#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

ラーメン断食家のボクが食してみたい東京のオムライス3選。

スポンサーリンク


 ごきげんよう,読者諸賢.ボクはらーめ人間Z.ラ王真贋の遣い手にしてラーメーン視点からでないとブログが書けないまともない人間だ.
 
 ラーメーンを愛し健康を愛し,そして何よりも平和を愛するボクは,ラーメーンと睡運瞑菜350g,そして核廃絶運動のアウフヘーベンの途中のエラーで世界週末時計の時計の針が過去最大にもどるまで,つまりは世界が平和になったと断言できるまで,外でラーメンを食わない超ラーメンハンガーストライキ2と言うナンだかよくわからんラーメン断食を超えたラーメン断食をさらに超えたラーメン断食の人造人間,つまりはホムンクルスとして異世界転生していた.早くラーメーン食べたい(関連記事:参照*1参照*2
 
 外でラーメン食うに食えない誓約と制約をもって異世界転生したボクは丸1年を超えて現在進行形でラーメン断食続ける底抜けの阿呆,つまりはプロのラーメン断食家,二つ名は「戦えラーメンマン」である.

スポンサーリンク

ラーメン断食家のボクが食してみたい東京のオムライス3選.

 ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わないプロのラーメン断食家であるわけなのだけれど,ボクが外で食わないことにしたのはあくまでも意識他界ラーメンだけなのである.とはいえ意識他界ラーメンとラーメンを区別するのはたいへんにむつかしいのでとりあえず世界が平和になるまでボクは意識他界か意識他界してないかによらずのべつ幕なし右から左へシュパパーンと外でラーメンを食わないことにしている.

 とはいえボクが外で食わないのは原則的にラーメンだけである.この世界はイカれてはいるのだけれど,この世界にはラーメン以外にもオイシーもので溢れている.プロのラーメン断食家であり,ウチなるインナーワールドで食す自炊ゴハンを愛するボクではあるわけなのだけれど,滅多に行くことのない外出先では外食はするものであり,どうせ食すなら間違いなくオイシーと誰もが太鼓判を押すような無類のオイシーを食したいと思っているのである.

 とはいえそんな誰もが太鼓判を押すようなオイシーをただ泰然自若して座して待っていれば見つかるのか?とクエスチョンされたならば,見つからないというのがボクの答えである.外の世界のオイシーはなにかしらの情報源から得なければ知ることができない.とはいえボクは食痛度合いが他界系が集まる食の口コミサイトは好きではないので特に食べログは参考にしないことにしている.なのでもっぱらボクが参考にしているのは原点回帰して東京ウォーカーであったりするというわけなのだ(どうせ何かしらのバイアスがかかっているとか裏でマネーが動いているというのであれば最初からそういう動きがあるものの方がマシであるという考えからである).

 幸いなことにボクはdマガジンをサブスクライブしており,dマガジンには毎週水曜日に週刊東京ウォーカー+という東京ウォーカーのダイジェスト版のようなものが配信されてくるので,ボクは毎週その週刊東京ウォーカー+で紹介されている飲食店の中から食してみたいナニカをストックしていってみることにしたのである.スデに本稿においてそれが3度目になるわけなのだけれど,これまでの2回については下記にリンクを付しておきたい.

www.hobonichi-ramen.com

www.hobonichi-ramen.com

 閑話休題.

 というわけで本稿においては以降,週刊東京ウォーカー+ 2018年No.50(2018年12月12日発行)の特集「東京のオムライス」で紹介されていた12店舗のオイシソーなオムライスを提供する東京の飲食店の中から,喫煙可能(ランチ禁煙もボクの中では喫煙可能と解釈)な飲食店を除いた10店舗の中からボクの独断と偏見で食してみたいと思ったオムライスを提供する飲食店を3店舗選んでみた.

 余談ではあるのだけれど,喫煙可能を除外して3店舗しか残らなかった東京のカレーチャーハン特集回が特別ヒドかったのかはよくわからないのだけれど,未だ東京の飲食店で喫煙可能にしている飲食店は東京五輪2020までに禁煙にする気はあるのかどうかボクは気にしながらウォッチを継続することにしている.

(1)小岩井フレミナール丸の内ビル店(東京).

小岩井フレミナール丸の内店.引用元:週刊東京ウォーカー+ 2018年No.50(2018年12月12日発行).
小岩井フレミナール丸の内店.引用元:週刊東京ウォーカー+ 2018年No.50(2018年12月12日発行).

オムライスがオイシソーであるとか岩手県にある小岩井農場直営のレストランであるとか,同農場の食材を多数使用した料理が多数揃うとか東京駅の駅舎を一望できるというロケーションに惹かれたのが小岩井フレミナール丸の内ビル店でボクがオムライスを食してみたいと思った理由である.どうせ外食をするなら気分を落ち着けてナニカを食したいものである.この小岩井フレミナール丸の内ビル店ならそれがデキソーなのではないかなとボクは思ったのだ.

小岩井フレミナール

小岩井フレミナール

(2)銀座スイス(銀座).

銀座スイス.引用元:週刊東京ウォーカー+ 2018年No.50(2018年12月12日発行).
銀座スイス.引用元:週刊東京ウォーカー+ 2018年No.50(2018年12月12日発行).

 銀座スイスという名前が銀座なんだかスイスなんだかよくわからん名前の飲食店ではあるのだけれど,ボクがこのお店に惹かれたのはザ・オムライスともいうべきオーソドックな見た目の写真右のオムライスに惹かれたからである.ちなみに驚くなかれ,こちらのお店は70年の歴史を持つ老舗の洋食レストランなのだという.カツカレー発祥の店とも呼ばれているらしくオムライスに限らずザ・昭和なノスタルジーを感じるのにはたいへんによいお店なのではないだろうか.お店の内観も見る限り静かに料理を食せそうでヨサソーである.

銀座スイス

銀座スイス

(3)レストランチャモロ(恵比寿).

レストランチャモロ.引用元:週刊東京ウォーカー+ 2018年No.50(2018年12月12日発行).
レストランチャモロ.引用元:週刊東京ウォーカー+ 2018年No.50(2018年12月12日発行).

 最後の3番めは恵比寿にあるというレストランチャモロである.はっきりといえばボクがこのお店に惹かれたのは写真右のオムライスというよりも牛タンがオイシソーだなと思ったからである.約7時間煮込んだ厚切り牛タンという言葉を読んだだけでもヨダレが止まらないではないか.しかしこちらのお店は有名店のようであり,ランチタイムには行列ができるといったことが書いてある.タマタマ恵比寿に行く機会があったときに行列ができてなかったら入ってみるというメソッドを試してみたいものである(なにより恵比寿にはオイシソーなお店が多いのでこちらに行かなければならぬといったことはないのだ).

チャモロ

チャモロ

ーー以上である.

スポンサーリンク

 タマタマなのかはたまた必然なのか,ボクが本稿で選んでみた3店舗のオムライスがオイシソーな飲食店はそのうちの2つが歴史の深い老舗のようである.ヘンな意識他界系の飲食店よりもなぜボクが老舗の飲食店に惹かれることが多いのかはよくわからないのだが,その理由を探求してみるのもオモチロイかもしれない.

 とはいえ本稿においてはボクはしかるのち機会があれば食してみたい東京のオムライスの選定がそこはかとなく十二分にできたものであるので,これにて本稿はオシマイにしたいと思う.

 それではまた会おう,さらばだ諸賢!健闘を祈る!!

《本稿はお題「どうしても言いたい!」によせて書きました.》

*1:世界終末時計が過去最短に。ボクは世界が平和になるまで外でラーメンを食わない!

*2:ボクはザ・ラーメンのことをラーメーンと呼ぶことにした。