのウチなるインナーワールドにおける数ある防災対策の中で3つ,台風21号と平成30年北海道胆振東部地震に関連が強いと思われるものを選りすぐったものである.読者諸賢に参考になることがあるならば,参考にしてみてほしい.

スポンサーリンク

 最後にもうひとつおまけである.

(おまけ)非常食はカップヌードル.災害時は水で食せるよ.

 読者諸賢が実際に災害時にやってみるかどうかはおまかせするけれども,カップヌードル等のカップ麺は水から戻して食すことができる.ボクの場合はウチなるインナーワールドに即席麺の常備特設コーナーが開設されており,常時最低10個ほどのカップ麺が備蓄されるようになっている.

 主にはそのカップ麺はボクのブログのネタでもあるわけなのだけれども,災害時にはボクが何日かにわたって食いつなぐための非常食の意味合いも兼ねて備蓄していることはいうまでもない.これこそまさに一石二鳥であると言えよう.

 当然ながらカップ麺をもどすのにはそこはかとなく水も必要であるからボクのウチなるインナーワールドには水もそこはかとなく備蓄されている.

 なにより命をつなぐときに大事なのは水である.防災にそこはかとなく備えるボクは水を備蓄しておくことを決して忘れないのである.

ーー以上でボクの防災対策はそこはかとなくおしまいである.

 これからもボクは様々な防災に関する知識を蓄えていくつもりではいるけれど,それは都度都度また別のエントリで公開していくことにしたい.それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《アイキャッチは停電のイラスト./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に.ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした.

エクストリームサラリーマンになるための社内研修に参加しています。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

エクストリームサラリーマンになるための社内研修に参加しています.

 読者諸賢はプライベーツで勉強をするメンであろうか?はたまたプライベーツでは一切の勉強をしないメンであろうか?

 先日,プライベーツでは一切勉強をしないメンはダメだということを雄弁に語るブログエントリが話題になっていたけれど,ことボクに関しては世の中の皆あまねく事象は勉強だと思っている.しかしボクがプライベーツとかプロフェッショナルとか関係なく24/7で勉強しているというのは過言である.むしろそんなメンがいたらきもちがわるいので近寄らないように気をつけたいと思っている.

 さて前置きが長くなったがボクは今,終日の社内研修に参加しながら本稿を書いている.研修を受けながらブログを書くなんて不謹慎だと思った諸賢,ご安心あれ!今はランチタイムの休憩時間中なのだ.休憩時間中まで研修のことを考え続けるほどボクは勤勉なメンではないのである.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでが24/7で皆あまねく俗世の事象が勉強であるというのは過言であるという閑話.以降は今,まさにボクが現在進行形で参加している参加必須だけれど参加必須じゃなかった社内研修について社外に差し支えのない範囲内でどーでもいいことを書き連ねる閑話である.本稿を読み終えてもなにも得るものはないはずなのでナニカの知見を期待しないで読み進めてほしい).

 さて,なにを言ってるかわからないかもしれないけれど,ボクが今,参加している社内研修は人事メンから先日ボク宛に「参加必須なので参加してくださいね」という趣旨のメールが送信されてきたため,「参加必須」というゴーリキなパウワーを感じるワードが含まれているからには参加せねばナニカとそこはかとなくボクの会社における立場がデンジャーになるのではないかと思い,参加登録をしたものである.

 ちなみに「それではフツーに参加必須なのではないのか?」と思った諸賢,グッドクエスチョンである.ボクも「参加必須」だと思っていたのだけれど,参加登録をしてからしかるのち研修の2週間ほど前に送られてきた社内研修参加リマインドメールというありがたいのかありがたくないのかよくわからんメールを目を皿のようにして確認してみると今度は違ったニュアンスのことが書いてあったのである.

 そのリマインドメールには「本研修は参加必須ではないけれど,本社においてより高次のエクストリームなサラリーメンとして認定されるために参加が必須となっているものです。キャンセルするなら社内研修の1週間前までなら受け付けますよ。」とだいたいこんな要旨のことが書いてあった.

 ここでいうウチの会社における「より高次のエクストリームなサラリーメン」が一体なんのことを指していうのかについては読者諸賢の豊富な想像力にお任せしたい.しかし人事メンの掌を返したかのような「参加必須ではないけれど」「より高次のエクストリームなサラリーメンとして社内で認定される条件として参加必須である」というのはボクの解釈では「参加必須だけど参加必須じゃなかった」ということである.とかく人事メンのいうことというものはなにを言ってるのかよくわからんものなのだけれど,もしかしたら今年も猛暑がキツかったので《となりのトトロ》の「夢だけど夢じゃなかった。」にハゲしくインスパイアされてしまったのかもしれないしそうじゃないのかもしれない.人事メンのすることはとかく謎である.

 ともあれとりあえず「より高次のエクストリームなサラリーメン」に社内認定されておいて損はない.というわけで今,ボクはその社内研修に参加しているというわけである.

 さて今ボクの参加している社内研修が一体なんの目的でどんな内容の研修を受けているのかを詳らかにインターネッツに公開するのはインサイダー情報の漏洩となりうるので潔く差し控えたい.立派なサラリーメンというものは社外秘の情報を漏洩しないというアタリマエのことをアタリマエに潔くできるものである.つまりボクは立派なサラリーメン,ひいては社内における「より高次のエクストリームなサラリーメン」の資格を得ようというスケベ心を丸出しなわけなのである.

 とはいえ公開しても差し支えのない範囲内で今しがたボクが参加したグループワークについてどんなことをやったかをご紹介しよう(正直ボクにはこれに一体なんの意味があったのかよくわからないし,書いたところでインサイダー情報は一切含まれないので問題ない類の情報である).

 まず(1)参加者同士で2人1組のチームを組む(2)チームのいずれか一方が目隠しをする(3)チームの目隠しをした方のメンが目隠しをしてない方のメンのいいなりになってナニカをする.

ーー以上である.

スポンサーリンク

 ちなみにボクは目隠しをする方のメンになったものであるが,目隠しをしていない方のメンからの指示が的確でなかったのでナニカをすることができなかった.読者諸賢にはボクがなにを言ってるのかまったくなんだかよくわからないと思うけれど,ボクもこのグループワークで一体なにをしたかったのかまったくわからなかった.とりあえず催眠術だとか超スピードだとか そんなチャチなもんじゃあ 断じてない.もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったということだけは確かである.

 このグループワークが終わったのち,講師メンからボクは「キミはなにがよろしくなくてキミが目隠しをしてナニカをすることができなかったと思う?」とクエスチョンされたのでボクはテキトーに「最終的にボクがなにをすればゴールなのかを目隠しをしてないメンが最初に言わなかったのでなにをすればよいのかわからなかったことがひとつ。あとボクがそもそもボクがするべきナニカがなんなのかナニカをし始める前に目隠しをしてないメンにクエスチョンしなかったことですかね?」と答えた.すると講師メンは「エクセレント!」と褒めてくれたのである.

 なんだかよくわからんが褒められて嫌な気持ちになるメンはいないものである.

 今,こんな調子で研修が続いている.研修が終われば晴れてボクはウチの会社における「より高次のエクストリームなサラリーメン」に認定されるための資格を得ることができる.しかし「より高次のエクストリームなサラリーメン」に認定されるわけではない.「より高次のエクストリームなサラリーメン」に認定されるのがいつのことになるのかはよくわからない.とりあえず責任者はどこか?

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

《アイキャッチはブラインドタッチのイラスト.ボクが目隠ししてしたナニカがブラインドタッチではなかったことも特にインサイダー情報ではないのでインターネッツに公開しても問題はございませんよ./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

「目黒のさんま祭り」で行列4時間待ちを受けて断つ(2018年版)。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

「目黒のさんま祭り」で行列4時間待ちを受けて断つ(2018年版).

 読者諸賢は「目黒のさんま祭り」をご存知なメンであろうか?それとも「目黒のさんま祭り」はご存じないメンであろうか?

 「目黒のさんま祭り」がなにかということを上記の公式ホームページから簡単に要約すると「JR・地下鉄目黒駅前の品川区『目黒駅前商店街振興組合青年部』(通称・め組)という方たちが駅前に昔ながらの暖かさを呼び戻す為に例年20,000人以上のメンにさんまを炭火焼きと生で無料配布している祭り」である.ちなみに「なぜ目黒でさんま?」ということに関しては有名な古典落語の「目黒のさんま」に便乗しているというだけの話である.

 古典落語の「目黒のさんま」をご存じないメンのために「目黒のさんま」がどんな話であるかを可能な限り短く紹介すると「おバカさんなお殿様が目黒でさんまを食してウマかったので「さんまは目黒でとれたものが無類である」と思い込んでしまった」という話である.

 さんまは当然ながら海の幸であるので,トーキョーの目黒でとれるわけはないのは自明なので説明の余地はない.古典落語の「目黒のさんま」のどこがおもしろいのかわからないメンはgoogle:目黒のさんま 落語などでグーグル先生にクエスチョンしたりしてみてほしい.

 ちなみにボクはトーキョーのメンであるのでトーキョーの目黒はご存知であるし,古典落語の「目黒のさんま」のなにがおもちろいのかも理解しているものである.そしてその「目黒のさんま」の落語を知っているからこそ目黒でさんまを炭火焼きして無料で配るという祭りがいかにナンセンスであるかということを知っているものである.ようはボクは目黒のさんま祭りに行くとどんなみっともないことになるのかがわかっているのでいかないメンであるということである.

スポンサーリンク

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでが「目黒のさんま」祭りとはなにかということをテキトーに説明する閑話,以降は「目黒のさんま祭り」というナンセンス祭りはやめないにしても,せめてさんまは無料ではなく有料にしてはどうか?というボクからのサジェスチョンをテキトーに書きなぐる閑話である).

 というわけで「目黒のさんま祭り」であるわけだけれど,今年(2018年)は昨日(2018年9月9日)開催されたようである.ボクはそもそも「目黒のさんま祭り」に興味がなく,むしろナンセンス祭りだと思っているので今年(2018年)の「目黒のさんま祭り」が昨日(2018年9月9日)開催されていたことを知らなかったのだけれど,たまたま開いたツイッターのトレンドで「東京「目黒のさんま祭り」行列に4時間並んだ人も」というモーメントが盛り上がっているのを観て今年(2018年)の「目黒のさんま祭り」が昨日(2018年9月9日)開催されていたことを知った.

 なんと驚くなかれ,タダのさんまを食すために「4時間」も行列に並んだメンがいたのだという.ボクが過去に本ブログでとりあげたものだけでもタダの牛丼に1時間並んだりするメンがいることは確認しているけれど,なぜ世の中には「タダ」と聞くと何時間でも行列に並んでしまうメンが出没してしまうのだろうか?

 ちなみにその答えは「行列に並ぶのが趣味である」というアンサーを過去に発見したことがあるので,行列に並ぶという趣味がたいへんによい趣味であるかどうかはさておき赤の他人様の趣味にとやかく口出しをするのはそれはそれでナンセンスであるからボクは「行列に並ぶことが趣味である」というメンには近寄らないように気をつけている.

 さて,ちょっと脱線気味なので最後に本題であるボクの「目黒のさんま祭り」に対するカジュアルなサジェスチョンを最後にして本稿をしめくくりたい.

 趣味で行列に並んでしまうメンに行列に並ばないようにアドバイスしても無駄であるとボクは思っている.そして無駄なことをするのは無駄なことであり,あえて狙いすまして無駄なことをするのはおバカさんのすることである.ボクはおバカさんにはなりたくないので行列に並ぶことが趣味なメンに一切のアドバイスをすることを潔く諦めている.立派な大人とは潔いものである.

 とはいえ何時間もタダのさんまを食すために行列に並ぶのはどう考えても頭の悪いおバカさんの所業である.そんなおバカさんが大量発生しないようにすることは運営側がきちんと考えることであろう.「目黒のさんま祭り」がタダのさんまを配ることによってどれだけ派生的な地域への経済効果があるのかはボクは知らないけれど(少なくとも冒頭の阿部寛さんの公式ホームページばりの目黒のさんま公式ホームページにはそういった情報が開示されていないからである),ボクに言わせれば4時間も並んでいるメンはメンタルの上ではどうかは知らないがヘルスやマネーの面ではデメリットしかないと思うのである.

スポンサーリンク

 ではボクが「目黒のさんま祭り」がどうあるべきかと思っているかをカジュアルに書いておきたいと思う.例によって3の法則が好きなボクなので3つ書きたいと思う.

 (1)さんまをタダではなく有料で提供してはどうか?(2)そもそもさんまをいいかげんやめてはどうか?(3)いっそそもそも祭りそのものをやめてはどうか?

 という3つについて書いていこうと思う.ちなみにこうしなければならないとかいったものではないので,別にそうならなかったとしてもどーということではない.「目黒のさんま祭り」がなにも変わらず来年もタダのさんまを食すために何時間も並ぶメンを生み出していたらボクはスラムダンクの安西先生のように「まるで成長していない...」と思うだけのことである.

(1)さんまをタダではなく有料で提供してはどうか?

 読者諸賢は水産資源としてのさんまの漁獲量に不安があることをご存知だろうか?今年(2018年)はたまたま豊漁のようであるが,それも平成30年北海道胆振東部地震の影響で雲行きが怪しくなってきた.

 ニッポン人の魚介好きは度が過ぎており,その度の行き過ぎたるやその種が絶滅するまで食すのをやめないが如しである.たとえば顕著な例は日本鰻である.日本鰻が絶滅に瀕していると言われていても,ニッポン人が日本鰻を食すのを控えようという動きはさっぱり見受けられない.ボクは日本鰻が絶滅危惧種であるということが叫ばれはじめて以来,最低でも10年来の日本鰻断食家であるので,ボクは日本鰻が絶滅危惧種ではないと断言されるまで日本鰻に限らない皆あまねく鰻を食さない日本鰻断食家もラーメン断食家と兼ねて現在進行形で継続している.

 話が脱線してしまったが,さんまも日本鰻と同様の道を辿る懸念が浮かんでいる魚であることをボクは認識している.さんまはたいへんにおいしいけれど,貴重な水産資源となりつつあるからには,ボクはさんまをタダで食したいとは思わないのである.

 なによりタダだと行列に並んでしまうメンが大量発生してしまうので,少しでも混雑緩和を考えるのであれば多少でもマネーをとった方がよいというのがボクからのサジェスチョンである.

 余談ではあるけれど,意識他界ラーメン業界では4時間から行列に並ばせる方法といった頭の悪い本がでているくらいであるので,行列に並ぶのが趣味なメンというものは,たとえさんまが有料になったとしても行列に並ぶものである.本当に目黒のさんまに魅力があるという自信があるならば「目黒のさんま祭り」の運営メンはさんまをタダではなく有料にしてみてはどうかとボクは思うのである.

(2)そもそもさんまをいいかげんやめてはどうか?

 (1)でも書いたとおりさんまの漁獲量には不安があるものである.漁獲量に不安があるさんまを,さんまが獲れない目黒でタダでふるまうということにボクは大変な違和感を覚えるのである.

 そもそも落語の「目黒のさんま」のオチはさんまが目黒で獲れないことが自明だからおもちろいものである.少なくともボクならばそこでそのままなんのひねりもなく「さんま」を目黒で祭りでだそうとは思わないものである.ボクならば名前は「目黒のさんま祭り」のままで「さんま」と称した別のものを出すだろう.

 もう一度たっぷりと書くと,目黒産でないタダのさんまを何時間も行列をなして食させるイベントはボクには悪趣味に感じられるのである.そしてそういった解釈をあまり目にしないのがとてもふしぎなのである.

(3)いっそ祭りそのものをやめてはどうか?

 3つめは3の法則に則って格上でのこじつけである.(1)と(2)で書いたことを考えるとボクには水産資源として不安のあるさんまをさんまが獲れない目黒でタダでふるまうというイベントはナンセンスだと思うし,そのタダのさんまを食すために何時間も行列に並ぶという行為には狂気しか感じないものである.

 今後もそんなナンセンスで狂気のメンが集まる祭りを続けるのも続けないのも「目黒のさんま祭り」の運営メンの自由だとボクは思うものだけれど,「目黒のさんま祭り」運営メンも何時間もタダのさんまを食すために並んだメンも一度立ち止まって自分たちのやってることを報道カメラのこちらがわから見直してみてもよいのではなかろうか?

ーー以上である.

スポンサーリンク

 ボクは冒頭にも書いたとおり趣味で行列に並ぶメンがいることに関してはいい趣味だとは思っていないけれど,まともな経済リテラシーをもっていたら「機会損失」であったり「機会費用」を考えたらまったくもってタダのナニカのために何時間も行列に並ぶことがお得でないことはわかりそうなものであるので,それがわからないメンは残念だなと思うことにしている.

 ボク自身は行列をみかけても並ばないようにしている.なんのためにならんでいるのかくらいは気になるけれど,並んでいる目的を知ると大抵モシャモシャするというのは余談である.モシャモシャはブログのネタとして書くのにはとても有用なのでこうして利用させてもらっているというだけのことに過ぎない.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!!

《アイキャッチは目黒のさんまのイラスト(落語).これだけアイキャッチとしてピッタリなイラストもなかなかないですな.../本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

外国人留学生を不法就労させてラーメン店の「一蘭」が略式起訴を受けて断つ。

 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の使い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

外国人留学生を不法就労させてラーメン店の「一蘭」が略式起訴で晴れて前科つきを受けて断つ.

 読者諸賢はラーメン店の「一蘭」をご存知なメンであろうか?それともラーメン店の「一蘭」をご存じないメンであろうか?

 ボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続けるラーメン断食家であるわけだけれど,そこはかとなくラーメン店には精通するものであるから当然ながらラーメン店の「一蘭」をご存知なメンである.なによりラーメン店の「一蘭」はその特徴的な「記入式オーダーシステム」「味集中カウンター」という《店舗システム》に関して特許を取得しており,意識他界ラーメン業界にありがちな「ウチの二郎はオリジナル」といった頭のわるいパクリが起きたりしないようパクリ対策をきちんとしている抜け目のないラーメン店である.少なくともボクはそういう認識をラーメン店の「一蘭」に対してしている.

  • 特開2005-063009(ラーメン店の「一蘭」の特徴的な「記入式オーダーシステム」「味集中カウンター」という《店舗システム》に関する特許).

スポンサーリンク

 またどーでもいい余談ではあるけれど,ラーメン店の「一蘭」はみんなだいすきホリエモンさんをして「海外展開も大成功中である。この会社の社長は只者ではない。」と言わしめたラーメン店である.ラーメン店の「一蘭」を知らないラヲタキモメンはもぐりであると言えよう.

 閑話休題(驚くなかれ,ここまでがラーメン店「一蘭」を知らない一般人はフツーにいるだろうけれど,ラーメン店「一蘭」を知らないラヲタキモメンはモグリであるという前提を書いたどーでもいい閑話.以降はラーメン店「一蘭」の社長はどうか知らないが法人としてのラーメン店「一蘭」が只者ではないことが確定したことをそこはかとなく書く閑話である).

 外でラーメンを食わないラーメン断食家のボクにとってラーメン店「一蘭」のラーメンそのものがウマいかウマくないかは正直なところどーでもいい.ボクがラーメン店「一蘭」に限らずラーメン店に興味があることといえば,その経営の実態である.

 なので俗世のほとんどのメンが大して着目していなかったことと思うのだが,ボクがことラーメン店「一蘭」という名前を聞く度に《あの件》はどうなったのだろうということが気になっていたことがあったのだけれど,ようやくその《あの件》に決着がついたようであるので本稿について以降はその《あの件》について書いていきたいと思う.

 ちなみにもったいぶってもスデに《あの件》とはナニカについては表題に書いてあるとおりである.ラーメン店の「一蘭」が外国人留学生を不法就労させていた容疑のその後の話というわけである.

 まずはその《あの件》の経緯についてボクが知っていることを振り返っていこう.

 《あの件》の報道が一番最初になされたのは昨年(2017年)の11月の下旬ことだった.この際には「就労資格がないベトナム国籍の女が違法に働いた」ことからラーメン店「一蘭」に家宅捜索が入ったというニュースだった.

 家宅捜索がはいったとはいってもその後,書類送検しかるのち起訴にいたらない事件は往々にしてあるものである.家宅捜索から長い期間(3ヶ月)ほどこの《あの件》には音沙汰がなかったので,もしかしたらこのまま《あの件》はフェードアウトするのだろうかとボクは思ったりしていた.

 しかし気には留めておくものである.3ヶ月の時間をおいた後《あの件》は最初の家宅捜索の内容から大幅にアップグレードしていた.「就労資格がないベトナム国籍の女が違法に働」かせていた容疑から「ベトナムや中国からの留学生計10人を法定上限の週28時間を超えて働かせた」容疑になっていたのである.ちなみに容疑のかかったラーメン店「一蘭」の店舗の店長は「人手が必要だった」という言い訳にもならない言い訳をしていたことは余談である.

 ここまでがボクが《あの件》について一昨日(2018年9月7日)まで知っていたことである.家宅捜索から書類送検までが3ヶ月,書類送検から一昨日(2018年9月7日)までが半年である.一昨日(2018年9月7日)までで《あの件》の最初の報道がなされて9ヶ月もの時が流れていた.

 なにがいいたいかといえばボクは《あの件》は書類送検まではなされたけれど起訴はもうされないということなのではないかと思いかけたということである.

 実際問題として,たとえば下記のラーメン熊五郎の残業代未払い事件などは書類送検はされたようだけれど,その後起訴はされなかったのである.少なくとも報道上,起訴されたという情報が報道されることはなかった.どういう顛末でラーメン熊五郎の残業代未払い事件が起訴に至らなかったのかはボクにはわからないが,ひとつ事実としていえるのは起訴されていないようだということだけである.

 そして回りくどくなったがラーメン熊五郎の残業代未払い事件とは異なり,ラーメン店「一蘭」については《あの件》の書類送検後の進展があったのが一昨日(2018年9月7日)だったのである.それが書かれていたのが下記の記事である.

 そして記事内容は下記のとおりだ.

豚骨ラーメンチェーン「一蘭」(福岡市)が大阪市内の店で外国人留学生を不法就労させたとして、大阪区検は7日までに、法人としての同社と社員4人を入管難民法違反罪で略式起訴した。大阪簡裁は罰金30万~50万円の略式命令を出し、いずれも納付された。また、大阪地検は男性社長(53)と別の社員2人を起訴猶予にした。
 
 起訴状によると、2017年9~11月、大阪市中央区の2店で、留学生を法定上限の週28時間を超えて働かせたとされる。
 
 法人としての同社と社長は、無届けで外国人を雇用したとして、雇用対策法違反の疑いでも書類送検されたが、起訴猶予になった。
(引用元:「一蘭」を略式起訴 留学生を不法就労 社長は起訴猶予 :日本経済新聞/太字筆者)

 
 略式起訴とは「通常の起訴手続きを簡略化した、略式手続きで処分を終わらせ起訴方法で、100万円以下の罰金・科料に相当する事件である場合に利用」されるものであるので,ボクの追いかけてきたラーメン店「一蘭」の《あの件》,つまりはラーメン店「一蘭」が外国人留学生を不法就労させた容疑に対するインシデントはこれにて一旦の幕引きになったのだろうということである.

スポンサーリンク

 とはいえ9ヶ月もの長きに渡って続報はマダかと追いかけてきた《あの件》であったのでボクがモシャモシャしたこと,結局なんだかよくわからなかったことを箇条書きで書き残しておきたいと思う(いずれそれぞれのクエスチョンの答えがわかったならば追記するなり,別途ブログを書いたりしてみようと思う).

(1)なぜラーメン店「一蘭」が外国人留学生を不法就労させていた容疑の起訴*3に家宅捜索から約9ヶ月も要したのか?というクエスチョン.

 これについては起訴状を閲覧することによって詳細が分かりそうな気がするのだけれど,ボクの認識では基本的に起訴状は事件当事者しか閲覧できない認識でいる.つまり起訴状閲覧の希望を出しても閲覧することができない可能性が高いということである.

 つまり《あの件》に関して言えば法人としてのラーメン店「一蘭」と社員4人に前科がついたことになるのだと思うのだけれど,具体的に社員4人が誰なのかもわからないということである.

(大阪のラーメン店「一蘭」の中からそれらしい店舗を見つけることができれば,当然それらしい人物にいきつくことは当然できるのであろうけれど,ボクは今回そこまで調べるつもりはない.)

(2)ラーメン店「一蘭」以外の「飲食店」でも外国人留学生の不法就労は横行しているのではないかという素朴なクエスチョン.

 ラーメン店で働くことは外国人技能実習制度の対象ではないし,外国人留学生が国内の大学を卒業した後に就職する先としてラーメン店ほどバカげた就職先はボクはないと思っている.

 しかし《あの件》の書類送検の際にラーメン店「一蘭」の店舗の店長が「人手が必要だった」と言い訳にもならない言い訳をしていたとおり,昨今の日本の労働市場は未曾有の人手不足である.特に感情労働を強いられる飲食店は真っ先に敬遠する職場のひとつであるといっても過言ではない(少なからずボクは飲食店で働くのは向いてないこともあるので働かないつもりだ).

 そういった厳しい未曾有の人手不足な労働市場の中において同様のインシデントがラーメン店「一蘭」のみで起きるとはボクには俄に信じがたいのである.むしろきっと他にも露呈していないだけで外国人留学生に限らない不法就労を助長している飲食店はあるはずであるとボクは睨んでいる.

 というわけで今後も同様のインシデントが報道されないか,ボクは観察を継続したいと思っている.

(3)ラーメン店「一蘭」は「味集中カウンター」を廃止したほうがよくないか?という素朴なクエスチョン.

 最後の3つ目は3の法則が好きなボクのこじつけである.しかし至って真面目なこじつけである.

 今回の一連の《あの件》,ラーメン店「一蘭」が外国人留学生を不法就労させていたインシデントについては,「味集中カウンター」というどんなスタッフがどんな働き方をしているのか見えづらいラーメン店「一蘭」で起きた.つまり客の立場から観たときにこの店,外国人を不法就労させてるのではないか?ということがわかりにくい店舗システムを導入しているラーメン店で事件が起きたということである.

 逆をいえばよく最初の家宅捜索に至った「就労資格がないベトナム国籍の女が違法に働いた」ということが露呈したものだなというのも素朴にクエスチョンなわけなのだけれど,フツーに新聞に書かれていることを読んでいる限りではその裏になにがあったのかわからないのでボクにはこれ以上は分かりかねるものだ.

 とりあえずフツーに「味集中カウンター」で運営を続ける限りは客の立場からは外国人留学生を不法就労させてそうか,外国人留学生を不法就労させてそうではないかがわかりにくいままなわけなのだけれど,ラーメン店「一蘭」が今後《あの件》の再発防止のためにどういった対策を講じていくつもりなのか,ボクはラーメン店「一蘭」の動向をこれからも観察していくつもりだ.

ーー以上である.

スポンサーリンク

 とりあえず冒頭で紹介したホリエモンさんの記事にもあるとおりラーメン店「一蘭」がいかに只者ではないかということはたっぷりとわかっていただけたかと思う.そしてそんな只者ではないラーメン店でなにも考えずに「ラー活お疲れ様です!」するのはさすがにきもちわるいから控えたほうがいいと思いますよということをもってラーメン断食家としてのボクからの結びの言葉とさせていただきたいと思う.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!

《アイキャッチは訴状のイラスト./本稿はお題「最近気になったニュース」によせて書きました.》

参考:

 2018年9月9日現在,ラーメン店「一蘭」の公式ホームページには《あの件》に関する新着情報は一切あがってきてはいない.よくある意識他界ラーメン店同様の自分に都合のよいことのみを伝えるスタイルらしくたいへんに信用がおける会社だなあとボクは微笑ましく思いながら観察することにしている.

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。

*3:略式起訴だが