#ほぼ日らーめん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#ほぼにちらーめん

らーめ人間Z。がほぼ日刊でらーめんについて綴るただの日記。文体ときどきフミコフミオインスパイア。食べたラーメンの記録、訪問店の感想だけでなく、ラーメン関連のイベント、キャンペーンの情報などもシェアしていくよ。よろしくね。ピース。ほぼ日刊イトイ新聞とは関係ありません。写真をはじめとしたすべてのコンテンツの無断転載はお断り!

チェーン店をキメよう。

スポンサーリンク


www.gentosha.jp

 以前、phaさんのエントリを読んでこのエントリをまくらにブログエントリを書きたいなと思っていた。ボクはらーめ人間Z。今はとある出来事*1で底辺に堕ちZなステータスからどうやったら這い上がれるか模索の日々を送っている。ボクになにか言いたいことがある人は @ に直接言ってほしい(でもボクが気持ち悪いと思ったらブロックするけどごめんね)。

このphaさんのエントリが書かれた当時、ボクの考えはこうだった。

「チェーン店の行き着く先は人手無用の自動化。北斗神拳のように指先ひとつでメニューが出てくる自販機。あべし!!ヘタすると将来は念じるだけでお店に入ったらすでにメニューが用意されているようになっているかもしれない。生産性が高くてとても素晴らしい。一方でそういうのは味気ない。ボクはらーめんが好きだ。だから個人経営のらーめん店に行きたい。らーめん出来上がるまでの待ち時間も好きだ。店主との会話も楽しみたい。チェーンらーめん店よりは個人経営らーめん店」。

だった。

だけど、ふとした機会にとある場所を知ってしまった*2。「お店のスタッフへの誹謗中傷」「横で食べてる他の客への誹謗中傷」「横で食べてる他の客へのストーキング」「らーめんの方がオマケ」「らーめんマズい」というようにしか読めない言葉たちが並んでいた。「直接本人からの裏取りもない主観での決めつけ」にもあふれていた。そういう人たちが集まっていた。ボクはこの「フォーマット」を好きになることができなかった。そこは伏魔殿だった。

ラーメンゴロー。 - #ほぼにちらーめん

つかリンク先見に行って「このフォーマットはあかん」と判断した(偏見?

2017/01/13 18:59
b.hatena.ne.jp

 以前、ボクが書いたエントリにid:wattoさんが上記のコメントをよせてくれたことがあった。wattoさんはいつもボクに知恵をわけてくれる。とても素晴らしい方だ。正直残念ながらボクはバカでこのコメントをもらったときwattoさんが言っている「フォーマット」というのが何を指して言っているのかが分かっていなかった。もしかしたら今も間違っているのかもしれない。でもボクの今の「フォーマット」の解釈は先程書いたとおりだ。ボクはあの伏魔殿には近寄りたくないと思った。ボクはコレでラーメンラリーを辞めました。

 というわけでこのブログを始めてからボクたちはラヲタではない*3し、ラーメンゴローでもない*4。そしてラーメンラリーまとも人間でもない*5ということが分かった。女子ラーメンはサイコー*6でおっさんぽいぽい*7。インスタもやめた*8

 自分たち自身を掘り下げていけばいくほどにボクたちからはナニもなくなってしまった。

 ただ、今たったひとつだけ残っている純粋な気持ちがあるのにボクは気づいている。ボクはひとりで静かに誰にも邪魔されず美味しいらーめんをキメたいだけなんだってことだ。並ばずに、安くて早くてうまくて、もうひとつ贅沢を言えるなら塩分控えめな美味しいらーめんをひとりで静かにキメたい。

 そして何よりセキュリティセーフにらーめんをキメたい。お店のスタッフに断りもせずにあちらこちらを林家ペー・パー子師匠のように撮りまくったり、客が隣の客が誰かを詮索したり、らーめんを食べるほうがオマケだったり、興味ない見知らぬ店主が赤の他人に喧嘩を売った挙句ブロック逃亡して謝罪しなかった*9り、そういうのがあるお店には絶対に行きたくなくなってしまった。ボクの中ではそういうのこそヌードルハラスメントだと言いたい。

 どうもそうなると個人経営のらーめん店にはもういけそうもない。いくとしてもお店は選ばないといけなさそうだ。phaさんの言っていることとはボクは当初は反対の意見だったけど今は賛成だ。ボクも今はチェーン店以外のらーめん店にいくのが怖い。当面ボクはチェーンのらーめん店にキメようと思う。

余談。

rocketnews24.com

 直近でロケットニュース24の上記のエントリを読んだ。実はボクは長崎ちゃんぽんが好きではない。だけど以前 xevra 大先生もリンガーハットを推していたし、食わず嫌いはぜずにリンガーハットにも今度行ってみようと思う。リンガーハットなら伏魔殿はないはずだ。

 ひとりで静かに食べるという意味では一蘭も悪くないなあと思っている。とにかくあの伏魔殿には近づきたくない。

 冒頭の北斗神拳が分からない人は北斗の拳の勉強が必要だ。すくなくともラオウの「我が生涯に一片の悔い無し」くらいまでは読んで欲しい。

※アイキャッチはコンビニ・スーパーマーケットのレジのイラスト。チェーン店といえばコンビニ。コンビニといえばコンビニ人間。ボクはその類型、らーめ人間Z。まとも人間への道のりは遠い。いらすとやさんいはいつも感謝。

お題「らーめ人間。」お題「予習らーめん。」 お題「ヌードルハラスメント考。」お題「リアルですべきでないことはネットでもすべきでないらーめん。」によせて書きました。